ホジュン あらすじ 全 68 話。 【「ホジュン~伝説の心医~」を2倍楽しむ】(全135話)韓国ドラマ各話のあらすじ、見どころ、キャストの魅力など

ホジュン(伝説の心医):58話〜60話あらすじ

ホジュン あらすじ 全 68 話

軍官の父に憧れて育ったジュン(キム・ジュヒョク)は聡明な少年だったが、やがて身分の低い側室の母から生まれた庶子の自分が望み通りに生きるのは難しいと悟る。 成長後、自暴自棄な生活をするジュンは密貿易に手を出して捕まり、父の配慮で遥か南の地・山陰 サヌム へと逃げることに。 同じ頃、ジュンは、父が謀反の疑いをかけられて追われた両班の娘ダヒと運命的な出会いをしていた。 ダヒ(パク・ウンビン)と生きる決心をして共に旅立つが、途中彼女の身分回復を知らされ、身分違いの結婚はできないと彼女を置いて母と二人、山陰にやってくる。 そこで名医と名高いユ・ウィテ(ペク・ユンシク)を知り、彼に弟子入りを志願。 厳しい師の下で懸命に学ぶジュンは、ウィテの養女で医術を学んだイェジン(パク・ジニ)になにかと助けられる。 イェジンに想いを寄せるウィテの息子ドジ(ナムグン・ミン)は、ウィテに目をかけられ腕をあげていくジュンを疎ましく思う。 ウィテはドジに「心医」になってほしいと願うが、ドジは内医院に入って御医になるという出世欲を抱いていた。 まもなく山陰まで追ってきたダヒと再会し結婚したジュンは、妻や母に支えられながら「心医」を目指して邁進していく。 その道は険しく、様々な苦難に満ちていた・・・.

次の

【「ホジュン~伝説の心医~」を2倍楽しむ】(全135話)韓国ドラマ各話のあらすじ、見どころ、キャストの魅力など

ホジュン あらすじ 全 68 話

【 韓国ドラマ ホジュン 宮廷医官への道 あらすじと概要 】 1998年に韓国で放送された韓国時代劇で、最高視聴率63. そんな、ある日ダヒという女性に出会い、ホジュンの人生は一変する。 反逆罪だと言われ追われている身だったダヒとその父親にホジュンは、二人に加担した罪に問われ村を追放されてしまった。 追放された先の小さな村で、ホジュンが目にしたものは貧しい人々に医術を施すユ・ウィテの存在だった。 早速、Twitterでも投稿をいくつかピックアップしていきます。 【韓国ドラマ、ホジュン】 朝鮮王朝時代、身分が低い人が超絶努力して王をみる医師、日本でいう御典医?になった話。 おそらく、韓国ドラマの中でもかなり質が高いと思う。 リメイク版より、チョン・グァンリョル主演の方が良いと思う。 見てない人はぜひ!! — ろこ 目標おパン pinkyberry0713 これマジでやばいわ。 人生で一回は観た方がいいやつに出会えてよかったわ。 — kao tohoever21 この時代劇は光海君の時代を描いたドラマで、同じ時代を描いた作品だと『』や『火の女神ジョンイ』などがあります。 1998年にホジュンは放送されたのですが、あまりの人気で2003年にリニューアルした作品、ホジュン~伝説の心医~も人気でした。 原作版とリニューアル版どちらが好きかは、個々で完全に別れていますね。 上記の通り評価はかなり高く、やはり韓国時代劇好きさんには一度は観て頂きたいおすすめの本格時代劇だと思います。 18 新着記事一覧.

次の

ホジュン(伝説の心医):58話〜60話あらすじ

ホジュン あらすじ 全 68 話

タヒを連れて家に戻るように言われる。 ホジュンとタヒはソンジョのいる宮に向かって土下座して挨拶する。 ホジュンとタヒは家に戻る。 喜ぶソン氏とヤンテ、ハマンテク、イルソ。 ホギョンを抱いて喜ぶタヒ。 ホギョンが祝福をもたらしたのだという。 ハマンテクは、これからタヒにどうやって対していいのか分からない。 タヒが身分の高い家の娘だと知り、奥様と呼ばなければという。 私はホジュンと結婚してから両班の身分を捨てました。 今までのように対してくださいというタヒ。 これが本当の両班だ、と褒めるイルソ。 ドジの妻がオ氏に茶を持って来る。 ホジュンとタヒが釈放されたと伝える。 安心するオ氏。 タヒの家に行って来るというドジの妻。 今まで両班の娘と知らず、家の手伝いまでさせてしまったという。 そんな必要はないというオ氏。 ホジュンは恵民署に戻ってきた。 お前は運がいい、というウンテクとハッキュ。 さらに一所懸命仕事するようにという。 ホジュンを迎えて喜ぶ恵民署の医者と医女たち。 イェジンはホジュンを見て駆け寄る。 オグンは駆け寄って、待っていましたという。 ホンチュンを診察して欲しいという。 他の医者が治療したが、もう5日起き上がれないという。 ホジュンはホンチュンに針治療をする。 薬の処方をして、患者を休ませるようにいう。 オグンはホンチュンが心配で傍を離れることができない。 女性が婚期を逃して一人でいると、陰の気運だけで陽の気運がないから 病気になった。 結婚して男性の気運を受け入れなければならないという。 オグンがホンチュンを助けなければとからかうマンギョン。 オグンは喜ぶ。 私は今すぐでも心の準備ができているという。 インビンが妊娠したようだ。 これは機会だ、と喜ぶドジ。 ホジュンは恵民署を処理して、コンビンの宮医となるように命じられる。 ドジはインビンの宮医になるように命じられる。 イェジンもホジュンがコンビンの宮医になることを聞く。 恵民署の医者、医女、薬材倉庫人たちがホジュンを見送る。 イェジンの姿は見えない。 イェジンは隠れてホジュンを見送る。 ソヒョンはホジュンに出会う。 コンビンの状態はどうかと聞く。 ビョンジョが、インビンの妊娠を聞いてからあまり良くないという。 コンビンはホジュンを喜んで迎える。 顔色がよくありませんというホジュン。 私の心が狭いからだ、私の心も治してくれたら嬉しいというコンビン。 インビンが妊娠して喜ぶソンジョ。 ドジにインビンの体調管理を命じる。 コンリャンはインビンは必ず息子を産まなければならないという。 息子を産む方法があると聞いたと言う。 インビンが息子を産めば、ドジの出世は約束されたようなものだという。 ドジがインビンの宮医となったと聞き喜ぶオ氏。 もう母を失望させることはないというドジ。 ホジュンは何かを考えている。 コンビンの心が暗いと体も病気になる。 コンビンを心配する。 オグンとホンチュンが会う。 結婚しようというオグン。 私は…というホンチュンに、何も言わないでいいというオグン。 はい、と答えるホンチュン。 イルソは賭け事をしていた。 ハマンテクが入ってくる。 今すぐ出て来い、と引きずられるイルソ。 自分が悪かった、一度だけ許してくれと頼むイルソ。 今度賭け事やってみろ、というハマンテク。 結婚しないオグンが一番幸せだというイルソ。 オグンはイルソとヤンテに、ホンチュンと結婚するという。 おめでとうございます、というヤンテ。 独身が一番幸せだ、結婚するなというイルソ。 オグンは怒る。 オ氏とソン氏は市場で会う。 ホジュンがコンビンの宮医になったと聞いたというオ氏。 ドジはソンジョに愛されているインビンの宮医になったという。 今ソンジョはインビンを愛していると付け加える。 それを見たハマンテクは腹が立ち、タヒに位の高い方は先にどうぞ お進みくださいという。 それを聞き、頭を下げるオ氏。 ハドンテクはオグンがホンチュンと結婚すると聞き、ショックで座り込む。 オグンとホンチュンの婚姻の日。 恥ずかしがるホンチュンと、嬉しくて笑いが止まらないオグン。 式が始まる。 見守る人々。 ハドンテクは隠れて結婚式を見て涙ぐむ。 ホジュンはソヒョンに、コンビンの薬材を持って来るようにいう。 薬材倉庫で質の悪い薬材だから受け取れないというと、 これ以外薬材はないといわれる。 インビンの薬を煎じる医女に、その薬材を分けて欲しいという。 コンビンは今病気だという。 それを聞いたインビンの使いが、それはどういうことかと腹を立てる。 ソヒョンは捕まって連れて行かれる。 コンビンはインビンの妊娠を祝うために、インビンの薬材を準備する。 外に出るのは無理ですというホジュン。 心配なら一緒についてくるようにいうコンビン。 ソヒョンは、宮内にインビンだけいるのではないというソヒョンの頬を叩く インビンの召使。 それを見るコンビン。 何事かという。 インビンにコンビンが来たと伝えるようにいう。 インビンは会いたくない、つわりがひどくて会えないと伝えろという。 それを聞いて顔色が変わるコンビン。 コンビンは帰ろうとして、胸を押さえて立ち止まる。

次の