スカラネット ログイン画面。 スカラネットパーソナル ユーザーid 何桁

各種手続きがネットで簡単にできる奨学金の総合情報サイト「スカラネット」活用術|@DIME アットダイム

スカラネット ログイン画面

スポンサードリンク スカラネットパーソナル(PS、スカラPS)に登録する方法。 新規登録やログインができない時はメールアドレスや奨学生番号を確認? スカラネットパーソナルで検索すると 独立行政法人日本学生支援機構のHPが表示される。 スカラネットパーソナルのログイン画面は どこにあるのかといえば、 機構のHPからいくつかリンクをたどっていくと、 スカラネットパーソナルの独立したHPにたどり着く。 sas. jasso. ここから「ログイン・新規登録」のボタンを押すと、 ログイン画面が表示されるため、「新規登録」ボタンを押す。 登録画面で、必要な事項を入力し、 「送信」ボタンを押すと、 入力した情報が機構に 登録されている項目内容と一致した場合は、 ユーザーID・パスワード設定画面が表示されるため、 ユーザーID・パスワード・メールアドレスを 画面の説明に従って登録。 その後「送信」ボタンを押すと、 登録完了のメッセージが表示されるため、 続いて「ログイン画面へ」ボタンを押す。 作成したユーザーID・パスワードを入力して、 「ログイン」ボタンを押すと、 奨学生番号確認画面が表示されるため、 奨学生番号を入力。 入力した奨学生番号が機構に登録されている 奨学生番号と一致した場合は、 機構が管理している情報が表示されるという手順。 スカラネットパーソナルログイン時のユーザーID。 ログインIDとしてログイン画面で入力するのは奨学生番号? 奨学金申し込み時にもユーザーIDと パスワードが登録されるが、 スカラネットパーソナルに始めてログイン時に 使用するものは奨学金申し込み時のユーザーID、 パスワードとは異なることに注意が必要。 もし仮にユーザーID、パスワードを忘れた場合は、 「ログイン・新規登録」画面の 「ユーザーID・パスワードを忘れた場合」ボタンから、 ユーザーIDの確認およびパスワードの再設定をすることができる。 「確認情報入力」画面で入力する奨学生番号は、 新規登録時に入力した奨学生番号で。 小学生番号の入力が必要になったのは 平成28年11月からのこと。 サイバー攻撃等が高度化しつつある中、 重要な個人情報を守るための措置とされている。 奨学生番号は本人しか知り得ない情報であるため、 セキュリティー強化が図られているということ。 いずれにせよユーザーIDなどはできる限り忘れないよう、 ちゃんと控えておくことが肝要。 スカラネットパーソナルの住所変更や電話番号変更のやり方は? 現状、現在奨学金を貸与中の人に関しては スカラネットパーソナルで 住所変更ができない。 他方、返還中のひとは スカラネットパーソナル上で住所変更ができるという。 スカラネットパーソナルでは 本人以外の連帯保証人や保証人の住所変更もできる。 住所変更のやり方はログイン後、 ページ上部の 「各種届願・繰上」タブをクリック。 移動先の画面でメールアドレスを確認し、 問題なければ 「各種届・願出・繰上返還用パスワード発行」をクリック。 登録されたメールアドレスに届いた URLからワンタイムパスワードを確認し、 手続きログイン画面で入力すると、 ようやく届出画面へと展開するという流れ。 電話番号変更のやり方も流れは同じ。 個人情報にかかる手続きでもあり、 階層が深く、やり方が分かりづらい点は否めない。 スカラネットパーソナルにログインして継続手続き。 奨学金の継続願を入力・提出する画面は?スマホもOK?送信できない、また入力ミスの場合は? スカラネットパーソナルでは 奨学金継続の手続きもできる。 ログイン後、スカラネットパーソナル 全体概要画面が提出されるので、 奨学金継続願提出タブか奨学金継続願提出 リンクのいずれかをクリック。 スカラネットパーソナルの継続願提出画面上の 【適格認定奨学金継続願いを提出される方へ】 には大切な説明が書いてあるので必ず確認。 スカラネットパーソナルで継続願提出には 当然ながら期限があるので注意が必要。 提出期間は学校により異なるため、 夫々学校に確認が必要。 もしスカラネットパーソナルで 継続願提出が期限遅れの場合、 救済される場合もあるので、 もちろん期限内に手続きを済ませることが一義だが、 夫々学校の学生課などに相談すると良い。 ちなみにスカラネットパーソナルで 継続願を出すにあたってスマホを使用する場合、 そもそもスカラネットパーソナルが Internet ExplorerまたはEdge環境を推奨していることから、 OSがあわなかった場合は 強制終了してしまう場合がある点に注意が必要。 手続きを済ませたのち、 スカラネットパーソナルから継続願の提出有無を 確認することができる。 「奨学金継続願提出」画面で、 奨学生番号ボタンの右側に「提出済」と表示され、 ボタンが非活性となっている場合は提出ができているが、 「提出済」の表示が無く、 ボタンが活性化している場合は提出ができていない。 ちなみにスカラネットパーソナルでの ユーザー新規登録、奨学金の貸与・返還情報の閲覧は 24時間可能である。 (スカラネットパーソナルでの継続願い等の 申込可能時間は午前8時から翌日午前1時まで。 スカラネットパーソナルでの継続願提出後は 訂正ができない。 スカラネットでは入力ミスがあった場合も学校に相談するしかない。 メールが届かない、送信できない場合も同じだ。 スカラネットパーソナルで繰上返還や在学猶予願の手続きをするには? スカラネットパーソナルでは 繰上返還手続きもできる。 これは返還中の人のみならず、 辞退等で貸与終了となった在学中の人でも、 全額繰上返還や一部繰上返還の手続きが可能だ。 また在学猶予願、在学猶予期間短縮願も スカラネットパーソナルから手続き可能。 繰上返還の注意点として申込期間には 2つのケースがあること。 1つ目のケースとして、 前月は通常の返還で当月に繰上返還を行う場合。 例えば4月は通常の返還を行い5月に 繰上返還を行う申込の場合は、 5月繰上の申込期間は 【4月17日午前8時~5月15日午前1時】となる。 2つ目のケースは、 前月・当月と連続して繰上返還を行う場合、 例えば4月に繰上返還を行い 5月も繰上返還を行う申込、 5月繰上の申込期間は 【5月14日午前8時~5月15日午前1時】 とかなり短い期間での手続きになる。 郵送、FAXによる申し込みも可能だが、 スカラネットパーソナルで手続する場合は、 繰上返還希望月・繰上返還希望金額等が入力の必須項目。 繰上返還等手続きを行う該当ページの場所は 住所変更等を行う「各種届願・繰上」タブと同じ。 こちらもワンタイムパスワード発行のプロセスが必要なので、 少し時間がかかる。 スカラ ネットパーソナルのメンテナンスの時間はどれくらい?電話で確認できる? スカラネットパーソナルは閲覧については 24時間いつでもOKということだが、 システムである以上、当たり前ながら メンテナンス時は除き、ということになる。 サーバーメンテナンス時間は、 スカラネットパーソナルの 【お知らせボックス】に掲載されているが、 「継続願を提出しようとしたが、 サーバーメンテナンス予定が掲載されていない。 他のホームページ等では、サーバメンテの予定時間を 掲示しているのが普通だが、 ここでは全く出しておらず、不便極まりない」 という意見が寄せられた。 誤解もあるようだが、 【お知らせボックス】がトップ画面の下部に 配置されており見つけづらかったため、 画面スクロールが不要なトップ画面の上部に 配置するというように改善も進められている。 スカラネットパーソナルも含め奨学金に 関する問い合わせについては 「奨学金相談センター」 (電話番号:0570-666-301<ナビダイヤル>)まで。 まとめ…スカラネットパーソナル、奨学金・ユーザIDの入力ミス、ワンタイムパスワードが届かない場合もサイトをチェック 自分自身は奨学金を受給した 経験がないのでわからないが、 ネット上のこうした手続きができるように なっているというのはユーザーにとっては便利なこと。 多少操作性の不便さはありそうだが、 自らの財産にも関わる問題なので、 慎重な手続きが必要なのはやむを得まい。 給料日に銀行に行き、通帳に記帳して一喜一憂。 自分自身はそういうタイプだが、 中にはインターネットバンクを活用し スマホなどで口座管理をしている人もいるのでは。 様々な決裁もWeb上で済んでしまう時代。 奨学金も残高管理や繰上返済などの 各種変更手続きをWeb上のスカラネットパーソナルを活用し、 スマートに管理してみては。 近年、奨学金を受けた人が就職後に返済しきれず 「奨学金破産」などという言葉もでている。 大学の授業料が上がり続ける一方で世帯収入が激減し、 2人に1人が奨学金に頼っているといわれる時代。 自らの奨学金の現状を適格に把握し、 計画的な返済を進めるためにも「見える化」を 可能とするこのシステムは有益だといえる。

次の

スカラネット

スカラネット ログイン画面

日本学生支援機構では、奨学金を申し込んだり、奨学金を貸与・給付中の人や返還中の人が様々な情報を得たりできる「スカラネット」と「スカラネット・パーソナル」(以下、スカラネットPS)というサービスを展開している。 各種手続きをインターネット上で簡単に済ませられるので奨学生にとっては必須のサイトだが、2種類あるため混乱する学生があとを絶たない。 この記事では、スカラネットとスカラネットPSの違いやその概要、利用方法を解説する。 【参考】 奨学金の申し込みサイト「スカラネット」と「スカラネットPS」の違い 日本学生支援機構では奨学金の申し込みと、給付中や返還中の情報確認をインターネット上から行える。 注意したいのは申し込み専用サイト「スカラネット」と、給付後に各種手続きや情報閲覧が行えるサイト「スカラネットPS」の2種類があることだ。 奨学生は「申込み時」に「スカラネット」を使う 日本学生支援機構の奨学金には「予約採用」と「在学採用」がある。 どちらの採用かによって申込み時の手続きが変わるので注意したい。 このため合計2回利用する。 申込み時には学校より配布されるIDとパスワードが、進学届け時には進学先で配布されるIDとパスワードおよび採用候補者決定通知に記載されるパスワードが必要だ。 申込み時には学校より配布されるIDとパスワードが必要となる。 【参考】 スカラネットの入力はスマホからでもできる? 公式サイトによると、スカラネットの利用に必要な環境は以下のとおり。 Microsoft Windows 7 :Internet Explorer 11. 0 Microsoft Windows 8. 1:Internet Explorer 11. 0 Microsoft Windows 10 :Internet Explorer 11. 0、Microsoft Edge スマホでもMicrosoft Edgeのアプリは使えるが、OSの条件が一致しない。 スマホでの動作保証はされていないと思ったほうがいいだろう。 パソコンがない! スマホしかない時、スカラネットはどう利用する? 上述したように、推奨環境はMicrosoft Windows7、8. 1、10で、ブラウザはInternet Explorer 11. 0、Microsoft Edgeとなっている。 スマホしか持っていない場合は、学校の設備を利用しよう。 個人情報が多いだけに、不特定多数の人が出入りするインターネットカフェは、あまりおすすめできない。 給付遅れに繋がるので不明点は学校にすぐ連絡を ネットから簡単に申し込めるとはいえ、スカラネットの手順は複雑で、学生ではわからないことも多い。 親でも奨学金を利用しなかった人や、ネット申し込みがなかった世代では手に負えないこともある。 手続きに不備があると、奨学金給付が取り消されなくとも最初の給付が遅れて学校生活に支障が出る。 「IDやパスワードの紛失」「入力内容が理解できない」「うまくアクセスできない」といった問題が起きたら即座に学校の窓口(学務課、学生支援課、学生生活課などの名称がある)や、高校生なら担任の先生に相談して指示を仰ごう。 スカラネットの入力準備用紙って何? その書き方について スカラネットでの申込みに必要な情報は申し込む際の状況によって微妙に異なってくる。 そのため事前に入力準備用紙にしっかり記入しておくことをすすめたい。 入力準備用紙の記入内容は、ID・パスワードをはじめ、在学情報や奨学金申し込み情報、家族情報、保証人情報、そして最近提出を求められるようになったマイナンバーなどだ。 ここで注意したいのが、「住所」の書き方である。 住民票に記載されている表記で正しく書くようにしたい。 常用字体・適用字体で入力するという注意書きもある。 例えば「髙」は「高」で入力するということを意味している。 入力準備用紙を活用しよう! スカラネットへの入力方法 前述したように、入力準備用紙に沿って入力するのがスムーズだ。 日本学生支援機構の公式サイトに、手順を細かく解説した「申し込みのてびき」もある。 予約採用と在学採用、高校・大学・高専・大学院など違いがあるが、こちらもチェックしながら入力すると失敗を減らせるだろう。 予約採用の高校生は学校が用意して事前に書かせることもあるが、大学以降は自力で行うことがほとんどだ。 日本学生支援機構のサイトがよくわからない場合、自分の大学のサイトから奨学金についての項目がないかを確認し、不明な場合は大学の窓口に問い合わせてみよう。 【参考】 ウソを書くと奨学金がもらえない! スカラネットの「家庭事情」欄には何を書く? スカラネットの入力準備用紙にもある「家庭の事情欄」には、奨学金を希望するに至った家庭の事情を記入することが想定されている。 とはいえ、この欄に書けるのは200文字まで。 400字詰め原稿用紙の約半分しかないので、背景事情を細かく述べると書ききれない可能性が高い。 端的にまとめるといいだろう。 ここでもっとも重要なのは、決してウソを書かないこと。 教育費や学費が、なぜ自分たちで十分に用意できないのか、ありのままの状況を日本学生支援機構に伝えよう。 【参考】 混乱必至!? スカラネットPSを初めて使う時に気を付けたいこと 申込みが終わり、無事に奨学金がもらえることになってから使うことになるのがスカラネットPSだ。 こちらは、貸与開始から返還終了までお世話になる。 このサイトを使うタイミングは「継続願の提出」だ。 大学1年生の冬に、来年も奨学金を受け取るかどうかの継続願を出すのだが、これにスカラネットPSの利用が必須となる。 混乱が起きやすいのは、このタイミング。 実は、スカラネットPSには、申込み時に使ったID・パスワードではログインできないのだ。 スカラネットPSのログインに必要な入力情報 スカラネットPSを使うには次の操作が必要になる。 【参考】 スカラネットPSにおける奨学生番号が、複数あるときはどうすればいい? スカラネットPSでは、奨学生番号の入力が求められる。 複数の奨学生番号がある場合は、任意の1つでよい。 スカラネットPSで在籍報告できる! 在籍状況や通学形態も入力 「在籍報告」とは、給付型の奨学金を受ける際に、引き続き学校に在籍していることや通学形態に変更がないことを証明する手続きだ。 在籍報告をしていないと、奨学金の振り込みが停止し、奨学生の資格を失うこともある。 スカラネットPSにログイン後、「在籍報告」の入力画面から報告が在籍報告できる。 在籍状況や通学形態などを入力し、住民票住所の登録を行う。 情報に変更がある場合も、ここで手続きが可能だ。 在学猶予願出はスカラネットPS上からもできる! 入力時の必要事項とは? 在学猶予願の提出も、スカラネットPS上で可能だ。 スカラネットPSにログイン後、各種届願・繰上のタブ、または各種届願・繰上のリンクをクリック。 願出種別を選択し、必要事項を入力すればOKだ。 【参考】 引っ越した時や勤務先を変更した時も、スカラネットPSから住所変更できる 本人、連帯保証人、保証人いずれかの連絡先の住所・氏名・電話番号・勤務先等に変更があった場合は、すぐに日本学生支援機構まで届け出る必要がある。 もちろんスカラネットPSから手続きが可能。 ログイン後、必要事項を入力すればよい。 【参考】 【関連記事】 スカラネットPSで住所変更できない場合は? 何らかの事情でスカラネットPSが利用できない場合、住所変更はどのようにすればいいだろうか? 手続きはスカラネットPS以外にも、郵送・FAX・電話でも対応してもらえる。 非常時は、これらを活用しよう。 【参考】 奨学金をもらうために、「スカラネット」「スカラネットPS」の違い・入力方法を理解しよう スカラネットとスカラネットPSは、日本学生支援機構の奨学生にとっては欠かせない便利なシステムだ。 使い方をイマイチ理解できていない人は、この記事を参考に上手く活用してみてほしい。 ただし、申込み手続きや継続手続き、返還猶予届けなど失敗できない項目に不明点が出た場合は、通っている学校へすぐ問い合わせて対処してもらおう。

次の

スカラネット

スカラネット ログイン画面

結婚したらやるべき手続き 同時に複数の手続きをしなければならなくなる、最も面倒なライフイベントが結婚だと思いますので、まずは結婚した時にやるべき手続きをまとめてご紹介します。 住所変更• 勤務先変更 実は日本学生支援機構(JASSO)では、これら全ての変更が 「スカラネット・パーソナル」というサイト上で行えます。 他のサイトでは、よく「氏名変更だけはネット上で手続きできない…」という事がありますが、その点大分楽かなと思います。 なお、特に結婚をした訳ではないという場合でも、 引越しをされた方なら 住所変更、 転職/転勤された方なら 勤務先変更が、それぞれ必要になります。 また、離婚された場合には、結婚時と同様に再度氏名変更等が必要になりますね。 全てやり方は同じになりますので、次項以降を参考にして下さい。 勤務先の方は正直そこまで急を要しませんが、住所については少なくとも年に1回、春に奨学金の返済状況や残高などが記されたはがきが届きますので、それが受け取れる状況にはしておいた方が良いと思います。 スカラネット・パーソナルとは スカラネット・パーソナル(スカラネットPS)というのは、JASSOから奨学金を借りた奨学生が、自分の給付状況を確認したり、氏名・住所等の各種変更手続きを行ったり、各種証明書の発行を依頼できたりするサイトです。 自分で会員登録をする必要があります。 在学中でも登録できますが、主に活用するのは卒業(就職)後からかなと思います。 ちなみに、今回は具体的な流れはご紹介しませんが、奨学金の繰り上げ返済や返済額減額、返還猶予依頼なんかもこちらのサイトから行うことができます。 JASSOから奨学金を貸与しているという方は、なるべく早めに登録しておくことをおすすめします。 スカラネットPSへログインする まずはスカラネットのトップページから「ログイン・新規登録」ボタンをクリックします。 ユーザIDとパスワードの入力欄が出て来ますので、それぞれご自身で設定したIDとパスワードを入力し、「ログイン」ボタンをクリックします。 各種手続き画面へ移行する ログインが成功すると、奨学生番号の確認欄が出て来ますので、ご自身の奨学生番号を入力し、「送信」ボタンをクリックしてください。 自分の奨学金情報(全体概要)の画面が出て来ます。 ページ上部にはお知らせが、中央部には奨学生番号一覧を見ることができます。 みのりたの場合は、大学学部生代、大学院生時代と2つの奨学金を貸与していたので、番号が2つあります。 MEMO私のように番号が複数ある方の場合、先の奨学生番号確認欄ではどちらの番号を入力してもOKです。 それはさておき、各種手続きを行う場合には、ページ上部の「各種届願・繰上」タブをクリックします。 画面中央部に、あなたのメールアドレスとして、登録済みのメールアドレスが表示されます。 ここにワンタイムパスワードが届きますので、確実にメールが届くアドレスが登録されているか、1度確認してください。 その上で、メアドがOKなら 「各種届・願出・繰上返還用パスワード発行」をクリックします。 先ほどのメールアドレスに 「ワンタイムパスワード生成URLのお知らせ」というタイトルでメールが届きますので、記載されたURLをクリックして下さい。 そこからワンタイムパスワード発行手続きができます。 各種届・願出・繰上返還手続き画面へログインする 先ほど発行されたワンタイムパスワードを、手続きログイン画面で入力します。 セキュリティの関係で、パスワード入力欄の他に英数字を入力する欄もありますので、2つとも忘れずに入力し、「送信」をクリックします。 すると、ようやく各種手続きが行える画面に入れます。 結構長いですね… 今回は氏名や住所変更の手続き方法解説になりますので、 「1. 転居・改氏名・勤務先(変更)の届出」という青色欄の「次へ」ボタンをクリックします。 届出を行う前に、何故か誓約画面が出て来ます。 悪意のある変更を行うと、返還を免れられかねないからでしょうか…JASSOの疑い深さを垣間見つつ、奨学生番号に間違いがないかの選択と、誓約事項で氏名を入力して、ページ下部から送信して下さい。 各種変更手続きを行う ここまでくればあと一息です。 頑張って下さい! 「各種届出種別選択」という画面が出て来ますので、引越しをされた方は 「1. 転居」、結婚/離婚で姓が変わった方は 「2. 改氏名」、転職/転勤された方は 「3. 勤務先(変更)」と、それぞれ行いたい手続き欄の変更する対象者を選択して、「次へ」ボタンをクリックします。 ここでは試しに「2. 改氏名」をクリックした画面でご説明しますが、他の手続きでも流れは一緒です。 まずは現在の届出済みの内容が表示されますので、確認したら「はい」を選択しましょう。 するとページ下部に、変更後の内容を入力する欄が出て来ますので、間違えないよう入力し、「確認」ボタンをクリックします。 入力内容に間違いがないか再度確認して「送信」し、下の画面が出てきたら変更手続きは完了です。 受付番号を念のため控えておきましょう。 万が一変更されない等のトラブルがあった際、問合せするのに必要になります。 他にも変更手続きが必要な方は、緑色の「各種届出選択種別へ」ボタンをクリックして引き続き入力作業を行って下さい。 また、手続きを終了する方は、1番右下の「全体概要画面へ」ボタンをクリックして画面を抜けます。 お疲れ様でした! まとめ 日本学生支援機構(JASSO)から奨学金を借りている人、その中でも結婚をはじめ引越しや転職などで、奨学生情報に変更があった人向けに、スカラネットPSでの変更手続き方法をまとめて解説しました。 大きなライフイベントがあると、ただでさえ沢山の手続きがあって、奨学金の変更手続きなんてつい忘れてしまいがちです。 しかし早い内にやっておかないと、例えば後々返還猶予を依頼したいとか、別の手続きを行う上で支障をきたしたりすることもあります。 今回ご紹介した変更手続きは、全てネット上で完結することができますので、忘れない内にサクッと変更手続きは済ませてしまいましょう! 最後に、ご結婚された方、おめでとうございます!結婚後も奨学金の返済を続けるのは、特に女性にとっては何かと困難が付きまといますが、お互い頑張って完済を目指しましょう!.

次の