ツイッター センシティブ 英語。 Twitterのセンシティブを解除する設定方法

Twitterのセンシティブを解除する設定方法

ツイッター センシティブ 英語

Twitter:センシティブな内容とは? Twitter社では、デフォルト設定でセンシティブな内容にある程度のフィルターを掛けるようにしています。 フィルターされたツイートやプロフィールはワンクリック タッチ しないと開かれないようになっており、センシティブな内容を視界に入れないようにできます。 そもそもセンシティブな内容とはどんな内容か。 Twitter社では、センシティブな内容を次のように定義しています。 過度に暴力的な内容• 成人向けの アダルト コンテンツ 9割以上は上記に当てはまるツイートがセンシティブな内容として取り扱われます。 特に多いのは、アダルトコンテンツのツイートかと思われます。 これは、3次だけでなく、漫画やアニメなどの2次元、さらに動物でも適用されるようになっています。 センシティブな内容と判断される箇所 どのような内容でセンシティブとTwitterに判断されているのか。 Twitter社では次のように定義を定めています。 ライブビデオ• プロフィール• ヘッダー画像• ツイート内容• フィルターが掛けられる箇所 主に3つの箇所に対して、センシティブな内容のフィルターが掛けられます。 ツイートそのものの内容• ツイート時に貼られた画像や動画• Twitter:センシティブな内容のフィルターを解除する設定方法 そもそもセンシティブな内容でもタイムライン上に表示しても大丈夫という方は、フィルターがかからないように設定を解除することも可能です。 ここでは、iPhone、Android、PCブラウザ上で設定を解除する方法をご紹介します。 なお、アプリはTwitter社がリリースしている純正のものに限ります。 余談ですが、PCブラウザからセンシティブなツイートを見る時はワンクリックで表示することがでいますが、スマホアプリの場合は設定を解除しないと見ることができません。 iPhoneアプリ 大前提として、iPhoneアプリ上の設定ではセンシティブな内容を解除することはできません。 一度、Safari等のブラウザで設定変更をする必要があります。 センシティブな内容のツイートを表示し、「設定を変更」をタップ。 ログイン画面が表示されるので、センシティブの解除を行いたいアカウントでログイン。 Twitterアプリに戻ると、先程までセンシティブな内容としてフィルターが掛けられていたツイートが表示されるようになります。 特にTwitterアプリの再起動も必要ありません。 Androidアプリ Androidアプリの場合iPhoneとは違って設定を変更しなくても「表示する」リンクをクリックすると、その場でセンシティブな内容を閲覧することが可能です。 もし、デフォルト状態でセンシティブな内容を解除しておきたい場合は、設定を変更する必要があります。 これでセンシティブなツイートの閲覧制限を解除することができます。 PC パソコン のブラウザ パソコンのブラウザからTwitterをする場合は、設定を変更しなくてもセンシティブな内容のツイートを閲覧することは可能です。 なぜなら、下記のように「表示」と書かれている箇所をクリックすると見られるからです。 デフォルト状態でセンシティブな内容を表示させる場合は、設定を変更する必要があります。 以上で、センシティブな内容を最初から解除して閲覧することができます。

次の

英語表示のTwitterを日本語に設定する方法

ツイッター センシティブ 英語

写実的な暴力描写• 成人向けコンテンツ• 強姦及び性的暴行に関するコンテンツ• グロテスクなコンテンツ• ヘイト表現を伴う画像 ユーザーによって投稿された画像や動画が、上記のいずれかにあたるとTwitterが判断した場合、画像や動画を表示する代わりに警告メッセージが表示される場合があります。 とはいえ、警告が表示されている画像をいざ開いてみればいたって普通の画像だった、というケースもよくあります。 Twitterでセンシティブな内容を含む投稿を見る方法 「センシティブな内容」の警告メッセージが表示されている画像や動画を見たい場合は、それらを表示するための設定をおこなう必要があります。 iPhoneでセンシティブな内容を含む投稿を表示させる方法 iPhoneでは、Twitteアプリのタイムライン上で「センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイートです。 」と警告メッセージが表示されているツイートを開きます。 ツイートの詳細画面でも同様の警告メッセージが表示されているので、警告メッセージ下部の[設定を変更]をタップしてください。 すると、SafariやChromeなどのWebブラウザに切り替わり、ブラウザ上でTwitterの画面が表示されます。 WebブラウザでTwitterが開く ブラウザでTwitterにログインしていない場合は、設定を変更したいアカウントでログインしてください。 以上で設定は完了です。 Androidスマホでセンシティブな内容を含む投稿を表示する方法 Androidスマホでは、Twitterアプリ内の設定を変更する方法と、ツイートに表示された警告メッセージから設定を変更する方法の2パターンがあります。 Twitterアプリ内の設定を変更する Twitterアプリのメニュー画面から、[設定とプライバシー]を開きます。 設定項目の中から[プライバシーとセキュリティ]を選択してください。 これでセンシティブな内容を含む投稿であっても、警告メッセージが表示されることはありません。 ツイートの警告メッセージから設定を変更する Android版Twitterアプリでは、ツイートに表示されている警告メッセージからセンシティブなツイートの表示設定が変更可能です。 [表示する]をタップすると、当該のツイートに限って画像や動画が表示されるようになります。 PC(パソコン)でセンシティブな内容を含む投稿を表示する方法 PCのブラウザ上でセンシティブな投稿を表示させるには、センシティブな内容を含むツイートの下部にある警告メッセージから、設定を変更するか一度だけ表示させるかのどちらかから選択します。 [設定を変更]をクリックすると設定画面が開かれる [設定を変更]をクリックすると、設定変更画面に遷移します。 [表示]をクリックすれば、当該のツイートに限って画像や動画が表示されるようになります。 センシティブな内容を含む投稿を非表示にする方法 不愉快な画像や動画を見たくない人は、Twitterでセンシティブな内容を含むツイートを非表示にする設定をしましょう。 もし、非表示に設定しても不愉快な画像や動画が表示されてしまう場合は、ツイートの通報やミュートといった機能を使うとよいでしょう。 センシティブな画像や動画を非表示にする設定 センシティブな画像や動画の非表示設定は、Twitterの設定画面から有効にします。 なお、 iPhoneの場合はTwitterアプリからの設定はできないため、下記リンクよりSafariやChromeなどのWebブラウザからTwitterにログインし、設定をおこなってください。 以下では、Android版Twitterアプリでの操作方法を紹介していますが、Webブラウザ版のTwitterでもほとんど操作内容は変わりません。 Twitterのメニューから[設定とプライバシー]をタップし、[プライバシーとセキュリティ]を開いてください。 これで、センシティブな内容と判定された画像や動画は、警告メッセージが表示されるようになります。 それでも表示される場合は「通報」も可能 をおこなった状態でも、不愉快な画像や動画が表示されてしまう可能性もあります。 そのようなときは、該当のツイートをTwitterに通報するという手段もあります。 ツイート右上の[v]マークから[ツイートを報告する]を選択 まず、不愉快な画像や動画を載せているツイートを開き、右上にある[V]マークをタップ。 すると、画面下部からメニュー画面が出現するので、[ツイートを報告する]を選択します。 ツイートの報告理由を選択する画面に遷移したら、通報する理由として最も適切なものを選びましょう。 不愉快な画像や動画を通報する際は、[センシティブな画像または動画を表示している]をタップします。 続いて、通報する画像や動画がどのような内容を含むのかを、さらに4つのカテゴリーから選択して報告してください。 ボタンを押すとブロックかミュートができる これで、ツイートの通報は完了です。 完了画面では、通報した画像や動画をツイートしたユーザーを「ブロック」か「ミュート」できるボタンが用意されています。 ブロックとミュートは、不愉快な投稿を見ないためにも有効な手段です。 一方で、もし相手が相互フォロー関係にあるような状態である場合、ブロックすると相手にバレてしまう恐れもあります。 相手との関係性などに応じて上手く使い分けましょう。 通報したツイートは、タイムライン上で「このツイートを報告しました。 」というメッセージに覆われて表示されます。 通報後にツイートの内容を見たいときは、メッセージの右側にある[表示]をタップすると、一時的にツイートの内容を確認できます。 特定のキーワードやアカウントを見たくなければ「ミュート」が便利 特定のキーワードを含むツイートを見たくない場合や、特定のアカウントをタイムラインで非表示にしたいときは「ミュート」機能が便利です。 ブロックとは異なり、ミュートは相手に知られることなくツイートを非表示にできます。 ミュートの設定の詳細は、下記記事を参照してください。 appllio. com 自分のツイートがセンシティブな内容と判定されないための方法 普通の写真を投稿したつもりなのに、センシティブな内容を含む可能性があると判定されてしまった、という経験はないでしょうか。 その場合、自分の投稿に警告メッセージがつかないように設定する必要があります。 Twitterのメニュー画面から[設定とプライバシー]を開き、設定項目から[プライバシーとセキュリティ]を選択してください。 これが有効になっていると、自分の投稿した画像や動画に警告メッセージが出てしまう場合があります。 センシティブな内容を投稿するつもりのない人は、チェックを外しておきましょう。

次の

Twitterで設定を解除しているのに「センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイートです」と表示される詳細と対処法を徹底解説

ツイッター センシティブ 英語

友達や知り合い、好きな芸能人などをフォローして、その人のツイートを見ようと思ったら 【このツイートには不適切な内容が含まれている…】という表示が出てきてツイートの内容がわからない!という経験がある人って少なくないですよね。 人のツイートだけでなく、自分がツイートしたものでも【不適切な内容が…】と表示されてしまうこともあります。 』 『このツイートは、センシティブな内容が含まれている可能性があるため表示できません』 と出てきたら、薄いグレーになっている文章の部分をタップしてください。 画像でいうと赤枠で囲んである部分です。 タップすると、次の画像のような表示が出てきます。 同じような表示が出てきたら、赤枠で囲んである【設定を変更】をタップします! タップするとTwitterのログイン画面に移行しますので、 「不適切な…」「センシティブな内容…」と表示されるアカウントでログインしてください。 すると、何やら設定の画面にいくんですが、その中の【セキュリティ】の項目までスクロールしてください。 センシティブな内容を解除できない時の対処法 『センシティブな内容が…』を解除する方法について解説してきましたが、 「手順通りにやったのにまだ見れないツイートがある!」なんてことがあるかもしれません。 私も、解除したはずなのに見れないツイートがあって「あれ?」となった経験があります。 こういった時の対処法は 『タスクを切る』ことです。 タスクを切ってから、再度Twitterを開いて確認してみてください。 Twitterの「不適切な内容が…」をPCで解除する方法 それでは続いて、「不適切な…」をPCで解除する方法を解説していきます! PCでツイッターを開いてログインをすると、画面の右上にご自身のTwitterアイコンが出てきます。 アイコンをクリックすると、下記の画像のように表示されます。 ずらっと並んでいる項目の中から【設定とプライバシー】を選択してクリックしてください。 この様な画面になったら、一番左側に並んでいる項目の【プライバシーとセキュリティ】をクリックします。 下までスクロールすると【安全性】という項目があるので、その中の【不適切な内容を表示しない】にチェックが入っていると思います。 ただ、万が一きちんと解除できていない時のことを考えて、設定変更が完了した後に確認することを忘れないでください。

次の