コロナ 時候の挨拶 ビジネス。 ビジネス文書の書き出しと例文|個人・会社・お客様への挨拶は?頭語や時候の挨拶まで解説

ビジネス文書の書き出しと例文|個人・会社・お客様への挨拶は?頭語や時候の挨拶まで解説

コロナ 時候の挨拶 ビジネス

スポンサーリンク コロナウイルスに関するビジネス文章の書き出し コロナウイルス感染拡大防止対策からビジネス文章の書き出し方も変わってきました。 コロナ対策だけでなく、直接相手に会うことが難しい時や、大勢に知らせるためのビジネス文章には、手紙やメールを有効に活用していると思います。 普段であれば、 定型的な時候の挨拶から書き出し、その後本題に入るのが一般的です。 しかし現在のコロナ拡大の影響下では、時候の挨拶をそのまま使うと、あまりにも事務的で何か心無い感じに受け取る人もいると思います。 この会社は、相手を気遣わない、マナー的なものを気にしない、何か冷たい会社というイメージを持たれる危険性があります。 そうならないためには、 コロナに対する現在の状況や、相手を気遣う言葉や信頼関係を再認識できるような言葉を使った文章を考えましょう。 ビジネス文章として書き出しの文例には次のものがあります。 ご苦労も多いかと拝察いたしております。 コロナ対策の営業再開についての文章 コロナ感染拡大防止のため休業をしていた会社が、営業再開するときの文章例をご紹介します。 営業再開のお知らせ・・・(お知らせの題名)• 新型コロナウィルス感染拡大防止のため、お客様及び従業員の安全確保として実施していました営業自粛につきまして、大変なご迷惑・ご不便をおかけいたしました・・・(臨時休業についての謝意)• 皆様のご協力・ご理解をいただきまして深く感謝申し上げます・・・(臨時休業の協力・理解に対しての感謝の意)• スポンサーリンク コロナ流行中の文章の締め方 コロナ対策や新型ウイルス感染症などの流行で文章の文末の締め方、挨拶(一言)の文例をご紹介します。 コロナウィルスに負けず、安全と健康にご留意ください。 今後コロナが早く終息するように、心から祈るばかりです。 コロナの緊急事態宣言解除までもう一息です。 お互い頑張りましょう。 コロナの影響で大変な事態だと思いますが、皆様のご健康・ご安全を願っています。 営業自粛やイベント中止などの文章の例文はこちらです。 コロナウイルス感染症の拡大防止対策の緊急事態宣言解除による営業再開文章のひな形を文章例で紹介しました。 コロナに関する文章の締めの言葉には自分も気をつけているが、何より相手を気遣う一言を忘れずに入れて下さいね。

次の

【時候の挨拶】6月 ビジネス文例と結び!上旬・下旬の例文や挨拶文

コロナ 時候の挨拶 ビジネス

ビジネス文書の書き出しで一般的に使われる例文とその使い方 それではさっそくビジネス文書の書き出しで、よく使われる例文と使い方を紹介していきます。 どんな時に使うのか確認しておきましょう。 『いつもお世話になっております。 『いつも大変お世話になっております。 『平素よりお世話になっております。 『いつもお力添えいただきまして、ありがとうございます。 『日頃より大変お世話になっております。 』 これらは、常日頃から付き合いがある相手に対して、何度目かのメールなどでのやり取りの際に使われる場合の挨拶の例文です。 様々な場面でも使うことができるビジネス文書・メールの書き出しため、覚えておくと良いでしょう。 なお、「平素より」とは、「普段から」と同じ意味を持っています。 『平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 』 これは、かなりかしこまったビジネス文書の書き出しの例文です。 『拝啓』に続けて使われることも多いため、覚えておきましょう。 普段のやり取りの中で使われることはあまりありませんが、とっさの時に使えるようにしておく必要があります。 会社を代表して文書を送る時や、取引先からのメールや手紙に返事を書く時などにも、多く使われる書き出しです。 初めてビジネス文書を送る人に「いつも」などがつく書き出しは使わない 紹介したビジネス文書の書き出し例文の場合、初めて文書やメールを送る相手に対して使ってはいけません。 初めてメールを送るのにもかかわらず、「いつも」や「平素より」といった言葉を使ってしまうと、不自然な文面になってしまうからです。 ビジネス文書の書き出しで相手別の例文を見てみよう ビジネス文書を個人宛に送るのか、法人(企業)宛に送るのかによっても書き出しが変わってきます。 ここでは、個人宛と法人宛ビジネス文書の書き出し例文をそれぞれ見ていきましょう。 個人宛にビジネス文書を送る場合の例文• 『貴殿におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 『貴殿におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 』 個人が相手ですから、繁盛を願ったり喜んだりするよりも、健康に重きを置いて、「ご清祥」という言葉を使った方が良いでしょう。 「健勝(けんしょう)」というのは、健康であることを意味しています。 この場合は、健康で何よりです、といったニュアンスで使われていると考えてください。 また「お慶び申し上げます」は、「お喜び申し上げます」と書いても問題ありません。 どちらを使っても失礼にあたることはありませんが、よりかしこまった印象を与えたいのであれば、「お慶び申し上げます」の方が適していると言えます。 法人宛にビジネス文書を送る場合の例文• 『貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。 『貴社ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。 『貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 』 こういった書き出しは、ビジネス文書を送る相手が企業であった場合に使われるものです。 そのため、文頭に「貴社」という言葉がついています。 この時、「御社」と間違えないように気をつけましょう。 「御社」は話し言葉ですから、文書では「貴社」を使います。 「盛栄」「隆盛」「盛栄」「清祥」の意味 「盛栄」「隆盛」「盛栄」「清祥」について、それぞれが持つ意味に注目してみましょう。 これらはどれを使っても失礼にあたることはほとんどありませんが、その意味を知っておくと便利であると言えます。 盛栄(せいえい):主に商売の繁盛、繁栄を意味しています。 業績が順調そうで何よりです、といったニュアンスになるでしょう。 隆盛(りゅうせい):大いに栄えることを意味しています。 こちらも相手企業が発展していることを喜んでいるという意味になります。 清栄(せいえい):主に健康、そして繁栄を意味しています。 社員、ひいては企業そのものが健やかであることを喜んでいる、といった意味合いになるでしょう。 清祥(せいしょう):健康や無事であることなどを意味しています。 この言葉は企業相手だけではなく、個人相手にも使うことができます。 ビジネス文書の書き出しで個人宛に送る時の例文 個人宛のビジネス文書の書き出しを考える時に気をつけたいのが、その相手がどんな人かを意識することです。 たとえば、初めてやり取りをする人に「いつもお世話になっております」という書き出しのビジネス文書を送ってしまうと、相手は面食らってしまうでしょう。 このようなミスを防ぐにはビジネス文書を送る時に、そのケースごとに適切な挨拶を選ばなければいけません。 ここで、個人宛にビジネス文書を送る時のケース別に、書き出しの例文を見てみましょう。 ビジネス文書の書き出しで初めてやり取りする人に送る場合の例文• 『初めまして、(以下自己紹介)』• 『突然のご連絡、失礼いたします。 』 初めてビジネス文書を送る人にはこのような書き出しにすれば、充分に相手に礼儀を尽くしたことになるでしょう。 全く面識がない場合に、不躾に用件だけを送りつけたり、「いつもお世話になっております。 」などと書いてしまったりすると、ビジネスマナーを知らない人なのかなと思われてしまう可能性が高いと言えます。 そうなれば、自分だけでなく会社やチーム全体のイメージにも悪影響を及ぼしてしまうかもしれないので注意しましょう。 ビジネス文書の書き出しで前回の連絡から間が空いた人に送る場合の例文• 『ご無沙汰しております。 『大変ご無沙汰しております。 』 前回の連絡から間が空いてしまった相手に対しては、そのことについて触れておくべきです。 何の挨拶もなしに本題に入ってしまうと、ずいぶんと素っ気ない態度を取る人だなと思われてしまうこともありますから、その点に気を遣っておきましょう。 ビジネス文書の書き出しの基本は、相手への気遣いを見せるということです。 ビジネス文書の書き出しで少し前に会った人に送る場合の例文• 『先日はお世話になりました。 『先日はありがとうございました。 『その節は大変お世話になりました。 『その節は誠にありがとうございました。 』 ビジネス文書を送る少し前に会う機会があった場合は、このような書き出しにすると良いです。 何か接点があったにもかかわらず、その後連絡を取る機会がなかったという時には、ビジネス文書を送る際に必ずお礼の一文を加えてください。 また簡単で構わないので、後日改めてお礼の言葉を述べる機会を設けましょう。 ビジネス文書の書き出しでは「時下」という言葉を使うこともある ビジネス文書の書き出しでよく使われる時候の挨拶がありますが、その代わりに「時下(じか)」という言葉を使うことも多いです。 時下には「現在」「この頃」などの意味があります。 また、ビジネス文書の書き出しを「時下」にする場合、「貴社」は使わないので注意しましょう。 いくつかの例文を紹介します。 『時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『時下ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。 『時下ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。 『時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 』 ビジネス文書の書き出しで使う基本的な時候の挨拶 ビジネス文書の書き出しでは、季語を使った挨拶文を使う場合があります。 これが「時候の挨拶」と呼ばれる、ビジネス文書の基本的な書き出しです。 ここで紹介する以外にも数多くの季語がありますが、全体的に季節を一歩先取りしているイメージを持っておくと覚えやすいでしょう。 「まだ暑いけれど、季語の上では涼しさを感じさせるものだったな」「少し寒くなる頃だから、季語は寒さを感じさせるものがいい」といった具合に考えてください。 では、月ごと時候の挨拶例を紹介していきます。 ビジネス文書の書き出し例文:1月の時候の挨拶• 『新春の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『厳冬の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『大寒の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『寒風の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 』 1月の時候の挨拶では、「まだまだ寒い日が続きますが」といった意味を持つ季語が多く使われています。 どの書き出しも寒さを感じさせるものです。 ビジネス文書の書き出し例文:2月の時候の挨拶• 『残冬の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『向春の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『余寒の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『軽暖の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 』 暦の上では、だんだん暖かくなってきているという意味の季語が使われています。 生活の中では寒さを感じていても、季語では暖かさを感じるものを使いましょう。 ビジネス文書の書き出し例文:3月の時候の挨拶• 『早春の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『春分の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『萌芽の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 』 いよいよ春の訪れを表す季語を使うことになります。 気持ちも明るくなるような、春らしい季語が多く使われるのが3月の時候の挨拶です。 ビジネス文書の書き出し例文:4月の時候の挨拶• 『春暖の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『春爛漫の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『晩春の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 』 4月は春が始まってから終わっていく季節ですから、暖かさや春爛漫といったフレーズを使えるのもこの月だけの特徴と言えるでしょう。 ビジネス文書の書き出し例文:5月の時候の挨拶• 『若葉の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『新緑の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『立夏の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 』 緑がいきいきとし始める、夏に向かっていくのを感じさせるのが5月です。 若葉や新緑などの言葉が多く使われるのが特徴です。 ビジネス文書の書き出し例文:6月の時候の挨拶• 『長雨の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『初夏の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『向暑の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 』 6月の特徴は何と言っても梅雨ですから、長雨といった季語が使われることが多くあります。 また、初夏という季語を使うのも良いでしょう。 ビジネス文書の書き出し例文:7月の時候の挨拶• 『酷暑の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『盛夏の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『猛暑の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 』 7月は夏の暑さが始まり、だんだんその暑さが厳しくなってきます。 そのため「暑」という漢字を使うことが多く、夏を感じさせる挨拶となります。 ビジネス文書の書き出し例文:8月の時候の挨拶• 『晩夏の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『残暑の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『立秋の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 』 8月は体感的にはまだ暑さが続いているのですが、暦の上では立秋を迎えます。 そのため晩夏、残暑、立秋などの季語がよく使われます。 ビジネス文書の書き出し例文:9月の時候の挨拶• 『初秋の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『秋晴の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『秋冷の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 』 初秋、秋晴、秋冷など9月は秋が始まったことに触れる季語が多くあるため、時候の挨拶にはそれらを使うと良いでしょう。 ビジネス文書の書き出し例文:10月の時候の挨拶• 『仲秋の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『秋雨の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『秋霜の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 』 10月は秋雨が降って、だんだん寒くなってきたことを表す仲秋、秋雨、秋霜などの季語が多くあり、それらがよく使われています。 ビジネス文書の書き出し例文:11月の時候の挨拶• 『晩秋の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『霜寒の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『向寒の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 』 11月はいよいよ秋も終わりですから、「寒」という字を使うことも見受けられます。 これから冬に移り変わっていくことを感じさせる季語が多くあるのが11月です。 ビジネス文書の書き出し例文:12月の時候の挨拶• 『初冬の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『師走の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 『歳末の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 』 12月は師走ですので、それに触れるのが一般的です。 1年が終わることについて触れることで、「今年もありがとうございました、来年もよろしくお願いいたします」といった流れを作りやすくなります。 ビジネス文書の書き出しは正しい定型文を覚えるとスムーズに書ける ビジネス文書を書く機会は多いですが、書き出しの定型文を間違えていてもそれを指摘してくれる人がいなければ気づくことができません。 正しい定型文をきちんと覚えて、必要に応じて適切な場面ですらすらと書けるようにしておくことが大切だと言えるでしょう。 状況に応じたビジネス文書の正しい書き出しを覚えておくと、時間に追われている時に、ビジネス文書の書き出しでつまずいて肝心の本文を書けなくなるのを防ぐことができます。

次の

ビジネスやプライベートの手紙で使える時候の挨拶

コロナ 時候の挨拶 ビジネス

そもそもそういう考え方が好ましいものではありません。 こちらのカテゴリにはそういう価値観を押し付けようとするマナーを心得ない回答者もいて「時候の挨拶に意味や目的などない。 ただの決まり文句なんだから思考停止して定型文を丸写しすべき」という回答を繰り返す人もいます。 そういう回答には毎回強い違和感を覚えます。 質問者様もそういうものを求めているように思います。 こちらのカテゴリで「時候の挨拶」と質問すると「陽春の候」「春暖の砌」など定型文をいくつか並べるような回答が付くことがありますが、時候の挨拶というのは定められた定型文の中から選択するという性質のものではありません。 質問者さまが出かけようと外に出たら玄関先でご近所の人とバッタリ。 「こんにちは。 暖冬で寒い日が少ないまま今日はもう暑いくらいですね。 体調を崩さないようにしたいですね」などと声をかけます。 これが時候の挨拶です。 本題に入る前に双方で共有できるさりげない季節の話題から語り掛けることで導入を柔らかくすることが出来ます。 こういうのは語り手の年齢や性別、普段どのような言葉遣いをしているかによって個性や表情が現れるものです。 「全員が必ず同じ言葉遣いをしなければならない」わけではありません。 いわゆる例文集に当たれば様々な言葉がありますが、これらはもともとそれぞれが自分たちの言葉で書いてきたもの。 中でも「いい表現だな」と多くの人の評価に耐えたものが流通しています。 これは先人たちのアイデアの蓄積、知識の集大成です。 まずは書き手が自分の言葉で書くのが大前提です。 「東京スカイツリーの影が我が家の金木犀に届くようになってきました。 秋の訪れを実感します」 「ベランダから見える由比ヶ浜に海の家の準備が始まりました。 夏はすぐそばまで来ています」 いずれも地域や環境を限定するので誰彼構わず使える便利な挨拶ではありませんが、書き手が感じた空気感まで含めて季節の表情を切り取ったご挨拶だと思います。 「手紙の書き方」という本にある表現を意味も解らずに丸写ししたようなものより、質問者様自身が自分で感じた季節の風景を切り取るのが筋ではないでしょうか? 仮に例文集にあるものを参考にしたとしても、そこからヒントを得て自分で工夫してみたり、どれかを選ぶにしても自分が感じた季節感に近いものを選択することになるはずです。 仮に質問者様の住む地域が厳しい寒さに見舞われる環境なら「2月下旬の時候の挨拶を検索したら出てきた」という理由で「拝啓 向春の砌」などと書かれても上滑りで中身のない印象を与えるだけです。 平素は公私にわたり多大なるお心遣いを賜り感謝と喜びの念に堪えません」というマシンのような例文を投下した回答者がいました。 書き手が日常的に「陽春の候」を使い慣れており、意味も理解した上で自分の言葉として伝えているならいいのですが、「思考停止して定型文を丸写しすべきだ」という回答姿勢には強い違和感を覚えたものです。 意味のない言葉などありませんし意味のない言葉と認識してその上で定型文を丸写しして「これなら無難」と考えてしまうなら極めて失礼なやり方です。

次の