エクセル 別シート 計算 反映。 EXCEL 他のシートのセルの値を反映・入力したい場合

エクセルの別シートにセルの内容を反映させる

エクセル 別シート 計算 反映

EXCEL 他のシートのセルの値を反映・入力したい場合 Last update 2019-07-07 20:39 平成から令和へ年号が変わりましたが、日報や請求書などすべてのシートに入力された値を修正するのってめんどくさいですよね。 そこで基本となるベースのシートを作成しておき、年度などはベースのシートの値を変更すれば、他のシートもすべて反映されるような式や入力はどうしたらいいのでしょう? Sponsored Link まずはベースとなるシート ここでは「基本」という名前のシート)の「A1」に「令和」と入力しました。 他のシート ここでは「斎藤」)の「A1」は「平成」になっています。 このようにシートごとに値を入力していると、あとで修正するのが大変です。 そこでベースとなるシート 先ほどの「基本」という名のシート)の「A1」の値がここに表示されるようにしてみます。 「A1」をクリックし、アクティブ 緑色の枠で囲まれた状態 にします。 A1」となりました。 ここでエンターキーを押します。 すると反映先のシート ここでは「斎藤」)に戻り、「A1」の値がベースとなるシートの「A1」と同じになりました。 A1 セルの指定 シート名は日本語でも大丈夫です。 合計値など計算式は? 他のシートのセルの値を参照する計算式はどう入力すればよいのでしょう? 例えば「基本」というシート名のセル「A1」から「D1」に数字が入力されていて、これらの数字の合計を他のシートで使いたい場合は・・・ こんな感じ。 セルの指定の前に「参照元のシート名! 」をつけるんですね。 これはセルの指定事につけ足します。 これでエンターキーを押すと・・・ 別のシートに合計値が反映されました。 関連ページ• 最終更新日 2019-07-07 20:39 Sponsord Link.

次の

【エクセル】別シートのデータを自動反映させる4つの方法

エクセル 別シート 計算 反映

今回のブログの見出しはコチラです!• [自動]をクリックします。 いかがでしたか? 意外と簡単に解決できます。 計算方法の設定が変わってしまう2つの原因 原因1 計算方法の設定はファイルごとに保存されます。 Book1. xlsxは「自動」に設定して保存し、 Book2. xlsxは「手動」に設定して保存してあるとします。 この場合 Book2. xlsxを先に開いた状態で、このファイルを閉じずに、 Book1. xlsxを開くと、なぜかBook1. xlsxの計算方法の設定が「手動」に変わってしまいます! 原因2 複数シートに一括で同じ操作ができる「作業グループ」機能。 作業グループ機能を使うためには複数シートを選択しますが、複数シートを選択したままの状態で「閉じる」ボタンでファイルを閉じる際に、保存しますか?と聞いてきますが、そこで「保存」を選択すると、計算方法の設定が「手動」に変わってしまいます! ふむー、なぜこんな仕様になっているのでしょうか、、、 何はともあれ、直すのは簡単です! 勝手に計算方法の設定が「手動」に変わってしまったときは、サクっと直してしまいましょう!.

次の

エクセルの別シートにセルの内容を反映させる

エクセル 別シート 計算 反映

参照したいシートをクリックします• 「sheet2」の「B1」セルをクリックして「ENTER」キーをおします。 すると、「Sheet2」の「B1」セルの値が「Sheet1」の「C4」セルにも反映されました。 マウスを使わず手入力することもできます。 B1」と入力します。 B1 これで「sheet1」の「C3」セルが「Sheet2」の「A1」セルを参照するようになりました。 セルを参照する(別ファイル) 別シートだけでなく 別のファイル(ブック)のセルを参照することもできます。 別ファイルのセルを参照する手順• 「表示」タブの「ウィンドウの切り替え」をおします• 参照したいファイルを選択します• 参照したいシートをクリックします• 参照したいセルをクリックします 事前に参照したい別ファイルのExcelを開いておきます。 ここでは「IS-1890-2021. xlsx」というファイルを開きました。 参照したいExcelファイルを選択します。 参照先のExcelがひらきます。 ここで参照したいセルをクリックします。 ここでは「B2」セルをクリックします。 すると、別のExcelファイル「IS-1890-2021. xlsx」の「Sheet1」の「B2」セルの値が「Sheet1」の「C6」セルにも反映されました。 マウスを使わず手入力することもできます。 --IS-1890-2021. xlsx]Sheet1'! xlsx」の「Sheet1」の「B2」セルを参照するようになりました。 セルを参照する(絶対参照・相対参照) 次はセルを参照する方法として、絶対参照・相対参照について見ていきます。 相対参照 相対参照は一般的に使われる参照方法です。 ここでは D3セルを合計行であるD12セルで割り算して割合を求めています。 参照を下の行へコピーすると、参照するセルも同じように下の行へと変更されました。 しかし、計算式がエラーになってしまいました。 コピーしたセルをみると、合計行のD12セルがずれていることがわかります。 このように参照先が変わってしまうのが相対参照です。 絶対参照 絶対参照は「絶対」とあるように参照先が固定されて変わらない参照のことです。 これが絶対参照のことです。 12行目で固定されました。 参照を下の行へコピーすると、合計行を参照するセルは変わりません。 絶対参照にしたので割合の計算は正しくできました。 このように参照先がコロコロかわるのが相対参照、参照先が固定されているのが絶対参照です。 Excelでは、同じシートだけでなく、別のシート・別のファイルへの参照もすることができます。 参照は便利な機能なので、ぜひ使ってみてください! Officeヘルプ: 以上、Excelでセルを参照することができました。

次の