どう 森 サリー。 あつまれどうぶつの森.com | どう森総合攻略・裏技サイト!

あつ森★ティーナとサリーの性格や口癖・服&家の内装!人気はある?

どう 森 サリー

「」も参照 あい : 本作の主人公であるの少女。 一人でどうぶつ村に引っ越してきた。 天真爛漫な性格で、「夢」を探している。 名前の「あい」は英語で「私」を意味する「」に由来し、観客自身もまた『』のであることを意味している。 母親を「はは様(ははさま)」と呼び、手紙を書いている。 劇中、村のでのを発見する。 ブーケ(Rosie) 声: ・女。 あいの親友。 少し気が強くはっきりとものを言う性格で、噂話なども好む。 サリーとあいがお互い口にしている言葉「チェリーパイ」を気にしている。 口癖は「チェキ」。 サリー(Margie) 声: ・女。 あいの親友で、彼女とは村の仕立て屋「エイブルシスターズ」で初めて出会う。 見た目は大きく力持ちだが、極めて少女的な優しい性格で、になるのが夢。 劇中、夢のためにあいに何も言わず村を去ってしまう。 これは夢への第1歩を涙で始めたくないからだったらしい。 終盤、再会する。 ゆう 声: どうぶつ村の隣村に住んでいる人間の少年で、やなどに扮する。 、の蒐集が。 セイスモサウルスの化石の頭の上にあったの部品を一人でとりに行くなどの勇敢な性格。 名前はゆうを演じる小林ゆうと同じだが、小林本人は「偶然」で嬉しいと語っている。 アルベルト(Alfonso) 声: ・男。 よくゆうと一緒に行動している。 いたずら好きだが気はあまり強くない。 口癖は「〜だワニ」。 アポロ(Apollo) 声: ・男。 冷静沈着な性格で、ビアンカが好きな青いを自分の家の庭で育てている。 そのバラを(故意ではないにしろ)あいに荒らされてしまい、あいはそのことを「ハトの巣」で謝罪するが、彼は無言で喫茶店を後にしてしまう。 変わり者と言われている。 ビアンカ(Whitney) 声: ・女。 一見すると冷たい性格だが、あいを励ますなど優しい一面も見せている。 村一番の美人と評判で、以前はアポロと交際していた。 さるお(Champ) 声: ・男。 いつもを欠かさず、ジョニーのUFOの部品を探す時さえも怠らなかった。 アラン(Cesar) 声: ・男。 特技は。 さくらじまと仲がよい。 さくらじま(Cyrano) 声: ・男。 特技は。 アランと仲がよい。 ダルマン(Hopper) 声: ・男。 趣味はで、劇中では常に釣りをしている。 序盤では一向に魚が釣れなかったが、日に日に釣れる物は大きくなっていく。 たぬきち(Tom Nook) 声: ・男。 村で商店を経営しており、引っ越して来たばかりのあいに対して強制的にを課してくる。 まめきち(Timmy) 声: タヌキ・男。 つぶきちと共に、たぬきちの商店の手伝いをしている。 つぶきち(Tommy) 声: タヌキ・男。 まめきちと共に、たぬきちの商店の手伝いをしている。 コトブキ(Tortimer) 声: ・男。 どうぶつ村の村長。 次期村長選挙も当選を望んでおり、そのことばかり気にしている。 ぺりお(Pete) 声: ・男。 手紙の配達員。 劇中ではサリーからの手紙をあいへ届ける。 ぺりこ(Pelly) 声: ・女。 村の職員。 日中の役場の業務を担当しており、ぺりみの妹。 引っ越して来たばかりのあいに親切な応対を行ったり、村長の為に通路の障害物を移動したりする優しい性格。 ぺりみ(Phyllis) 声: ペリカン・女。 村役場の職員。 夜間の役場の業務を担当している。 ぺりこの姉で、ぺりことは対照的に。 フータ(Blathers) 声: ・男。 の館長。 に対しては熱弁を振るい、セイスモサウルスの化石を村の博物館にかざるのが夢。 フーコ(Celeste) 声: フクロウ・女。 フータの妹で、兄と同じく博物館に勤務している。 劇中では、あいにのことを教えていた。 マスター(Brewster) 声: ・男。 博物館地下にある「ハトの巣」のマスター。 無口だが、彼の入れるコーヒーは村の住民達に人気。 とたけけ(K. Slider) 声: ・男。 で、夏祭りの会場でライブを披露した。 キャラクターモデルは、この作品や原作ゲームの音楽を担当した。 リセットさん(Mr. Resetti) 声: ・男。 正義感が強く、悪事を行った者は絶対に見逃さない。 雪祭りの準備の際には、村の係も担っていた。 セイイチ(Wendell) 声: ・男。 放浪ので、行き倒れていた所をあいに助けてもらう。 その後「お腹が空いていることは悲しいこと」と言い残し去ってしまうが、あいはこの出来事で彼に勇気づけられた。 あさみ(Sable) 声: ・女。 妹のきぬよと共に仕立て屋「エイブルシスターズ」を経営している。 きぬよ(Mabel) 声: ・女。 あさみの妹で、彼女と共に仕立て屋「エイブルシスターズ」を経営している。 つねきち(Crazy Redd) 声: ・男。 不定期に村を訪れて店を開く露天商。 ラコスケ(Pascal) 声:() ・男。 コトブキが偶然彼を岬で見かけるが、不可解なセリフを言い残し去ってしまう。 その際、コトブキは自身を知らない村人がいたことに落ち込んでしまう。 ジョニー(Gulliver) 声: ・男。 本人曰く宇宙飛行士で、雪祭りの日にと共に墜落し、村の住民に部品を探すことを頼んで来た。 カッペイ(Kapp'n) 声: ・男。 の運転手。 冒頭であいを村まで案内した。 ローラン(Saharah) ・男。 作中でのセリフは無し。 ししょー(Dr. Shrunk) ・男。 作中でのセリフは無し。 まいごちゃん(Katie) ・女。 作中でのセリフは無し。 おかあさん(Kaitlin) ・女。 作中でのセリフは無し。 ホンマさん(Lyle) ・男。 作中でのセリフは無し。 スタッフ [ ]• ・:『』• :志村錠児、、、• :、、高橋ナオヒト、深沢幸司、、志村錠児• :、、、、• アソシエイトプロデューサー:• アニメーションプロデューサー:、• :加治屋文祥、大村信、油井卓也• ゲームリレーションシップス:柴田雄次、民谷紀里、益田岳司• ・総作画監督:• デザインワークス:志村錠児、、、、深沢幸司• :松原徳弘、毛利和昭、井ノ上ユウ子、佐藤和巳、佐藤陵、、志村隆行、• 2D:• 色指定:長尾朱美• 仕上検査:大田憲之、田中さよ• 美術監督補:北原美佐• 美術監修:金村勝義• デジタルワークス:高尾克己• 2D:山越康司• 2D撮影監修:吉田光伸• 2Dスーパーバイザー:• 2Dマネージメント:大竹研次• 3D撮影:• プロデューサー:坂美佐子• CGIスーパーバイザー:近藤潤• CGIディレクター:徳重実• 3DCGチーフデザイナー:管家涼、三上康博• コンポジテッド・スーパーバイザー:松嵜泰三• :(辺見俊夫)• 編集助手:後田良樹、古谷桃子• ネガ編集:今井大介• データコーディネート:三浦亜矢子• タイミング:平林弘明• カラーマネージメント:松本渉• フィルムレコーディング:由良俊樹• ラボ・コーディネーター:志村由布子• オーケストレーター:• 音楽プロデューサー:田中統英、千石一成• 音楽協力:、• 音響プロデューサー:、• 音響制作デスク:中村明子、小野勝弘• キャスティング協力:、百田英生、• 指導:(81プロデュース)• 整音:安藤邦男• 整音助手:上野未来• 音響効果:(倉橋裕宗、山谷尚人、米原想、緒方康恭、西佐知子、渡辺雅文)• ADRエディター:蜂須賀英幸• 光学リレコ:利澤彰• デジタル光学録音:• 録音スタジオ:• 音響制作:• ドルビーデジタル・コンサルタント:河東努、森幹生 コンチネンタルファーイースト株式会社• 制作担当:亀井康輝• :大杉善信、藤井康晶、内田晴香、高嶋久嗣、村田貢一、澤田剛、岡村遊• 設定制作:• 宣伝プロデューサー:幕内一男• 宣伝:小山田晶、江見威彦、土肥直人、稲垣優、大平雅之• アートディレクション:(波木香里、小島隆司)• プロモーションディレクター:(小江英幸)• WEBプロモーション:(青野竜二、武内純子、山川高志)• モバイルプロモーション:(、、山口善輝)、(、白石俊博、田中宏明)• 特別協賛:、、• 協賛:、、、、、、• 協力:、、、、、、、、、、• プロモーション協力:(谷口義一、水谷友昭)、(、、、、)• :()、()、三浦姫()、()、原口宰()、()、()、劇場版「どうぶつの森」製作委員会• 音響方式:DOLBY SURROUND 5. 1 この節のが望まれています。 劇場版「どうぶつの森」製作委員会 [ ]• :米田功、深谷裕、近藤孝直、熊澤太吾• :岩渕博、黒川和彦、川原章三、渡邉欣治、中原康、細川祐司、佐上靖之、小野邦彦、小野綾子、田中雅広、太田克巳、齋藤慎、和田誠、飯田誠敬、岡本順哉、高瀬一郎、黒田泰子、小菅さやか、利田浩一、石橋里奈、荻田奈緒、橋本真理• :、奥田誠治、、長崎佳子、植野浩之、森永宏二、畠山直人、、岩佐直樹• :、、小野田光• :北嶋秀彦、小板橋司、太田昌二、長谷川隆一、代哲哉、田中ひろ子、横山聖子、中川恵美、間取美帆• :今井茂人、桜井靖、川尻正孝、池田義昭、伊ヶ崎浩一、岩原妙子、渡邉志穂美• :、吉田恵、矢部征嗣• :安齋進、大槻育宏、竹内俊司、石割太郎、安田厚、岡田洋介、薄友也、宮下令文 この節のが望まれています。 主題歌 [ ] 主題歌『森へ行こう』 歌:、作詞:吉井省一、作曲:、編曲: 挿入歌『けけボッサ』 作詞・作曲・編曲: クレジット上は上記のようであるが、実際の作曲者は戸高一生。 また、詞は手塚卓志、江口勝也、野上恒、戸高一生の共作による (編曲者は不明)。 以上の2曲は、2006年12月13日発売の『劇場版「どうぶつの森」オリジナルサウンドトラック』(Clay RECORDS/バップ、VPCG-84854)に収録されている。 付記 [ ]• 「小学一年生」を除く各誌の1月号に、本作の主要4キャラクターを演じる・・・のと簡単なコメントが掲載された。 刊行の児童向け雑誌においてを本業とする人物の写真が掲載されるのは、の『』化の知らせの際の「」以来である。 12月より順次、を中心として『いこうよ どうぶつの森』が放送された。 映画化決定の時のイメージイラストには、あい(らしき人物)、ブーケ、謎の少年、のルーシーが描かれていた。 なぜルーシーが未登場になったのかは不明。 亀井康輝率いるの初担当作品である。 は、映画化を聞いて是非とも出演したいとラジオなどで公言していたが、出演は叶わなかった。 主要スタッフを同じくして『』、『』、『』が同じ系で公開された。 脚注 [ ] [].

次の

誕生日に引っ越してきたサリー。: ゲームニッキ ~とびだせ どうぶつの森~

どう 森 サリー

このWikiではNintendo 3DSソフト「とびだせ どうぶつの森」の情報等をまとめています。 「どうぶつの森」って何?という方はを御覧ください。 当Wikiには多くのネタバレ情報を含んでおり、閲覧者に対して全く配慮をしていません。 その辺をご理解いただいた上での閲覧をお願いします。 荒らしを発見された方は、ページに報告を頂けると対処できます。 荒らしをされた方はIPアドレスとリモートホストを開示し、酷い場合はプロバイダに通報します。 ご了承ください。 まだ反映されていない情報をお知りの方は各ページのコメント欄か、で報告をお待ちしています!• アンチウィルスソフト等により掲示板が閲覧できない場合があるようです。 お手数ですが掲示板のURLを例外として許可する設定をすると閲覧できると思います。 詳しい設定方法については各セキュリティ対策ソフトの説明書をご覧ください。 (許可したことによるトラブルについては責任を負いかねます)• 各ページのコメント欄は雑談や質問およびフレンドコードを交換する場ではありません。 いずれもでお願いします。 各コメント欄でそのようなことを書かれた場合は削除いたします。

次の

【ポケ森】サリーのトクベツなお願い、クラフト情報まとめ

どう 森 サリー

住民厳選の前におさらい。 次の日がはじまるのは午前6時 まず厳選方法の前に、とび森の仕組みについて理解する必要があります。 既に知っている方もいらっしゃるかも知れませんが、ゲーム内では日付が変わるのと、一日が終わり次の日が始まる時間というのは別物です。 一般的に一日の終わりは午後12時までですが、とび森の世界では午前6時までとなります。 例えば一日一回しか出来ない公共事業ですが、2月27日の午前5時59分までに終わらせておけば、27日の午前6時には完成し、また次の公共事業が行なえるようになります。 そういった意味では日付は大して意味をもちません。 あくまで重要なのは午前6時より前か、後かということだけとなります。 住民厳選の基本はサブキャラを作って見回りをすること 一日のはじまりが午前6時からですので、イベントが発生するのもその時間からです。 正月や豆まきなども全てそうですが、「新しい住民が引っ越してくる・キャンプ場にどうぶつが来る」のもこのタイミングです。 方法、要点だけ先に書くと以下の2点だけになります。 午前5時59分までに終了し、ゲーム内で午前6時を回ったらサブキャラを作る• 作ったサブキャラで自分の村を見回って、来て欲しい住民がこなかった、あるいは建てて欲しくない場所に家を建てた場合セーブせずにリセット このようにやることは非常に簡単となっています。 ではもう少し詳しくみていきましょう。 まず1つ目ですが、午前6時が基点になっているのは先ほどご説明したとおりです。 普通にゲームを進めていた場合、午前6時丁度になると強制的にセーブが開始されます。 ここでセーブが開始されてしまうと、同時に村に来る住民が確定してしまいます。 これを回避するために、午前5時59分までにはゲームを終了してタイトル画面に戻る必要があるのです。 そして 午前6時を過ぎたら必ず「サブキャラ」を作ります。 なぜメインキャラではいけないのかというと、メインキャラでゲームを始めるときにも強制的にセーブとロードが行なわれてしまうためです。 新規にキャラクターを作った場合は、自分の家を建てるまで強制セーブされることはありません。 ですから、 サブキャラ作成するまでは絶対にメインキャラでゲームを始めてはいけません。 そして2つ目です。 先ほど作ったサブキャラですが、電車内で適当にみしらぬネコと会話したあと、駅に降り立ったらまずは村を見回りしてください。 えきいんさんから役場に行くように言われるはずですが、後回しです。 見回り最優先です。 村の住民の数が9人より少ないときは自動的に住民が引越ししてきますが、住民・場所共に指定することができません。 ですから村を隈無く調べて、新しい住民が引っ越してきていないかを確認します。 予定地の看板を見れば、引っ越してくる住民も分かります。 そしてもし、「どうしても今後仲良くやっていけそうにない住民」や「どうしても建てて欲しくないところに家の予定地ができた」場合にはそのままリセットします。 (リセットさんスマン) その後、自分が納得するまで同じ作業を繰り返します。 何回か繰り返して、お気に入りの住民にめぐり逢えたらセーブを行います。 セーブができるようになるには、役場で住民登録することが必要ですので、通常通りゲームを進めていきましょう。 自分のお家を建てて、住民登録を済ませて、セーブが完了したら厳選作業は終了です。 後はいつもどおり、自分のメインキャラクターでゲームを開始してください。 以上が「住民厳選」といわれる方法の概要となります。 これから始める方や、最初から始めたい方、住民が9人に満たない方にはおすすめです。 キャンプ場を使った厳選方法、キャンプ場厳選とは 先ほどまでの例は住民が自動的に増える場合をメインとしたものでしたが、公共事業で建てられる「キャンプ場」を使った厳選方法というのもあります。 既にとび森を進めている方は9人以上になっているかと思いますので、こちらが使いやすいでしょう。 キャンプ場厳選には先ほどの通常厳選にはないメリットがあります。 それは住民と家を建てる場所を別々に厳選することができる点です。 通常の厳選では、住民と引っ越し位置がセットになっているため、すごく可愛い住民が来たとしても、道のど真ん中に家を建てるかもしれません。 その場合、村の環境をとるか、それとも住民をとるかで悩むことになるでしょう。 その点キャンプ場厳選ならば、住民の勧誘をキャンプ場で行なえるため、後日引っ越して来る時にその住民の家の場所をじっくり厳選できるというわけです。 あるとら村のキャンプ場厳選例 ここからは私の村の例をみていきましょう。 まずはキャンプ場にどうぶつが来るのを待とう。 ちなみに以前撮影したスクリーンショットなのでまだ雪がありますね。 さて、まずはどうぶつ達にキャンプ場へ来てもらわなければなりません。 新しい一日が始まる毎に、先の方法でサブキャラクターを作り、キャンプ場を見に行きます。 2回から3回程度やってみて、一度もどうぶつ達が遊びに来ていなければその日はこない可能性が高いため、普通にゲームを始めてしまって構わないでしょう。 それにチャンスはいくらでもあります。 何回かやっていると何度リセットしてもかなりの高確率でキャンプ場にテントが(画像はかまくらだが)張ってある日があるはずです。 こういうときがお目当てのどうぶつを村に勧誘するチャンスとなります。 せっかくですし、女の子が良いなと思ってます。 一回目はおサルさんでした。 女の子に来て欲しいのでリセットです。 あれれ、リセットしたらどうぶつが来ていない。 キャンプ場を使った厳選のデメリットとしては、上記のようにどうぶつが来ないことがあるということでしょうか。 かなりの確立でキャンプへやってくる日は確かにあるのですが、必ずというわけではないようですね。 そんな時は少し時間を空けて何回か試してみてください。 3回くらいは試すと良いでしょう。 可愛い住民のためです!苦労は惜しみません。 そうすると……。 来てます、来てます。 だがしかし……。 シカのドレミちゃんがやってきました! ドレミちゃんはとび森のパッケージにも出演しているキャラクターです。 頑張った甲斐がありました。 この娘をあるとら村に勧誘することにしましょう。 そうと決まればあとはセーブするだけです。 タヌキハウジングへ行き、適当に家を建てたら住民登録を済ませましょう。 適当な場所に家を建てます。 住民登録が完了しました! さあ、これでセーブが出来るようになりました。 後はセーブをしてメインのキャラクター(村長)でゲームをスタートして、キャンプ場へ来ているどうぶつに村への勧誘を行いましょう。 しかし、一度で勧誘に成功するとは限りません。 村の住民が既に10人いるなどの場合は絶対に勧誘できません(そもそも選択肢がでない)が、そうでなければ勧誘できるはずですので、粘り強く話しかけましょう。 このとき、余計なアイテムやお金をもっていると、ゲームに誘われてしまいますので、全て地面においてから話しかけた方が良いかと思います。 一回ではOKしてくれないこともしばしば。 あきらめないで粘った結果、ついに村に来てくれることに! 何度も何度も話しかけて、ようやく村に来てくれることになりました! ちなみに別の住民のときでしたが、30回くらい誘ってようやく承諾してくれたこともありました。 引っ越ししようか迷っているという話自体がでれば脈ありですので、あきらめないで頑張りましょう。 キャンプ場厳選が済んだら引っ越し場所を厳選しよう さて、無事にキャンプ場でお目当てのどうぶつを村へ勧誘することができたら、次は引っ越し先の場所を厳選しましょう。 大抵勧誘に成功した翌日には村に引っ越し予定地ができるはずです。 このときも忘れずにサブキャラを作成して、村全体を見回ります。 こんな村の端っこに建てなくても……。 と思ったら今度は道のど真ん中! 交差点破壊とか狙いすぎです。 案の定引っ越しテロを行なってきましたね。 サブキャラを作って見回ることで最悪の状態は回避することができるはずです。 何とか粘って良い場所に建ててもらいたい。 翌日引っ越してきてくれました。 よろしくね。 後は実際に引っ越してくるのを待つだけです。 そして無事、あるとら村にドレミちゃんがやってきました。 これでキャンプ場を使用した厳選は全て完了です。 おつかれさまでした。 厳選の際注意しておくべきこと 一連の厳選作業では、必ずサブキャラクターを作成する必要があります。 まずキャラの作成枠が1つ以上なければこの方法は使えません。 また、いざ引っ越し位置の見回りをしようとしたときにキャンプ場厳選の際作成したキャラのせいで、キャラクターの枠が無いことに気が付いても手遅れです。 これはキャラクターを削除する際に必ずセーブが行なわれてしまうためです。 こうなると場所厳選についてはあきらめるしかありません。 ですので、 必ず厳選終了後にサブキャラクターは削除しておくことを強くお勧めします。 備考 住民の数が既に10人に達している場合誰かを引っ越しさせる必要があります。 任意の住民を引っ越しさせるにはこちらの方法を参考にしてください。 また予め公共事業などで建物を作っておけば、ある程度住民の引っ越し予定位置を絞り込むこともできるでしょう。 その際はこちらを参考にしてください。 (結局テント無しの状態でメインで起動)正味3時間。 時間かけすぎ? 2日目は気合いを入れ直して、リセット41回、うちテント12回目にしてやっと可愛い子が来て、セーブしました。 正味2時間。

次の