稲垣吾郎 アメブロ。 稲垣吾郎、アメブロにファンからの書き込みが殺到(ザテレビジョン)

アメブロ反応数、稲垣吾郎がダントツ1位の理由:日経クロストレンド

稲垣吾郎 アメブロ

稲垣吾郎が11月25日、アメブロオフィシャルブログを更新。 アメブロへのリクエストやテーマにしてほしいことを募集し、ファンからコメントが殺到している。 「きらめきの朝」と題して更新されたアメブロは、「おはようございます。 いつも沢山のコメントありがとうございます。 」とファンに朝のあいさつと感謝の気持ちを伝えた。 「今朝も香取 慎吾 君のおはすみツイート?! に起こされ冷たい空気の中お散歩。 公園のベンチに座り、喜色満面で皆さんから頂いたコメントを読む黒づくめの男はさぞや怪しかったにちがいない。。 笑」と朝のひと時をつづった。 そんな香取は朝5時半頃に「[オン・デマンド]なのですね ほほーい おでんまんと慎吾マン はんぺんチョップ!おはすみキック!」とTwitterに投稿している。 そして、「今後、ブログへのリクエストやテーマにしてほしい事があれば教えて頂けると有難いです。 」とファンに呼び掛け、「朝の潤いチャージです。 (ザテレビジョン).

次の

稲垣吾郎、基金立ち上げへの思いを明かす「感謝の想いを届けたい」ファンも賛同

稲垣吾郎 アメブロ

稲垣吾郎オフィシャルアメブロより 草彅剛さんの舞台『バリーターク』を行った際にお土産的な感じで、ドレッシングをもらったとか。 どこのドレッシングなのか調べてみました。 ボトルも同じような感じだし、店舗が三軒茶屋。 ということで最近舞台をしている場所の近くなのでそれで知ったのではないかと思われます。 【佐藤青果店】 住所:東京都世田谷区太子堂5-1-14 TEL:03-3410-8274 営業時間: 10:00〜20:00 こだわりの農家から産地直送で仕入れたお野菜や、お米、ドレッシング、ジュースなどが購入できます。 テレビ出演も数多くあり、有名店のようですね。 現在ドレッシングの通販販売などはないようです。 Lon and Mary このドレッシングは元々はこちらのお店で作られているようです。 スポンサーリンク ドレッシングボトル そして、吾郎さんがドレッシングを入れる容器が・・・。 教えて世界と言われていましたね。

次の

稲垣吾郎の公式ブログはアメブロ?開設はいつ?インスタも調査!

稲垣吾郎 アメブロ

気になる人をフォローすることができ、また「いいね」や「コメント」といった他のユーザーとのコミュニケーション機能を備えるブログは、広義の意味でSNSに含まれる。 そこで今回は、2004年のサービス開始から今年9月で15年を迎え、現在6500万人の会員を抱える国内最大級のブログサービス「Amebaブログ(アメブロ)」を利用する芸能人や著名人を調査した。 フォロワー数のトップに立ったのは、264万6570人の 市川海老蔵。 の昨年3月末の調査時点でのフォロワー数は245万人であり、実に20万人近くも数字を伸ばして1位をキープしている。 彼は、娘の麗禾(れいか)ちゃんや息子の勸玄(かんげん)くんなどと過ごす日常の様子を写真中心にアップ。 子どもたちの成長の過程が見て取れ、もはや親族のように見守る読者が多い。 読者数2位は193万人の 小林麻耶、そして135万人で 北斗晶が3位に続いた。 小林は、18年8月の結婚を機に芸能界を引退していたがブログは継続。 今年5月末に芸能界に復帰し、6月10日にその思いをブログで伝えたところ、大きな話題を集めた。 新規組にも多くのフォロー 昨年3月末に行った前回の調査と比べて、上位の顔ぶれに大きな変化はなかったが、10位以下に目を向けると急上昇や新顔が多数見られる。 まず、11位に大きくジャンプアップしたのがアンジャッシュの 渡部建だ。 いまや彼の代名詞ともなったグルメ・レストランの知識を、ブログでもいかんなく発揮。 おすすめのレストランを、料理写真をふんだんに交えて紹介している。 当日の会計額も記載するなど実用的な内容で、多くの人気を集めるのも納得がいく。 近年、アメブロでは新たにアカウントを開設するタレントが増えている。 1月1日に 香取慎吾、1月17日に 水嶋ヒロ、3月13日には 渡辺直美がブログを開始。 いずれも6月末時点で20万を超えるフォロワー数を獲得し、トップ30に入った。 渡辺といえば、インスタグラムで日本一のフォロワー数を誇る存在だが、今、アメブロを開始した理由を、「私に対して凄いインスタのイメージがあると思うんだけど、、、元々ブログで長い文章を書くのが好きで、インスタじゃ載せきれない内容をこちらに書きたいと思います」(原文ママ)と開始日の投稿で説明した。 実際、4月7日には「かなり、長文です」とタイトルをつけた1547文字にも及ぶ投稿を行い、19年は日本とニューヨークを行き来して活動しようと考えているという決意を言葉にしている。 写真中心のインスタグラム、短文のツイッターとは異なり、ブログは、自分で好きな場所に写真を配置しながら、半角で4万文字までの長い文章を載せられる。 様々なSNSが普及した今でも、ブログは自身の思いを存分に伝える場としての地位をしっかりと確立しているようだ。

次の