菅野 美穂 ヌード。 菅野美穂はなぜヘアヌード写真集を出したのか? 本人が明かす脱いだ理由

菅野美穂だけじゃない!?ヌードになった女優達!安達祐実/高岡早紀/真木よう子/尾野真千子

菅野 美穂 ヌード

人気女性タレントが発売したヘアヌード写真集といえば、宮沢りえの『Santa Fe』が有名だが、なんとあの菅野美穂もヘアヌード写真集を出していたことをご存じだろうか。 その写真集は『NUDITY』というタイトルで1997年、菅野が20歳の誕生日に発売されている。 水着にもならなかった菅野美穂 まさかのヌード 当時の菅野はトップアイドルのひとりであり、朝ドラでヒロイン級の役を演じるなど清純派として名を馳せていた。 当時の清純派ぶりはかなりのもので、水着姿になることもなかったほど。 そんな菅野がヌードになるということで世間にかなりの衝撃を与えたのだ。 そのためかセールス面でも大きく成功した同作。 新宿の紀伊国屋書店では開店前から徹夜組を含めて約三百人の行列ができたほどで、初版10万部は即日で完売! 最終的には80万部を超すベストセラーとなっている。 突然の号泣 菅野美穂に憶測 しかしこの写真集出版以降、「実はカメラマンと交際している」、「なにかの理由で事務所にヌードになることを強制された」などと様々な憶測を生んだ。 実際に、当時菅野が出演していたCMがスポンサーの意向で降板させられている。 さらに憶測を広げ、騒動を大きくしたのは会見での菅野の涙。 「友達はこの写真集についてどう思っているの?」という記者の質問に対して、突然号泣し、約5分も泣き続けたのだった。 菅野美穂 ヌードで「本当の自分」に? 一体何が起きたのか? 実は菅野はこの号泣の後、雑誌のインタビューで真相を語っている。

次の

菅野美穂

菅野 美穂 ヌード

本当の自分と役(を通して観られている)自分が、乖離(かいり)しているなって。 高校生だった頃は、学校に行けば素の自分に戻ることができたけど、高校を卒業して戻るところがなくなった19歳の頃はやさぐれていましたね」。 「お芝居も仕事も好きなことばっかりだった。 それが、学校もなくなって、仕事も好きなことばかりではなくなって、あれ?って。 精神的にタフにならなきゃいけないと思って、(写真集の出版は)ショック療法みたいになってしまった。 人にはおすすめできないけど、それを経験したおかげで精神的に強くなりましたね。 タフになりすぎちゃった」と明るく話していた。 今やいぶしぎんの演技が光る俳優の藤達也さん。 今から40年前に公開された映画「愛のコリーダ」に出演。 映画の内容は、愛する男性の局部を切り落とした事で有名な「阿部定事件」。 事件もセンセーショナルでしたが、映画の内容もかなりセンセーショナルで、公開に当たり裁判沙汰になった映画でした。 その映像は、藤さんの局部がモロ映し出されていて、射精場面もあるそうです。 芸術映画と歌っているだけあって結合部分は写ってはいませんが、あまりの過激な内容にオリジナルの上演は今でもNGだそう。 最近リバイバルで上映された時に、藤達也さんは回想して「出演後、もう俳優としてはやれなくなるだろう」と思ったそうで、「今でも後悔はしていない」と語ったとか。

次の

菅野美穂のヘアヌード写真集『NUDITY 菅野美穂写真集』画像と内容まとめ【写真50枚】

菅野 美穂 ヌード

自己決定できない年齢の子に何させてんだという怒り 女優の栗山千明が3月23日、Twitterアカウントを開設。 30年以上所属していた芸能事務所の退社を報告した。 栗山は「幼く何も分からない私を30年にわたりご指導いただきました事務所関係者様には感謝しかありません」と投稿し、今後は自身で事務所を立ち上げるようだ。 「5歳で芸能界に入った栗山は、ティーン向け雑誌『ピチレモン』(学研プラス)や『ニコラ』(新潮社)などのモデルとして活動していました。 1997年に写真集『神話少女〜栗山千明〜』(同)を発売しましたが、のちに物議を醸し絶版となっています。 写真集の中には栗山のヌードが数枚収録されているのですが、撮影当時、彼女は11歳だったとか。 99年に児童ポルノ禁止法が施行されたため、出版社が自主規制および絶版にしています」(芸能ライター) この騒動は今もネット上で語り継がれており、「子どものヌード写真が普通に流通してるって、どんな時代だったの……」「写真集出版にOKした事務所もおかしいし、何よりも親の気が知れない」といった批判的な声が多い。 女優の菅野美穂が97年に発売した『NUDITY』(インディペンデンス)は、現在も「歴代女性写真集発行部数ランキング」2位をキープする大ヒット作。 「当時、人気女優が次々とヌード写真集を出版していた時代背景からか、菅野も『NUDITY』でヘアヌードに挑戦。 清純派アイドル的な存在だった菅野のヌードは、世間に大きな衝撃を与えました。 ところが、写真集発売後の会見で、記者から『ヌードになったことを友達はどう思っているか?』と質問された菅野は、突然号泣し、約10分も泣き続けたんです」(同) このとき菅野は、『NUDITY』発売前に収録写真が漏えいしたことに不服を訴え、無断で掲載したスポーツ紙と雑誌に対して抗議するために会見を開いていた。 しかし、この号泣が大きな話題となってしまったため、今でもネット上では「菅野は本当にヌード写真撮りたかったんだろうか?」「女優がカメラの前で泣き続けるなんて、撮影のとき何かあったんじゃないの?」などと言われている。 「女優の吉高由里子も、08年公開の映画『蛇にピアス』でヌードと濡れ場を披露しています。 吉高は当時19歳でしたが、体当たりの演技は高い評価を得て、『第32回日本アカデミー賞』新人俳優賞に輝きました。 ネット上でも、『映画自体が面白いけど、何よりも吉高さんの演技に心打たれた』『女優としての執念が伝わる!』など、称賛の声を集めましたが、一方で『18歳以上ではあるけど、未成年だと思うとちょっと……』といった戸惑いの声も聞かれました」(同) 当時の時代背景があるとはいえ、写真集や映画など形に残る作品なだけに、彼女たちの姿がいたずらに消費されないことを願うばかりだ。

次の