アドセンス 複数サイト 審査。 複数ブログのアドセンス申請方法とサイト追加の審査期間の目安

Googleアドセンスでサイトを追加しようとしたら「お客様のサイトで複数のポリシー違反が確認されたため、サイトを承認できません」となったときにやってみたこと

アドセンス 複数サイト 審査

広告リンクなし、画像なしの平凡な日記ブログですね 笑。 アドセンスの仕様変更でサイト追加時に審査が行われるように 2018年10月29日にGoogle アドセンス公式ブログで仕様変更についての説明がありました。 以下は原文を日本語に翻訳したものです。 新しいサイトに広告を表示する前に、そのサイトをAdSenseアカウントに追加する必要があります。 新しいサイトはそれぞれ検証プロセスを経て、自分がドメインを所有しているか、コンテンツを変更することができるかを確認します。 このプロセスでは、AdSenseプログラムのポリシーに準拠しているかどうかについてもサイトを確認します。 確認が完了すると、サイトは「準備完了」とマークされ、広告の掲載を開始できます。 出典: 今まではアカウント単位での審査でしたが、これからは サイト ドメイン 単位での審査に変更されるという事になります。 なので、審査用ブログの作成は必要なくなり、サイトを1つ作成するたびにアドセンスに申請する流れになりますね。 head? どこにあるのかな? 分かりやすく教えてくださいな。 php』というファイル内にあります。 テーマファイル内の『テーマヘッダー header. php 』をクリックしましょう。 先頭の方にある<head>を探し、その下に指定のコードを貼りつけます。 最後に『ファイルの更新』をクリックすれば完了です。 ちなみに、当ブログはSANGOというテーマを使用しています。 子テーマを利用している場合 先ほどの場合は親テーマにコードを挿入しましたが、今度は子テーマに挿入する方法を紹介します。 テラパッドにファイルジラね。 php』をローカル パソコンのデスクトップ にダウンロードします。 デスクトップにダウンロードした『header. php』をTeraPadにドラッグ&ドロップしましょう。 先ほどの親テーマの時と同じように、<head>下に指定のコードを貼りつけましょう。 最後にファイルの上書き保存を忘れずに。 ここからが大事なのですが、アドセンスのコードを挿入した『header. php』を 子テーマにアップロードしてやります。

次の

アドセンスのサイト追加が審査必須に!実際に申請して分かったこと

アドセンス 複数サイト 審査

価値の低い広告枠とはどういったブログを指す? 価値の低い広告枠とは言ってしまうと Googleのアドセンス広告を載せるに値しないサイト(ブログ)だよ。 広告を載せても成果が期待できない可能性がある 広告を掲載しているお客様を満足させられるほどのクオリティ だから、Googleアドセンスの広告を載せるに値するサイト(ブログ)にしてね! ということです。 じゃあ何が悪いんじゃー!!! ってなりますよね(笑) なので、価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)と審査結果もらった人が どうやってこの審査を突破したのか見てみたいと思います! コピペのチェック まずはじめに、ないとは思いますが、自分の書いた記事がコピペの記事の疑いがないか確認してみましょう! コピペかどうか確認する方法は無料ツール「CopyContentDetector」を使ってみて下さい やり方は公式サイトにて書かれています。 が、簡単テキストで説明すると以下のようなものになります。 調査対象テキストのところにテキストをコピペ(1回4000字まで)• 改行をすべて削除してチェック• すでに公開されいる記事の場合「除外ドメイン」に自分のドメインを入れる• 「入力された文章のコピペチェックを開始します。 よろしいですか?」と出るのでOKを押す• 完了通知が右上に出たらページを再読み込みボタン「F5」で更新する(windowsの場合) 判定は大きく3段階にわかれます。 「コピーの疑い」「要注意」「良好」に分かれています。 オリジナルで書いていて判定が「良好」であれば問題はありません。 自分の公開しているサイト内で酷似している記事がないか確認する 無料のコピペツールで唯一気づけないのが 自分の現在公開している記事で同じような内容を書いている場合。 こういった記事がないか確認してみましょう。 もし同じ内容を重複するような記事があるなら、どちらか1つに結合するかどちらかを消してしまいましょう! 画像やイラストについて のブログによると、 自分で書いたイラストや写真などを他のSNSやブログと共有している場合 その部分についてコピペを疑われている可能性があるとのことです。 SNS系の入れ込みは少し注意が必要ですね。 またテキストに対して画像が多い場合も 指摘される youtubeについて youtubeの動画投稿に関してもあまりたくさん入れすぎない方が良いと言われています。 デフォルトページの削除 なんと ワードプレスの最初の記事「Hello world! 」消して審査に通った人がいます(笑) 黒沢さんというブロガーさんの記事で紹介されていました。 Hello the World(投稿ページ)• サンプルページ(サンプルページ) を公開した状態で審査に出していたら消しておきましょう。 また、黒沢さんの記事では、 カテゴリーの未分類も審査を落ちてしまった原因なのでは? と書かれています。 詳しく書かれていませんが、もし「カテゴリー未分類」や「デフォルト記事」の調整はしておきましょう! カテゴリー「0」のカテゴリは削除する 続いて、カテゴリーです。 さきほど、カテゴリー未分類を0にするよう伝えましたが アドセンス審査ではカテゴリーページやタグページも見られている可能性があります。 カテゴリーに関しては、意外と記事数が「0」ってありえそう(笑) タグに関しては、「0」があるならけしておきましょう! タグは、SEO的には何も意味ないのでぶっちゃけ全部消しちゃってもいいです。 たとえばカテゴリだけ作って記事が一つも入ってなかったらカテゴリ名のみで何も表示されないページができてしまいます。 したがって記事が0のカテゴリやタグは削除しないといけません。 削除した記事のキャッシュを消す Googleにインデックスされてる記事は削除してもすぐには消えません。 キャッシュという記憶がされている状態になります。 グーグル検索すると普通に出てきてクリックすると「404エラー」になります。 削除した記事をグーグルに認識されないようにする方法として、サーチコンソールでのURL削除があります。 Fetch as Google Fetch as Googleは、Googleサーチコンソールに入っている機能です。 WEBページを新規作成・更新・追加・削除した時にやることでGoogleに最新の状態を伝えることができます。 まとめ とにかくつたえたいのは あなたの記事が価値が低いわけではないということはまず言いたい! あくまでGoogleアドセンスの審査上のことです。 審査に通るために具体的な指示がないため 自分で色々試行錯誤して考える必要があります。 他のメルマガとの違い サラリーマン独自のよくある時間のない悩みから解放されて稼ぐ方法 サラリーマンだからこそ本業を活かして稼くやり方 WEBに全く詳しくないサラリーマンを褒めて伸ばすのが私のブログです。 僕が5年以上積み重ねた作業記録や思考を伝えることでまずあなたに 1円稼いでもらいます。 そのあとはメルマガをしっかり読んで行動してくれれば 1万円、3万円、5万円とステップアップして稼ぐことが可能です。 サラリーマンに読んでもらいアフィリエイト情報満載のメルマガ! 特にブラック企業に務めている人に読んでもらいたいかも。 私もブラック企業勤めで体崩してやめたので、ホント副業で稼げるようになってお金に余裕ができたり自信がついてからホワイト企業に転職するなりしてほしいと思います。 今なら無料プレゼント配布中! 最新情報もGET! <メルマガ登録は2STEPで完了>• 「名前」「メールアドレス」の2点を入力• 「送信」ボタンを押して完了 プレゼントは登録後すぐにGETできます。

次の

アドセンスを複数サイトに設置することはできる?【審査必要?】

アドセンス 複数サイト 審査

こんにちは、AdSense 公式ヘルプコミュニティ エキスパートの竹中です。 アドセンスに申請したら不承認になってしまってお手上げ状態! このような状態になってしまい、もうどうしようもできなくなるという方が多くいらっしゃいます。 不承認になる理由はいくつかあります。 例えば登録した住所や氏名などの情報に誤りがあった場合、審査対象のコンテンツに問題があった場合、そして別の Google アカウントと重複してしまった場合です。 今回取り上げたいのは最後の 重複アカウント(複数アカウント)についてです。 この問題はWeb サイト/ブログだけでなく YouTube をされている方も深く関わっています。 また既に AdSense アカウントを取得されている方も関わっていますし、特に複数の YouTube チャンネルをお持ちで2つ目移行のチャンネルを収益化しようとされている方にも注意してほしい内容となっています。 このページではテキストで内容をご紹介しておりますが、動画でも公開しておりますのでよろしければご覧ください。 このたびは Google AdSense にお問い合わせいただきありがとうございました。 comに関連付けられている現在承認済みの AdSense アカウントと一致することがわかりました。 AdSense プログラム ポリシーに記載されているとおり、複数アカウントのご利用は許可されていないため、今回の新たなお申し込みを承認することはできません。 この状態になってしまった場合は、その原因別に対処方法が異なります。 複数アカウントによる不承認の原因別対処方法 0. アドセンスに申請する前の確認 まず重複アカウントにさせないために、今後アドセンスに申請される際や YouTube の収益化に申請される前に、必ず過去にアドセンスに申請したことがないか、 YouTube 収益化に申請したことがないか、また既にアドセンスアカウントを所有していないかをご確認ください。 よくあるのが過去にアドセンスに申請して合格しないまま放置していたのを忘れて、新規にアドセンスに申請してしまうことです。 放置してもアドセンスに申請した事実は消えません。 もし過去に申請したことがあるのであれば、そのアカウントの状況を確認して対処しなければなりません。 またさらに確認してほしいことがあります。 それは 家族がアドセンスアカウントに申請していないか、アドセンスアカウントを所有していないかです。 アドセンスアカウントを持つことが出来るのは一人一つというルールではありますが、同じ住所にお住まいのご家族も含めて1つという制限がかかっています。 家族それぞれで所有することもできるのですが、基本的には家族内で1つと思ってください。 ご自身とご家族含めて既にアドセンスアカウントを所有していないか、アドセンスに申請していないかをご確認いただき、該当しなければアドセンスに新規に申請、または YouTube の収益化に申請してください。 使用できるアドセンスアカウントがある場合 承認済み(合格済み)のアドセンスアカウントをお持ちの場合は、新規にアドセンスへ申請することなく承認済みのアドセンスアカウントを使用してください。 Web サイトの場合であれば[サイトの追加]から新しい Web サイト/ブログの URL を追加して収益化を行うことができます。 YouTube の場合であれば、チャンネルの収益化を申請する際に承認済みのアドセンスアカウントに紐付けるように手続きをしてください。 ここで新規にアドセンスアカウントを作成してしまい重複と判断されると収益化が難しくなります。 もし承認済みアドセンスアカウントがあるのに2つ目のアドセンスアカウントを作ろうとして不承認になった場合は、不承認になった方は無視してください。 今まで使用できているアカウントでアドセンスを続けてください。 もしアカウントを変更したい場合は下記の手順に従ってください。 スポンサーリンク 2. 審査中のアドセンスアカウントがある場合 審査中のアドセンスアカウントがあるにも関わらず、さらに別の Google アカウントで申請してしまって不承認になった場合、申請中のアカウントも不承認と表示されてしまう可能性があります。 そのような場合は先に申請している方のアドセンスアカウントと、新規で申請してしまったアドセンスアカウントの両方でアドセンスへログインをして状況を確認してください。 重複アカウントとして情報が紐付けされてしまい不承認になった場合は、アドセンスアカウントが一つになるよう重複してしまったアドセンスアカウントをキャンセルしてください。 キャンセル方法はアドセンス管理画面の[アカウント情報]から行うことができます。 (Googleアカウントの削除とは異なります) 上記ページの手順でキャンセルを行ってもすぐに紐付けがリセットされないことがあります。 そのためキャンセル後、 1週間~10日間放置ほど何もしないで放置してください。 自動的にこの紐付けがリセット(解除)されるようになっていますので、1週間~10日間放置してから先に申請しているアカウントでログインをしてください。 Google アカウントを削除してしまっている場合 アドセンスアカウントがあるにも関わらず Google アカウントごと削除してしまっても、アドセンスの登録している情報は削除されません。 Google アカウントを削除する場合は、事前にアドセンスアカウントを正式にキャンセルする必要があります。 アドセンスに申請して審査中(もしくは登録済み)のアカウントを正式にキャンセルせずにGoogleアカウントを削除した場合は、まずアカウントを復旧させてください。 復旧後にそのアドセンスアカウントをそのまま使うか、キャンセルをしてから別アカウントでアドセンスに申請をします。 ) もし復旧ができなかった場合は、以前までは「アカウントのログインに関する問題」というページから問い合わせができていました。 しかし現在は対応窓口がなくなってしまい、新しい窓口ができるのをお待ちいただくしかない状態です。 アカウントがキャンセルできない場合 アドセンスアカウントのキャンセルができない場合もあります。 まず1つ目のパターンが、先に申請しているアカウントでは審査が行える状態だけど、後から申請した方ではキャンセルができない場合です。 このような場合は先に申請しているアカウントでアドセンスに合格できるように進めてください。 先に申請しているアカウントでサイトの審査に出して重複として弾かれなければ後から申請した方は放置で構いません。 2つ目のパターンが、どちらのアカウントでアドセンスにログインしても「もう1つのアカウントを閉鎖してください」と表示され、かつどちらのアカウントもキャンセルができない状態になることです。 この場合になってしまうと、現時点ではご自身名義でのアドセンスアカウント所有が厳しい状態となっています。 トラブルシューティング 以前までは下記のトラブルシューティングから複数アカウントに関する問い合わせフォームがあり重複解除のサポートを受けることが可能でしたが、 現在このフォームは廃止されてしまいました。 現時点では代わりとなる窓口がないため、ご自身で複数アカウントとなってしまっているアカウントのキャンセル等から解除できない場合は、残念ながらアドセンスに申請することができません。 新しい対応方法ができれば、またトラブルシューティングなどでその方法が明示されるのではないかと思いますので、定期的にチェックしてみてください。 裏技?重複アカウントを回避して取得するには どうしても重複アカウントが原因でアドセンスアカウントを取得できない場合、裏技的な方法で重複を回避して取得できる可能性はあります。 重複アカウントは同一人物が複数のアドセンスアカウントを所有できないというルールによって起こることなので、 別名義であれば取得することは可能になります。 つまり自分ではない名義を使うということになります。 先程もお話いたしましたが、自分ではなくても同居の家族の場合は弾かれてしまうため、別住所の親族の名義を借りるという方法もありますがお勧めはできません。 親族であってもお金が関わることですので、名義を借りるのはやめた方が良いと思います。 ですので本気でアドセンスに取り組みたいというのであれば、法人を設立され法人名義で申請されると良いかと思います。 ただ注意点が2つあります。 法人なので株式会社や合同会社のような法人格であって、個人事業主ではないことです。 個人事業主はあくまでも個人なので別名義としては使えません。 また法人であっても、重複で弾かれているアカウントと同じ住所や電話番号を使用すると関連づいてしまい重複アカウントと判断されてしまう可能性があります。 最近重複アカウントに関しては非常に厳しくなっているので、絶対にアドセンスアカウントが取得できるという保証はありませんが、取得できる可能性は十分あるかと思います。

次の