東京 サマーランド。 東京サマーランド(遊園地)|TOKYOおでかけガイド

サマーランドへのアクセス方法まとめ!電車、バス、車での行き方や駐車場・渋滞回避のコツを紹介

東京 サマーランド

私たちがお出かけしたのはシーズンオフの時期(4月中旬の金曜日)。 午前10時30分に到着して、第1駐車場のクルマ台数はなんと2台でした。 アドベンチャードーム内には、子ども連れのファミリー1組と私たちだけという、ほぼ貸切状態! 夏季のトップシーズン(7,8月)には、都内で1、2を争うと言われる混雑状況になると言われる「東京サマーランド」。 特に、土日祝、お盆、夏休み期間中は、毎年大混雑に見舞われます。 クルマでの来園の場合、8時には既に近隣道路が渋滞するので、7時には到着しておくのが理想です。 アドベンチャーラグーン(屋外プールエリア)の営業期間中は、だいたい混雑が予想されます。 シーズンオフの期間でも、ゴールデンウィークを含む土日祝は混雑し始めますので、平日に行くことをおすすめします。 小さなお子様をお連れの場合は危険を伴いますので、できればトップシーズンの来園は控えた方がよいかと思います。 「入園券」で入園した場合、のりもの券の利用は、別途「のりもの券」(6枚綴り)1,200円を購入もしくは、「のりものフリーパス券」おとな1,800円、小学生・幼児・シニア1,500円を園内で購入することができます。 3歳児の子どもと、大人2名の利用で、入園券とのりもの券を1セット購入しました。 10時半に入場し、午前中に屋内プール、午後に屋外遊園地を利用し、14時半まで遊びました。 保護者付き添いの場合、のりもの券の提示が必要ないアトラクションもあります。 5歳以下のお子様は、のりものにも制限がありますので、入園券とのりもの券の共有でも充分楽しめます。 今回入園券とフリーパスの購入にかなり悩んだので、ぜひご参考になればと思います。 入園前に、手荷物検査を実施しています。 カバンの中身を入念にチェックされます。 カーゴワゴン、キャリーカート、クーラーボックス(キャスター付き、または高さ50cm、幅70cm、長さ90cm以上)、荷物のみを乗せているベビーカー、ビン・カン類の危険物の持ち込みが禁止されています。 また、金属類も検査の対象になるので、事前に一つにまとめておくのがよいでしょう。 検査に時間がかかる場合もあるようなので、出発前に持ち物の確認をしておきましょう また、東京サマーランドでは、暴力団関係者、入れ墨、タトゥー(シールペインティングを含む)のある方の入場を禁止しています。 もし、入園後に判明した場合には、退場となりますので、こちらもご注意ください。 東京サマーランドのスリルマウンテン(屋外遊園地エリア)内にある宿泊施設です。 サマーランドでたっぷり遊んで、そのまま宿泊施設で休むことができます。 宿泊者は、「東京サマーランド フリーパス券(2日分)」がついてきます。 客室は、洋室と特別室(和・洋室)からなり、1つの部屋で6名まで宿泊することが可能です。 宿泊者限定サービスとして、「東京サマーランド」に開園前に入場できる特典があります。 特にシーズン中は、園内が混雑するだけでなく、交通機関も混雑します。 プールサイドを一足先に確保できるサービスは嬉しい特典です。 また、駐車場については、宿泊者専用駐車場となり、駐車料金も無料となります。 営業日:チェックイン14:00、チェックアウト10:00 営業日カレンダー: プール・遊園地エリアから、約1. 5㎞離れた場所にあるのが、わんダフルネイチャーヴィレッジ。 都内最大級の大きなドックランをはじめとして、ハイキングコースやオートキャンプ、バーベキューなど、家族でアウトドアが存分に楽しめるエリアです。 都内最大級のドックランは、全部で6種類のコース。 小型犬、中型・大型犬、全犬種、屋根付き、貸切など、犬種や条件に合わせて、さまざまコースがお楽しみ頂けます。 また、東京サマーランドならではのドッグプールも併設。 遠浅式のプールは、4月~9月まで開放しています。 キッズエリアでは、多摩産の木材でつくられたアスレチックがあります。 小さなお子様のドックランは危険を伴いますので、お父さんとお兄ちゃんやお姉ちゃんがドックランで遊んでいる間に、このキッズエリアで、お母さんと遊んでいれば、飽きずに楽しんでいられます。 オートキャンプ場や、バーベキューは要予約。 見晴らしのよい丘の上の「ヒルトップオートキャンプフィールド」と、愛犬と一緒に泊まれるコテージ「レイクサイドオートキャンプフィールド」の2つのエリアがあります。 また、テントやタープ、炊事用具セットの他に、天体望遠鏡やシュラフなどの貸出も行っています。 キャンプ初心者のファミリーでも安心して、アウトドアを楽しむことができます。 予約は3か月前からWEBで行っています。 各キャンプサイト、利用人数や条件によって、料金が異なりますので、詳しくは、ホームページをご覧ください。

次の

株主優待情報

東京 サマーランド

私たちがお出かけしたのはシーズンオフの時期(4月中旬の金曜日)。 午前10時30分に到着して、第1駐車場のクルマ台数はなんと2台でした。 アドベンチャードーム内には、子ども連れのファミリー1組と私たちだけという、ほぼ貸切状態! 夏季のトップシーズン(7,8月)には、都内で1、2を争うと言われる混雑状況になると言われる「東京サマーランド」。 特に、土日祝、お盆、夏休み期間中は、毎年大混雑に見舞われます。 クルマでの来園の場合、8時には既に近隣道路が渋滞するので、7時には到着しておくのが理想です。 アドベンチャーラグーン(屋外プールエリア)の営業期間中は、だいたい混雑が予想されます。 シーズンオフの期間でも、ゴールデンウィークを含む土日祝は混雑し始めますので、平日に行くことをおすすめします。 小さなお子様をお連れの場合は危険を伴いますので、できればトップシーズンの来園は控えた方がよいかと思います。 「入園券」で入園した場合、のりもの券の利用は、別途「のりもの券」(6枚綴り)1,200円を購入もしくは、「のりものフリーパス券」おとな1,800円、小学生・幼児・シニア1,500円を園内で購入することができます。 3歳児の子どもと、大人2名の利用で、入園券とのりもの券を1セット購入しました。 10時半に入場し、午前中に屋内プール、午後に屋外遊園地を利用し、14時半まで遊びました。 保護者付き添いの場合、のりもの券の提示が必要ないアトラクションもあります。 5歳以下のお子様は、のりものにも制限がありますので、入園券とのりもの券の共有でも充分楽しめます。 今回入園券とフリーパスの購入にかなり悩んだので、ぜひご参考になればと思います。 入園前に、手荷物検査を実施しています。 カバンの中身を入念にチェックされます。 カーゴワゴン、キャリーカート、クーラーボックス(キャスター付き、または高さ50cm、幅70cm、長さ90cm以上)、荷物のみを乗せているベビーカー、ビン・カン類の危険物の持ち込みが禁止されています。 また、金属類も検査の対象になるので、事前に一つにまとめておくのがよいでしょう。 検査に時間がかかる場合もあるようなので、出発前に持ち物の確認をしておきましょう また、東京サマーランドでは、暴力団関係者、入れ墨、タトゥー(シールペインティングを含む)のある方の入場を禁止しています。 もし、入園後に判明した場合には、退場となりますので、こちらもご注意ください。 東京サマーランドのスリルマウンテン(屋外遊園地エリア)内にある宿泊施設です。 サマーランドでたっぷり遊んで、そのまま宿泊施設で休むことができます。 宿泊者は、「東京サマーランド フリーパス券(2日分)」がついてきます。 客室は、洋室と特別室(和・洋室)からなり、1つの部屋で6名まで宿泊することが可能です。 宿泊者限定サービスとして、「東京サマーランド」に開園前に入場できる特典があります。 特にシーズン中は、園内が混雑するだけでなく、交通機関も混雑します。 プールサイドを一足先に確保できるサービスは嬉しい特典です。 また、駐車場については、宿泊者専用駐車場となり、駐車料金も無料となります。 営業日:チェックイン14:00、チェックアウト10:00 営業日カレンダー: プール・遊園地エリアから、約1. 5㎞離れた場所にあるのが、わんダフルネイチャーヴィレッジ。 都内最大級の大きなドックランをはじめとして、ハイキングコースやオートキャンプ、バーベキューなど、家族でアウトドアが存分に楽しめるエリアです。 都内最大級のドックランは、全部で6種類のコース。 小型犬、中型・大型犬、全犬種、屋根付き、貸切など、犬種や条件に合わせて、さまざまコースがお楽しみ頂けます。 また、東京サマーランドならではのドッグプールも併設。 遠浅式のプールは、4月~9月まで開放しています。 キッズエリアでは、多摩産の木材でつくられたアスレチックがあります。 小さなお子様のドックランは危険を伴いますので、お父さんとお兄ちゃんやお姉ちゃんがドックランで遊んでいる間に、このキッズエリアで、お母さんと遊んでいれば、飽きずに楽しんでいられます。 オートキャンプ場や、バーベキューは要予約。 見晴らしのよい丘の上の「ヒルトップオートキャンプフィールド」と、愛犬と一緒に泊まれるコテージ「レイクサイドオートキャンプフィールド」の2つのエリアがあります。 また、テントやタープ、炊事用具セットの他に、天体望遠鏡やシュラフなどの貸出も行っています。 キャンプ初心者のファミリーでも安心して、アウトドアを楽しむことができます。 予約は3か月前からWEBで行っています。 各キャンプサイト、利用人数や条件によって、料金が異なりますので、詳しくは、ホームページをご覧ください。

次の

株主優待情報

東京 サマーランド

前史 [ ] 1960年中頃、東京・多摩地方に自動車レース場設立計画が持ち上がり、運営会社として 東京サーキットが設立されたが、諸般の事情によりレース場は建設されず、代わりにレジャーランドとして設立されたのが東京サマーランドであった。 沿革 [ ] 株式会社東京サーキット運営時代 [ ]• (41年) - 現在の東京サマーランドの前身である 株式会社東京サーキットを設立。 (昭和42年) - 南国ムード満点の屋内型レジャーランド「サマーランド」オープン(世界最大のプラスチックドーム、東洋初の屋内波の出るプール、1000種類、12000本の熱帯植物)。 (昭和42年) - 屋外遊園地開業。 (昭和43年) - 最新施設の伴った「温水プール」他3種類の屋外プール新設、宿泊施設「ロッジ」オープン。 株式会社東京サマーランド運営時代 [ ]• (昭和45年) - 100%出資で、 株式会社東京サマーランドを設立。 (昭和46年) - 東京都競馬株式会社が株式会社東京サーキットを。 株式会社東京サマーランドが、東京都競馬よりサマーランド運営の委託を受ける。 (昭和47年) - 全22レーンの場「サマーボウル」開業。 (昭和61年) - 屋外遊園地が「スリルマウンテン」としてリニューアルオープン。 「フリーフォール」「トルネード」などが開業。 (昭和63年)7月 - 屋外プール施設に「フリーフォールスライド」「スピードスライド」オープン。 (2年) - 開園。 (平成3年)7月 - スリルマウンテンに大観覧車「スターホイール」開業。 (平成4年)7月 - スリルマウンテンに日本初のサスペンデッド(吊り下がり式)コースター「はやぶさ」開業。 (平成6年)7月 - 新エリア「スプラッシュガーデン」、新アトラクション「スプラッシュフォール」開業。 (平成8年)4月 - スリルマウンテンにワイヤー式振り子アトラクション「風人」、ウォーターパラダイスに子供向けプール施設「ココナッツビーチ」開業。 (平成9年)7月 - 屋外プール施設が「アドベンチャーラグーン」としてリニューアルオープン。 (平成10年) - アドベンチャーラグーンに温浴施設「スプリングハウス」、子供向けプール施設「アドベンチャーフォール」、ビーバーレイクに「スーパーモンキーフロート」開業。 (平成11年) - 屋内施設「ビッグドーム」、屋内プール施設「ウォーターパラダイス」が「アドベンチャードーム」としてリニューアルオープン。 (平成12年) - アドベンチャードーム地下に大型温浴施設「湯遊大洞窟」開業。 (平成14年) - アドベンチャーラグーンに「バッシャハウス」「噴水アーチウェイ」開業。 (平成15年) - アドベンチャードームに新ウォータースライダー「Tiki(ティキ)スライド」開業。 (平成16年) - 開園。 2004年(平成16年)3月 - アドベンチャードーム内に子供向けプール施設「フルーツアイランド」開業。 (平成17年) - 「はやぶさ」営業終了。 (平成18年) - 東京セサミプレイス閉園。 (平成19年) - 開業40周年を記念し、アドベンチャーラグーン拡大オープン。 総水路延長日本最大級(約650m)の流れるプール「グレートジャーニー」を始めとした新施設が計6種開業。 2007年(平成19年) - 東京ムツゴロウ動物王国閉園。 (平成21年) - アドベンチャーラグーンに大型休憩施設「アドベンチャー・レスト」開業。 (平成22年) - スリルマウンテンに新アトラクション「スピンディンギー」開業。 2010年(平成22年) - アドベンチャーラグーンに2本の新大型ウォータースライダー「タワーズロック」開業。 (平成23年) - スリルマウンテンに新アトラクション「ランダーズカップ」開業。 2011年(平成23年) - 「サマーボウル」営業終了。 (平成24年) - アドベンチャーラグーンに新ウォータースライダー「dobon(ドボン)」開業。 (平成25年) - スリルマウンテンに新アトラクション「ファンコプター」開業。 2013年(平成25年) - 太陽光発電システム導入の為、テニスコート及びスポーツコートの営業を終了。 2014年(平成26年 - アドベンチャーラグーンに日本初導入となる新大型ウォータースライダー「DEKASLA デカスラ 」開業。 2016年(平成28年) - コバルトビーチにて女性9人が切りつけられる事件が発生。 8月25日まで休園。 2018年(平成30年) - 「サマーランドロッジ」閉館。 2019年(平成31年) - スリルマウンテンに新アトラクション「海賊迷宮 パイレーツアドベンチャー」開業。 2019年(令和元年) - 「フリーフォール」営業終了。 主な施設 [ ] アドベンチャードーム(屋内施設) [ ] プールエリア [ ] コバルトビーチ 1時間おきに高さ70cmの波が押し寄せる遠浅の。 Tiki(ティキ)スライド で守護神とされている像がモチーフの。 身長120cm以上で利用可。 ロックビーチ から一気に600リットルの水が流れ出すプール。 アドベンチャーラグーンにあるアクアファンの小型版。 2011年3月よりがリニューアルされた。 フルーツアイランド 様々なで彩られた子供向けプール。 軟水ジャグジー 温浴施設。 湯遊大洞窟 アドベンチャードーム地下にある大型温浴プール施設。 ドライエリア [ ] アドベンチャートレイン 型ライドアトラクション。 みらーめいず の。 ゲームパラダイス 約100台のマシンが揃うゲームコーナー。 アドベンチャーラグーン(屋外プール) [ ] ビーバーレイク 長さ40mのスタンダードなプール。 バッシャハウス ビーバーレイクの中央にあり、窓や煙突から突然水が噴き出す。 スーパーモンキーフロート 頭上の綱に捕まりながら浮島を渡り、ビーバーレイクを横断する。 噴水アーチウェイ でできた水のアーチ。 夜にはライトアップされる スプリングハウス 温浴プール施設。 アドベンチャーフォール 子供向け施設。 グレートジャーニー 全長650mの世界最大級(日本最長)の流れるプール。 キッズベイ• ワイルドキャニオン。 滝の裏には人が通れるスペースがある。 アドベンチャーサークル• ロックスプラッシュ 人面のついた岩が三つ並んでいる場所。 時々水を噴き出す。 ファウンテンビーチ 水深が浅く、地中から水が噴き出している。 アクアファン 頭上の樽から一気に1. 2トンの水が流れ出す。 モンキーフロート スーパーモンキーフロートの子供版。 dobon(ドボン) スライダーの出口と着水プールの水面に高低差があり、その名の通り滑った後に落ちる新感覚。 身長140cm以上、体重105kg以下、年齢60歳以下で充分な泳力があれば利用可。 タワーズロック 高さ20mのウォータースライダー。 2種類のスライダーがあり、2人乗りのフロートに乗って滑る。 両者共に身長140cm以上、合計体重180kg以下で利用可。 バックドロッパー 急勾配を滑り下り、傾斜70度の斜面を上った後、後ろ向きに滑るスライダー。 コブラツイスター 直径12mのすり鉢の中を、吸い込まれるように回転しながら滑るスライダー。 スネイクスライド 曲がりくねった水路を滑るウォータースライダー。 2002年のリニューアルではが付けられ、2人乗りのフロートに乗って滑っていたが、現在はフロートは廃止されている。 身長110cm以上で利用可。 キディスライド 子供向けウォータースライダー。 スクリーマー 2人乗りのフロートで10mの高さから急降下するウォータースライダー。 身長130cm以上で利用可。 DEKASLA(デカスラ) 白と黒のカラーリングが特徴の、日本初導入となる超大型スライダー。 4~6人乗りの専用円形ボートに乗って急勾配を一気に滑り下りたかと思うと、すぐさま巨大なファンネル(じょうご・漏斗)状のコースに突入し左右に大きく揺さぶられながら滑るスライダー。 身長130cm以上、合計体重454kg以下で利用可。 この施設のみ利用料金が設定されていて、1回500円もしくは乗り物券2枚(1セット6枚綴り1200円)かフリーパスが必要となっている。 スリルマウンテン(屋外遊園地) [ ] スーパーバウンティ を模した振り子型アトラクション。 トルネード 垂直宙返りとひねり回転をする。 回転ブランコ。 遠心力を利用した回転型アトラクション。 最初は前向きで回転するが、しばらくするとシートが覆い被さって暗くなり、更には後ろ向きで回転する。 スピンディンギー ボート型の乗り物が回転しながら揺れ、荒波にもまれたかのような動きをするアトラクション。 ファンコプター ランダーズカップ スターホイール 大観覧車。 コーヒーカップ メリーゴーランド お化け屋敷 機械式のウォークスルー型お化け屋敷。 キッズランド アイスケイブ マジックハウス ダウンタウン アーケードゲームコーナー。 サマーランドロッジ(宿泊施設) ファミリーパーク・スポーツエリア [ ] ゴルフ練習場(全119打席) テニスガーデン(全8面) あじさい園 デイキャンプ場 過去に存在した施設 [ ] アドベンチャードーム [ ]• パームスライド 直線のウォータースライダー。 に「TiKi(ティキ)スライド」としてリニューアル。 ココナッツビーチ 子供用プール施設。 に「フルーツアイランド」としてリニューアル。 黄金伝説スリラーカー ライドアトラクション。 2月28日をもって営業終了。 現在はアドベンチャートレインがオープン。 幽喰館 3Dサウンドホラーアトラクション。 アドベンチャーラグーン [ ]• コニファークリーク 全長約300mの流れるプール。 現在はグレートジャーニーにリニューアル。 ラビットポンド 飛び込みプール。 ラクーンベイ アクアファンの樽から落ちる水が流れ込むプール。 現在はグレートジャーニーの一部となっている。 ミスティバレイ グレートジャーニーの中州にあった、ミストの出るアトラクション。 の営業をもって終了。 現在は「dobon」の着水するプールとなっている。 スピードスライドの隣にあった。 スピードスライド 高さ17mから緩急のついた斜面を滑り降りるスライダー。 の営業をもって終了。 トーテムタワー を模したアトラクション。 紐を引っ張ると上へ昇っていく。 スカイバード 高所に張られたワイヤーから吊り下がった座席が、高低差を利用して前後に滑り降りるアトラクション。 ウエスタントロッコ 客が漕いで進む。 スネイクスライドの下を一周して戻る。 スリルマウンテン [ ]• はやぶさ 日本初の吊り下がり式コースター。 カーブでは遠心力で車両が大きく振られるのが特徴だった。 に発生した事故により営業を休止していたが、復旧の目途がつかずそのまま営業終了。 跡地の一部は現在アドベンチャーラグーンの一部となっている。 風人(ふうじん) 腹這いの状態で吊され、30mの高さから自分でロックを解除して落下した後、最大70mまで振り子のように振られるワイヤーアトラクション。 3人まで同時に乗車できる。 4人乗りのゴンドラに乗り、40mの高さから時速90kmで垂直落下する絶叫マシン。 最大5Gを体感できる。 ルーピングスターシップ の形をした乗り物に乗り込み、振り子のように徐々に振られ、最終的に頂上で逆さまになるアトラクション。 撤去された後はアドベンチャーラグーンの一部となり、タワーズロックがオープン。 フライングカーペット の形をしたライドに乗り込み、水平回転するアトラクション。 撤去されキッズランドがオープンした後、3月にファンコプターがオープン。 フラッシュダンス 花びらのような形をしたシートに座ると、シートが音楽に合わせて上下するアトラクション。 手元のレバーでシートを回転させる事も可能。 撤去され現在はスピンディンギーがオープン。 テレコンバット 空中を旋回しながら上昇・下降をするアトラクション。 各ライドに光線銃が付いており、他のライドに光線が当たるとそのライドは下降する。 4月に「ランダーズカップ」としてリニューアルオープンされた。 ガンゴルフ• ブリザード スプラッシュガーデン [ ]• ペダルボート 秋川湖の水面を、ペダル付きのボートで漕ぐアトラクション。 ファミリーパーク・スポーツエリア [ ]• サマーボウル 全22レーンの場。 5月8日をもって終了。 営業日・営業時間 [ ] 営業日、営業時間は季節により不定期に変わるので、の年間カレンダーを参考にしたり、園に直接問い合わせるなどしてから出かけるようにしたい。 「サマーランド」のネーミング通り、冬場は整備のため長期休業になることが多い。 アクセス [ ]• 鉄道・バス• JR東日本(北口2番乗り場)より方面バス又はサマーランド行きバスで5分• ・・(北口6番乗り場)又は(中央口3番乗り場)より、方面又はサマーランド行きバスで30分• 高速バス• 夏季のみ からサマーランド行き高速バスを運行(新宿から60分)が運行• 夏季のみ 西口からサマーランド行き高速バスを運行(横浜から100分)、が運行• 夏季のみ 東口からサマーランド行き高速バスを運行(大宮から90分)、が運行• より2分程度 通常のアクセスルートは交差点を左折するが夏期は渋滞するため交差点を右折する迂回ルートもある。 また、あきる野IC混雑時、圏央道方面から来た場合は圏央道、中央道方面から来た場合は圏央道で降りてアクセスしたほうが比較的早い場合もある。 詳しい迂回ルート情報は東京サマーランドホームページに記載。 脚注 [ ] [].

次の