かつや カレー うどん カツ 丼。 倉敷トンカツ店『かつさと』ジャンボかつ丼とデカ盛りカツカレーランチ!

「カレーうどんカツ丼」「生姜からあげだれ」「牛丼カツ丼」──かつやのハイパーカツ丼を作った男たち

かつや カレー うどん カツ 丼

「かつや」から新メニュー『カレーうどんカツ丼』発売 『 カレーうどんカツ丼』は「かつや」のSUPER HUNGRY SALE!! 令和第1弾として登場した新メニューで、2019年6月21日(金)から約1ヶ月間、全国の「かつや」店舗で販売されます。 ・・・要するに チキンカツ丼の上にカレーうどんを乗せたよ! ってことです。 ここ試験に出るのでよく覚えておくように。 丼と定食の2種類同時発売で、価格はそれぞれ以下の通りです。 (税込) 『 カレーうどんカツ丼』637円 『 カレーうどんカツ定食』745円 ご飯・とん汁(小)付き それにしても、カツ丼の上に「うどん」乗せるとかヤバすぎるでしょ。 炭水化物on炭水化物。 うどんが丼の半分以上を占拠しています。 カレーうどんといえば青ネギですからね。 やたら写真が多くてすいません。 皆さんに色んな角度から見せたくて…。 普通のうどん1杯のハーフサイズくらいの量はありそうです。 程よくピリッとスパイスが効いていて丁度よい辛さ。 チキンカツには醤油ベースのソースもかかっているのですが、うどんが乗っかっていた部分にはキーマカレーもかかっています。 柔らかくジューシーなチキンと、衣に染み込んだスパイシーなキーマカレー。 これが美味しくないわけ無いでしょう。 ご飯が進む進む。 バラバラに食べたらそりゃ美味しいんですが、『 カレーうどんカツ丼』の醍醐味はここから。 食べているうちに、自分が今なんの料理を食べているのかわからなくなり混乱しますが、このように色々な組み合わせを楽しめます(笑) どの組み合わせでも美味しいですね。 うどんライスは好み分かれるかもしれないですが、意外にイケました。 一歩引いてしまいそうなメニューですけど、食べてみたら驚くほど美味しい一杯でした。 何事にも挑戦するっていうのは大事だなってことを、『 カレーうどんカツ丼』から学んだ気がします。 ご飯が別になっているので、自分気持ち良い感じで食べたい方はこちらをオススメします。

次の

【Google音声入力で日記20】カツカレー丼うどんを食べた話(長編)|福田満雄(まんぷく)|note

かつや カレー うどん カツ 丼

俺は一体何を食べているんだ……? こんな感情を、まさか大好きなカツ丼チェーン「かつや」で抱くことになるなんて思いもしなかった。 これもすべて、本日2019年6月21日に発売された新商品 『カレーうどんカツ丼』のせいである。 この商品は、 ご飯の上にカレーうどんとチキンカツを盛り付けたという完全に頭のおかしな代物だ。 そのあまりにもトリッキーな仕様ゆえ、発売前から薄っすら嫌な予感がしてはいたのだが……。 実際に目の前にすると、思った以上に意味不明でただただ震えるしかなかった。 ・かつや新商品 「かつや」が新商品において、まれに 謎の荒ぶりを見せることはが、それはどちらかと言うとボリュームがスゴイみたいケースが多く、今回のようなエクストリームな商品はむしろ珍しいように思う。 そのせいだろうか? どうやら「かつや」は、 アクセルを踏みすぎたらしい。 ・見た目がキテいる 名前からして頭のよろしくない新商品『カレーうどんカツ丼(税抜590円)』は、きっと「かつや」の歴史に新たな1ページを刻むことになるだろう。 運ばれてきた丼を上から見ると、半分をチキンカツ。 もう半分を カレーうどんが占めており、そこにネギがたっぷりかかっている。 な、何だこれは……。 ことのほか、 うどんの自己主張が強くて一瞬たじろぐ。 控えめに添えられる程度の量かと思いきや、無謀にもチキンカツとツートップ体制でいく気のようだ。 張り切りすぎだろ、ギラついた就活生かよ。 で、このうどんが何というか…… ほとんどコシがない。 かかっているキーマカレーは肉感たっぷりでウマいのだが、うどんに関しては「これ本当に必要か?」と思ってしまうクオリティーだ。 残念ながら、内定をもらうには実力不足と言わざるを得ないだろう。 ・場違いすぎた ただ、カレーうどん単体としてなら気にならなかった可能性もある。 要はこいつは、 出てくるステージを間違えたのだ。 ここはお前の居場所ではないと、誰かがハッキリ言ってやるべきだった。 丼の下から出てきたご飯によって(いたのかよ)、うどんの存在意義は完全に消失したと言っていい。 不毛極まりないカオスな光景を前に、私(あひるねこ)は「俺は一体何を食べているんだ……?」という思いをより一層強めていた。 一旦冷静になるため、チキンカツにソースをかけて食べてみたところ…… ウメぇ。 普通にめっちゃウメぇ。 よって結論としては、 これ、チキンカツとご飯だけでよくね? ・適材適所 「かつや」史に残るであろう意味不明な新商品『カレーうどんカツ丼』。 ぶっちゃけそこには、 カレーうどんは不要だった。 だが勘違いしてはいけない。 うどんは自分の居場所を間違えただけなのだ。 もっと輝ける舞台が彼にはあると信じようではないか。 適材適所という言葉を、今日ほど強く感じたことはない。 参考リンク: Report: Photo:RocketNews24.

次の

【本日発売】かつや「カレーうどんカツ丼」

かつや カレー うどん カツ 丼

毎度抜群の安定感を誇るカツ丼チェーン 「かつや」。 当サイトも何度かお伝えしたように、2018年の「かつや」は数々のエクストリームな商品を手に、激しい荒ぶりを見せたと言っていいだろう。 それにひきかえ今年は大人しいなぁ、と思っていたのだが……。 結論から言うと我らが かつやさん、 令和早々やらかしております。 完ッ全にやらかしております。 2019年6月21日から発売となる新商品、その名も 『カレーうどんカツ丼』! 名前からしてすでにバチバチにやらかしているため、そのやらかしを詳しく見ていきたいと思います。 ・公式Twitterにて 実は先月からようやく正式にTwitterを開始した かつや。 この手のブランドとしては少々遅めのスタートではあるが、かつやファンとしてはぜひチェックしなければなるまい! というわけで覗いていたところ……昨日6月6日に 気になるツイートを発見した。 ・新商品の告知 そう、そこで紹介されていた商品こそが、本稿の主役『カレーうどんカツ丼』なのだ。 一つの単語の中に 「どん」が2回も入っているという異様さに思わず震えるが、正直名前を聞いただけでは意味不明である。 一体どんなメニューなんだろうか? ではここで、かつや公式Twitterによる解説をご覧ください。 「ピリ辛キーマカレーソース、チキンカツ、カレーうどんを載せた炭水化物 on the 炭水化物のボリューム満点の商品になります。 」 ……読んだところでやはり意味が分からないが、とりあえず どうやら頭がおかしいことだけは確かである。 「丼」というくらいだから中身はご飯なのだろう。 そこにカレーソースとチキンカツ、そしてカレーうどん…… はおかしいやろ! ご飯の上にうどんて!! わんぱくにも程があるぞ、野球部かよ! ・炭水化物の洪水 ツイートの画像を見る限り、丼の上にはチキンカツとたっぷりのネギ、そして明らかに ご飯の上に載っていると思われるカレーうどんの姿が。 横に書き添えられた「炭水化物満タン!」という無邪気な文字により、狂気はさらに増していくばかりである。 もはや劇薬。 ・続報を待て 今回発売されるのは、『カレーうどんカツ丼(税抜590円)』と『カレーうどんカツ定食(税抜690円)』の2種類だ。 どちらにせよ謎極まりないのは間違いないが、それでもちょっと食べてみたいと思わせてしまうのが かつやのスゴイところ。 というか、 たぶん食べに行くので続報を待たれよ! こいつぁアカン予感がプンプンするぜ……。 参照元:Twitter 執筆:.

次の