進撃の巨人 ネタバレ まとめ。 最新ネタバレ『進撃の巨人』127

【進撃の巨人118話 画バレ】最新話ネタバレ「ジーク瀕死|ミカサとアルミンも合流しエレンを援護」【感想考察】

進撃の巨人 ネタバレ まとめ

アルミン、無用な血を流さないように作戦を立てるが 港を偵察 イェーガー派に港を占拠されてしまい、様子を伺うハンジとマガトは飛行艇がまだ破壊されていない事を確認します。 マガトはなぜ、飛行艇を破壊しないのか疑問を口にしますが、ハンジはイェーガーも船や飛行艇、技術者は欲しいと推測します。 しかし、そんなイェーガー派も港の近くに、ハンジ達やマーレ残党がいると知れば即座に飛行艇を粉々にするだろうと言います。 一方少し離れた場所で、アニは飛行艇を確保するにはヤツらを見殺しにするしかないと言いますが、ミカサ達はイェーガー派やアズマビトの皆殺しには難色を示します。 現在、飛行艇は海で牽引しやすいように羽が折り畳まれていて、飛行艇を飛ばすには格納庫に入れて整備点検、飛行訓練などが必要だそうです。 そして、自分を追い詰めた時みたいに、作戦を教えてとアニはアルミンを見ながら問い詰めます。 何も答えられないアルミン、そしてピークはそんな作戦はないと言うと、コニーは人を助けるためにここに来たのに、まずやることが島の連中を皆殺しかよ!と悲痛な表情で叫びます。 それを聞いたライナーは、エレンの言葉を思い出し、何かを理解します。 ライナーはアルミン達に戦わなくていい…と言い、ただし何も手出しするなと付け加えます。 沖で大量の蒸気を上げる巨人の速度から推測し、ハンジは既にマーレ大陸に巨人が上陸していて、マーレ北東の都市は壊滅しているだろう…、と推測します。 そして、手も汚さず、正しくあろうとするなんて…、と続けて話しアルミン達も手を汚す覚悟を決めます。 その傍では、殺されたキヨミの部下だったと思われる黒服の男達が部屋の外に運ばれています。 そんなフロックに、ただ世間が狭くなるだけで、相も変わらず同様の殺し合いは繰り返されるだろうと、キヨミは言います。 そんなキヨミにフロックは、キヨミのこめかみに銃口を突き付けて、身の程を弁えることだが大事だと脅します。 驚いたフロックはアルミンに何を騒いでいる?と言うと、車力の巨人が鎧の巨人と海へ泳いで逃げた、今すぐ飛行艇が必要だ、急いでアズマビトに飛べるようにさせろ、と大声でフロックに指示を出します。 飛行艇に爆弾が取り付けられているのを確認したアルミン達はすぐに爆弾を取るように言いますが、サムエルはアルミン達が「地鳴らし」を止めようとしている疑いがある事を告げます。 内心動揺する二人ですが、自分達が裏切るはずはないと言い爆弾を取るように急かします。 ダズの言葉に固まるアルミンとコニーですが、それでもこれが上手くいけば無用な血は流れない、とキヨミとフロックがいる屋敷を見ます。 フロックの行動をキヨミが飛びかかり止めようとしますが、銃声が響きイェーガー派にも異変に気付かれます。 失敗したと絶望するアルミンとコニーです。 そこにミカサが窓から飛び込み、部屋でキヨミに対して銃を構えている兵士を一撃で倒します。 敵襲と叫び、ミカサ、アルミン、コニーがエルディアを裏切った、殺せとイェーガー派全員に命令します。 ミカサはこうなったら、もうイェーガー派を殲滅するまでやるしか…、と考えていると、階段の下の方からもイェーガー派が襲ってきます。 そして、地下で攻撃をしのぐとキヨミ達に伝え、行きたければ付いてこい!!と叫びます。 場面変わって、飛行艇のある場所ではアルミン達が裏切った事を知ったダズが、起爆装置を再び繋げようとします。 倒れるアルミンには目線も向けずコニーに動かないように言い、ダズに飛行艇を早く爆破するようにサムエルは促します。 フロックは逃げ場の無い地下に籠った事を疑問に思いますが、これはマガトの作戦で巨人化したライナーとアニはマガト達を気にすることなく暴れられます。 巨人化するアニとライナーに気を取られ、サムエルはコニーに飛びかかられます。 何も答えず無言のままのリヴァイです。 ダズはアルミンの頭に銃口を向けてやめるように言います。 結局、コニーはサムエルの銃を奪い、ダズの頭を撃ち抜いた後、サムエルの顔に向けても泣きながら発砲することになります。 海に逃げた車力の巨人を追うために飛行艇を使用する、とフロック達イェーガー派を偽って、飛行艇を飛べるようにして奪おうとしますが、そこに懐かしいサムエルとダズの二人がいました。 サムエルは1巻で超大型巨人が現れた時に、壁から意識を失ったまま落下しサシャに足を撃ってもらい、命を助けてもらった同期です。 ダズは10巻の雪山での訓練の回想話で、クリスタが引きずって助けようとし、ユミルに崖から落としてもらって何とか雪山から生還できた同期です。 結局、二人ともアルミンとコニーの裏切りを知り、飛行艇を爆破しようとしてコニーに撃たれてしまいましたが、昔は一緒に土地を増やして肉を食おうと夢を見た仲間だけにアルミンとコニーにはつらい現実となってしまいました。 しかし、車力の巨人だけ戦闘に参加してませんが、ガビとファルコの護衛のために戦闘に参加していないだけでしょうか。 次回、船を守ろうとするハンジ達とイェーガー派の戦闘は、総力戦となります。

次の

「進撃の巨人」あらすじ・ネタバレ・名言まとめ

進撃の巨人 ネタバレ まとめ

別冊少年マガジン(講談社)で連載中のが『進撃の巨人』。 少年ジャンプの『』に匹敵するほどの人気。 まだ30巻にも満たないものの、発行部数も数年以内に一億部を超えそうな勢い。 『進撃の巨人』の内容は至ってシリアスなんですが、『進撃巨人中学校』といったおちゃらけたスピンオフ漫画ですら発行部数は数百万部を超えるほど。 いかに面白い漫画であるかはそういった事実からも読み取れます。 そこで今回ドル漫では 「進撃の巨人がどう面白いか」などを徹底的に考察してみたいと思います。 進撃の巨人の何がおすすめなのか、今更ではありますが今回の考察レビューが購入時の参考になれば幸いです。 進撃の巨人 あらすじ物語・ストーリー内容 まずは『進撃の巨人』の簡単なあらすじから解説。 107年前、人類はナゾの「巨人」たちの襲来から身を守るため巨大な壁を作った。 王都を中央として円形に作られた巨大壁は、順番に「ウォール・シーナ」、「ウォール・ローゼ」、「ウォール・マリア」と呼ばれた。 この3つの巨大壁のおかげで生き残った数少ない人類は平穏な日常を再び謳歌することとなる。 しかし、100年以上は続いた人類の繁栄は突如として壊される。 何故なら、最も広大な範囲をカバーしていた「ウォール・マリア」が超大型巨人と鎧の巨人によって壊されたからである。 逃げ惑う市民たちは、再び巨人たちに蹂躙された恐怖を思い出す。 そして、人類の活動領域は「ウォール・ローゼ」内にまで狭まった。 『進撃の巨人』の主人公・エレンやミカサたちは、その時にウォール・マリア内に住んでいた子供だった。 5年後、エレンとミカサは壁外の巨人たちを駆逐する戦闘部隊・調査兵団に配属される。 母の命を奪われたエレンは巨人たちへの復讐を誓った矢先に、またしても超大型巨人たちが襲来。 (進撃の巨人2巻 諫山創/講談社) そして今度は「ウォール・ローゼ」までもがついに破壊されてしまった!次々と壁内に流入してくる無数の巨人たちは、再び絶体絶命の危機を迎える人類。 果たして人類は巨人に為す術があるのか!? 巨人たちは何故人類を襲ってくるのか!?…みたいなストーリーの内容になります。 巨人たちが絶妙にキモすぎる件 進撃の巨人のおすすめポイントは、とにかく「 巨人たちが気持ち悪い」こと。 そのことがホラー漫画やパニック漫画的な面白さに繋がってる。 一見すると巨人の見た目はフツーの人間と変わらないんですが、それゆえにそのまま巨大化した時のキモチ悪さったらない。 しかも巨人たちは終始無言でグイグイ迫ってくるから、意思疎通ができないことが恐怖でしかない。 まだ巨人たちが「お前ら食ってやる!!」みたいな陳腐なセリフを吐いて襲ってくれた方が怖くない。 街中で見知らぬオッサンが突然近づいてきたら、男でも軽くビビりますがそんな比ではない。 (進撃の巨人5巻 諫山創/講談社) 特に「奇行種」と呼ばれる巨人が気持ち悪い。 一体どういった行動を取るかが全く読めない。 例えば、画像のが追いかけられてる場面だと、なにこの巨人の走り方(笑) 通常種と呼ばれる巨人はゆっくり歩いて近付いてくるだけ。 それはそれでもちろん気持ち悪いものの、奇行種はいちいち行動が読めない。 画像の奇行種は寝そべった状態から人間を見つけたので、そのまま一目散に追いかけてきた。 いや、それにしても(笑) 逆に、普通ならそのまま襲ってきて良さそうな場面でも、じーっと木陰から眺めてくるだけだったり、人間を襲えない場面と分かれば知らん振りをして誘い込もうとしたり、知恵があるんだかないんだか絶妙なラインが言葉で表現できない気持ち悪さに繋がってる。 【おすすめ】三次元的なバトル描写がかっこいい! そして、『進撃の巨人』の 一番面白いおすすめポイントが「バトル描写」にあると言えます。 どうやら進撃の巨人の作者・諫山創は総合格闘技(UFC)が好きらしく、その描写力が本当に圧倒的。 立体的なアングルから紡ぎ出される巨人同士の戦いは、まさに三次元的でめちゃくちゃ面白い。 例えば、人類は立体機動装置を使って、自分よりデカい巨人たちに立ち向かう。 木々や家々にワイヤーを突き刺すことで、兵士たちは縦横無尽に動き回れる。 このアングルや構図が立体的で見事。 (進撃の巨人8巻 諫山創/講談社) だから街中での巨人同士のバトルも圧巻。 右コマは下からの舐めるようなアングルから始まり、躍動感あるパンチの左の4コマ目に繋がってる。 背後に見える民家や家屋もハッキリと描写することで、巨人同士の非常に迫力があるダイナミックなバトル感が見事に体現。 こういう一つの一つのさり気ないセンスや配慮が『進撃の巨人』がいちいち上手い。 いちいちリアリティがあって、今まで漫画の中でありそうでなかったバトル描写が盛りだくさん。 だから『進撃の巨人』は巨人同士のバトルが面白い。 非常に大きい。 そのため巨大な肉と肉がぶつかり合うバトルが圧巻。 プロレスなんかでは味わえないダイナミズムが体現されており面白い。 (進撃の巨人11巻 諫山創/講談社) 例えば、主人公・エレンが倒されて立ち上がるだけのシーンなんですが、なんだろう絶妙にカッコいい。 ジョジョ立ちに通じるようなポージング。 手の開き具合も怒りに満ちており、心の底から湧き出た怒りのセリフも含めて、読者に非常に印象が残るものに仕上がってる。 作者・諫山創の空間を捉える力に秀でてる。 映画「スパイダーマン」が可愛く見えるほど、暴力的な構図とアングルが見事。 それと巨人同士の無骨なバトルとの相性抜群が噛み合ってて、獣の巨人が巨大な岩を持って投げるシーンなど、これぞ格闘描写!と言わしめるほどの「粗暴」が詰まってる。 飛び道具一切なしで純粋な格闘描写だけで、ここまで読者を熱くさせてくれる漫画は他にないと評価します。 かつてプロレスに熱狂した少年たちも、きっとこんな気持ちだったのかなぁ…と思わせる「原始的な面白さ」が進撃の巨人には詰まっている。 かつて『ドラゴンボール(鳥山明)』を筆頭に「巨大な敵は読者受けしない」と一般的に言われていました。 でも『進撃の巨人』を読むと、単にそれは作者の腕がなかっただけってことが分かります。 本当に肉弾戦こそ最強と言わしめてしまう「圧巻の面白さ」がここにはあるッッ!!!(テレ朝風)。 興味があれば「」もご参照。 圧倒的な展開力にグイグイ引き込まれる! ただ『進撃の巨人』の面白さは単純なバトル描写だけにとどまらない。 ストーリーなど展開力もおすすめの一つ。 どんどん斜め上を行くような展開が次々と起こる『』に負けない面白さがあって、思わず読者はグイグイと引き込まれる。 (進撃の巨人8巻 諫山創/講談社) 例えば「ウォール・マリア」といった巨大な壁の中には、実は巨人が埋め込まれてる。 しかも眼球が動いていることからも分かるように、現在進行形でその巨人が生きている。 これは一体どういう意味なのか!?…と思わず読者は興味が惹かれるはず。 この謎の答えについては「」も後で参照してもらうとして、『』のように伏線が回収されるまでに数年単位がかかる漫画も少なくないんですが、『進撃の巨人』は一切の出し惜しみがない。 非常に伏線の回収が比較的早いので(月刊誌だからそう感じるだけかも知れませんが)、読者は良い意味で考えるヒマを与えてくれない。 そのため 『進撃の巨人』の読み味は非常にテンポ感が良いのがおすすめ。 普通は月刊誌だと1話あたりのページ数が多く、どうしても全体的に間延びしがち。 例えば同じく月刊連載だった『鋼の錬金術師(荒川弘)』ですら、自分はややテンポの悪さも感じました。 でも『進撃の巨人』はそういうのが一切なく、むしろ月刊誌のペースだからこその心地良いテンポ感がある。 むしろ下手したら『進撃の巨人』が週刊連載だったら、ここまで人気が出てない可能性すらありそう。 それほどに絶妙なペース配分。 終始張り巡らされた伏線が緊張感が堪らない。 解き明かされていくプロセスは丁寧そのもの。 そのため投げっぱなしで放置されないのが分かってるので、『進撃の巨人』は安心感を持ってストーリーを読み進められる点でも面白い。 【進撃の巨人】キャラの描写力や演出が面白い! あと『進撃の巨人』は キャラクターの心理描写が上手いのも面白いポイント。 恐怖で理性を失った兵士や、各々の立場の人間の心理描写など煽り方や演出力の点でも見事と評価せざるを得ない。 (進撃の巨人10巻 諫山創/講談社) 他にも、ライナーが主人公・エレンに衝撃の事実を告白する場面。 背後にいるベルトルトの視線がポイント。 「え?ライナー大丈夫?今言って大丈夫?」という不安すぎる表情が、事態が急激に悪化してることに対する緊張感を煽ってる。 このジッと見つめることでライナーに対する依存感や、ベルトルトの気の弱さも演出。 キャラクターの目線や視線の動きを使って読者を巧みに誘導してるのがポイント。 また喋ってはいないんだけど、先程のアニのシーンも 「ちょっとした間」で感情や状況を伝えてるのもおすすめ。 だから『進撃の巨人』は派手なバトル描写などが目立つものの、こういった些細な描写や演出に思わず引き込まれることも多い。 進撃の巨人はセリフや説明も的確! 例えば、『進撃の巨人』はセリフ力もレベルが高い。 シンプルかつハッキリとした言い回しで、端的に状況やキャラ自身の考えを伝えてくれるので、キャラクター同士の会話も読みやすい。 セリフだけ読んででもキャラの違いを認識できるほど。 (進撃の巨人18巻 諫山創/講談社) 『進撃の巨人』の人気キャラ・リヴァイのセリフだと、「 待て待てこれ以上俺に建前を使うなら、お前の両脚の骨を折る」など、ズバッと言い切る小気味の良さやセンスは少年誌のクオリティーではない。 キャラクターの特徴をしっかり捉えた上でのセリフ回しは、前述の表情描写の上手さも相まって、キャラクターを個性的に肉付けしてくれて感銘や慟哭、共感といった感情の発露に一役買ってる。 キャラクター間でポンポンとやり取りされる 言葉のキャッチボールはそれだけで見応えがあり、『進撃の巨人』はある種の「会話劇」としての面白さもある。 だから、もし絵がついてなかったとしてもグイグイ読める漫画だと思います。 だから別に新しく吹き出しを使って説明されなくても、読者はキャラクター同士の会話を聞いてるだけでストーリーの大まかな流れが把握できるのも良い。 また高度な心理戦が展開される場面でも、いちいち淀みなく読める。 こういったことも『進撃の巨人』のテンポ感の良さに繋がってるのではないかと、ドル漫では考察してみる。 また壁内では権力闘争や政治闘争も繰り広げられるなど、ストーリーの展開の進め方にご都合主義や安っぽさが一切ない分だけ、どうしても理解には時間がかかる。 それでも解説が的確なので長々と説明されても、意外とそこまで苦にはならない。 『進撃の巨人』の世界観は特殊ではあるものの、その世界観にしっかり没入できるのがおすすめ。 そのため『進撃の巨人』はストーリーも読みやすく、読者はただ身を任せてるだけで良い。 さながら ジェットコースターに乗ってるかのように、進撃の巨人は楽して面白く読める漫画だとドル漫では評価してみる。 【面白い】進撃の巨人 総合評価・評判・口コミレビューまとめ 以上、ドル漫による『進撃の巨人』の何が面白いかの考察レビューでした。 結論をさっそくまとめると、『進撃の巨人』は 2000年以降に発売された漫画の中では、間違いなく3本の指の中に入る面白さがあると思います。 2018年現在、7000万部という発行部数に恥じないぐらい面白い。 『進撃の巨人』の設定だけ読めば奇をてらってるだけの漫画にしか思えないんですが、中身はバリバリの王道バトル漫画。 主人公・エレンだけが変身できるというスペシャリティー感もバトル要素も少年誌向け。 弱者が巨悪に立ち向かっていくという、シンプルかつ痛快な読みやすいストーリー構成。 謎が解消されては新たな謎が浮かび上がっていく怒涛の展開に、しっかり大人でもグイグイと引き込まれる力強さがある。 自分は進撃の巨人が評判になりだした8巻ぐらいから読み始めたんですが、想像してた以上に面白かったので驚いた。 ハードルが上がった状態で読んでも面白かったんで、おそらく大多数の未読の読者は想像以上に面白いはず。 だから『進撃の巨人』は絵柄こそ少しクセはありますが、むしろ普段から漫画を読んでない読者にこそおすすめできる内容だと思います。

次の

【進撃の巨人118話 画バレ】最新話ネタバレ「ジーク瀕死|ミカサとアルミンも合流しエレンを援護」【感想考察】

進撃の巨人 ネタバレ まとめ

スポンサーリンク 【進撃の巨人】エレンが大好きなミカサ ミカサの母が東洋人である事に目をつけた強盗がミカサ家を襲います。 何とか難を逃れたミカサですが両親は殺害されてしまいます。 ミカサも誘拐されそうになりますがエレンが駆けつけ未遂に終わります。 その後、1人になったミカサをエレン、イェーガー家が受けいれ生活します。 その時、 ミカサにとっとエレンは家族であると話しエレンを必ず守ると誓います。 それ以来巻いているマフラーを離さず、エレンが窮地の時は混乱し直情的になるほどです。 エレンとの会話は素っ気ない感じに見えますがイアン班長より恋人と言われた時は顔を赤らめるなどの様子もあります。 2人が窮地の時はエレンに一緒にいてくれてありがとう、マフラーを巻いてくれてありがとうと伝えたりヒストリアとの会話中には怒ったような顔で現れたりと 恋心を持っているようにも見えますがエレンのとった行動に悲しげな表情をみせたりもしていますのでエレンの事を好きであると思いますがその真意は謎のままです。 スポンサーリンク 【進撃の巨人】ヒッチの思いに鈍感すぎるマルロ アニやマルロと同じ憲兵団所属のヒッチ。 憲兵団ではよくコンビを組んでいたマルロとは楽だから入ったと言う憲兵団の腐敗ぶりに驚き理想主義なマルロとはよくぶつかっていました ですがヒッチはそのマルロの持つ信念に少しずつ惹かれていきます。 マルロは自身の考えから憲兵団より調査兵団に変更を申し出た時ヒッチは頑なに反対し説得しようと試みます。 側から見ればヒッチが好意を持っているのは一目瞭然ですがマルロはそれに気づいていません。 その後、マルロはウォールマリア奪還作戦にて戦死してしまいますが その最後に思い出したのはヒッチの姿でした。 マルロもまたヒッチに想いを寄せていたのが分かります。 スポンサーリンク 【進撃の巨人】マリーより巨人を選んだエルヴィン 調査兵団団長エルヴィンと同期の憲兵団のナイルは同じ馬車で王宮へむかいます。 エルヴィンはナイルにニック司祭が殺された事を話しどうしてエレンが欲しいのか訪ねます。 ナイルは指示に従っただけだで理由は知らんと会話しその中でエルヴィンはナイルにマリーは元気かと尋ねます ナイルは恋した女と家庭を築いた、誇りだといいますがエルヴィンはなおこの世界は変わろうとしていると熱くナイルに語ります。 そして ナイルに俺もマリーに惚れていたと馬車をおりる際に言いますがナイルは知っていたよと答えマリーと巨人、お前は巨人を選んだ、どうかしてるよエルヴィン、と言います。 ナイルはマリーと共に生活する事を選びエルヴィンはマリーや人類の未来を選んだ、人類が滅べばマリーどころではない。 とエルヴィンは心に誓います。 スポンサーリンク まとめ 「進撃の巨人」の恋愛模様をまとめて見ましたがやはり戦場に身を置く戦士達ですので殉職するというのが目立ちますね。 その中でも エレンとミカサ、アルミンとアニのメインキャラクターの行方が気になります。 家族だと言うミカサですがエレンの変化に戸惑っています。 このエレンの変化にミカサはどう答えを出すのかが物語の鍵になる可能性もあります。 そして、ベルトルトに脳を侵されていると言われてしまったアルミンのアニに対する想いやアニがこれからどう動くのかも気になるところではあります。 怒涛の展開で最終話に向かう「進撃の巨人」。 それぞれの想いが一体どう決着していくのか楽しみに待ちたいですね。

次の