血液 クレンジング 保険 適用。 血液クレンジングにかかる時間や予約ペースを調査!金額は保険適用されるの?

血液クレンジングの効果とデメリットを理解したら献血しようと思った

血液 クレンジング 保険 適用

血液クレンジング療法は、ドイツでは様々な病気の治療として保険適用もある「オゾンガス」を用いた治療法です。 ドロドロの血液をサラサラにして自己治癒力を高めます。 オゾン耐性ボトルに血液を100cc程度採血して、医療用オゾンガスを混合し、適量の酸化ストレスを与えます。 血液は酸素濃度が上がることにより綺麗な赤色に変わり、浄化された血液を再び点滴で体内に戻します。 (所要時間30分程度)血液中の様々な分子が反応し、ドミノ倒し式に全身に好作用をもたらします。 血液循環が改善され、リンパ液が浄化されることで、体質改善、慢性的な疲労の回復、活力アップにも効果的です。 定期的に繰り返して受けることで、健康維持とお肌の若返り(アンチエイジング)、がん治療・予防など様々な効果が期待できます。 冷え性、むくみ、肩こり、不眠、慢性疲労、風邪をひきやすい、などの不調がある方や、成人病・癌の予防をしたい方に適しています。 *初めに、遺伝性血液疾患G6PD欠損症の検査が必要です。 甲状腺機能亢進症、出血性疾患、妊婦の方は施術できません。 起こりえる副作用 オゾンの投与量が多いとだるさを感じることがあります。 このだるさは、特別な処置をしなくても、約12~24時間程度で改善されます。 使用する抗凝固剤による副作用 クエン酸ナトリウム しびれ なお、本治療に使用するオゾン発生器は、EU内における医療機器として認証されたものです。 ドイツ、オーストリア、スイス、イタリアで数百万回の自家血オゾン療法(血液クレンジング)が行われた後も、重篤な副作用の報告はされていません。

次の

「トンデモ医療であると、断言します」 血液クレンジング、医学的に徹底検証してみた

血液 クレンジング 保険 適用

実際、1957年にドイツでオゾン発生装置が開発されて以来、イギリス、イタリア、スイス、オーストリア、ロシアなど欧州全域で広く認知されるようになり、とくにドイツでは保険適用になっているため、さまざまな病気の治療法として利用されています。 専用のオゾン耐性ボトル内に血液を100ml程度採取し、そこにオゾン3%、純酸素97%の混合ガスを注入することにより血液を活性化させ、点滴の要領で体内に戻すというものです。 (所要時間30~40分ほど)。 すると血液中のさまざまな分子(抗酸化物質、たんぱく質、炭水化物、多価不飽和脂肪酸)は即座に反応し、そこで起きる反応がドミノ倒し式に新たな反応を引き起こし、全身に好作用をもたらします。 事実、医療先進国のドイツではオゾン療法がん専門病院(保険診療)があることが知られています。 なお、オゾン療法は従来のがん治療を否定するものではありません。 むしろ放射線治療や抗ガン剤などによる治療の効果を高めたり、副作用を軽減する効果が認められています。 この時に使用する専用容器は殺菌が施されており、毎回新しい清潔な容器を使用します。 そのため感染症の危険性は極めて安全です。 STEP II ボトルの中でオゾンと混ぜ合わせます 酸素から作った医療用オゾン(3%気体)を注入して血液と混ぜ合わせます。 この時、注入するオゾンは高濃度ですが密封された専用容器の中で行いますので安全です。 STEP III 混和した血液をゆっくり体内に戻します 医療用オゾンを混和した血液を体内に戻します。 ご自身の血液なので、問題はありません。 冷え性の方などは、治療の最中から体がポカポカと温まるような効果が期待できます。 また指先や足先まで酸素がいきわたり、視界がクリアになることもあります。 副作用 当院では重篤な副作用は見受けられません。 しかし、以下の副作用が予想されます。 オゾンによる副作用 オゾンの投与量が過多であった場合、施術後にだるさを感じることがあります。 このだるさは、特別な処置をしなくても、約12〜24時間程度で改善されます。 使用する以下の抗凝固剤による副作用 ヘパリンナトリウム(重大な副作用(頻度不明)) ・ショック、アナフィラキシー ・出血 ・血小板減少、HIT等に伴う血小板減少・血栓症 クエン酸ナトリウム ・しびれ 未承認医薬品等であることの明示、入手経路等の明示 本治療に用いる未承認医療機器は、医薬品医療機器等法上の承認を得ていないものですが、「医師等の個人輸入」により適法な輸入許可を得ています。 日本では、未承認医療機器を、医師の責任において使用することができます。 未承認医療機器についての情報「」もご覧ください。 国内の承認医薬品等の有無の明示 本治療に使用できる同一の性能を有する他の国内承認医療機器はありません。 諸外国における安全性等に係る情報の明示 本治療に使用するオゾン発生機、その専用器具は、EU内における医療機器として認証されたものです(認証年月日:1993年6月14日)。 本治療の代表的な書籍とされている「オゾン療法 第2版」によりますと、以下の記載がされています。 血液クレンジングは「大量自家血オゾン療法」または「自家血オゾン療法」と表記されています。 第7章(オゾンの潜在的な毒性:オゾン療法の副作用および禁忌)より• ドイツ,オーストリア,スイス,イタリアで数百万回の自家血オゾン療法セッションが行われた後にも,重篤な急性または慢性の副作用や癌の発生率の増加は報告されていない.• これまでのところ,我々の実験データと臨床的エビデンスは何らリスクを示していない.Jacobs(1982)は,オゾン療法に考えられる全ての悪影響について慎重に調査した.オゾンは「毒性」で知られているにも関わらず,その発生率はわずか0. 0007%であり,医薬品の中でも非常に低い値となっていた.• コネリアーノ(ヴェネト州)の病院に長く勤務してきた非常に几帳面なオゾン療法士であるGiuseppe Amato医師は,自家血オゾン療法による治療を数年間受けた患者1,000例で軽度の副作用しかなく,後遺症はなかったことをヴェローナ議会(1999)で報告した.• シエナ大学病院での我々の経験も重要である.我々は1995年以来,大量自家血オゾン療法を加齢黄斑変性患者で約8,000回,線維筋炎患者で約100回(~その他の投与方法は省略 ~)をしてきている.(〜略〜)2000年6月から2004年3月まで我々は,新しい無毒なシステム(ガラス等)と血液に対して正確な量の3. 活性化した血液により下記のような多岐にわたる変化がみられるため、さまざまな体調不良や病気の改善ばかりでなく、アンチエイジング効果が期待できます。 血管が拡張し、サラサラ血になるため、全身の隅々まで血液が行き渡ります。 血液中の酸素量が増えます。 活性酸素に対抗する抗酸化酵素が増えます。 免疫力を調整したり高めたりします。 エネルギーの生産量がおよそ20%アップします。 代謝が良くなります。 炎症を抑える働きが高まります。

次の

血液クレンジングはリスクの危険性しかない?わたしはやりません。

血液 クレンジング 保険 適用

エイジングケアや免疫機能の向上には オゾン療法「血液クレンジング」 血液クレンジングとは大量自家血オゾン療法のことで、日本において20年以上前から広く行われているオゾン療法の一つです。 ヨーロッパなどでは「心筋梗塞」や「狭心症」などの治療に対して保険適用にもなっている、一般的で安全な治療法です。 オゾン療法の血液クレンジングは、100~200ccの血液を専用瓶に採血し、そこに代謝と免疫系を活性化するために最も効果がある量のオゾンを正確に投与します。 そして、オゾンで活性化した血液を、専用瓶から再び体の中へと戻します。 これだけでも脳と目に酸素がいきわたり、視界がクリアになります。 また、冷え性の方などは、身体がぽかぽかと温まるのを実感します。 このように、 オゾン療法の血液クレンジングは、保険診療の治療では改善しない症状や病気に大きな効果が期待されています。 イギリスでは、エリザベス女王の母であるクィーンマムが、エイジングケア治療として定期的にオゾン療法を受け、大きな病気をすることもなく101歳まで長生きされたため、新聞に載るなどニュースにもなりました。 エイジングケア効果 細胞を活性化し、細胞内ATP 筋肉を動かす時のエネルギー源となる物質 を上昇させることや、SOD 活性酸素を除去する力を持つ酵素 などの抗酸化力を上昇させる効果があり、エイジングケアの効果が期待できます。 特に活性酸素は、肌細胞を傷つけてコラーゲンを生成する働きを低下させることにより、シワの原因となるほか、表皮のメラノサイトを攻撃することにより、メラニンの量が増えてシミの原因にもなるため、お肌の老化の大きな要素のひとつです。 この活性酸素を除去するSODの 抗酸化力向上は、エイジングケアに欠かせない効果です。 【実際に期待される効果】• 細胞の若返り・活性酸素の減少 抗酸化力アップ• ATP上昇によるダイエット効果 おすすめの美容施術の組み合わせ.

次の