きゅうり とり ささみ。 ささみの筋の取り方とゆで方:白ごはん.com

きゅうりとささみの和え物のレシピ/作り方:白ごはん.com

きゅうり とり ささみ

安ウマ&ヘルシーな食材の代表、「鶏ささみ肉」。 ダイエット中でもお肉が食べたい!食材費を抑えて節約したい!そんなときにも重宝する食材のひとつです。 鶏ささみ肉は、茹でてサラダにトッピングしたりフライにするなど様々な料理に合いますが、今回は、安くてうま過ぎる常備菜レシピをご紹介します!多めに作ってストックしておけば時間もお金も節約できて、おいしい料理が手軽に食べられますよ。 それでは、レシピをご紹介します! ささみの漬け 保存期間:約1週間 魚介の漬けは一般的ですが、ささみの漬けもおいしいんです! 漬け汁のうま味や香りが移った旨みたっぷりのささみはごはんのおかずにぴったりですよ。 〈材料:作りやすい分量〉• 生姜・・・・・・・・・1片(10g)• 大葉・・・・・・・・・3枚• 鶏ささみ肉(筋なし)・5本• 水・・・・・・・・・・150cc• 醤油・・・・・・・・・50cc• みりん・・・・・・・・30cc 〈作り方〉• 鍋にささみとひたひたの水、酒(大さじ1)を入れて中火にかけ、沸騰直前に火を止め、冷めるまでそのまま置いたらひと口サイズに切る。 生姜、大葉は千切りする。 密封容器に1. 、水、醤油、みりんを入れて冷蔵庫にひと晩おく。 大葉や生姜の風味が食欲をそそります。 口に入れるたびにふわっと香りが広がります。 食べるときにごま油をたら~りと垂らすと、香ばしい香りが加わりさらに味わいがよくなりますよ。 ペッパーガーリックささみフレーク 保存期間:約1週間 缶詰のささみフレークを手作りで!ごはんのお供にぴったりな常備菜です。 鶏ささみを調味料で煮て細かくほぐすだけで作れますよ。 〈材料:作りやすい分量〉• 鶏ささみ肉(筋なし)・・5本• にんにく・・・・・・・・2片(10g)• 水・・・・・・・・・・・50cc• コンソメ・・・・・・・・1個• オイル・・・・・150cc• にんにくは薄切りする。 鍋ににんにく、水、コンソメを入れて中火にかけ、コンソメが溶けたら鶏ささみ肉、オイル、こしょうを加え、時々アクをすくいながら弱火で15分煮る。 火を止めて粗熱が取れたら鶏ささみ肉をフォークなどで粗めほぐす。 にんにくのチが効いたささみフレークは手が止まらない病み付きの味!こしょうの刺激を加えることでますます食欲を刺激します。 粗めにほぐすと、ボリューム感があって満足度大です。 そのままごはんにのせて食べるほか、おにぎりの具やの具、マリネなどにもどうぞ! ささみとのピクルス 保存期間:約1週間 茹でたささみをと一緒にピクルス液に漬けるだけ。 爽やかな酸味でさっぱりと食べられるピクルスは、お酒のおつまみや箸休めにおすすめです。 〈材料:作りやすい分量〉• 鶏ささみ肉(筋なし)・・5本• ・・・・・・・・1本• 水・・・・・・・・・・・200cc• 酢・・・・・・・・・・・大さじ6• 砂糖・・・・・・・・・・大さじ3• 塩・・・・・・・・・・・小さじ1• 赤唐辛子・・・・・・・・1本 〈作り方〉• 鍋にささみとひたひたの水、酒(大さじ1)を入れて中火にかけ、沸騰直前に火を止めて冷めるまでそのまま置いたら、縦半分に切る。 はヘタを切り落とし、縦6等分、横半分に切る。 鍋に水、酢、砂糖、塩、こしょう、赤唐辛子を入れて強火にかけ、煮たったら火を止めて熱いうちに鶏ささみ肉とを加える。 粗熱が取れたら密封容器に移し入れ、冷蔵庫で保存する。 爽やかな酸味でパクパクと食べられます。 を入れることで味わいに変化が出て飽きがきませんよ。 刻んでサラダのトッピングにしてもおいしいです。 冷蔵庫の温度状況などにより保存期間は変わるため、なるべく早めにお召し上がりください。 保存容器は煮沸消毒した清潔なものをご使用ください。 料理を取り出す際は、清潔なスプーンや箸をご使用ください。 料理は食べる分だけ器に移し、長時間室温に置くことが無いようにしてください。 いかがでしたか。 安くてうま過ぎる常備菜レシピをご紹介しました。 鷄ささみを常備菜にすることで、忙しいときでも手軽においしくごはんが食べられますよ。 時間があるときにぜひ作ってみてはいかがでしょうか。 プロフィール 執筆:管理栄養士 五十嵐ゆかり 株式会社フードクリエティブファクトリー代表。 「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を活動テーマとし、管理栄養士・料理研究家として活動している。 レシピ開発や栄養監修、コラム執筆、レシピ制作ディレクター、フードアーティストの育成を活動の中心とする。

次の

子供も大好き!鶏ささみときゅうりの中華和え レシピ・作り方 by まゆママ29|楽天レシピ

きゅうり とり ささみ

ささみの筋の取り方(包丁を使って) ささみの筋取りのやり方は3ステップです。 ささみの半分ほどの長さまで、浅く、切り込みを入れましょう。 左手で筋を持ち(浮かせずまな板に固定するようにして)、包丁の背を筋の上に置いて反対側へしごいて筋と身をはがします。 この時の包丁の動かし方は、 包丁の背をまな板にくっつけて、包丁を『上下』させながら手早く右側に動かす、のがポイントです。 そうすることで、身が割けたりしづらくなると思います。 ゆでる時に気を付けたいポイントは 『しっかり塩をきかせること』『火が通るまでずっと火にかけず、余熱でふっくら火を通すこと』です。 まず、ささみ3~4本をゆでるのに、 水500mlに塩小さじ1を合わせます。 鍋の水を中火にかけて沸いたら塩を加え、続けて、 ささみを入れたら30秒ほどそのまま中火にかけます。 30秒火にかけたら再沸騰してくるので、火を止めて蓋をして蒸らします。 時間は8分ほどが目安ですが、太めのささみなら10分くらいでOKです。 時間がきたらささみを取り出して、粗熱がとれたらほぐすなどして料理に使いましょう!• 5〜2倍くらいにして、冷めにくいお湯の分量で加熱するようにしてください。

次の

子供も大好き!鶏ささみときゅうりの中華和え レシピ・作り方 by まゆママ29|楽天レシピ

きゅうり とり ささみ

ささみの筋の取り方(包丁を使って) ささみの筋取りのやり方は3ステップです。 ささみの半分ほどの長さまで、浅く、切り込みを入れましょう。 左手で筋を持ち(浮かせずまな板に固定するようにして)、包丁の背を筋の上に置いて反対側へしごいて筋と身をはがします。 この時の包丁の動かし方は、 包丁の背をまな板にくっつけて、包丁を『上下』させながら手早く右側に動かす、のがポイントです。 そうすることで、身が割けたりしづらくなると思います。 ゆでる時に気を付けたいポイントは 『しっかり塩をきかせること』『火が通るまでずっと火にかけず、余熱でふっくら火を通すこと』です。 まず、ささみ3~4本をゆでるのに、 水500mlに塩小さじ1を合わせます。 鍋の水を中火にかけて沸いたら塩を加え、続けて、 ささみを入れたら30秒ほどそのまま中火にかけます。 30秒火にかけたら再沸騰してくるので、火を止めて蓋をして蒸らします。 時間は8分ほどが目安ですが、太めのささみなら10分くらいでOKです。 時間がきたらささみを取り出して、粗熱がとれたらほぐすなどして料理に使いましょう!• 5〜2倍くらいにして、冷めにくいお湯の分量で加熱するようにしてください。

次の