メガリス アラ トロン。 メガリス・アラトロン【遊戯王トレカお買得価格通販:トレコロ】

【遊戯王OCG】ゼロから覚える「メガリス」テーマ紹介

メガリス アラ トロン

どうもこんにちは。 RISE OF THE DUELISTがでてもう一ヶ月が経ちますね。 緊急事態宣言の延長もあり、ますます外で遊戯やる機会が減ってしまいましたが、最近ではリモートデュエルが流行りつつあるのでそちらをメインでやらせてもらっています。 今回の記事でもメガリスについて書いていきます。 前回と違ってあまり初歩的なことは書かずに展開方法やテーマ外のカードの使い方、手札誘発のケアなどをメインに書いていくので、メガリスカードのテキストがわからない方は自分の前の記事か公式データベースに目を通してもらえると内容がわかりやすいと思います。 また、今回も純よりの構築の解説なりますので先行ワンキル型やハンデス型に興味ある方には参考にならないと思いますのでそこのところご理解ください。 変更点を掻い摘んで説明します。 旧神ヌトスの採用にかかわらず強力なカードですが、効果が通らなかったときレベルが変動しないのでメガリス・アンフォームドと噛み合わず、メガリス・フール以外の儀式召喚の素材にしづらい点も目立ちます。 前回の構築より2枚初動の枚数が減ってしまっているので今でも今回増やしたメガリス・ベトールの2枚目と枚数調整をしながら使っている枠でもあります。 また、前回のレシピより2枚初動の枠のカードが減っているので数の少ないメガリス上のかさ増し要員でもあります。 理由としては素引きした場合に、メガリスモンスターや御影志士への誘発をケアできる点とブロックドラゴンでこのカードを2枚サーチすることで展開を伸ばせる点です。 誘発ケアの点ですが、メガリスモンスターなどは儀式素材に使うことで誘発を乗り越えていけますが、御影志士が受けた場合には儀式素材に出来ず展開が止まってしまいます。 こういう場面でこのカードを特殊召喚することで更に展開を伸ばすことができます。 他のカードでもこの動きはできますが、このカード以上にシナジーがあるカードはないと思い、2枚目を採用しました。 展開を伸ばせる点ではこのデッキはマンジュ・ゴッドなどの召喚権を使う初動札を引かなかった場合に召喚権が余るので、ブロックドラゴンでこのカードを2枚サーチし、そのうち1枚に召喚権を使うことができます。 ここで魔救の探索者の特殊召喚効果を温存することで召喚権を割いた動きが止められても、墓地のブロックドラゴンを特殊召喚し手札の2枚目の魔救の探索者を特殊召喚することで水晶機巧ーハリファイバーを絡めた動きが狙えます。 手札誘発としての役割はもちろんのことデッキにいても強いカードです。 水晶機巧-ハリファイバーで特殊召喚することで今回採用した神聖魔皇后セレーネに繋がります。 また、こちらも水晶機巧-ハリファイバー絡みではありますが、自身の効果でシューティング・ライザー・ドラゴンをシンクロ召喚し、その効果でこのカードを落とすことでレベルが6になるので、メガリス・エマージョンで蘇生したメガリス・フールとレベル8シンクロが可能になります。 前回の記事で言った素引きした場合にも役割のある展開パーツというのを体現しているカードだと思います。 また墓穴の指名者と違って無効にしたい相手のカードを除外しないので、崔嵬の地霊使いアウスの効果で相手の増殖するGを特殊召喚する動きが狙いやすくなりました。 水晶機巧-ハリファイバーが妨害を受けて止まってもそのまま返しのターンにこのカードを出してシンクロして妨害になるので使い勝手はいいです。 落とす先は灰流うららを落としてメガリス・ハギト、メガリス・オフィエルとシンクロか、エフェクト・ヴェーラーを落としてレベル変動してないメガリス・フールとシンクロします。 今回の構築ではトロイメア・フェニックスを採用しておらず、ブロックドラゴンを墓地に送るためのリンクモンスターでもあります。 他には妨害を受けた際にチューナーを絡められないときに用意する妨害要員でもあります。 前回の展開ではなんらかの手段で召命の神弓-アポロウーサを処理されてしまった場合、一気に妨害数が減ってしまうのが弱い点でしたが今回の展開では妨害札が散っているのでそういう心配がありません。 また虹光の宣告者が場にいるので手札とデッキから墓地に送られるカードは除外されるためおろかな埋葬などを使った墓地利用も封じています。 虹光の宣告者の戦闘破壊を狙ってきた場合には1体ならメガリス・エマージョンでメガリスモンスターを蘇生しI:Pマスカレーナの効果を使ってトロイメア・ユニコーンを出すことで処理できます。 複数体でてきた場合にはメガリス・エマージョンでメガリス・フールを特殊召喚し、メガリス・ポータルの効果でレベル8メガリスを回収してメガリス・フールの効果でメガリス・ベトールを儀式召喚して処理することができます。 どちらの展開でも手札から切るカードは除外されてしまう点は注意が必要です。 デメリット 展開で水晶機巧-ハリファイバーの効果でシューティング・ライザー・ドラゴンをシンクロ召喚し、その効果でレベルを調整してメガリス・エマージョンで蘇生したモンスターとシンクロするのですが、場に虹光の宣告者が残っていた場合、墓地に送られずに除外されてしまうのでレベルが変動しません。 なので妨害に使う順番が必ず虹光の宣告者からになってしまいます。 また前の展開と比べるとブロックドラゴンの特殊召喚回数が増えてるので墓地リソースの消費が激しいです。 また相手ターンのメガリス・ポータルとメガリス・エマージョンの効果も展開に割いているので手札リソースの消費も前の展開より激しいです。 相手の妨害によって必ずこの展開になるとは限りませんが、基本的にはこの2パターンの展開を相手のデッキタイプに合わせて使い合わせていきます。 妨害を受けた妥協展開としてはどこに食らうかにも寄りますが、チューナーが絡んだ展開では水晶機巧-ハリファイバー+メガリス・エマージョンを基本として可能ならメガリス・ポータルやI:Pマスカレーナ、虹光の宣告者を横に添えるイメージです。 チューナーが絡まない場合はI:Pマスカレーナ+メガリス・エマージョンを基本としてメガリス・ポータル、リンク数を伸ばせるようなら召命の神弓-アポロウーサを立てます。 ライトロード・ドミニオン キュリオスと神聖魔皇后セレーネを絡めた展開 今回新たに採用したこの2枚ですが、先行展開で必ず使用するものではありません。 主な使い方としては御影志士が妨害を受けてしまい、ブロックドラゴンに繋がらないが手札には魔救の探索者 召喚権を使っていない場合は灰流うららなどでも がいる場合です。 メインの魔法が7枚しか入ってないのに神聖魔皇后セレーネの効果が使えるのか?と思われますが、メガリスはいくつかの動画を見てもらった方にはわかるようにデッキが回り出したらメガリス・アンフォームドを2枚か3枚使った上でメガリス・ポータルのサーチまで行えます。 なので手札誘発などを御影志士まで待たれた場合は大体墓地か場に魔法が3枚以上揃っているので神聖魔皇后セレーネの効果が使えます。 展開方法と最終盤面は下の動画のようになります。 前までは水晶機巧-ハリファイバーが通ってリンク数を伸ばす場面では他にモンスターがいない場合、リンクロスを経由して武力の軍奏を絡める必要がありましたが、特殊召喚するチューナーをエフェクト・ヴェーラーにして神聖魔皇后セレーネを使うことでそれらのカードを使わずにリンク4のアクセスコード・トーカーまで行けます。 なので先にリンクロスと武力の軍奏を使った展開をして通れば虹光の宣告者を出してから水晶機巧-ハリファイバーを出す、通らなければ場に残ったリンクロスやチューナーで水晶機巧-ハリファイバーを通すといったプランも取れるようになりました。 相手ターンにエフェクト・ヴェーラーをプレイしておくことや崔嵬の地霊使いアウスの蘇生効果を絡める場合には相手の墓地に地属性がいることが前提の動きなので狙ったときにできるプレイではありませんが、全く起こり得ないわけでもないので前以上に相手の墓地の確認も重要になっています。 ライトロード・ドミニオン キュリオスの出し方は動画のようなリンクロス+虹光の宣告者+エフェクト・ヴェーラー以外では崔嵬の地霊使いアウス+蘇生した相手モンスター+メガリスモンスターがあります。 こちらでも崔嵬の地霊使いアウスの効果が重要になるので、構築の変更点でも言った抹殺の指名者と墓穴の指名者の違いが生きてきます。 原始生命態ニビルケア展開 来日以降展開系を使っていると一度はこのカードに苦しめられたことがあるのではないでしょうか? 少々条件があったり誘発を複数持たれていたりするとケアできませんが、メインカードのみでの原始生命態ニビルを乗り越えて展開が可能です。 あくまでもこんな展開もあるよくらいのノリで見てもらえるとありがたいです。 条件としては御影志士を4回目までにエクシーズ召喚できる展開です。 メガリス・アンフォームドのリリースがレベル8だった場合は上の流れよりメガリス・ハギト1回分儀式召喚が増えますが、それでも4回なのでセーフです。 その後の流れは下の動画で載せます。 また盤面を作らないと負け、みたいな相手じゃない場合はI:Pマスカレーナ+メガリス・ハギト+ブロックドラゴン サーチ未使用 +メガリス・エマージョン、墓地にメガリス・フール程度の盤面でも2妨害用意しつつブロックドラゴンとメガリス・エマージョン +メガリス・ポータル でリソースゲーに持ち込めるので悪くないと思います。 この盤面を作るのに5体以上特殊召喚してますが、流石にサーチ未使用のブロックドラゴンがいるときには原始生命態ニビルを撃ちづらいと思うので。 小ネタ ブロックドラゴンの使い方 例えばブロックドラゴンを素引きした時に手札にいても墓地にいても特殊召喚できるのでブロックドラゴンから儀式素材にしたくなりますが、ブロックドラゴンがあることを教えてしまうとブロックドラゴンをサーチする役割を持つ御影志士へ飛んでくる妨害がブロックドラゴンのサーチ効果に飛んできたり、その後の水晶機巧-ハリファイバーやリンクロスに飛んでくる可能性があります。 なので可能な限りブロックドラゴンを見せずにプレイするといい感じに誘発貫通できます。 また、展開途中にデッキの中にメガリス・ハギトやメガリス・アンフォームドが残っている場合はブロックドラゴンを場に出した後に更にメガリス・アンフォームドでブロックドラゴンをリリースすることでチェーン1ブロックドラゴン、チェーン2メガリスモンスターと組むことで灰流うららなどの誘発即時効果を避けることができます。 後攻時には特に儀式素材にしたり、リンク素材にするにしても水晶機巧-ハリファイバーやトロイメア系、アクセスコード・トーカーなどの誘発効果持ちに混ぜることをオススメします。 教導の大神祇官をプレイされた時 相手に先行で教導の大神祇官をプレイされた時に自分は同名カードを落とせるので虹光の宣告者を2枚落とし、手札にメガリス・フール、メガリス・アラトロン、リリース素材を集めることで後攻0ターン目にメガリス・アラトロンの効果でメガリス・フールを儀式召喚し、その効果でメガリス・ベトールを儀式召喚することで妨害を用意できます。 相手の場に召喚獣メルカバーなどがいた場合にはこの動きを通すのに手札誘発が必要になりますが、EXに余裕がある時は旧神ヌトスを入れて虹光の宣告者と旧神ヌトスを落とし虹光の宣告者チェーン1、旧神ヌトスチェーン2対象召喚獣メルカバーととることで召喚獣メルカバーの効果を強要しつつメガリス・フールかメガリス・アラトロンどちらかの素引きが必要ですが、上の後攻0ターン目の妨害をすることができます。 召喚獣入りの教導と対戦する機会が多い場合は旧神ヌトスの枠を作った方がいいと思います。 最後に ここまで読んでいただきありがとうございます。 今回は自分の考えていた展開をメインに書かせてもらったので人によってはこの展開はどうなんだ?というものもあるかもしれませんが、少しでも参考になれば幸いです。 身内ネタになりますが実は新弾発売日に通販でメガリス・フールを注文していたのですが、その日の夜にじんた JintanShibukawa が車で1時間半かけてメガリス・フールを届けてくれました。 嬉しかったけど6枚になってしまったのでストレージに大事に保管してあります。 ありがとう!じんた!!.

次の

遊戯王カード考察:≪メガリス・アラトロン≫メガリス儀式モンスターの中でも特に出張させやすい

メガリス アラ トロン

このカード名の 1 2 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 1 :自分・相手のメインフェイズに、このカードを手札から捨てて発動できる。 レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、 自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、 手札から「メガリス」儀式モンスター1体を儀式召喚する。 2 :自分フィールドのカードを対象とする相手の効果が発動した時に発動できる。 自分の墓地から儀式モンスター1体を選んでデッキの一番下に戻し、 その発動を無効にし破壊する。 で登場した・の。 お互いのに自身をからことで・からを選びをする、をのをのをに戻してにしするを持つ。 1 はと基本的には同じだが、同様で・にもすることができる。 と比較してからことでするため、より奇襲性は高い。 2 はのへの。 しか使えずにも無力と穴も多い。 またのをに戻すため、・のも生かしにくくなる。 他のを併用してを補うようにしたい。 「アラトロン」とはオリンピアの天使の1人。 を支配し、石炭を宝石に、生命を石に変える力を持つという。 召喚者に錬金術や医術の知識を与えるとされる。

次の

メガリス

メガリス アラ トロン

テーマ特徴 ボードゲームの駒のような岩石族 テーマの特徴を述べると以下の通りです。 ・ボードゲームで使われる駒のような彫刻のモンスター達である ・地属性岩石族のテーマで全てが儀式モンスターとなっている ・儀式魔法が存在せず儀式モンスター達が儀式魔法を兼ねる ・墓地に儀式モンスターが増えれば増えるほど強烈になっていく ・<<ああ!ジャン・ルイがやられた!>> 白黒の天使や悪魔、ドラゴンの彫刻といった姿をしています。 底部分が台座のようになっておりボードゲームで使われる駒を彷彿とさせます。 レベル8のメガリスはその台座の下側からも体が出ており 台座を媒体にして姿を顕現しているように見受けられます。 駒として使うにはとても不便そうです。 メガリスとは有史以前に存在しており現在でも姿を残す巨石記念物の事で イギリスに存在するストーンヘンジなどが代表格です。 このテーマの場合古くから存在する石像みたいな扱いなのかもしれません。 また各モンスターの名前は占星術の7惑星に対応する天使、 オリンピアの天使から取られています。 儀式魔法を使わない儀式テーマ! 今までにも数多くの儀式テーマが存在してきましたが このメガリスというテーマはそんな儀式テーマの中でも相当に異質です。 まず儀式モンスターしか存在しません。 今までにも【影霊衣】や【サイバー・エンジェル】など 多数の儀式モンスターを活用するテーマは存在しましたが このテーマは本当に儀式モンスター以外が1体もありません。 必然的に儀式モンスターを儀式召喚の為の生贄に積極的に活用していくので そういう意味では【サイバー・エンジェル】に近い側面を持っているといえるでしょう。 そしてこのテーマ最大の特徴として儀式魔法も存在しません。 儀式魔法なしで儀式召喚を行えるカードとして剣聖の影霊衣-セフィラセイバーがありますが テーマ用の儀式魔法が存在しないというのはさすがに前代未聞です。 代わりにレベル8の儀式モンスターが儀式召喚を行う効果を内包しており これらを儀式魔法代わりに活用していく事になります。 そしてレベル4の儀式モンスターもフィールドに存在していれば 自身を儀式召喚の生贄にしつつ儀式召喚を行える効果を持っています。 レベル4の儀式モンスターはいずれも手札や墓地アドバンテージを稼ぐ効果を持っている為 まずレベル8のメガリスを活用してレベル4のメガリスを儀式召喚、 その後場のレベル4メガリスをリリースして再びレベル4メガリスの儀式召喚を狙ったり もう1体生贄を用意してレベル8のメガリスの儀式召喚を狙うといった動きになってくるでしょう。 特に最初の儀式召喚が3枚のカードが必要になる為手札の消耗が激しいですが センジュ・ゴッドやマンジュ・ゴッドを活用する事で損失を抑える事ができます。 またメガリス・オフィエルは儀式召喚時に他の儀式モンスターをサーチできる為 そのままオフィエルをリリースして次の儀式召喚に繋げやすいです。 墓地に儀式モンスターが多いほど凶悪に このテーマはレベル4のメガリスが下準備用のカード、 レベル8のメガリスが実際に盤面を制圧したりする切り札用のカードに分かれています。 レベル8のメガリスは墓地の儀式モンスターの数に応じて全体強化できるメガリス・ファレグ、 墓地の儀式モンスターをデッキに戻す事で対象に取る効果を無効にできるメガリス・アラトロン、 墓地の儀式モンスターの種類の数相手のカードを破械するメガリス・ベトールと 墓地に儀式モンスターが多ければ多いほど真価を発揮する構成になっています。 まずレベル4のメガリスを何度もリリースするなどして墓地を肥やしつつ、 充分に墓地に儀式モンスターが揃った所でレベル8メガリスを儀式召喚していく、 というのが【メガリス】における基本戦術となってきます。 特にメガリス・アラトロンとメガリス・オグはフリーチェーンで儀式召喚が可能であり 墓地が十分に肥えた所で相手の展開に合わせてメガリス・ベトールを儀式召喚すれば それだけで相手の場を焼け野原にする事が可能です。 何かと準備が必要なテーマではありますが 1度準備が整ってしまえば強烈な爆発力を発揮するテーマだと言えます。 個人的に相性がいいと思うカード 魔神儀の隠れ房 フィールド魔法 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 その後、見せたモンスターをデッキに戻す。 そのカードを破壊する。 儀式モンスターを特殊召喚すれば場のカードを破壊できるフィールド魔法です。 このテーマはとにかく儀式召喚を何度も行っていく上に 相手ターンでも儀式召喚を積極的に行える為発動機会には困りません。 ただメガリス・ポータルと競合してしまうのでそこは注意です。 レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、 自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、 手札から「メガリス」儀式モンスター1体を儀式召喚する。 自分の墓地から儀式モンスター1体を選んでデッキの一番下に戻し、 その発動を無効にし破壊する。

次の