エクセル シート ごと コピー。 別の文書ファイルへのシートの移動とコピー【Excel・エクセル】

【Excel】シートをコピーする(複数シートも)

エクセル シート ごと コピー

シートを移動したりコピーしたりしたいけど、その移動先・コピー先が別の文書ファイルだった場合、操作に迷う方もいらっしゃるかもしれません。 でも、最初のポイントさえ外さなければ、操作はいたって簡単です! その最初のポイントというのがコレ! 実際に移動やコピーしたいシートがある文書ファイルと、そのシートの移動先・コピー先の文書ファイルの 両方を開いておくこと。 これさえしておけばあとは簡単! なので、早速操作に入っていきたいのですが、今回ご紹介する操作は、で操作を 元に戻すことができません! もし失敗したら、双方の文書ファイルを保存せずに閉じればいいのですが、この操作に入る前に一度保存をかけておかないと、それまでの他の操作もおじゃんになるので、そこだけ気を付けていきましょう! それでは、操作をスタートします! 移動やコピーをしたいシートの、シート見出しをクリックで選択後、そのシート見出しのところで 右クリック、 [移動またはコピー]をクリックすると、 移動先・コピー先を指定するダイアログボックスが表示されます。 この一覧で文書ファイルを選択できるように、予めファイルを開いておいたわけです。 次は、移動したりコピーしたいシートを、上記で指定した文書ファイルの中の、どの位置に入れたいのかを、[挿入先]で指定します。 今回は、「百合山店」シートと「光野原店」シートの間に入れたいと思います。 でも、Excelの操作は「 選択したところの 前に入る」が原則ですので、「「百合山店」シートと「光野原店」シートの間に入れる」ということは、「「光野原店」シートの 前に入れる」、と考えることになるので、 [挿入先]で「光野原店」を選択します。 そして、シートをコピーしたい場合には、[コピーを作成する]にチェックを付けます。 今回は、シートを移動することにしたいので、チェックは付けません。 すべての指定が終わったので、[OK]ボタンをクリックすると、 別の文書にあった「さくら台店」シートを、先程のダイアログボックスで指定した文書の、「光野原店」シートの 前に持ってくることができました! 今回の操作はシートの「移動」だったので、当然、元の文書ファイルにそのシートは残っていません。 スポンサーリンク シートを移動・コピーしたら、色などが変わった! 元の文書ファイルにあった時は、そのシートの中身はこんな感じだったのに、 別の文書ファイルに、シートを移動・コピーした瞬間、フォントや色が変わってしまった!ということが起こる場合があります。 一瞬、ギクッとしますが、大丈夫、これは思いっきり「正常」な動作です。 各文書ファイルには、それぞれが設定されているわけですが、元の文書ファイルと、移動・コピー先の文書ファイルに、それぞれ別のテーマが設定されていると、シートを持って行った瞬間、移動・コピー先のテーマに合わさることになるので、フォントや色が変わる、という仕組みです。 色やフォントを変えたくなければ、双方のファイルに設定するテーマを、お揃いにしておけばいいわけです。 ドラッグでも操作できます! 「」では、同じ文書ファイルの中で、シートを移動・コピーする方法としてドラッグでの操作をご紹介しています。 今回のように、別の文書ファイルにシートを移動・コピーしたい時にも、同じようにドラッグで操作できます。 先程のダイアログボックスを使う方法と同様、まずは実際に移動やコピーしたいシートがある文書ファイルと、そのシートの移動先・コピー先の文書ファイルの 両方を開いておきます。 そして、。 並べ方は左右でも上下でもOK。 移動やコピーしたいシートの、シート見出しをクリックで選択後、そのシート見出しにマウスポインタを合わせ、 シートを移動したいなら ドラッグ、コピーしたいなら [Ctrl]キーを押したままドラッグして、移動先・コピー先まで持って行きます。 ドラッグ中のマウスポインタの形や、どうしてもうまくいかない場合に気をつけるべき点については、「」をご覧ください。 今回は2通りの操作方法をご紹介しましたが、いずれの場合でも、実際に移動やコピーしたいシートがある文書ファイルと、そのシートの移動先・コピー先の文書ファイルの 両方を最初に開いておくのがポイント! そのポイントさえ外さなければ、 操作したいものを選択して右クリック の法則だったり、 ただドラッグすれば移動、[Ctrl]キーを押したままドラッグすればコピー という、Be Cool Usersのあちこちで出てくる法則で対応できる操作です!.

次の

貼り付けのオプション

エクセル シート ごと コピー

使用するブックを並べて表示すると、移動先やコピー先を確認しながら、異なるブックにシートを移動したりコピーしたりできます。 ブックを上下に並べて表示して、ドラッグ操作でシートをコピーしましょう。 「表示」タブの「ウィンドウ」にある「整列」をクリックします。 「ウィンドウの整列」ダイアログボックスが表示されたら、「上下に並べて表示」をチェックして、「OK」をクリックします。 ブックが上下に並んで表示されます。 コピー元のシート見出しをクリックします。 「Ctrl」を押しながら、シート見出しをコピー先までドラッグします。 (注)移動したい場合は、「Ctrl」を押さずにドラッグします。 異なるブックにシートがコピーされます。 Excel 2003の場合は、並べて表示するには、メニューの「ウィンドウ」をクリックして、「整列」をクリックします。 それ以外は、同様の操作です。

次の

【簡単解決】シートを移動先またはコピー先のブックに挿入できませんの対処法【エクセルエラー】

エクセル シート ごと コピー

この記事の内容• 『リンク貼り付け』を使って、別シートのデータを自動で反映させる。 式を使って、別シートのデータを自動で反映させる。 入力規則のリストを別シートに反映させる。 表をまるごと反映させる。 未入力データが『0』で表示させないようにする。 今回紹介する『入力規則のリスト』以外の2つの方法は、 操作が違うだけで参照式を反映先に埋め込みます。 もちろん、反映するデータは数値であろうが文字列であろうが構いません。 この記事では、反映先シート名、反映元のシート名は、それぞれ以下としています。 最初に、反映元(Sheet2)の入力データを全て選択して、コピー(『CTRL』+『C』)します。 反映先のシート(Sheet1)に切り替えてから最初のセルを選択して、右クリックします。 これで、一気に入力データを反映させることができました。 別シートのデータを自動で反映させる方法(式を入力) 続いては、反映先のセルに 式を入力する方法。 次に、データが入力されている反映元シート(Sheet2)を選択して、入力データがある最初のセルをクリック。 『ENTER』キーを押すと、自動的にシートが切り替わって入力データが反映できたことがわかります。 あとは、次の『フィルコピー』を使って、他のセルも同じように反映させます。 (マウスが十字の形に変化) フィルハンドルをつまんだまま、最後のセルのところまでドラッグしていきます。 これで別シートの入力データを全て反映させることができました。 別シートにドロップダウンリスト(入力規則)を作って反映させる 別シートへ反映させる時によく使うものに、 『データの入力規則で作ったドロップダウンリスト』というのがあります。 下のエクセルのように、リスト形式のセルを別の専用シートに作っておいて、それを他のシートに反映させるというやり方ですね。 ドロップダウンリストを別シートに反映させる方法は、次の記事で詳しく書いているので、ぜひ参考にしてください! 反映元の表内の書式(セルの背景色、文字の色、罫線など)を変更した時に、 反映先に自動反映して欲しい場合はこちらがおすすめ。 未入力データが『0』と表示されないようにする ここまで紹介した方法では、1つ問題があります。 反映先のシート(Sheet1)のセルに次のIF関数を入力します。 A1 これで最初のセルにIF関数を入力できたので、あとはフィルコピーするだけです。 未入力データを判定するIF関数の解説 さきほど入力したIF関数を簡単に解説します。 A1 IF関数の、最初の引数には『条件』を書いて、第二引数はその条件を満たす(真)場合の処理を、第三引数には条件を満たさない(偽)場合の処理を書いていきます。 Sheet2! A1は、入力データがあるシート(今回の例ではSheet2)の入力データの位置(セルアドレス)を示しています。 つまり、 Sheet2! A1は『Sheet2』のA1(A列の1行目)を示しているわけです。 そして、IF関数の最初の引数である『 Sheet2! A1をそのまま表示させます。 IF関数の詳しい解説は、次の記事に書いているので参考にしてください。 書式を別シートに自動で反映する方法はない データではなく 書式(文字の色や背景色、罫線など)を別シートに反映させたいという場合もあるかもしれませんが、実は『書式』の自動反映はできません。 『リンク貼り付け』の操作の時に、ダイアログの中の『書式』をチェックすることはできますが、チェックすると今度は『リンク貼り付け』ボタンが押せなくなります。 つまり、 書式は別シートに反映できないのがエクセルの仕様です。 どうしても、別シートの書式を反映させたい場合は、書式を反映先にそのままコピーするしかないです。 複数の別シートのデータを簡単に集計(串刺し計算) 今回は、別シートのデータをリンクなどで表示(反映)する方法を紹介しましたが、いくつかの 別シートのデータを『集計』することもよく行います。 いわゆる『串刺し計算』とか『3D計算』とか呼ばれる方法で、次の記事でその方法をわかりやすく解説しているので、ぜひ参考にしてください!.

次の