マットレス カビ 防止。 カビないマットレスはエア系一択!万年床対策にもおすすめの理由

マットレスのカビ対策には除湿マット!選び方やおすすめ商品も紹介

マットレス カビ 防止

もくじ• ベッドのマットレス・フレームにカビが生える原因 カビは高温多湿を特に好む為、気づかないうちに繁殖してしまいます。 特にフレームやマットレスはカビの温床となりやすく、早めの対処をしないとどんどんと広がってしまいます。 また、カビが生えやすい時期というのも重要となるので、発生の原因となる環境を見直してみてください。 原因1:布団の中が高温多湿になっていること 私たちは寝ている間に相当な汗をかいていますが、寝て起きた時にはすっかり汗が引いているのでその実感はありません。 しかし、 寝ている時の汗で布団は湿り、体温で暖かい環境となります。 そのため、ベッドにカビが発生しやすい良い環境が作られ、カビが生える原因となります。 原因2:梅雨時期は要注意、部屋全体の湿度が高いこと 部屋の湿度が高い時期と言えば梅雨が挙げられますが、この時期はベッドだけではなく、室内全体がカビの繁殖しやすい時期と言えるのです。 湿度が高くなればなるほど、 カビの活動は活発になってしまいますので注意が必要です。 原因3:寝具を不衛生にしていること 雑菌が繁殖しやすくなれば、それをエサにカビが繁殖してしまいます。 シーツや敷きパットなどをこまめに洗濯したり、 清潔な状態を保つこともカビ予防には必要不可欠なのです。 カビを発見した時にすぐに対処しても、同じ環境が続いてしまうと、またカビが繁殖し広がってしまいます。 以上の事が原因となり、寝具にカビは発生してしまいます。 そして、 健康を害する原因にも繋がってしまう為、場合によっては処分することも考える必要があります。 ベッドを処分するというのは簡単なことではありませんので、そうなる前に手を打つことが大切です。 カビが生えやすい原因を発生させている環境にないか、自分のベッドルームを確認することから始めましょう。 マットレスのカビの除去方法は、エタノールと漂白剤を使って処置 カビが一番繁殖しやすい場所と言えば、マットレスです。 特にマットレスとフレームの接触場所が温床になりやすいので、知らない間にカビが生えてます。 マットレスに生えたカビは消毒用エタノールと漂白剤を使用して除去する方法があります。 【処置1】エタノールでカビを除菌・除去する方法 エタノールはドラッグストアなどで簡単に手に入れることができます。 お手入れをする前に、エタノールをスプレーボトルに入れ替えて準備をしておくと使いやすくなります。 カビ部分にエタノールをスプレーする 2. 約1時間ほどそのままの状態にしておく 3. お湯につけた清潔な布などで拭き取る 4. ドライヤーを使用して乾かす 5. 陰干しをすることで、カビが生えないように予防ができ、殺菌効果もあります。 【処置2】さらに頑固なカビを漂白剤で除去する方法 エタノールでもなかなか取れなかったカビの場合は、適切な除去方法を行わないとカビを根っこから除去することができません。 特に黒カビはエタノールだけでは取ることができません。 そのような場合は、塩素系の漂白剤を使いカビを落とす方法があります。 漂白剤はあまり強すぎず、臭いもキツくないキッチン用の泡タイプスプレーを使用します。 キッチン用は簡単にふき取りができ、泡で出るので液の飛び散りも少なく手軽に除去作業ができます。 カビにしみ込ませる感じで吹き付ける 2. カビの色が落ちるまで待つ 3. お湯につけた清潔な布などで拭き取る 4. 乾いた布などで拭き取る 5. ドライヤーを使用して乾かす 6. 漂白剤の種類によっては効果が強すぎて 色落ちやマットレスを傷めてしまう原因になります。 そしてマットレスにカビが一度生えてしまうと、キレイに除去できてもまた繰り返しカビが出てきてしまうことがあります。 そのような状況にならない為にも無理をせず、 マットレスをクリーニングしてくれる専門の業者に、カビ除去の依頼を一度相談してみるのも選択の1つです。 専用の洗浄機器や洗剤で汚れを取り除いてもらえるので、マットレスを清潔を保つことができます。 ベッドフレームのカビ除去もマットレスと同様に、消毒用のエタノールを使用します。 マットレスを移動して、カビが生えているフレーム部分にエタノールを吹き付けるのですが、この時に活躍してくれるのが キッチンペーパーです。 キッチンペーパーがカビに密着し、パックのような役割をしてくれます。 カビ部分にキッチンペーパーを乗せてエタノールを吹き付ける 2. パックしたままの状態で1時間ほど待つ 3. 固く絞った清潔な布などでしっかり拭き上げる 4. 部屋の中を風通し良くしておく ただし、ベッドフレームの素材が木製の場合は、カビが木の中にまで繁殖してしまい、エタノールだけでは表面的なカビを落としてもまた出てきてしまうことが少なくありません。 除菌の後、繁殖を防ぐためにも、しっかり除菌する必要がありますので、次に木製フレームに生えたカビの除去方法を紹介します。 塩素系漂白剤をキッチンペーパーに染み込ませ、パックをしてみてください。 漂白剤を使用すればカビを根絶することができますが、漂白効果が強いので使用する際にはフレームの色味が変わったり、 漂白されてしまうことがあります。 また、しっかり拭き取らないと、フレームが傷んでしまう場合もあるので注意が必要となります。 カビ部分を紙ヤスリで削り、その後エタノールを使ってしっかり除菌してください。 使用する紙ヤスリは、目が細かいものを選んでください。 しかし、木製のベッドは 削り過ぎてしまうとフレーム自体にも影響が出てしまうので、調整しながら削り具合を確認することがポイントです。 削った後は、しっかりと拭き取ることも忘れないようにしましょう。 【マットレスのカビ防止対策】ベッドパッドなどを敷き風通しをよくする マットレスにカビを生やさないようにする為には日頃からのケアがとても重要です。 誰にでも簡単にできる予防対策を紹介します。 【対策1】ベッドパッドやベッドシーツを敷く ベッドパッドやベッドシーツは吸湿や汗取りとして有効で、これを マットレスの上に敷くだけでカビ予防になります。 特に寝汗をよくかく人や子供のベッドは、マットの湿度が高くなりカビが生えやすくなるので、寝汗対策として敷くのも効果的です。 ただし、注意しなくてはいけない事は、湿気を吸収するタイプのパッドやシーツの場合、 そのまま放っておくとシーツの方にカビが生えてしまうという点です。 週に1度はしっかり洗濯し、清潔にしておくのがポイントです。 【対策2】定期的にマットレスに風を通す マットレスに湿気がこもらないように、 月に一度はマットを壁に立てかけ風を通しておきます。 その時、部屋の風通しをよくしたり、 除湿器などを使い、部屋の湿度を下げ乾燥させます。 立てかけたついでに、向きを前後逆にしてみたり、裏表ひっくり返すのも湿気をこもらせない有効な対策となります。 マットレスが重くて立てかけるのが大変な場合は、薄手の毛布などを丸めたり、本を重ねたものなどをマットとフレームの間に置いて、マットを浮かせます。 浮かせた部分に扇風機などで風を通すのも効果があります。 【対策3】ベッドを壁から少々離す ベッドの置く位置に気をつけるのもポイントです。 ベッドを部屋の隅に置いている人も多いのですが、壁や窓側にくっつけているとカビが繁殖しやすくなってしまいます。 風通しが悪くなると湿気が溜まりやすくなりますので、ベッドは 壁から5cm~10cm程度離して設置するようにしましょう。 【ベッドフレームのカビ防止対策】フレーム素材と配置場所で予防する ベッドフレームのカビ予防もマットレス同様、日頃からの対策で予防することができますので、実践してみてください。 【対策1】窓の近くに配置しない 窓の近くだと梅雨の時期には、マットレスとベッドフレームの間に湿気がこもってしまいます。 冬場は窓に付いた結露によってベッドフレームに水滴が付き、そのままにしているとカビが発生してしまいます。 このように、 窓付近は年中湿度が高い場所になってしまうので、ベッドを置かないというのも一つの方法です。 【対策2】除湿剤を置く 部屋によって窓の近くしかベッドを置くところがない場合は、 窓とベッドの間に除湿剤を置くと予防することができます。 その代わり、 除湿剤は定期的に入れ替えることを忘れないようにしてください。 除湿剤を入れ替えずに放置しておくと、除湿されなくなってしまいます。 定期的に除湿剤に水が溜まっていないか、チェックしてください。 【対策3】エタノールでこまめに除菌する 寝具の洗濯をする時、ベッドフレーム自体を定期的に消毒用エタノールで拭き取ると、除菌することができカビ予防することができます。 ベッドフレームにカビが生えてしまってからだと、除菌するのがとても大変になってしまうので、こまめにお手入れをしてください。 【対策4】カビが発生しにくいフレームを選ぶ 例えば、 パイプベットやすのこベッドはカビが発生しにくいという特徴があります。 特にパイプベッドの場合、カビが生えるような素材ではないので、ベッドフレームのカビに悩まされることはありません。 すのこベッドは 通気性が良く湿度を逃がすことができ、カビが生えにくいベッドフレームです。 しかし、場合によってすのこ自体にカビが生えてしまうことがある為、絶対に生やしたくないという人はパイプベッドを使用してみてください。 4つのアイテムを使って、ベッドのカビ対策をしよう 最近では、マットレスやベットフレームのカビ予防に有効な便利なアイテムが多数販売されています。 防止アイテムをいくつか紹介しますので、積極的に使ってカビの発生を予防してみてください。 マットレスを干すという作業は簡単ではありませんが、布団乾燥機を使用すれば湿気を除去することができますし、ダニやハウスダストの予防にもなります。 清潔な状態を保つためにも用意しておきたい電化製品の一つと言えます。 布団乾燥機の使用頻度は週一回を目安に行い、こまめに使用すると湿気がこもりにくくなり、乾燥した環境を保つことができます。 300円前後と手頃な価格で購入ができますので、用意してみてください。 朝起きたら除菌スプレーを吹きかけておけば、雑菌の繁殖だけではなくカビの予防にもなります。 ポイントは寝具全体に対して吹きかけることです。 梅雨の時期や、結露が多くなるシーズンに合わせて使い分けていくのも対策になります。 ただし、除湿シートは 定期的に天日干しをしておかないとシート自体がカビの原因になってしまいますので注意しましょう。 除湿シートによっては、吸湿センサーなどが付いていて、お手入れをするタイミングを知ることができる便利なシートもあるので利用してみて下さい。 梅雨など湿度が高くなる時期は除湿器を使い、部屋の湿度を下げることによってカビ対策できます。 まとめ.

次の

【ベッド周りのカビの除去方法】マットレスとフレームのカビ対策はこれでバッチリ

マットレス カビ 防止

・ベッドマットレスやすのこにカビが生える原因は? ・マットレスやすのこのカビの取り方は? ・マットレスやすのこのカビ臭さを除去する方法は? ・マットレスやすのこのカビを防止する予防対策方法は? Sponsored Link ベッドマットレスやすのこにカビが生える原因は? ベッドマットレスになぜカビが生えやすいのか。 それは 布団と接触している部分は風通しが極めて悪いため、湿気が外に拡散されずにこもってしまうからです。 行き場のない湿気をそのままにしておくと、そこからカビが発生してしまいます。 すのこの場合は、ベッドの板の間に隙間ができるのでその分風通しが良く、湿気はこもりにくいですが、それでも絶対にカビが生えないとは言い切れません。 なぜなら、 すのこは木でできているので湿気を吸収してしまうからですね。 ベットマットレスやすのこに湿気がこもらないようにするには、 定期的なお手入れが欠かせません。 大変なことではなく、 たまに通気性を良くするようにするだけでも十分カビは防げるのです。 カビが生える原因として気をつけたいのは 『温度』と 『湿度』。 カビが大好きな温度は25度前後で、湿度は30%以上です。 特に梅雨の時期や夏場はカビが発生する好条件というわけですね。 通気性の良いすのこや防カビ対策が施されたものでも、カビが好む温度や湿度のもと、お手入れしないとすぐにカビが生えてしまうのです。 マットレスやすのこのカビの取り方は? ベットマットレスにカビが生えてしまったら、そのまま捨ててしまうのは経済的にももったいないです。 できるだけ効果的かつ経済的な方法をとっていきましょう。 いくつか カビをとる方法があるのでさっそく試してみてくださいね! マットレスのカビの取り方 ベッドのマットレスにカビが発生したらどうしますか? 思いっきりざぶざぶと丸洗いできたらいいのですが、なかなかそうはいかないですよね。 マットレスのカビの取り方にはいくつか方法があります。 ・消毒用エタノール 消毒用のエタノールの場合は マットレスのカビの部分にスプレーして、約1時間ほど置いてから硬く絞った雑巾でカビをふき取ります。 こすらずにカビをつまみ取るような感じで行いましょう。 こするとそのまま染み付いてしまいます。 カビが落ちたか心配な方は数回繰り返しましょう! エタノールは消毒用と無水エタノールがあるので、消毒用を選びましょうね。 消毒用エタノールはカビタンパク質を分解するので、落とすには最適ですが、漂白効果はないので色残りはあります。 ・カビ除去スプレー カビ除去スプレーは カビの殺菌、黒ずみを落とすことができます。 ただ、色落ちすることもあるので注意しましょう。 酷いカビは数回繰り返すことで落とすことができますよ。 色落ちを避けたい場合は確認してから使いましょう。 ・マットレスの汚れ、カビ対策を本気でするのなら? マットレスのカビや汚れは クリーニング業者に頼めばすぐに解決しますが、ちょっと高いですよね。 スチームやリンサーが家庭にある方は、自分でマットレスのカビを綺麗にすることができます。 ・アルコール アルコール除菌スプレーや消毒用エタノールがあれば、すのこのカビ取りができます。 すのこのカビが生えている部分に、 アルコール除菌スプレーをたっぷり吹きかけます。 その後、アルコールが乾いたら、乾いたキッチンペーパーやティッシュでカビを丁寧にふき取ります。 濡れているうちにカビをふき取ると、広がってしまう可能性があるので注意してください。 アルコールは乾くのも早いので、簡単にすのこのカビを取ることができますよ! ・漂白剤 漂白剤を常備している家庭も多いです。 漂白剤を使って簡単にカビを取ることができますよ! 漂白剤はぬるま湯で5倍ほどに薄めます。 タオルなどに含ませて、きつく絞ります。 漂白剤は素手で扱わずにゴム手袋を使用しましょう。 そのタオルをすのこのカビの部分にのせて約30分ほど放置します。 30分後に濡れ雑巾でしっかりと拭き折ります。 乾燥させたらOKです! ・カビ取り剤 すのこに限らず、木のカビには カビ取り剤を使うと、簡単にカビを取り除くことができます。 危険なイメージや面倒、大変そうといったイメージもありますが、手順が分かれば簡単に使うことができますよ。 rakuten. jp 洗える除湿シートなら、湿気や臭いの対策にもなります。 価格も1,000円前後なので経済的です! 除湿シートなどの活用や、湿気がこもらないようにマメに空気を入れ替えることで、カビや臭い対策ができます。 また、 朝起きたら、マットの片側を上げておくのも有効です。 そうするとマットの下の風通しが良くなるので、かなりカビの発生を防げますよ。 マットの片側を上げるには、ベッドの頭側の高いところにマットの片側をのせたり、下に枕などを置いたりすると良いでしょう。 それか マットをそのままベッドの横に立てておくのも有効ですね。 健康と安眠のためにも、たとえ面倒でもマットレスやすのこの湿気対策をしたほうが良いでしょう。

次の

カビないマットレスのおおすめ4選!もうカビに悩みたくないならこれ!

マットレス カビ 防止

マットレスの湿気対策マニュアル|4ステップ マットレスの湿気対策は、以下の4つのステップで行いましょう。 基本から応用の順序になっています。 マットレスを床・壁から離す• マットレスのこまめな換気・お手入れ• マットレスの両面へ湿気ケア• 湿気のたまりにくいマットレスを選ぶ あなたの部屋の湿度状況によって、どこまで湿気対策をするべきか異なってきます。 それでは1つずつ確認していきましょう。 もちろんこの場合、マットレスだけでなくフローリング・壁にもカビができてしまう可能性があります。 マットレスは廃棄できますが、床・壁は対処が大変です。 そのため、絶対に床・壁からマットレスを離すことをおすすめします。 また、床でなくベッドの上にマットレスを敷いていても、ベッドの天板がフラットな一枚板のものの場合、マットレスを密着するので湿気がたまりやすいことには変わりません。 空気がマットレスへ触れられるよう、すのこ形状にする必要があります。 すのこベッドでマットレスを床から離す いわゆるすのこベッドには2つのタイプがあるので、1つずつご紹介します。 5cm 価格:5,990円 ニトリの床置きすのこです。 敷布団のような薄いマットレスを床に敷いている場合、このようなすのこの上にマットレスを置くことで、マットレスの底面に空気が通うようにできるので、湿気対策をすることができます。 すのこを丸めてたため収納性が高いので、日中をマットレスを押入れにしまっている人におすすめです。 一点気をつけていただきたいのが、ベッド下の収納の量です。 たとえベッドの天板がすのこ形状だとしても、ベッドの下にものが多く置いてあると、空気が滞留しやすくなり湿気がたまりやすくなります。 収納物が衣類など、湿気を溜め込みやすいものだと尚更です。 なので、どうしてもベッド下の収納物が多くなる場合は別途、乾燥剤を配置するなどの対策を行いましょう。 その他おすすめのすのこや、湿気に強いすのこの材質などの詳細を以下のページで解説しているのであわせてご参考にしてください。 関連記事 最低10cmマットレスを壁から離す マットレスを壁から離しましょう。 たった10cmだけでいいです。 ベッドをお使いの場合は、ベッド自体を壁から離すようにしましょう。 10cm隙間があれば十分空気が流通できるので、湿気対策になります。 また、窓際も要注意です。 冬は乾燥のイメージが強いですが、部屋の内外の温度差により結露ができて、湿度が高くなることがあります。 結露ができた窓の近くにマットレスを置いていると、カビ発生待ったなしになってしまうので窓からも距離をとりましょう。 冷房の直撃で体を冷やしすぎたり、暖房の直撃で喉を痛めたりします。 こういった理由からも、ベッド・マットレスは壁から絶対に離しましょう。 すのこの上にマットレスを敷いていると言っても、マットレス裏面の半分以上の面積はすのこと接しているので、完全な湿気対策とは言えません。 やはり、定期的にマットレスを換気してあげないと湿気がたまってしまいます。 マットレス自体の換気 もしあなたのマットレスがウレタンをむき出しにできるのなら、写真1のように側生地を外して、ウレタンに溜まった湿気を飛ばせられるように日陰干ししてあげましょう。 マットレスの換気方法1 こうすることで効率よくマットレスの湿気を飛ばせられます。 椅子などの台の上に置くと簡単にできます。 また、もしあなたのマットレスが大きいサイズだったり、スプリング製の場合はこちらの写真のようにマットレスを壁に立てかけて換気させてみましょう。 マットレスの換気方法2 重くて壁に立て掛けることすら難しい場合は、マットレスの底片側にものを挟んで空気を入れるようにしましょう。 写真のマットレスは薄めなので曲がってしまっていますが、厚みのあるマットレスであれば曲がること無く立てかけられます。 マットレスの換気のコツ マットレスを効率良く換気するコツがあります。 部屋の湿度を下げ、風を当てることです。 換気中のマットレスに除湿モードのエアコンの風を当てることで、換気をより一層効果的に行えます。 扇風機でももちろん可能です。 マットレス裏面の湿気には除湿シート、マットレス表面の湿気には除湿敷きパッドがおすすめです。 除湿シートを敷く あなたがマットレスをすのこベッドの上に敷いていても、部屋の湿度が高めだったり、マットレス自体をなかなか乾燥手入れすることができなかったりする場合、マットレスの下に除湿シートを敷いておくことをおすすめします。 湿気だけでなく汗臭や加齢臭などの消臭効果もあります。 とはいえ、シリカゲルが吸湿し続ける訳ではないので、吸った湿度を吐き出させる必要があります。 そのため、2週間に一度は除湿シートを日陰干しさせましょう。 そうすることで除湿効果が維持されます。 敷きパッドで寝汗による湿気を除去 あなたが寝汗を多くかく体質だったり、パジャマで寝汗対策をしていなかったりする場合は、マットレスの上に敷きパッドを敷くことをおすすめします。 一般的な成人で1晩に約200mlもの汗をかきます。 なにも対策をしないと、すぐにマットレスに湿気がたまります。 強力に汗を吸収するのでカラッと爽やかな寝心地です。 さらに、汗臭や加齢臭などの消臭機能もあるため、寝汗のベタベタだけでなくニオイまで対策できます。 自社製品で手前味噌ですが、自慢の一品です。 どのようなマットレスが湿気に強いのか、また反対に、湿気に弱いマットレスはどの種類なのかをご紹介します。 高反発ファイバーマットレス 高反発ファイバー素材のマットレスは湿気がたまりにくいので、湿気対策を気にする必要がほとんどありません。 そのため、カビを心配することもなくなるでしょう。 高反発ファイバー素材は面で体を支える構造なので、使用感が硬めに感じられることがありますが、湿気対策で考えるのならオススメです。 ボンネルコイルマットレス ボンネルコイルマットレスの構造を単純化すると、硬鋼線スプリングの上にウレタンを詰めたマットレスです。 そのため、片面仕様のボンネルコイルマットレスの場合、マットレス内部がスプリングと空気層で構成されるため通気性が高く湿気に強い特徴があります。 ヘルシーフィットボンネルコイルマットレス 製品:ヘルシーフィットボンネルコイルマットレス 価格:30,858円 東京の老舗ベッドメーカー東京ベッドが開発したボンネルコイルマットレスです。 通気性の良い側生地を側面に採用し、マットレス内部に湿気がたまりにくいよう設計されています。 ベンチレーター(通気孔)こそ付いていませんが、湿気対策には十分な作りになっています。 寝心地は硬めにされています。 調湿ウレタン製マットレス ウレタンの欠点として通気性の悪さがありますが、湿気りにくくカビの生えづらい快適な睡眠環境を追求した研究の末に開発されたのが、湿度調整機能をもつ革新的なウレタン「セルプール」です。 他の湿気対策が全く不要になるわけではないですが、マットレス自体が自動的に湿気対策を行う優れものです。 自社製品なので手前味噌ですが、素晴らしい寝心地です。 抜群の体圧分散性と反発弾性であなたの熟睡をしっかりとサポートします。 おすすめのできない種類のマットレス 湿気にお悩みの場合、低反発ウレタンマットレスとラテックスマットレスの使用はおすすめできません。 低反発マットレスは密度が高く通気性が悪いので、マットレスの底面に湿気がたまりやすいです。 また、体が沈み込みピタッとフィットする気持ちいい使用感の裏側には、ムレ感が生まれやすいという副作用もあります。 さらに、「密度が高い=重い」なので乾燥手入れもしづらいです。 ラテックス素材自体には抗菌作用があるのでカビが生えることはほとんどないのですが、通気性の悪いマットレスに挟まれた側生地やベッドフレームにカビが生えることがあります。 ラテックス素材は特に重いので換気のためにひっくり返すのは屈強な男性でさえも手間に感じます。 このような理由から、低反発ウレタン素材とラテックス素材のマットレスは湿気にお悩みの人にはおすすめできません。 ・寝汗がベトついて寝心地が悪い・・。 ・ 体が火照って寝つきにくい・・。 ・エアコンなしで涼しく眠りたい・・。 ・サラッと気持ちよく起きれるようになりたい・・。 ・眠っても疲れが取れにくい・・。 ベッドの中の温湿度が高すぎるせいで睡眠の質を悪くし、日常生活に不満を感じてはいないでしょうか? 「ベッド内の湿度を適切にコントロールすることで、眠りの質を高める」このような理念の元、当敷きパッドを開発しました。 まるで電化製品のようにあなたの布団をカラッと除湿します。 布団がベタつかずカラッと快適!! ムレにくくてサラサラと涼やか!! 除湿機能が布団のダニやカビの発生を抑える!! などなど、あなたが快適な眠りをする一助となります。 詳しくは下のボタンの先のページをお読みください。

次の