思い出 の マーニー 都市 伝説。 思い出のマーニーはサイロが怖い!ホラーや都市伝説と言われる理由についても

思い出のマーニーに都市伝説?百合の意味、感想とネタバレは好評価?

思い出 の マーニー 都市 伝説

杏奈が喘息の療養のために滞在する町で出会った女の子・信子。 信子の書いた「普通に暮らせますように」という短冊に関心を持ち、杏奈の青い目を「きれい」と言うのですが、 杏奈は「 いい加減放っておいてよ、太っちょ豚」と何故か激キレ! 私が言われたら「ハァ? 」ですが(笑)、 信子は杏奈の失礼極まりない発言をさらっと流し、聖人のような対応を見せますが、なぜ杏奈は突然「太っちょ豚」と言ったんでしょうか? 恐らく、心を閉ざしてしまった杏奈が疎外感を感じていたのではないでしょうか。 信子は都会から来た杏奈も面倒見よく接してくれますが、それが逆に杏奈に劣等感を感じさせたのかもしれません。 どこか信子の態度を上からに感じてしまい、杏奈の傷ついていた心が表に言葉として出てしまったのではないかと考えられます。 マーニーとの交流が終わると杏奈は意識を失い倒れて急な場面転換• 決まった時間にしか会えない• 普段人の気配がしない湿地のある屋敷に住んでいる• 「屋敷から離れることが出来ない」というマーニーの発言• ボートのオールが動かせなくなり、マーニーが現れる この部分だけ読むと、マーニーって幽霊なんじゃ…?と思いますよね(笑)。 でも実は マーニーの正体は杏奈の祖母だったんです! 幼い頃杏奈は祖母を亡くしますが、回想の中で杏奈の祖母が杏奈に自分の思い出を語っています。 杏奈は成長するとともに、祖母の記憶が薄れていきますが、 療養地で祖母マーニーが住んでいた屋敷を見たことで無意識に祖母マーニーのことを思い出し、少女マーニーを創り出します。 そしてまた無意識に祖母マーニーが昔杏奈に語った思い出を、杏奈が追体験したのではないでしょうか。 追体験とは:他人の体験を、作品などを通してたどることによって、自分の体験としてとらえること。 コトバンク おばあさんの思い出を孫が辿るのってどこかロマンがありますね。 「ホラー映画?」みたいな怖さも感じますが、前述したように杏奈は祖母マーニーの体験を追体験しています。 サイロで少女マーニーが消えたのは、杏奈が祖母マーニーからその時の出来事を聞いていなかったからと言えますね。 つまり、 その先に起こることを知らないので追体験できなくなりマーニーが姿を消したと考えられます。 「百合」とは女性同士の同性愛のことを指します。 「思い出のマーニー」が百合映画だと言われるようになったのは、宣伝キャッチコピーの「あなたのことが大好き。 」というワードがあったから。 マーニーが杏奈を木の陰で抱きよせる• 手漕ぎボートで杏奈に背後から抱きつくようにしてボートを漕ぐ• 杏奈の悩みを聞いたマーニーは「あなたを愛しているわ」「今まで出会ったどの女の子よりもあなたが好き」と発言 マーニーのこんな行動に対して杏奈も顔を赤くしたりするので、初見では恋愛関係になるの?と思っちゃいそうですね。 しかし、マーニーは杏奈の祖母。 ということで、 2人の間にあったのは恋愛感情ではなく家族愛だったということになりますね。 両親も祖母も亡くし、心を閉ざしてしまった杏奈に意識的か無意識か分かりませんが、愛情ある言葉や態度を示してくれていたんですね。 終わりに 「思い出のマーニー」の都市伝説や謎についてまとめました。 この謎の答えを知ってからもう一度映画を見るとまた違った見え方になるかもしれませんね。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

思い出のマーニーの声優まとめ一覧!とても切ないジブリ作品

思い出 の マーニー 都市 伝説

この夏、ジブリの最新作が期待されていますねー! そうです! 思い出のマーニーです! ちょっと前にジブリの 宮崎駿さんが長編映画の製作から 退く意向を示したことがニュースとなり 今後のジブリの方向性なども注目されていますよね。 そんな中、今年の夏に思い出のマーニーが公開され 既に見に行った方やこれから見に行こうと思っている方も多いかと思います。 公開は7月半ばごろですが 8月、9月ごろまで公開されているため ちょうど夏休み期間中に見に行くことができるので 家族や友達同士、カップルなどで見に行く人も多いかと思います。 さて、監督は 米林宏昌さんなのですが、過去に借りぐらしのアリエッティを監督しています。 アリエッティの評判はというと、可もなく、不可もなく、 といった評判ですよね。 今回、同じ米林さんが監督されているので 前回のアリエッティを超えるような作品が期待されています。 最近のジブリ映画は、プロの声優だけでなく 俳優や旬な芸能人を声優として起用することが多いのですが 今回も、いろいろな俳優さんが声優として参加しています。 ただ、 声優ちょっと微妙じゃない? セリフが棒読みすぎるww というような話もちらほらありますね。 今回の思い出のマーニーでもちょっとそんな噂がちらほらあるのですが 実際はどうなんでしょうねー。 今回は、 そんな噂を考察するともに、思い出のマーニーを紹介しますよー! 思い出のマーニーとは? 思い出のマーニーは今回米林さんが映画を作るにあたって もう一度、子どものためのスタジオジブリ作品を作りたい。 というようなコメントを発表しています。 そのため、過去のジブリ作品のようなわくわくする作品がすごい期待されていますね。 元々 イギリスの児童文学が原作のようで 今回、鈴木敏夫さん(ジブリの社長さん)に原作の「思い出のマーニー」を進められて 映画制作に至った経緯がありますね。 2人とも声優を初挑戦ということもあって やはりいろいろな評判があるみたいですねえ。 有村さんは声優以外だとドラマや映画で俳優としてそれなりに活動していますから 声、話し方の表現力はあると思うんですけどねー。 高月さんはというと、年齢がかなり若いにも関わらず 舞台やドラマの仕事もこなしていますから 演技力も結構あると思います。 例えば、トトロの都市伝説なんか有名ですよね。

次の

思い出のマーニー都市伝説6つ!物語に隠された驚きの裏話まとめ

思い出 の マーニー 都市 伝説

この項目では、イギリスの児童文学作品について説明しています。 2014年公開のアニメ映画については「」をご覧ください。 『 思い出のマーニー』(おもいでのマーニー、原題: When Marnie Was There)は、の作家、による作品。 かたくなに心を閉ざした少女アンナが、海辺の村に住む少女マーニーとの交流を通じて心を開いていく様子が描かれる。 初版はにイギリスの出版社より出版され25万部を売り上げた。 1968年にの最終候補にノミネートされた。 1971年にの長寿番組であるでテレビ化された。 では1980年に()より刊行された。 制作・監督によりされ、公開。 米林にとっては公開の『』以来、4年ぶりの監督作品。 にノミネートされている。 あらすじ [ ] 幼いころに孤児となったアンナは、養女として育てられている。 内気で友達ができないアンナは、自分が目に見えない「魔法の輪」の外側にいるのだと感じており、母や祖母が自分を残して死んだことも憎んでいる。 養母からは実の子のように思われていると感じていたのだが、養母がアンナの養育費を市から受給しており、それをアンナに隠していると知ると、アンナは養母の愛にまで疑問を感じるようになってしまう。 無気力になったアンナはまで患い、療養のために海辺の村で過ごすことになる。 村を訪れたアンナは、入江の畔に「これこそずっと自分が探していたものだ」と直感的に感じる古い無人の屋敷を見つける。 "湿地屋敷"と呼ばれるその屋敷を、なぜかアンナは特別な存在だと感じ、この屋敷に住むことになる人は特別な人のはずだと夢見るようになる。 屋敷は長いこと無人だったはずだが、屋敷に長く住むという不思議な少女マーニーとアンナは出会う。 マーニーを「まさしく自分のような子」だと感じたアンナは、彼女と友達になり、悩んでいた養育費のことも打ち明けるようになる。 アンナは、恵まれた子だと思っていたマーニーが孤独を感じていることも知り、やがて友情を深めた二人は永遠に友達でいる誓いを立てる。 ある日アンナは、マーニーが小さなころに風車小屋に閉じ込められそうになったことがあり、それからは風車小屋を恐れ続けていることを知る。 その日の夕方にアンナが風車小屋を見にいくと、中にはすでにマーニーがいた。 マーニーは勇敢になろうと思って風車小屋の二階に登ったが、怖くてを降りられなくなったのだという。 風雨の音に怯えたマーニーは、その後も動けず、日も暮れてしまい、疲れ果てた二人は風車小屋で寝てしまう。 すると誰かがマーニーを迎えにきたような気配があり、アンナが目を覚ますと真っ暗な風車小屋にはアンナだけが取り残されていた。 アンナは、初めてできた親友に裏切られたと激しく怒り、悲しんだが、アンナが湿地屋敷へ行くと、窓の内側にいるマーニーから突然の別れを告げられる。 マーニーは部屋に閉じ込められており、明日になるとどこかに連れていかれるのだという。 マーニーが、アンナが大好きだ、置き去りにするつもりはなかったと叫ぶと、アンナは、やはりマーニーは自分を大好きなのだと感じて彼女を許し、マーニーが大好きだ、絶対に忘れないと叫び返す。 激しい雨が降り、窓の向こうにいるマーニーは見えなくなる。 するとアンナには、まるで屋敷が最初から無人であったかのように見えた。 マーニーと別れたあとのアンナは、少しずつ人に心を開くようになり、湿地屋敷に引っ越してきたリンジー家の人々と友人になる。 マーニーのことは自分が想像で作り上げた友達だと思うようになっていたが、アンナはリンジー家の少女から、アンナの"秘密の名前"を砂浜に書いたので見てほしいと言われる。 アンナが見にいくと、そこには「マーニー」と書かれていた。 少女は湿地屋敷でマーニーの日記を見つけており、引っ越してくる前にアンナが屋敷の門から出てくるところを見たことがあったので、日記を書いたのはアンナだと思い込んでいたのだ。 不思議なことにマーニーの日記は50年も前のものだった。 少女の母であるミセス・リンジーは、湿地屋敷のことを昔から知っている老婦人のギリーならば、すべての答えを知っているかもしれないという。 その後、アンナの養母が村を訪れ、アンナに養育費のことを打ち明ける。 彼女はお金をもらっていることでアンナが傷つくかもしれないと恐れ、アンナには黙っていたのだという。 アンナは大きな心の荷を降ろし、いつしか自分でも知らないうちに、母と祖母への憎しみが自分の心から消え去っていたことにも気づく。 後日、アンナたちが老婦人のギリーにマーニーの日記を見せると、彼女は湿地屋敷に住んでいたというマーニーの過去を語り始める。 大人になったマーニーは結婚して娘が産まれ、孫娘もできたが、マーニーの娘は交通事故で亡くなり、マーニーも孫娘を引き取ってからすぐに亡くなったのだという。 その話を聞いたミセス・リンジーは、その孫娘とはアンナのことではないかと思いあたる。 ギリーの話が、アンナの養母から聞かされていた、幼き日のアンナの話と一致したのだ。 孤児院に入れられたアンナは湿地屋敷の写真を持っており、その写真から手を離そうとはしなかったという。 アンナはリンジー家のような大家族の子供ですら、時々「輪」の外側にいると感じていることに気づく。 それは、近くに誰かがいるかどうかとは関係がなく、心の中の問題だったのだ。 ミセス・リンジーは、雨の日にずぶ濡れで屋敷の中に入ってきたアンナを見て、こんな日に外にいたのかと驚く。 するとアンナは、自分はもう「中」にいるのだと言って笑うのだった。 作品背景・モデル [ ] 作中でマーニーが恐れている。 1816年建設。 以前は小麦粉をひいていたが、2014年現在はコテージとして利用されている。 この小説の舞台は、のにある海辺の村リトル・オーバートンであるが、この村は実在せず、同じくノーフォーク州にある海辺の村がモデルとなっている。 作者のは生涯を通じてノーフォーク州との結びつきが強かったが、特に1950年からはバーナム・オーヴァリーとの結びつきが強くなり、ジョーンと家族は毎年夏をその地で過ごした。 この小説の着想もジョーンがこの海辺の村で体験したことが元になっている。 ある日の夕方、ジョーンがの小道を通っていると、青い窓とドアを持つレンガ造りの屋敷が湿地の畔に見えた。 しかし少し目を離してから再び彼女が振り返ると、その屋敷は景色に溶け込み、まるで消えてしまったかのように思えた。 そして数分後に夕日が再び屋敷を照らし出すと、金色の髪を梳かしてもらう少女の姿が、その窓の中に見えたという。 この不思議な体験から着想を得たジョーンは、夏の間に何冊かのノートにアイディアをまとめ、その後約18か月をかけて小説を完成させた。 ジョーンの長女であるDeborah Sheppardは、主人公アンナの描写(ふつうの顔、輪の外側にいること)にはジョーンの子供時代の記憶が色濃く反映されていると語っている。 彼女によると、ジョーンの母(Deborahの祖母)は非常に厳しい人で、ジョーンは愛に飢えた子供時代を過ごしたという。 また中央大学の名誉教授である池田正孝が1990年代末ごろにBunham Overyの民宿で聞いた話によると、ジョーンは毎夏2人の娘を伴ってBunham Overyを訪れていたが、下の娘はアンナのような境遇の養女だったという。 登場人物 [ ] アンナ(Anna) 本作の主人公。 ミセス・プレストンの養子でロンドンに住む、黒髪で色白な少女。 生まれた直後に両親が離婚して父がいなくなり、母も交通事故で失う。 祖母に育てられたが、三歳ごろのときに祖母も病死してしまい、孤児院に入れられ、その数年後にプレストン夫妻に引き取られた。 母や祖母が自分を残して死んだことを恨んでおり、そのためミセス・プレストンが母や祖母の話をしようとしても聞こうとはしない。 変わり者扱いされており、人と仲良くなろうとしても相手のほうがすぐにアンナから興味をなくしてしまい友達ができない。 その原因を自分が目に見えない魔法の輪の外側にいるからだと考えており、その失望を作り物の表情である「ふつうの顔」 をして隠そうとする。 養親のミセス・プレストンのことを愛しており、自分のことを実の子供のように思ってくれていると感じていたが、少し前にミセス・プレストンがアンナの養育費を市から受給していることを隠していると知ると、愛の純粋さに疑問を持つようになった。 それに端して無気力になり、半年前からミセス・プレストンや担任の教師から「やろうとすらしない」と言われ続けている。 最近では一日のほとんどを何も考えずに過ごすようになり、友達ができないことも気にしなくなった。 喘息の転地療養で訪れたリトル・オーバートンでも孤独を深めたが、そこで運命的に出会った湿地屋敷を特別な存在だと感じ、この屋敷に住むことになる家族は特別な人のはずだと夢見るようになる。 マーニー(Marnie) 本名はマリアン(Marian)。 淡い金髪と海の色の目を持つ、湿地屋敷に住む裕福な家庭の一人娘。 無人のはずだった湿地屋敷に突然現れたが、本人はなぜか「生まれてこのかた夏はいつだってここ」と話す。 村の子供と遊ぶことは禁じられており、湿地を訪れたアンナと友達になりたいと思っていた。 両親をこの上なく誇りに思い自慢しているが、両親からはほったらかしにされており、世話は婆やとメイドにまかせっぱなしにされている。 小さいころに婆やたちに風車小屋へ閉じ込められそうになったことがあり、それからは風車小屋を恐れている。 アンナと親友になり一生友達でいる誓いを立てたが、嵐の夜にアンナを風車小屋に置き去りにしてしまい、後日湿地屋敷を訪れたアンナに許しを求めながら豪雨に打たれた窓の中に消えてしまう。 ナンシー・プレストン(Nancy Preston) アンナの養母。 いつも不安そうな顔をした女性。 夫・スタンリーと銀行員の息子・レイモンドがおり、アンナからは"おばちゃん"(Auntie)と呼ばれている。 アンナに友達がいないことや「やろうとすらしない」ことを心配しているが、アンナのことを愛して心配するあまり、かえってすれちがいを起こしてしまう。 アンナを本当の娘だと思えるように、アンナを引き取るときに名前をマリアンナからアンナに変えた。 スーザン・ペグ(Susan Pegg) ミセス・プレストンの昔なじみ。 リトル・オーバトンに住む丸顔で大柄な女性。 子供はいない。 喘息の転地療養としてアンナを預かることをミセス・プレストンから引き受ける。 アンナがサンドラと喧嘩したことをミセス・スタッブズから責められても、アンナのことを「金のように良い子(as good as gold)」だと言ってかばう優しい女性だが、時としてアンナをしかることもある。 サム・ペグ(Sam Pegg) スーザンの夫。 日焼けしてしわのある顔に青い目とぼさぼさの眉毛を持つ男性。 スーザンと同じくアンナには優しい。 ワンタメニー・ウェスト(Wuntermenny West) 寡黙な。 小柄で背が曲がり、しわだらけのやせた顔をした老人。 アンナをよくボートに乗せてくれるが会話はほとんどない。 11番目の子供として生まれたが、母から「この子はあまりんぼだ(one-too-many)」と言われ、以後ワンタメニーと呼ばれるようになる。 アンナがマーニーと別れた直後に、増水した入江でアンナが死にかけていたところを救い出した。 サンドラ(Sandra) ペグ家の近所に住む色白でどっしりとした少女。 スーザンからは「行儀のいい上品なお嬢ちゃん」と呼ばれている。 母に連れられてペグ家を訪れアンナとトランプで遊ぶが、ズルをしたためアンナから嫌われ無視されてしまう。 しかし本人は当初アンナと友達になりたいと思い、一番いい服を着てペグ家を訪れていた。 ペグ家から帰ったあとでアンナのことを「不細工なでくのぼう」だと陰口を言うが、後日アンナからは「太ったブタ」と言われてしまう。 ミセス・スタッブズ(Mrs Stubbs) サンドラの母。 黒い目をした大柄な女性でスーザンの友人。 娘のサンドラをつれてペグ家へ遊びにいくが、アンナとサンドラがけんかをしたことを知ると、それをスーザンに言いつける。 ミスター・リンジー(Mr Lindsay) マーニーが去ったあとに湿地屋敷を別荘として購入したリンジー家の父。 口数が少ない学者。 本人は仕事で忙しいため平日は湿地屋敷にはおらず週末にときどき帰ってくる。 アンナがボートの錨を盗んだと知ったあとでも、アンナを信じて思いやる優しさを見せる。 ミセス・リンジー(Mrs Lidsay) リンジー家の母。 灰色の目で、顔は娘のジェーンそっくりだが少しふっくらしている。 堅苦しい態度はとらず自然にアンナを受け入れる優しい女性。 アンドリュー(Andrew) リンジー家の長男。 14歳くらい。 最初リンジー兄妹を恐れて逃げ回っていたアンナを捕まえる。 ジェーン(Jane) リンジー家の長女。 金髪をお下げにしている、大人っぽくてかしこそうな少女。 末弟のローリーポーリーの面倒を良く見る。 プリシラ(Pricilla) リンジー家の次女。 愛称はシラ(Scilla)。 長い茶色の髪をもつ痩せた少女。 アンナより少し年下に見える。 リンジー兄妹の中で最初にアンナを見つけた。 棚の後ろからマーニーの日記を発見し、アンナをマーニーだと思い込む。 マシュー(Matthew) リンジー家の次男。 7歳 - 8歳くらい。 ジョークを言うのが好き。 ローリーポーリー(Roly-poly) リンジー家の三男。 本名はローランド(Roland)。 ほとんど赤ちゃんで、かたことの言葉だけを話す。 家族の愛を一身に受ける。 ギリー(Gillie) ミセス・リンジーの古い友人。 本名はペネロピ・ギル。 背が低くてずんぐりしており、短い白髪がバサバサしている老婆。 画家であり、湿地屋敷の絵を描いているときにアンナと知り合う。 子供のころからのマーニーの友人で、マーニーが死ぬ少し前まで連絡を取っていた。 アンナたちの前でマーニーの過去を語る。 マリアンナ(Marianna) マーニーの母。 若くて明るく美しい女性。 夏の間はマーニーの世話を婆やとメイドたちにまかせっきりにしており、自身は湿地屋敷にいることよりもロンドンの自宅にいることが多い。 湿地屋敷のパーティーに訪れたアンナからの花を買う。 マーニーの父 背の高い軍人。 作中で名前は明らかにされない。 湿地屋敷のパーティーでアンナに優しい声をかける。 中に溺死した。 エドワード(Edward) マーニーの遠い親戚。 金髪で背が高い16歳くらいの少年。 マーニーからはのような人だと言われている。 厳しいところがあり、風車小屋を恐れるマーニーを風車小屋に連れていきたがる。 のちにマーニーと結婚し一人娘のエズミを授かるがその後亡くなる。 エズミ(Esme) マーニーとエドワードの一人娘。 が始まってからアメリカにさせられたが、一人で遠くに追いやられたことを恨み、13歳近くに帰国したときには別人のようになっていた。 をして母に知らせもせずに若くして結婚する。 相手は真っ黒な髪に黒い目をしたハンサムだが責任感のない男性。 娘が生まれた直後に離婚し、しばらくして再婚するがで死する。 ナン(Nan) 湿地屋敷でマーニーの世話をする婆や。 マーニーをいじめており、マーニーを部屋に閉じ込めたり乱暴に髪をとかして痛がらせることがある。 マーニーが小さいときにエティに命じてマーニーを風車小屋に連れていこうとした。 マーニーが風車小屋で発見された直後にマーニーをいじめていたことが明らかになり解雇された。 エティ(Etti) 湿地屋敷でマーニーの世話をするメイド。 怒りっぽくて人を怖がらせるのが好き。 ナンに命じられてマーニーを風車小屋に連れていこうとしたことがある。 リリィ(Lily) 湿地屋敷でマーニーの世話をするメイド。 優しい女性で、ときどきフライドポテトを作ってマーニーのベッドに持ってきてくれる。 エティとボーイフレンドをめぐって喧嘩をした。 書誌情報 [ ] 以下は日本での翻訳版の情報である。 思い出のマーニー 上・下(1980年/1995年改版/2003年改版)、〈〉、訳・• 特装版 思い出のマーニー(2014年)、岩波書店、訳・()• 特装版はハードカバーで、ロビンソンの長女によるあとがきとによる解説「『思い出のマーニー』を読む」 を収録。 思い出のマーニー(2014年)、〈〉、訳・() 脚註 [ ] [] 註釈 [ ]• 「子どもの本だな」『朝日新聞』1980年12月18日付朝刊、11版、15面• Joan G. Robinson, When Marnie Was There, HarperCollins Children's Books, 2014, p. 2014年8月14日, at the. 、岩波書店、2014年5月22日閲覧。 NHKニュース NHK. 2016年1月15日. 2016年1月15日閲覧。 シネマトゥデイ 株式会社シネマトゥデイ. 2016年1月14日. 2016年1月15日閲覧。 Robinson, When Marnie Was There, HarperCollins Children's Books, 2014, p. 281-286• 、岩波書店、2014年5月22日閲覧。 外部リンク [ ]• 岩波少年文庫版日本語訳• 角川書店版日本語訳• 新潮文庫版日本語訳•

次の