チヌ 時期。 乗っ込みとは?マダイやチヌ、カレイがもっとも釣れる時期公開

チヌののっこみを分析する 産卵方法に産卵場所 行動パターンまで!

チヌ 時期

どうも おはこんばちは もんでございます! 本格的にチヌののっこみシーズンに入ってきましたね。 チヌの人達はこの抱卵した大型チヌを仕留めようと胸を躍らせていると思います!そんな私もその一人! で、2016年3月13日に大阪南港に出撃する事が確定しました!狙いは当然のっこみで上がってきている良型チヌ!より良い釣果の為には事前の入念なリサーチや積上げた経験が大切ですよね。 経験は場数を踏まなければカバーできませんがリサーチは陸上でも可能です。 ということで「のっこみ」という産卵行動を起こすチヌの行動を分析し、南港のどのポイントで釣るかの計画までを立てていきます!みなさま宜しくお願いします! チヌの産卵形態 チヌ釣りを長く楽しんでいる方でも、実際チヌの産卵というものはイメージが付きにくく見たこともない人がほとんどだと思います。 イメージとしては「のっこみ」というとチヌが浅場に上がってきて、卵を岩に産み付けたり、海藻に絡めたりして卵を 潮流の影響を受けず、安定させる為に浅場で産卵するイメージを持つと思います。 まずここから違うんです チヌの産卵は 分離浮性卵なんです。 どういう事かというと浅場の海面までメスが浮上して産卵し、その卵にオスが放精する産卵スタイル。 卵は海面付近で放卵され、漂っているんです。 夜釣りでライズがあった時、シーバスやボラではなくのっこみ時期はチヌである可能性があります。 まずおさえておくべきポイントとして、上記の通り 卵を放出するのは深夜帯という事。 産卵には体力を使いますので、をやられている方はピンとくると思いますがスポーニング(産卵)直後の魚は体力を消耗し口をあまり使いません。 次のポイントはチヌは3kg程度の個体で約200万個の卵を放卵しますが、一度に200万個一気に放卵するのではないという事。 毎晩毎晩、少しづつ放卵しますので深夜の放卵に備えて体力をつける為、 夕方から夜にかけての時間帯の方が食い気があると言えます。 つまり狙うなら 朝マズメより夕マズメ!ということになります! 浅場に移動のタイムラグ のっこみではチヌが深場から浅場に上がってくると言われますが、ここで大事になってくることがあります。 それが 水圧 深海のガシラを釣り上げた際、急激な水圧の変化で、浮き袋が膨張し口から飛び出していたり、目が飛び出してしまっている魚をテレビで見たことはありませんか? 深場をテリトリーにしているチヌも同じなんです。 鯛科は体が頑丈なので水圧変化に耐える体を持っていますが、無理やり引き上げられないのであれば徐々に 水圧に体を慣らすのは当然です。 3月からのっこみシーズンに入るということは深場の釣り師があまり干渉できない海で大きく成長した個体は、ジワジワ浅場に近づき、ワンテンポ遅れて産卵場所に入ってきます。 つまりシーズン後期の方が大型に巡り合える可能性は高まります。 そういった深場からチヌが入ってきたことを感知するには上がっているチヌの色を見れば判断が付きます。 この記事でも書かせていただいていますが、チヌには紫外線を感知する能力があり、紫外線を感知できれば、生物の防衛本能として色素も生成できると考えられています。 つまり、紫外線の届きにくい深場にいるチヌは体側の縞模様がはっきり確認できる銀色の体色をしていることが多いです。 Jグリーンの釣果を見る限りまだまだ居着きの黒い個体が目立ちますので、ラッシュはまだ先と考えられます。 のっこみ時の浅場って実際どこからが浅場? これも背びれが見えるくらいだったりサイトで釣れるような見え方をするイメージを持たれている方が多いと思いますが、実際は水深5mのようなポイントでも産卵します。 幅がありすぎて非常に狙い打ちがし辛いですね・・・ですがここで前述の事を思い出して欲しいのですが、産卵直後は体力を消耗し休んでいる個体が多いという事。 休んでいるチヌが元気に浮いていることはまず考えにくいですね。 つまり深夜に産卵で疲れ、釣り師が主に活動する日中は、チヌは休息モード。 狙う場所としては 深めを探って問題ないという事です。 浅い場所にいる個体が釣れる事があるから「のっこみ時は浅いタナで食う」と言われるのかもしれません。 なので3月13日の釣行では私はボトム付近を丁寧に探ります!もちろん配合餌も高比重を選択するつもりです。 現在の釣果から見るチヌの居場所 3月5日と3月6日の丸高渡船釣果情報では、 Jグリーンでの釣果が多い事が目立ちます。 次いでセル石での釣果が多いですね。 この二か所の共通点を考え、共通点を見出し、さらにその 共通点を持ちつつプレッシャーがかかっていない別場所を探す事が良型を数枚上げる近道だと考えます。 ではJグリーンとセル石の共通点は?• 南港内では水深が浅め• 足場がいい=海底も複雑ではない• 恐らく海底は砂地(3月5日にセル石でフカセでカレイが釣れている)• 流れが弱い• 塩分濃度が低い 居着きが多く上がっている事、釣れている環境を複合させて考えるとチヌの多くはまだまだ体を慣らし、浅場に向かい始めている位だと思います。 僕は3月下旬から4月頭が最も期待値が高いと考えています。 3月13日での釣行では本格的なラッシュ時期ではなさそうですがプレッシャーの高いJグリーンは釣り師の人数に対し釣れる枚数を考えると不発に終わる可能性もあり。 上がってきている途中で、流れが落ち着いているポイントということで・・・13日は 波止付近のセル石内湾側に入ります! 前日の釣果も踏まえた上での判断になりますので変更の可能性もありますが、果たして僕の仮説、予測は当たるのでしょうか。 釣行記もご期待ください! それでは! buubuumafia.

次の

チヌののっこみを分析する 産卵方法に産卵場所 行動パターンまで!

チヌ 時期

チヌはいつの時期に釣れる? 結論から言うといつでも狙うことができます。 ただし季節によって狙い方が変わったり捕食しているエサも違ってくるため、釣りたい季節に応じた対策が必要になります。 日本列島の沿岸部はチヌの生息に適した環境であり、チヌは日本各地に生息しています。 適水温6度~30度と言われています。 水温が3. 5度以下になってしまうと生きていけず、生きていける最高水温は33度といわれています。 気温であれば、関東の夏は乗り切れませんね。 東北では水温8度以下になるとよく釣れたり、関西では25度以上でよく釣れるといった地域性がでてくるようです。 季節別の攻略法 春の時期 冬場からの水温上昇に伴い、水温が安定している深場から浅場に移動して活発にエサを追い求めるようになります。 産卵に備えるようにもなるため、これが のっこみシーズンと言われる時期になります。 のっこみ時期には抱卵した大型のチヌが狙える時期で、プロが大型狙いに燃える時期でもあります。 釣れるチヌのサイズのわりに引きはそこまで強くない時期なので、初心者には狙いやすい時期でしょう。 この時期のチヌはある程度大きな群れで移動していて、産卵が近づくと海藻のホンダワラやヒジキ、アラメやカジメといった藻場に入ってきます。 波静かなワンドか、ウミタナゴやメバルのような魚が釣れるような場所が狙い目になります。 しかし、群れで動いているためか、今日はつれても明日は全く釣れないということが起こる時期です。 チヌのいるポイントを見つけることが重要になります。 狙うタナは浅く浮いてくることが多いため、軽い仕掛けで浅いタナから探っていきましょう。 夏の時期 産卵を終えるとそれまで釣れていたチヌが釣れなくなることが多いです。 産卵で体力を消費するため、しばらくは回復の期間となります。 この間は魚が沖深くに離れてしまったように思われることも多いですが、実は近くの 岩礁やテトラの隙間などの障害物に寄り添いひっそりとしています。 こんな時期に狙うのは、のっこみの時期と同じような場所です。 食い気がなくじっとしていることが多いため、潮の流れ出した瞬間や、限られた食事タイムを逃さないことが大切になります。 その後大きかった群れは、少しずつ小さくなりあちこちのポイントに散っていきます。 やがて梅雨が始まるころになると、再び体力を回復させたチヌが活発にエサを漁るようになります。 ちょうどこのころから堤防の落とし込み釣りがシーズンを迎えるようになります。 梅雨が明け、真夏の日照時間が長くなると、再び浅い場所にまで魚がやってきて、さらに貪欲にエサを漁るようになります。 同時にエサ取りの小魚も活発に行動し始めるため、オキアミではエサがもたないことが多く、サナギやコーンといったエサが出番となります。 エサ取り対策として狙う時間を夜にするのもいいでしょう。 お盆を過ぎるころには、強い日差しの影響で水温が日中は急上昇します。 適応能力の高いチヌでも、温度変化には敏感であるため、水温の安定する深場に移動することが多いです。 朝方や夕暮れ時などに浅場を狙い、日が昇っている間は深場を狙うのがいいでしょう。 日中にチヌを狙うのであれば、潮通しの良い沖磯や沖堤防などが狙い目です。 あちらこちらに散っていたチヌの小さな群れは、水温低下ともにだんだん大きな群れにまとまり大型魚から順に深場に移動します。 しかし、全てのチヌが深場へ移動するわけではありません。 特に黒潮などの暖流の影響を受ける海域では、浅場に居つく固体も数多くみられ1年中その付近で過ごすクロダイもいます。 秋口は、エサ取りが活発になるためオキアミだけではチヌを釣るのは困難です。 サナギやコーン、練りえさや、虫エサなど様々なツケエサの出番となるでしょう。 秋のチヌの狙う場所は砂地の海底で、コマセを底の一点に集中して撒き、寄せて釣る方法が有効になります。 大きな魚から順に落ちていくと言われていますが、一部のクロダイは浅場に居着き冬を越します。 温排水がでている場所などに移動するのもこの時期です。 深場に落ちてしまったチヌは通常の浮きフカセで狙うのは難しいため、居着きのチヌを狙うことになります。 狙う場所は、アオサや海苔などが生えているワンド状の釣り場になります。 経験上、冬場のチヌは海藻類を食べていることも多く、捌いてみるとお腹から海苔などがでてくることもよくあります。 しかし、釣れる個体数も少なく、まれにしか口を使わないため、難しい釣りになります。 まとめ チヌは年中釣れる魚ではありますが、季節によってその釣り方や攻め方が変わってきます。 それもまたチヌ釣りの難しさであり、楽しさでもあります。 季節に応じた釣り方をマスターすれば、さらに釣果は伸びていくことでしょう。

次の

チヌ釣りにおける時期別ポイントの選び方〜体験から語る真実〜

チヌ 時期

チヌ(黒鯛)が一番美味しい時期は1月頃です。 この時期のチヌは他の時期に釣れたチヌと比べ、身がしっかりしまっていて同じ魚とは思えないくらい美味しいです。 この時期のチヌであれば煮付け等も大変お美味しいですよ。 私はチヌの煮付け食べるのはこの時期だけです。 3月を過ぎる頃になると大きくなる卵に養分を取られ、身にしまりが無く柔らかくなってしまい食べ味も落ちてきます。 5月~6月頃の産卵直後のチヌ、ガリガリ痩せていて脂のノリも殆ど無く、この頃のチヌは美味しさなんて全くないですね、釣れてもリリースします。 (持ち帰っても誰も食べませんから・・) 年末に向けて徐々に美味しくなると考えて下さい。 ・・・ただ1月頃のチヌ、なかなか釣れない時期でもありますが・・・・ ちなみに私、今年の1月瀬戸内にある一文字でチヌ(37cm~45cm)を9匹釣りました。 去年は2匹でしたので今年は特別に良かったですね。 嫁はんもチヌを見て喜ぶのはこの時期だけですね。 チヌは臭くて美味しくないという方が多いですが、汚い港内で釣ったものなら確かに臭いかも知れませんが、 綺麗な場所で釣ったチヌであれば、しっかり血抜きして食べれば十分美味しいと思います。 私はいつも持って帰って食べてますよ。 チヌの旬は春と秋ですが、春は白子や卵など、その時期しか味わえないオマケがあるというだけで 身そのものの美味さは卵に栄養が持っていかれている分イマイチです。 身に一番脂が乗って美味いのは秋、ちょうどこれからの時期ですね。 冬も悪くはないです。 逆に不味いのは初夏(産卵直後)です。 この時期は産卵で体力を消耗し、見るからに痩せていて脂も無く美味しくありません。 夏といっても8月くらいにもなれば、産卵後の体力も回復しかなり美味しくはなっていると思います。 これからの秋の時期、べつに濃いダシにしなくても、刺身でも美味しいし、塩焼きなんかでも美味しく食べられると思います。

次の