安い引っ越し業者。 結局、安い引越し業者はどこなの?【2020年7月版】

引っ越し業者のおすすめ人気ランキング7選【一番安いのはどこ?】

安い引っ越し業者

大手と中小の引越し業者にまとめて見積もりを出してもらい営業マンと交渉 そのため、料金の安い3社に狙いを定めました。 直接営業マンと交渉するのです。 こちらから連絡しなくても、営業担当からコンタクトがきます。 粗品を持ってきたりと、営業の必死さが伝わってきます。 その時に、他の業者はこの値段で引き受けると言っているがと交渉してみるのです。 すると、では弊社ではこの値段でと値下げしてくれるはずです。 それでも渋っていると、さらに値下げを行ってもらえました。 大手アート引越センターに平日に安く引っ越してもらいました 結局、アート引越センターに頼んで、27000円ほどでした。 けっこう値下げってしてもらえるんだなと驚きました。 何事も交渉してみるもんだなと思いました。 もちろん引越しの時期などもあったかもしれません。 引越しシーズンじゃありませんし、平日にしてもらいました。 やはり土日は高くなるようです。 有休を使うなど、平日に作業をしてもらう方が安くなります。 後は荷物の量などでも変わりますね。 自分でやれることを自分で行うことで、多少安くすることができます。 引っ越し業者 安いのは中小か大手か引き合いに出して値下げ交渉が成功 私は、転勤族でしょっちゅう数年居住した住居を手放して転勤に伴う引っ越しをすることが往々にしてありました。 その時に私は、専業主婦である妻にどうしても、引っ越しに関することを任せてしまいがちになり、非常に申し訳無い思いをすることが度々ありました。 そんな中で妻が引っ越し業者を選定するのに少しでも安く引っ越し料金を値下げしてくれた方法としましては、ずばり引っ越し業者同士で見積もりを頻繁に行い。 更に、安くしてもらった引っ越し業者の話を新規で来てくれた引っ越し業者に対して、引き合いに出して、値下げを要求すると言う方向にもっていきます。 すると、某引っ越し業者の場合では、「もうそれでしたら結構です。 〇〇引っ越しセンターさんの方を取って頂いてよろしいですよ。 」 と開き直る引っ越し業者さんも居られれば、「わかりました。 もう少し勉強させてください。 」と言うような形で、値下げに応じてくれる引っ越し業者さんも居られます。 ただ、ここで一つ問題点がありまして、競合他社を引き合いに出して料金を値下げする方向にもっていくのは良いのですが、値下げすれば値下げした分だけ、手抜きサービスをされる恐れがあります。 よく車でも値下げしすぎたら、付くべき内装の部分に付くものがついてなかったりすることがありますが、値下げしすぎると危険性が増してしまいますので、ある程度の所で妥協すべきであると思います。 業者名としましては、最終的に一番最初に見積もってもらった引っ越し業者さんの半額以下になったアート引っ越しセンターさんでした。 値下げに快く応じてくれたのと、離島まで引っ越しサービスをしてくださる所が大変気に入りました。

次の

引越しで安い業者を見つける裏技!一括見積もり後に交渉すべきポイント

安い引っ越し業者

引っ越しは、業者で料金が大きく違います。 丁寧に作業してくれる会社でなければ駄目なのは当たり前ですが、どうせなら一番安い所が良いに決まってますよね。 ネットで一括見積もりすると、引っ越し業者間で競争してくれるので料金が下がってお得です! 利用はもちろん無料です! >>今すぐ一括見積もりしてみる<< 安い引っ越し業者ランキングBEST5(大手5社) 安い順 引っ越し業者 料金相場 1位 アーク引越センター 50,000円 2位 ハート引越センター 55,000円 3位 サカイ引越センター 60,000円 4位 アリさんマークの引越社 61,000円 5位 アート引越センター 63,000円 引っ越し業者の大手5社の平均的な料金相場をランキングにしたものです。 荷物量や移動距離で金額は大きく変わるので、おおまかな傾向として参考にしてください。 引っ越し安い業者ランキング1位!アーク引越センター アーク引越センターは、格安で有名な引っ越し専門業者の大手企業です。 0003マークのトラックを見かけたことのある人も多いと思います。 安い引っ越し業者ランキング1位!アーク引越センターの見積もりの相場 料金相場: 50,000円 安い引っ越し業者ランキング1位!アーク引越センター口コミ・体験談 アーク引越センターのホームページは、分かりやすくて利用者に優しいですね。 家族の引っ越しでしたので、家族向けのプランを選びました。 その中でも、全てアーク引越センターに任せるタイプを選んだ時の体験談を紹介します。 突然決まった人事異動に対応するために引っ越しの急ピッチで進めなければならなかったのですが、いかんせん準備をする時間がありません。 最も頭を悩ませたのは小物や食器類の梱包です。 最初は自分たち家族でやってはいたのですが、物が多すぎて対応することが出来ません。 これでは期日迄に作業が間に合わないと思ったところで、アーク引越センターに依頼しました。 流石に大手の引っ越し業者さんだけあって、作業に慣れているのがよく分かります。 大切な物を扱うので雑に扱ってもらっては困ると思っていたのですが、全くそのようなことはありませんでした。 引っ越し当日の手際の良さも素晴らしいもので、連携が取れたスムーズな動きで私たち家族がただ眺めているだけであっという間に作業が進んでしまったのが感動でした。 作業員の服装も清潔感があって好感が持てます。 アーク引越センターの社風なのでしょうか。 見積もりの問い合わせの段階から、嫌な思いを一つもせずに作業が完了したのは、初めてかもしれません。 これから引っ越し業者を利用される方は、アーク引越センターをオススメしたいですね。 引っ越し安い業者ランキング2位!ハート引越センター ハート引越センターは、きめ細やかなサービスで評価の高い引っ越し専門業者の大手企業です。 社名の通り、ハートマークのトラック・ダンボールを見かけたことのある人も多いと思います。 安い引っ越し業者ランキング2位!ハート引越センターの見積もりの相場 料金相場: 55,000円 安い引っ越しランキング2位!ハート引越センター口コミ・体験談 彼女の希望で彼女の地元での企業に就職することになったことから、当時住んでいた埼玉県南浦和のアパートから栃木県の真岡市に引っ越しをすることになりました。 その際、ランキングサイトで口コミや評判を調べ、何社かの業者に見積を頼んで、その中で一番安いハート引越センターに頼みました。 ハート引越センターは、東京に本社がある業界では大手企業です。 最大手ではありませんが、梱包作業用の専用資材(もちろん無料です)などもきりんと完備していますし、北海道から九州まで直営センターを設置しているので、長距離の移動でも対応できます。 ハート引越センターの不用品引き取りサービス ハート引越センターの良かった点は、営業さんの対応と不用品引き取りサービスでしょうか。 不用品の引き取りは無料で、引っ越しに伴って家具を処分する際には、便利な業者です。 処分代も安くないですから。 最近、大手の引っ越し業者は、自社で不用品引き取りをしなくなったので、こういうサービスは本当に助かります。 更には、他社の見積より更に下げた金額を提示してくれたり、それにプラスして色々な粗品をくれたりと気を使ってくれました。 金額的には、5万5000円くらいだったと思います。 その後の電話対応も良かったので、ハート引越センターにはすごく感謝しています。 ハート引越センターの引っ越し作業 現場の作業が少し雑かもしれません。 作業員の作業がずさんな上に、引っ越し先が比較的遠いところなせいなのか、やたらとスピーディに作業しようとしていた為か、家具の幾つかに破損が生じてしまいました。 ただ、弁償等は特に契約の際に話をしていなかったのと、ハート引越センターは不用品の引き取りするサービスやっていたので、当時使っていたソファーベッド等の大物家具の処分費用と比べると、家具の補修費用とトントンか少しこちらが儲けた感じかとも思ったので何も言わないことにしました。 ただ、一番安いからといって価格だけで決めると、現場での作業がずさんになったりするというのを知ることが出来たので、さほど高い勉強料にはならなかったかと思います。 後で分かったことですが、引っ越し業者は荷物の破損に備えて必ず保険に加入しているそうなので、ちゃんと請求すれば良かったです。 こういった部分でも、勉強になりました。 何事も経験ですね。 引っ越しは、業者で料金が大きく違います。 丁寧に作業してくれる会社でなければ駄目なのは当たり前ですが、どうせなら一番安い所が良いに決まってますよね。 ネットで一括見積もりすると、引っ越し業者間で競争してくれるので料金が下がってお得です! 利用はもちろん無料です! >>今すぐ一括見積もりしてみる<< 引っ越し安い業者ランキング3位!サカイ引越センター サカイ引越センターは引っ越し専門業者の中でも最大手に分類される有名企業です。 パンダマークのトラックを誰でも目にしたことがあると思います。 安い引っ越し業者ランキング3位!サカイ引越センターの見積もりの相場 料金相場: 60,000円 安い引っ越し業者ランキング3位!サカイ引越センター口コミ・体験談 いろいろな引っ越し業者を利用しましたが、価格や対応面で満足度が一番高かったです。 次引っ越すときもサカイ引越センターにお願いするつもりです。 見積もりにしても荷物の量が多すぎて、どこの引っ越し業者でも電話やWEBでは見積もりできず、訪問見積もりになったのですが非常にフットワークが軽く一番に駆けつけてくれました。 営業の方は、とても熱心です。 競合他社が訪問見積もりに来ると聞いて、やっぱり訪問できますと言い出す他の引っ越し業者とは、その時点で印象が分かれました。 今では当たり前かもしれませんが、梱包用の大小各種のダンボールも無料で提供してくれますし、足りなければ電話一本で追加でいただけます。 また当日の作業も非常に手際がよく、かつ専門の引っ越し業者であるためか、サカイ引越センターの作業員の方は良く気が利きます。 具体的な例をいくつか挙げると、最初に搬入出するもの順番とトラックへの積み込みの順番を決めてすばやく作業にかかります。 あらかじめ傷やへこみがあるものは事前に確認をしてくれますし、搬出完了後に部屋を掃除をされると思いますので掃除機は一番最後にした方がよろしいですよねと気配りをいただけます。 またサカイ引越センターでは、通路や扉を保護材でしっかり養生してから作業をしてくれるので、家主様に迷惑をかける心配もありません。 引っ越し完了後も10分サービスなどがあるので、当初の配置からやっぱり位置を変更したいという場合には、一人で作業するより壁や床を傷つける心配が無いのでありがたいです。 ただ、サカイ引越センターでは、ダンボール回収サービスは回収に来てくれる日が決まっているので、荷解き後すぐに部屋から出したいといった欲求に必ずしも応えられるサービスでは無いのだという点はいい勉強になりました。 引っ越し安い業者ランキング4位!アリさんマークの引越社 アリさんマークの引越社は、赤井英和さんのCMで有名な引っ越し専門業者の大手企業です。 全作業員に身元保証人付で、作業品質に定評のある会社でもあります。 安い引っ越し業者ランキング4位!アリさんマークの引越社の引っ越し見積もりの相場 料金相場: 61,000円 安い引っ越し業者ランキング4位!アリさんマークの引越社口コミ・体験談 アリさんマークの引越社さんには、3回もお世話になりました。 最初は大阪から東京への転勤に伴う引っ越し。 2度目は、私が東京からは仙台への単身赴任時です。 3年経ってから、また東京に戻り、家族と一緒に暮らすようになりましたが、このときもアリさんマークの引越社さんです。 大阪から東京への引っ越しの時は、慣れない中での作業でしたので、アリさんマークの引越社さんのアドバイスやお手伝いは助かりました。 あまり異動に慣れていないこともあり、荷物の整理をどこから手を付けていいものか迷ってしたのです。 しかし、アリさんマークの引越社さんからは、どのあたりの荷物をまとめればいいか、必要な物と不必要な物とに分けて、荷造りをすること効率的かということを教わりました。 また、引っ越しだと住民票の変更等の公的な手続きも煩雑です。 引っ越しの荷作りだけでも頭が混乱している中で、このあたりも適時、アリさんマークの引越社からアドバイスがありました。 そのようなこともあって、何とか引っ越しが無事に完了したのです。 一度、経験してみると面白いことに次の引っ越しでは苦労はしないものだなと思います。 単身赴任時の引っ越しは、私だけの荷物なので、量は非常に少なく荷造りも搬出・搬入もアッと言う間に終わってしまいました。 これもアリさんマークの引越社のおかげです。 引っ越し安い業者ランキング5位!アート引越センター アート引越センターは、テレビCMなどでも有名な引っ越し専門業者の大手企業です。 リフォーム番組のビフォーアフターなどで目にしたことがある人も多いと思いますし、トラックも頻繁に見かけますよね。 安い引っ越し業者ランキング5位!アート引越センターの引っ越し見積もりの相場 料金相場: 63,000円 安い引っ越し業者ランキング5位!アート引越センター口コミ・体験談 数年前に転居した際、ネットのランキングサイトから数社の引っ越し業者に見積り依頼をして、一番安い見積もりを出してくれたのでアート引越センターを選びました。 安くしてくれた、というのが重要な部分で、見積り依頼をした業者の中で唯一、営業の方が部屋まで来て、荷物の量などを確認し、希望の金額を聞いてくれて、頑張ってくれました。 その際、どうすれば一番安い見積もりになるかということについてコツを教えてくれました。 内容は、引っ越し日や搬出から搬入までの日取りを指定しないことで、今となっては当然だと思いますが、経験が少なかった当時は、とてもありがたいアドバイスでした。 アート引越センターの営業の方もハキハキした感じの良い方でした。 その後に事務的な手続きや相談をしてくれたオペレーターの方、搬出や搬入の当日に来ていただいた方たちまで、良い方ばかりでした。 特にアート引越センターの搬入の時の方々は、年配の方と若い方の2人組でしたが、年配の方はとても荷物を大切に扱っていただいているのが伝わってきて、重い荷物を運んでもらっているうちに恐縮してしまいました。 若い方は、無口な印象でしたが爽やかで、同じように荷物を大切に扱ってもらいました。 インターネット等で引っ越し業者の口コミを見ると、酷い対応をされたというようなものを見かけることがありますが、本当に良い対応をしてもらったと満足しています。 とにかく安い引っ越し業者ランキング(東京・大阪) 東京、大阪の地域密着型で安い引っ越し業者をランキング形式で紹介しています。 大手のような丁寧さは期待できませんが、とにかく格安に!という人向けです。 引っ越しが安い業者ランキング大阪編 大阪で地域密着の格安業者5社を紹介しています。 大手のような痒い所に手が届くわけではありませんが、その分安いのが魅力です! ぜひ、参考にしてみてください。 参考: 引っ越しが安い業者ランキング東京都内編 東京でとにかく安く引っ越すならケーエー引越センターがおすすめ! 金額のイメージとしては、大手の約半分くらいでしょうか。 安くていい!という評判もあれば、作業が雑だ!という悪い評判もあるので、値段なりですね。 参考:.

次の

引越し業者おすすめランキング

安い引っ越し業者

とにかく引っ越し業者は安いに限る!! 長い人生の中で、一度も転居を経験しない人もいれば、何十回と経験する人もいます。 もし、初めて引っ越しをすることになった場合、何から始めたらいいかさえ分からない人も多いのではないでしょうか? でも大丈夫! 当サイトでは、 一番安い引っ越し業者や運送会社の探し方、 一括見積もりで安くするコツなどを紹介しています。 ぜひ参考にして下さいね。 一番安い引っ越し業者ランキング!料金比較で格安な会社はどこ? 安い順 業者名 料金相場 1位 サカイ 10,000円〜 2位 ヤマト 13,000円〜 3位 日通 15,120円〜 4位 ハート 15,750円〜 5位 アリさん 20,000円〜 6位 アート 25,000円〜 7位 アーク 30,000円〜 こちらは単身パックでの引っ越し料金相場のランキングです。 金額に相当な差がありますよね? 一括見積もりを利用すると、こんな感じで一番安い引っ越し業者が簡単に分かります。 引っ越しは、業者で料金が大きく違います。 丁寧に作業してくれる会社でなければ駄目なのは当たり前ですが、どうせなら一番安い所が良いに決まってますよね。 ネットで一括見積もりすると、引っ越し業者間で競争してくれるので料金が下がってお得です! 利用はもちろん無料です! >>今すぐ一括見積もりしてみる<< 一番安い見積もりを引っ越し業者からとるコツは? 引っ越しは回数を重ねるたびに上手に、手際よくなるものです。 私もそうでしたから(笑) 最初は、引っ越し業者に言われるままに事を進めていたのが、次第に自分が主導するかたちで準備を行うことが可能になります。 更に住居を移すというのは、何かとお金が掛かるものですので、料金を安く押さえるとなるとどこを削っていくのがいいのか? 転宅転勤で会社から手当てが出る場合でも、大抵は足が出てしまうものですので、引っ越し業者の費用は少しでも安い方がいいですよね? それには・・・ちょっとしたコツがあります! 一番安い引っ越し方法1:見積もりは少しでも早く安い時期に! 1年の中で一番引っ越し業者が忙しい日といえば、3月の土曜日の大安の日です。 この繁忙日が、どのくらい前に満車になったと思いますか? なんと3ヶ月も前です! 実は引っ越し業者の価格には定価というものがありません。 トラックの空き状況に応じて、弾力的に決められているのです。 荷物を運ぶためのトラックや正社員の人件費などは固定費です。 仕事がなくても引っ越し業者の負担は変わりませんので、空きが多い状況の時には、値引き交渉に応じてくれやすいのです。 安い料金でも、とにかく予約をとって売り上げを確保しておく、ということです。 反対に、予定が詰まっていれば値引きには応じてくれなくなります。 どんな引っ越し業者も無尽蔵に人員を抱えているわけではありません。 ある程度予定が埋まっていれば、無理して安い料金で売り急ぐ必要もありませんし、自社のトラックや人員で賄えない量になると、下請けの運送会社に作業を回す分、料金も上乗せされてしまいます。 ですので引っ越しの達人は、なるべく早く見積もりをとって、安い価格になるよう、有利に交渉を進めているのです。 ちょっとしたコツですが、意外に有効なので実践してみてください。 一番安い引っ越し方法2:日にちに幅を待たせる! 業者から見積もりをとる際、通常は引っ越し日を指定すると思いますが、この日程に幅を持たせるほど安い金額で交渉しやすくなります。 分かりやすく言うと、例えば「3月5日で見積もって下さい」よりも「3月1日から3月7日までで一番安い日で見積もって下さい」という方が、絶対に安くあがるのです。 理由は上でも説明しているように、予約の空き状況によって価格が変動するためです。 一番暇な日に予約を入れてくれるなら、引っ越し業者としても値引きしてでも、とにかく仕事が欲しいわけです。 トラックや人員を遊ばせておくよりはいいわけですから。 要するに、引っ越し業者が一番暇な日時を狙えば良いのです。 そうすれば、無理な価格交渉などしなくても、ちょっとしたお願いで値引きしてくれますよ。 一番安い引っ越し方法3:とにかく一番料金の安い業者を探す! 引っ越し業者と言えば、テレビCMやインターネット広告等で有名なところはもちろん、地域密着型の会社まで沢山ありますよね。 とは言え、いくら安いからといって、あまり小さな会社では、大切な家財道具をちゃんと運んでくれるか心配です。 それに引っ越し業者に払う料金は、同じ内容でも天地ほども差があるのです。 それこそ、安いところと高いところでは、びっくりするくらいに違います。 ですので、初めての引っ越しでも損をしない為には、依頼する側にも注意が必要です。 例えば処分する家具があるケースです。 自治体によっては、無料で処分してくれるところもあれば、家具一個ごとに処分費を払う必要がある自治体もあります。 小さな家具であれば処分も簡単かもしれませんが、大きな物になると自分で運ぶことさえ困難ですよね。 そういった時、引っ越し業者による引き取りも可能ですが、処分費をきっちり見積もりに入れるところもあれば、サービスしてくれる会社もあるのです。 逆に考えてみれば、そういった処分費は、依頼する側からの交渉により、カットすることもできるものなのです。 ちょっとした交渉が、大きな節約につながるのです。 一番安い引っ越し業者を探すには見積もりを多く取って比較する! 一番安い引っ越し業者を探したいなら、なるべく多くの業者で相見積もり取って価格交渉をしましょう。 一番安い引っ越し業者を相見積もりで探すときの注意点 とは言え、相見積もりを取るにしても、最低限まともな引っ越し業者がどこか、きちんと調べる必要があります。 とんでもない不良会社で、大事な家具や貴重品が傷だらけにされたのでは、いくら費用が安いと言っても話になりません。 引っ越し業者の担当者のミスで、トラックが手配されてなくて引っ越しできなかったという話も中にはあるのですから・・ そこで当サイトでは、インターネットによる一括見積もりをおすすめしています。 一番安い引っ越し業者を探すなら一括見積もりがとにかく便利! 一括見積もりサイト側が、きちんとした引っ越し業者を厳選していますので、安心して比較することが可能です。 基本的には大手企業、または評判の良い地域密着型の会社です。 参加している業者数は190社以上、その中から最大10社に同時に見積もりを依頼することが可能です。 引っ越し一括見積もりの依頼をし、実際に見積もりをしてもらうと、安い高いの値段の差にびっくりすると思いますよ(笑) 私が初めて利用した時には、「何故こんなに値段が違うの?」と驚いてしまいました。 引っ越し業者はどこが一番安い?一括見積もりで探した体験談 いくら安いと言っても、インターネットの一括見積もりを不安に思う方もいると思いますので、実際の体験をお話します。 私の引っ越し歴は9回。 最初の引っ越しは、不動産会社からの紹介でそのまま業者を決めてしまったという、今思えば苦い経験があります。 昔のことなので、今のような便利な一括見積もりなどは無い時代です。 今のように安い引っ越し料金で済ませることなんて無理な時代でした。 それでも複数の業者から見積もりを取って交渉することくらいできたかもしれません。 でもそういったことも知らないほど、若かったんですね。 一番安い引っ越し業者は一括見積もりを利用して要領よく探す! その後、主人の仕事の都合で、日本全国を2〜3年に1度ずつ引っ越しするという人生を過ごしていますが、回数を重ねる毎に、費用をどんどん安くしていけています。 要領が分かってきて、どんどん賢くなったんです(笑) 今から2年前に引っ越しをした際にも、実際に一括見積もりを利用して、一番安い引っ越し業者を探しました。 インターネットで条件を入力し依頼すると、すぐに3社から連絡が入ってきました。 今までの経験上、実際に引っ越し業者の人が見に来て見積もりしないと、本当の費用が出せないのは知っていたので、連絡が来ることには特に抵抗はありませんでした。 一番安い引っ越し見積もりは複数業者を比較する必要がある! 私はその3社から見積もりを貰うことに決め、自宅に来て貰いました。 大手の引っ越し業者2社と地元密着型1社です。 大手は丁寧に家財道具を扱ってくれる安心感がある上に、元の値段はこんなに高いけど即決してくれたらこの値段にしてあげますよ、というお決まりの決め台詞を出してきます。 思わず「お願いします!」と言ってしまいそうになりますが、ここは我慢して3社すべてに見積もりを出して貰いました。 そうした所、地元密着型の引っ越し業者が見積もりに来る時間に遅れてしまったとの理由で、一番安い値段の提示をしてくれました。 一番安い引っ越し見積もりは高い業者の半額以下の格安だった! 処分する家具が3つありましたが、それも交渉して、すべて無料引き取りしてくれるとのこと。 この時点で地元密着型の引っ越し業者に決めました。 ちなみに大手2社の見積もり金額は約15万でしたが、約7万円まで交渉で引き下げる事ができました。 金額の交渉をする際、大手引っ越し業者の即決金額より安い額をベースに、そこから引き下げの交渉を行ったのが、良かったのだと思います。 実はあまりに安いので本当に大丈夫かと心配しましたが、当日は丁寧に作業をしてくれました。 おかげで2年前の引っ越しは、過去一番の最安値となりました(笑) 一括見積もりが一番簡単で安い引っ越しのためのコツ! 実際の体験もありますが、一括見積もりは簡単に出来て連絡をしてきてくれる上に、うまく交渉することにより納得いく引っ越しを行うことも可能です。 もちろん大手には大手の良いところもあります。 でも誰だって同じ条件での引っ越し内容になるのであれば、一番安いところに依頼したいのではないでしょうか。 是非、一括見積もりを利用して、お得な引っ越し業者を見つけましょう! 一番安い引っ越し業者を比較したいけど電話がしつこいのは嫌という人は? 一括見積もりは、複数業者から電話がかかってくるので、煩わしく感じる方もいると思います。 そういう方には、新しい一括見積もりサービス、スーモ引越し見積もりがおすすめです! スーモ引越し見積もりは電話番号の入力が必須ではないので、電話なし、ネットだけで見積もり依頼が完結できるところが特徴です。 スーモは大手企業リクルートが運営する不動産ポータルなので、利用者も多く安心ですよ。 一番安い引っ越し業者がどこかは時期や荷物量によって違う! 引っ越し業者について考えたとき、丁寧で料金が一番安い所が選ばれやすいのは当然ですよね。 反対に、高くて作業が雑な会社は、人気がありません。 ですが、引っ越し業者と言っても、数多くの会社が存在しています。 経験が少ない人などは、一体どこをどう選べばいいのか、見当も付かないことも多いのではないでしょうか? 大手、中小と大きく分けることもできますが、大手だからといって安心することができるのか、中小だからといってダメなのかは、実際のところ分かりませんよね。 引っ越しで一番大事なのは、先にも挙げたとおり、料金が安いことや、サービスがどういった内容なのかで決まってくると思います。 ランキング1位の業者でも引っ越しが一番安いとは限らない 金額は、転居のタイミングなども関係してきます。 おすすめランキングのサイトで一番安い1位の業者でも、地域や時期によっては、値引きが渋くなることも珍しくありません。 さらに細かく言えば移動距離、トラックの空き状況なども見積もり金額の高い安いに関係してきます。 大手は有名だから大丈夫という考え方は、実は信じてしまうと後で後悔することになるのです。 また中小企業の引っ越し業者のように、地域に密着したサービスなどもあるかもしれませんので、そこも視野に入れて考えておく必要があります。 もしどちらがどうなのかで迷うようなことがあれば、ネットなどの口コミも参考にはなりますが、実際のところ、人それぞれで捉え方も違っている事も踏まえておきましょう。 訪問見積もりで一番安い引っ越し業者を決める事をおすすめ 引っ越しの見積もりには、業者に自分の家の中まで来てもらい、そこで実際に荷物の量を確認して見積もりを行う、訪問見積もりという方法があります。 これは荷物の量を担当者が直接見て確認をするために、より正確な見積もりをすることができるというメリットがあります。 それ以外のメリットとして、引っ越し業者の従業員の様子を間近で見られるチャンスでもあります。 実はこれ、一番重要です。 つまり、見積もり依頼をした引っ越し業者の従業員が、どういう態度で働いているのか? ちゃんと話を聞いて理解できているのか? こういった点についてチェックできれば、それは引っ越し業者選びにおいて、一番参考になるポイントになるはずです。 さすがに真面目に仕事をしていないように見える従業員がいる会社に、依頼はしたくありませんよね? だからこそ、引っ越し業者に訪問見積もりを依頼するときには、料金が一番安いのかといった事だけではなく、しっかりとその様子をチェックしておく必要があります。 その結果、ちゃんと仕事をしてくれているとか、真面目な態度がうかがえるという場合には、見積もりの金額次第では、その会社に決めても問題ない場合もあるでしょう。 見積もり金額が一番安いからといって、家や家財道具を傷だらけにされては本末転倒ですから。 訪問は単に見積もりをする機会だけではなく、引っ越し業者の選定においても重要な役割を発揮する可能性があるので、日程に余裕があるならば、絶対に利用するべきだと思います。 見積もり金額が安いと思って依頼したら、当日、作業員が来なかったといったトラブルもありますので、人間を見て依頼するというのは重要な事なのです。 一人暮らしなら単身パックのある引っ越し業者が一番安い! 引っ越し業者の中には、一人暮らし用のサービスとして単身パックをプランとして用意している会社があります。 安い見積もりをゲットするのは、かなり重要なポイントですよね。 単身パックは、一人分の荷物であるような場合に利用できて、通常の引っ越しと比べても割安感があるサービスです。 しかし、どこでもやっているサービスではありませんので、注意が必要です。 有名な業者は大抵やっていますが、引っ越し業者は全国に非常に数がたくさんありますから、やっていないところもあります。 なので、単身パックがあるかどうかを、必ず確認してください。 基本的には、この単身パックを利用すると、引っ越し料金は割安になるはずです。 一人暮らしの荷物で済むという場合なら、単身パックを使った方が安いと言えるでしょう。 一人で転居する人は、単身パックのある引っ越し業者を選ぶことをおススメします。 もちろん、お金は別にいくらでも良いという方は、単身パックにこだわる必要はありませんよ。 ですが殆どの人は、転居に伴う費用は、少しでも安い方が良いと思っている筈です。 単身パックがあるであろう、大手の引っ越し業者を中心に見積もりなどをお願いしていくと良いのではないでしょうか? 知名度が劣る業者の場合には、単身パックなどは実施していない可能性もありますから。 どういう引っ越し業者を選ぶにしろ、見積もりの前に、安い単身パックの有無を必ず確認しておくと良いです。 それから実際にいくらかかるのか?を調べていきましょう。 当サイトで紹介している引っ越し一括見積もりを利用するのも賢い方法です。 複数の業者で見積もりできるので、単身パックの有り無しの比較も簡単ですからね。 引っ越しは、業者で料金が大きく違います。 丁寧に作業してくれる会社でなければ駄目なのは当たり前ですが、どうせなら一番安い所が良いに決まってますよね。 ネットで一括見積もりすると、引っ越し業者間で競争してくれるので料金が下がってお得です! 入力は1分(スマホは30秒)、利用料は無料です! >>今すぐ一括見積もりしてみる<< 引っ越し費用の相場が一番安い時期は?業者の繁忙期と通常期 引っ越しには定価というものがありませんが、時期、距離、荷物量(家族・単身)によって大体の相場が分かります。 ここでは、通常期と繁忙期に分けで、引っ越し料金の相場を紹介します。 目安として参考にしてください。 通常期(5〜2月)の引っ越し費用は安い?だいたいの相場 単身 単身 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上 (荷物少) (荷物多) 全平均 27,000円 33,000円 60,000円 65,000円 70,000円 80,000円 〜15km未満 同市区町村程度 20,000円 25,400円 50,120円 60,000円 64,800円 78,000円 〜50km未満 同都道府県程度 21,600円 30,000円 58,000円 70,000円 90,000円 - 〜200km未満 同一地方程度 30,000円 42,000円 75,600円 82,000円 90,000円 140,300円 〜500km未満 近隣地方程度 43,100円 58,000円 125,500円 - 130,000円 195,000円 500km以上 遠距離地方程度 54,000円 73,500円 150,000円 185,000円 220,000円 - 繁忙期(3〜4月)の引っ越し費用は安い?だいたいの相場 単身 単身 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上 (荷物少) (荷物多) 全平均 37,000円 50,000円 78,000円 100,000円 108,000円 110,000円 〜15km未満 同市区町村程度 25,650円 35,000円 65,000円 76,000円 91,350円 - 〜50km未満 同都道府県程度 31,000円 43,000円 70,000円 111,500円 116,000円 - 〜200km未満 同一地方程度 47,260円 62,350円 97,500円 150,000円 160,000円 190,000円 〜500km未満 近隣地方程度 58,000円 85,000円 180,000円 205,000円 255,000円 345,000円 500km以上 遠距離地方程度 80,000円 105,000円 200,000円 300,000円 350,000円 357,500円.

次の