登美 丘 高校 ダンス 部 バブリー ダンス。 バブリーダンスが話題の登美丘高校!キャプテンの林沙耶がかわいい!

【TDC】登美丘高校ダンス部 2017 バブリーダンス

登美 丘 高校 ダンス 部 バブリー ダンス

2017年8月17日に行われた決勝の動画が大きな話題となりました。 そして9月16日、同部出身の振付師でコーチを務めるakaneさんが 新しいダンス動画『バブリーダンスPV』を撮影し、YouTubeに投稿。 9月20日時点での再生回数は、なんと 380万回超え! 「チーム一丸となって気持ちを込めて作りました」という動画に出演しているのは、もちろんダンス部のみなさん。 動画には「スペシャルボイス」として 平野ノラさんの名前がクレジットされているところにも、グッときちゃう~! 【最初から最後までずーっと面白いんです】 PVの冒頭、派手なスーツの女子たちが、一糸乱れぬ足取りで校門を出て行きます。 そこからまず、ジワジワ笑いが……。 そして、行き着いた先はクラブ! ライトを浴びて踊りまくるみなさんは、肩の動きも足さばきも キレッキレ。 話題となった荻野目洋子さんの『 ダンシング・ヒーロー』からスタートし、エンディング曲の石井明美さん『 CHA-CHA-CHA』でフィニッシュを迎えるまで、少しの隙もなくて面白いっ! さすが大阪~!! 個人的には、ところどころで 顔芸を惜しみなく見せてくれている子や、 工藤静香さんやWink(ウィンク)を思わせる振り付けを披露してくれた子たちに、MVPをあげたい気分ですっ。 そしてこの スンバラシイ動画を編集した、akaneさんにも……! 【「衣装は祖母が持っていたもの」ってマジすか】 ちなみに撮影は、大阪・梅田の「クラブピカデリー」で行われたそう。 メイクはもちろん、着用しているド派手なスーツも全員がバブル仕様。 こういう格好で踊るみなさんを見ていると、ほんとは現役JKだってことを思いっきり忘れてしまいそうになります……。 「朝日新聞デジタル」によると「 衣装は古着屋で買ったほか、部員の祖母や母親が持っていたものにアレンジを加えた」そうで、これにはおったまげ~! バブルというと大体、今から約30年前の1986年から1991年にかけての時期。 このときに20歳だったと仮定すると、早い人はたしかに、おばあちゃんになっていてもおかしくありません。 でも、だけど、この事実にただただ衝撃を受けちゃいましたYO! 【海外からも称賛コメントが寄せられる】 YouTubeのコメント欄には、 「部活の域を超えてる……」「顔作りも上手すぎる」「PVとダンスのクオリティ高い!! 」「一体この高校のコーチは何者なんだ」「お金払うから生でみたい!」と絶賛コメントが続々。 日本だけでなく韓国や香港など海外からもメッセージが寄せられていて、人気のほどがうかがえます。 1度観たらクセになる、中毒性の高いPV。

次の

登美丘高校akaneコーチの後任はだれ?ダンス部はどうなる?

登美 丘 高校 ダンス 部 バブリー ダンス

最新記事はこちら! ちょっと気になるのが、全国高校ダンス部選手権っていくつもあるの?ということ。 ダンス部選手権の違いについてご紹介します! Sponsored Link DCC全国大会優勝校は登美丘高校! 登美丘高校が昨年のバブリーダンスに引き続き、 DCC全国大会2連覇を果たしました!! ニュースで 「2連覇」と聞いて、 「去年の優勝は同志社香里じゃないの?」と思った方も多いのではないでしょうか? 実は、今回登美丘高校が優勝したのは【JSDA PRESENTS DANCE CLUB CHAMPIONSHIP 第6回全国高等学校ダンス部選手権】で、通称・ 【DCC全国大会】と呼ばれているそうです。 DCC全国大会の主催は日本ストリートダンス協会(JSDA)で、漢字二文字のテーマをダンスの表現で競います。 登美丘高校は昨年のDCC全国大会で優勝しています。 そして今回 【煇晴ーハレルヤー】のテーマで見事 DCC全国大会2連覇を達成しました! 昨年のバブリーがかなり強いイメージだったのでそれを払拭しての優勝はかなりのプレッシャーだったのではないでしょうか? 最初から最後までアップテンポで誰も乱れることなく全員で息をピッタリと合わせて踊った色男ダンスは並大抵の練習でできるものではないですよね。 揃えることはもちろん、踊りきる体力づくりにも相当努力されたのではないでしょうか?ダンス素人ながらその凄さに圧倒されました。 「 2連覇は誤報じゃない?」という声もありましたが、 DCC全国大会は2連覇なんです! Sponsored Link DANCE STADIUM優勝校は同志社香里! そして今回、 DANCE STADIUM 2018で2連覇を果たしたのが 同志社香里高等学校!! 同志社香里が連覇したのは【DANCE STADIUM 日本高校ダンス部選手権】で通称・ 【 ダンススタジアム】と呼ばれているようです。 こちらは産経新聞とストリートダンス協会主催、エースコック特別協賛のダンス選手権。 春・夏・冬の3回行われ【春高ダンス】【夏高ダンス】【冬高ダンス】とも呼ばれているそうです。 また、ダンスの甲子園とも呼ばれ、日本全国の出場校から頂点を決める闘いです。 2人〜12人までのスモールクラスと13人以上40人以下のビッグクラスの2つに分けて開催されており、登美丘高校や同志社香里が出場しているのは13名以上のビッグクラスです。 大会の歴史はまだまだ浅く、2008年に第1回大会が開催され、今年で11回目となりました。 記念すべき第1回目のダンススタジアムビッグクラス 初優勝校は同志社香里でした。 同志社香里がすごい!!! この 同志社香里ですが、ダンススタジアムの 過去10回大会中5回優勝という超強豪校!!今回ダンススタジアム2018でなんと 6回目の優勝ということになりました!! 2017年大会は同志社香里が優勝しましたが、 2015年、2016年は登美丘高校が2連覇をしていました。 同志社香里と登美丘高校は宿敵とも呼べるお互い 最大のライバル校なんですね。 なんとなくバブリーダンスが目立ちすぎちゃってダンススタジアム優勝校の同志社香里にスポットがあたり切ってない感がありますが、同志社香里のダンスを観てそのすごさに圧倒されました! ダンススタジアムでは紫の衣装に身を纏い、女子高生とは思えない大人の魅力満載のダンス。 一人一人の目力の強さ。 体の内側から溢れ出る燃えたぎったパワー。 曲ともマッチしていてとてもよかったです!.

次の

登美丘高校akaneコーチの後任はだれ?ダンス部はどうなる?

登美 丘 高校 ダンス 部 バブリー ダンス

アッヴィ合同会社(以下、アッヴィ、本社:東京都港区、社長 : ジェームス・フェリシアーノ)は、「乾癬患者さんの『夢』を叶えるプロジェクト」のアンバサダーに大阪府立登美丘高校ダンス部卒業生(以下、登美丘高校ダンス部OG)が就任したことを発表します。 本アンバサダーの就任を記念して撮影された登美丘高校ダンス部OGが出演する乾癬患者さん応援ソング「晴れゆく道」のオリジナルダンス動画は、本日より特設ウェブサイト()およびアッヴィ合同会社のYouTubeチャンネルにて公開しています。 ダンスの振付は、バブリーダンスの生みの親であり、登美丘高校ダンス部総監督のakane氏がオリジナルで考案しました。 「乾癬患者さんの『夢』を叶えるプロジェクト」は、乾癬の啓発を目的に2019年10月29日の世界乾癬デーに始動しました。 本プロジェクトは、ヒャダインさんが作詞作曲した乾癬患者さんの応援ソング「晴れゆく道」にあわせて踊って乾癬患者さんを応援する一般参加型のダンスコンテストと、乾癬患者さんの「夢」の実現をサポートする取り組みです。 「晴れゆく道」は、乾癬をもっと知って欲しい、患者さんと苦しみやその先の希望を分かち合いたい、という想いが込められたダンスミュージックです。 ダンスの振付を担当したakane氏は本プロジェクトについて次のように述べています。 「『晴れゆく道』のとても明るい曲調や前向きな歌詞から、夢を諦めずに乾癬と闘っていこうというヒャダインさんはじめ乾癬患者さんの強い気持ちを感じました。 私もそのポジティブな気持ちに感化され、より多くの乾癬患者さんに少しでも前向きな気持ちを持ってもらえればという想いを込めて、『晴れゆく道』の歌詞に合うオリジナルの振付を考えました。 今回、このような形で乾癬患者さんの夢を応援する活動に貢献できることを嬉しく思います。 ダンスは誰もが楽しめるコミュニケーションツールです。 また、体を動かす事でポジティブな感情が生まれ、自然と笑顔になれると思います。 皆さんも一緒に踊って、乾癬患者さんの夢を応援しましょう!」 アッヴィは、今後も自己免疫疾患に取り組むバイオ医薬品企業として、乾癬患者さんをサポートする活動を行ってまいります。 ただし、コンテスト応募にあたってはYouTubeアカウントが必要となります。 jp にお送りください。 ウェブサイト記載の「個人情報の取り扱い」も併せてご覧ください。 もし氏名やニックネームの公開を希望されず、かつメールでご応募いただく場合は、「匿名希望」の旨、メール本文中に明記をお願いします。 審査内容に関する質問にはお答えいたしかねます。 ご了承ください。 応募作品は、乾癬についてのメッセージ性、影響力、オリジナリティなどの観点から審査します。 厳正な審査のうえ、作品を選出し、選出された方のみメールまたはお電話にてご連絡いたします。 ) プロジェクトの詳細についてはウェブサイトをご参照ください。 jp akane氏について アカネキカク主宰。 大阪府立登美丘高校ダンス部コーチとして、数々の大会で優勝に導く。 荻野目洋子の代表曲「ダンシング・ヒーロー」で振付した「バブリーダンス」を2017年9月に配信し、8400万回の再生を超えた。 年末には第59回日本レコード大賞特別賞受賞、第68回紅白歌合戦への出演も果たし、2018年ハリウッド映画「 グレイテスト・ショーマン」のPR大使としてPV振り付けを担う、日本を代表する振付師。 乾癬について 乾癬は、慢性の炎症性皮膚疾患で、国内に約43万人の患者さんがいると報告されています1。 乾癬の皮疹では皮膚に炎症が起きて赤くなり、皮膚の新陳代謝が異常になることで盛り上がり、 表面に銀白色の鱗屑(りんせつ)が現れ、それがフケのようにはがれ落ちるようになります。 頭皮や爪など人目に付く部分に症状が現れやすいため、日常生活や社会生活に大きな影響を及ぼすことが知られています。 さらに、疾患認知が低いため、またその疾患名から感染症と誤解され、偏見に悩む患者さんも少なくなくありません。 WHOの「世界乾癬レポート2016」でも、そうした患者さんをとりまく社会的な環境を改善させるためには、乾癬の疾患認知を高めることが急務であることが報告されています2。 乾癬患者さん応援ソング「晴れゆく道」について 「晴れゆく道」は、アッヴィ合同会社が、一般社団法人 INSPIRE JAPAN WPD乾癬啓発普及協会(所在:東京都杉並区、代表理事:奥瀬正紀)の協力のもと、2018年に行われた「乾癬患者さん応援ソング制作プロジェクト」を通じて制作。 全国の乾癬患者さんから寄せられた計84件の「夢ツイート(乾癬により忘れかけていた夢)」を基に、乾癬患者さんで、音楽クリエイターのヒャダイン(前山田健一)氏が、作詞作曲。 アッヴィについて アッヴィは、グローバルな研究開発型のバイオ医薬品企業です。 世界で最も複雑かつ深刻な疾患に対する、革新的な先進治療薬の開発を行っています。 その専門知識、献身的な社員、イノベーション実現に向けた独自の手法を通じて、免疫疾患、がん、ウイルスおよび神経疾患の4つの主要治療領域での治療を大きく向上させることをミッションに掲げています。 世界中の人々が持つ健康上の課題への解決策を進歩させるため、75カ国以上の国でアッヴィ社員が日々取り組んでいます。 アッヴィの詳細については、www. abbvie. com をご覧ください。 Twitterアカウント abbvie、Facebook、LinkedInやInstagramでも情報を公開しています。 日本においては、1,200人を超える社員が、医療用医薬品の開発、輸入、製造販売に従事しています。 自己免疫疾患、新生児、肝疾患、神経疾患、がんの各領域を中心に、患者さんの生活に大きく貢献できることを願っています。 詳しくは、www. abbvie. jpをご覧ください。 Kubota, K. , et al. : BMJ. Open. , 5:1, 2015 2. 日本乾癬患者連合会、「世界乾癬レポート2016」、2016.

次の