漫画 アキラ 予言。 漫画『アキラ』は予言の書?!都市伝説『アキラの予言』を解説!

漫画『アキラ』は予言の書?!都市伝説『アキラの予言』を解説!

漫画 アキラ 予言

2013年9月7日。 アルゼンチンのブエノ スアイレスにて実施されたIOC総会で、 日本の総理大臣である安倍晋氏は福島に関して、 「お案じの向きには、私から保証をいたします。 状況は、統御されています。 東京には、いかなる悪影響にしろ、 これまで及ぼしたことはなく、 今後とも、及ぼすことはありません」 といった演説をアナウンスしました。 それらの努力も見受けられ、 2020年の五輪は東京を開催地として 確かになった。 期待していた五輪招致に日本中は盛り上がり、 世間で『お・も・て・な・し』というような うたい文句が超ホットな言葉となった。 しかしながら、五輪の東京開催決定以後からというもの、 存在している都市伝説とも言える ウワサが流布する結果となる。 びっくりすることには、 一昔前に流行り映画化もされたコミックが 2020年の東京五輪開催を予言してしまっていたのである。 当該のコミックというのは 大友克洋作の『AKIRA』である。 1982年から始まった連載で、 1990年には終結した未来型SF作品となっています。 お話の舞台というのは、 第三次世界大戦後に造られた 我が国の新しい首都となったネオ東京。 西暦は2019年。 グングン開発が進行し超高層ビルが 建ち並ぶネオ東京のと同時に、 まだまだ、立て直しが可能と なっていない状態の旧市街は荒廃していまして、 紛争、盗み、ドラッグなどというような モノが勢いを増している状態です。 という事は、大友先生は32年も昔から、 2020年には東京五輪が開催されるということを 予言していたという意味に結び付く。 作品の中では東京五輪の為の再開発工事に大反対して 抵抗する一般市民のムードについても描かれています。 実際の東京都でも国立競技場問題や、 東日本大震災からの復興がもたつく現状の中で 東京五輪開催に異議を唱えるデモなどが実際に あったりと良く似た状況となっている。 作者は、まるでこの様になってしまう未来を、 その目で見てコミックを作ったかのような偶然とは 言えあり得ない合致ではないだろうか? 現在の状況では、現実の世界では、 第三次世界大戦は起こってはいないが、 我が国は2011年に東日本大震災のような 前代未聞の大震災を体験した。 これによって、日本が非常に大きい転換期を迎えたと言う 意味を含めては、コミックで描かれていた第三次世界大戦は、 東日本震災を示唆する演出となっていたのかも知れません。 他にも、原作やアニメを徹底的に読み返してみると、 更なる予言が秘められていた!.

次の

【新型肺炎拡大】漫画「AKIRA 」のオリンピック中止予言が的中か?

漫画 アキラ 予言

画像は『AKIRA』より引用 7月4日(現地時間)、米ロサンゼルスで開催中の「Anime Expo 2019」に漫画家・大友克洋氏が出席し、新作劇場SFアニメ「ORBITAL ERA」の製作と、自身の代表作である「AKIRA」の新アニメプロジェクトが進行中であることが明かされた。 影響を受けたと公言する海外のクリエイターも多い。 そんな伝説的作品の新作が登場するとなれば、期待するなという方が無理であろう。 さて、そんな盛り上がりに水を差すようで申し訳ないが、実はこの「AKIRA」にまつわる恐ろしいウワサがあることをご存知だろうか? なんと、2020年に迫った東京オリンピックの開催が「AKIRA」の作中で完全に予言されており、それに従うならば、東京オリンピックの開催までに…… と、口にするのもはばかられる悲惨な未来がこの国を待ち受けているというのだ。 そこで今回は、「AKIRA」をはじめとする数々の(日本を代表する)予言作品について、オカルト界の重鎮である山口敏太郎氏が解説してくれた記事を再掲する。 「AKIRA」新作の登場によって予言が更新されることはあるのか? ますます目が話せない。 『宇宙戦艦ヤマト』は実在していた!? まず、宇宙戦艦と聞けば、誰しもアニメの名作『宇宙戦艦ヤマト』を連想するのでないだろうか。 数年前のことだが、筆者はアメリカのUFO研究家からこんなメールを受け取った。 しかも、そのシルエットは我々が慣れ親しんだ『宇宙戦艦ヤマト』に酷似しているのだ。 さらに、それだけではない。 米国ではあのデスラー総統が乗っていた『ガミラス艦』そっくりのUFOまで撮影されている。

次の

東京五輪の都市伝説!漫画AKIRAの怖い予言とは?

漫画 アキラ 予言

舞台は2019年の「ネオ東京」。 1982年に発生し、第3次世界大戦()の引き金となった謎の大爆発で壊滅した東京が、復興を遂げたという設定だ。 ストーリーの核となる少年アキラは極秘の軍事プログラムで超能力を獲得するが、その力があまりに強大なため体を分解される。 アキラの内臓が入った鉄の箱は、五輪スタジアム建設現場の地中深くに埋められており、後にアキラの超能力を受け継ぐこととなる鉄雄という少年に発見される。 「『AKIRA』の世界は一言でいえば『サイバーパンク』だ。 テクノロジーは発達しているが、富裕層と虐げられた人々の間に大きな格差がある未来のハイテクな世界だ」というのは、日本の漫画やアニメに詳しい専門家マシュー・ピノン()氏だ。 2020年東京五輪はストーリーの中心に据えられているわけではないが、偶然にしては異様なほどの現実との近似性をもってたびたび登場する。 日本のポップカルチャーを専門とする明治大学()の森川嘉一郎()准教授いわく、物語は五輪の中止または延期が避けられない事態へと展開していく。 新国立競技場のあちらこちらからクレーンが突き出ていた建設現場の様子は、「AKIRA」ファンに漫画の一場面をありありと思い出させるものだった。 漫画研究家のパトリック・ガウマー()氏によると「AKIRA」の中の東京五輪もまた、1982年の大爆発と壊滅的被害から復興した証しとして描かれている。 作中の復興の象徴である五輪スタジアムは、その爆心地の近くに建てられている。 現実とのもう一つの一致は、作中に登場する新聞の「世界保健機関()が伝染病対策を非難」という見出しだ。 だがピノン氏は「これには雰囲気を出すという以上の意味合いはない」と述べる。 結局、「AKIRA」は未来を予言していたのだろうか? 森川氏は予言というよりも、近い過去(戦後の日本)を再解釈した結果が、架空の近未来に反映されたのだと捉えている。 戦後復興の1964年の前回東京五輪、1968年の大学闘争、死に物狂いの東京再開発……。 「AKIRA」が2020年東京五輪に触れていたことについて森川氏は、言えることはこうした一致が、すでに傑作といわれている作品の観賞体験に並外れた現実感を与えるだろうということだと述べた。

次の