アンルイス リンダ。 アン・ルイス VIRGIN LAND 歌詞&動画視聴

アン・ルイス リンダ 歌詞

アンルイス リンダ

収録曲• 01: 六本木心中(Roppongi Suicide) disc1 アン・ルイス/ disc2 アン・ルイス(英語ver. 02: Honey Dripper disc1 アン・ルイス/ disc2 ACTION(高橋ヨシロウ)• 03: LUV-YA disc1 アン・ルイス/ disc2 アン・ルイス(英語ver. 04: 天使よ故郷を見よ disc1 アン・ルイス/ disc2 Marcy(西田昌史)• 07: リンダ disc1 アン・ルイス/ disc2 竹内まりや• 08: あゝ無情 disc1 アン・ルイス/ disc2 西寺実(西田昌史、寺田恵子、二井原実)• 09: 薔薇の奇蹟 disc1 アン・ルイス/ disc2 Zi:LiE-YA(柴山俊之)• 10: I Love Youより愛してる(Let Me Be) disc1 アン・ルイス/ disc2 アン・ルイス(英語ver. 11: WOMAN disc1 アン・ルイス/ disc2 中崎英也• 12: 夢で逢えたら(Dreams) disc1 アン・ルイス/ disc2 大滝詠一• 13: グッド・バイ・マイ・ラブ disc1 アン・ルイス/ disc2 平尾昌晃 feat. アンルイス• <ボーナストラック>• disc1: あゝ無情(12" version) アン・ルイス• disc2: ODEON 19860318 吉川晃司 with アン・ルイス 作品・楽曲解説 <鈴木 啓之=アーカイヴァー> アイドル然としたデビューから、華やかなポップス・シンガーを経て、やがてはロッカーとしての一面も見せるなど幅広い分野で活躍を遂げたアン・ルイス。 70年代は「グッド・バイ・マイ・ラブ」「女はそれを我慢できない」、80年代には「ラ・セゾン」「六本木心中」、「あゝ無情」など数多のヒット曲を送り続けた彼女はファッションリーダーとしても才能を発揮した。 自身のステージ衣装のほか、キャンディーズの「やさしい悪魔」の衣装デザインも手がけたことは良く知られているだろう。 2013年に芸能界引退を宣言してから早5年。 オリジナルアルバムも復刻されて再び脚光を浴びている中で実現した本盤は、2枚組の1枚目が、74年「グッド・バイ・マイ・ラブ」から89年「WOMAN」までのアン・ルイス本人によるセレクション。 そして2枚目は同じラインナップを、各楽曲の提供者によるセルフ・カヴァーを中心に、所縁の人物のカヴァーやアン・ルイス自身による英語ヴァージョンなどの音源で集めた画期的なコンピレーション・アルバムとなった。 二度と実現しないであろう贅沢な顔ぶれによる、お馴染みのヒット曲が連なっている。 楽曲紹介 01: 六本木心中(Roppongi Suicide) disc1 アン・ルイス/ disc2 アン・ルイス(英語ver. そのさらなる発展形が、84年から85年にかけての大ヒットしたナンバー「六本木心中」。 作曲はアン・ルイスに多くの作品を提供したNOBODY。 84年10月にリリースされた後、有線やカラオケで支持されてロング・ヒットとなった。 DISC2はアン・ルイス本人によるセルフ・カヴァーの英語ヴァージョン。 作詞も彼女自身によるもの。 02: Honey Dripper disc1 アン・ルイス/ disc2 ACTION(高橋ヨシロウ) 86年にリリースしたアルバム『遊女』1曲目に収録されたライブでも人気のロック・ナンバー。 ヘビー・メタル・バンドACTIONの中心人物、高橋ヨシロウの作曲による作品。 DISC2はACTIONによるカヴァーを収録。 ちなみに、アルバム『JOSHIN』(87年)や『女息 -MEIKI-』の表題曲なども高橋ヨシロウの作品。 03: LUV-YA disc1 アン・ルイス/ disc2 アン・ルイス(英語ver. ) 83年にリリースしたシングル。 スクーターのCMソングとしてもお馴染みのナンバー。 「六本木心中」を作曲したNOBODYはアン・ルイスに多くの作品を提供しており、この「LUV-YA」も彼らの作曲。 作詞は吉田美奈子。 DISC2はアン自身の英語ヴァージョンを収録。 04: 天使よ故郷を見よ disc1 アン・ルイス/ disc2 Marcy(西田昌史) 87年のシングル。 宝飾メーカーのCMソングとして、お茶の間を賑わした。 EARTHSHAKERのヴォーカリスト、Marcyこと西田昌史の作曲。 DISC2のヴァージョンは、西田のカヴァーにアン・ルイスがコーラス参加している。 西田は「殉愛」「接吻-BELIEVE-」などの作品もアンに提供。 アン・ルイスは、83年にリリースしたアルバム「HEAVY MOON」(プロデュース:Char)で取り上げている。 もちろん演奏はChar。 DISC2は、アン・ルイスが参加したCharのライヴ・アルバム『PSYCHE1988』からのトラック。 このアンとCharの共作ともいえるアルバム『HEAVY MOON』はPINK CLOUDがバックを務めている作品もあり、ファンは必聴だ。 同年8月に山下達郎プロデュースにて、リリースされたアルバム「PINK CAT」に続いて、発売されたシングル曲。 同作は山下達郎や吉田美奈子がコーラスなどで参加。 DISC2には89年にリリースされた山下達郎のライヴ・アルバム『JOY』から収録。 07: リンダ disc1 アン・ルイス/ disc2 竹内まりや 竹内まりやがアン・ルイスに贈ったラブ・ソング「リンダ」は、80年に発売されたシングル。 同作品では、竹内まりやと山下達郎がコーラスで参加している。 DISC2は、81年リリースの竹内の5thアルバム『PORTRAIT』にてセルフ・カヴァーした作品を収録。 今回のトラックは、2008年リリースの竹内のベスト・アルバム『Expressions』から。 08: あゝ無情 disc1 アン・ルイス/ disc2 西寺実(西田昌史、寺田恵子、二井原実) 「あゝ無情」は、86年に発売された「六本木心中」に続く「歌謡ロック」の代名詞ともいえる曲。 ロック魂溢れる熱きリスペクトを聴かせてくれる。 2018年の4月「NAONのYAON」で、寺田恵子、早見優、相田翔子が歌唱し話題に。 09: 薔薇の奇蹟 disc1 アン・ルイス/ disc2 Zi:LiE-YA(柴山俊之) 「I Love Youより愛してる」の次のシングル。 アン・ルイスと同じ事務所に所属していた大沢誉志幸の作曲で、オリジナル版のアレンジは「六本木心中」と同じく伊藤銀次。 DISC2では伝説のロック・バンド、サンハウスのヴォーカリストにして作詞家でもある柴山俊之が率いるバンド、Zi:LiE-YAのカヴァーにて。 10: I Love Youより愛してる(Let Me Be) disc1 アン・ルイス/ disc2 アン・ルイス(英語ver. ) 83年の「LUV-YA」に続くシングル。 「六本木心中」をはじめ、多くの作品をアン・ルイスに提供したNOBODYが作曲。 作詞は、三浦(山口)百恵。 DISC2はアン自身の英語ヴァージョンを収録。 11: WOMAN disc1 アン・ルイス/ disc2 中崎英也 バラード名曲「WOMAN」は、89年のシングル。 DISC2では、今井美樹、小柳ゆきらの女性アーティストや、アイドルへの楽曲提供も少なくない作曲家・中崎英也による2018年の新録ヴァージョンを収録。 12: 夢で逢えたら(Dreams) disc1 アン・ルイス/ disc2 大滝詠一 大瀧詠一作のエヴァーグリーン「夢で逢えたら」。 そもそもこの曲はアン・ルイスに向けて書かれた曲で、大瀧がはっぴいえんどでの活動を終えてCM音楽を頻繁に手がけていた頃、そのひとつである花王「ドレッサー」のCMモデルをアン・ルイスが務めていたのが縁となり、出来上がった曲。 しかし同時期に吉田美奈子のアルバムへの曲提供を依頼され、吉田が最初にレコーディングすることに。 結局は後にアン・ルイスもレコーディングして、無事レパートリーのひとつとなった。 DISC2は2013年に大瀧が急逝した翌年、2014年に出されたアルバム『Best Always』から本人歌唱ヴァーョンを収録。 13: グッド・バイ・マイ・ラブ disc1 アン・ルイス/ disc2 平尾昌晃 feat. アンルイス ラストは2017年に惜しくも世を去った大作曲家、平尾昌晃の作品。 アン・ルイスの初期の代表曲。 DISC2はセルフカヴァー・アルバム『メロディー 〜ベストオブ平尾昌晃〜』(2011年)より、平尾本人の歌唱ヴァージョンを収録。 冒頭にアンのオリジナル・ヴァージョンからの語りの部分が再録されている。 <ボーナストラック> disc1: あゝ無情(12" version) アン・ルイス 実はこちらがシングル・ヴァージョンの元になったアレンジで、当時のライヴでは同ヴァージョンが演奏されていたというから、ファンにとっては馴染み深いもの。 <ボーナストラック> disc2: ODEON 19860318 吉川晃司 with アン・ルイス 吉川晃司とアン・ルイスがコラボレーションした幻の曲。 初出は2005年に出された吉川晃司のベスト『BEST BEST BEST 1984-1988』。

次の

アン・ルイス VIRGIN LAND 歌詞&動画視聴

アンルイス リンダ

この にはなが不足しています。 の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 ( 2013年1月) Ann Lewis アン・ルイス 出生名 Ann Linda Lewis アン・リンダ・ルイス 生誕 1956-06-05 (64歳) ・ ジャンル 、 職業 担当楽器 活動期間 - - - レーベル 公式サイト アン・ルイス(Ann Lewis、 - )は、の。 本名、 アン・リンダ・ルイス。 アイドル歌手としてデビューした後、歌謡ロックの第一人者として活躍した。 プロフィール [ ] 父親がアメリカ人(の軍人)で母親が日本人のハーフ。 に生まれ、に在った米海軍の住宅街ベイサイドコートで育つ。 、14歳のとき、を散歩中 、にスカウトされ 、「なかにし礼商会」第一号タレントになる。 に、ビクターレコードよりシングル「」でデビュー。 当初はやアイドル歌謡を中心に活動する中、1974年に「」がヒット。 その後、ロック(歌謡ロックと言われる場合もある)に転向し後半からにかけて「」や「」「あゝ無情」などのヒット曲を放った。 かつての所属は( 時代よりの熱烈なファンだったことも遠因する [ ])。 ファッションにこだわりを持ち、自身でステージ衣装のデザインを手がけることもしばしばある。 の「」のステージ衣装のデザインも手がけた。 記者会見で自らであることを打ち明け、しばらく父親の母国に在住していたが、にセルフカバーアルバム『REBIRTH』を発売と同時に音楽活動を再開した。 その後はファッションやペットグッズなどのデザイン、プロデュースも手がけている。 2013年4月6日、元夫のと息子ので親子3人共演CDを同年10月に発売すると同時に、これをもって完全にアン・ルイスが芸能界から引退することが発表された。 略歴 [ ]• 、シングル「」でデビュー。 、「」がヒット。 、ロック歌手の桑名正博と結婚。 、長男・美勇士を出産。 この頃、育児に専念するため音楽活動をしばらく休業する。 、活動再開。 結婚を機に芸能界を引退した山口百恵作詞の「」がヒット。 、桑名正博と離婚・「」がロングヒット。 また、同年の「」のCMにも出演。 頃、を患う。 、再び活動休止。 、活動再開。 、からタイアップパチンコ機「CR アンルイスと魔法の王国」がリリース。 、フジテレビ系の番組『独占! 金曜日の告白SP』に出演。 10数年ぶりのテレビ番組出演となり、近況を語るほか活動休止となったときの思いを語った。 この番組内で「現在もパニック障害の影響で人前で歌うライブができない」「(在住するという意味で)日本に行くことはもうないと思う」と告白した。 、フジテレビ系の番組『・芸能界の告白大ヒットに隠された壮絶人生SP! 』にVTRで出演。 一時音楽活動を休止する原因となったパニック障害や、元夫の桑名正博・長男の美勇士らの話をそれぞれコメントしていた(はかつての歌手仲間だった)。 、元夫の桑名正博と息子の美勇士で親子3人共演CDを同年10月に発売すると同時に、これをもって完全にアン・ルイスが芸能界から引退することが発表された。 家族 [ ] 桑名正博は元夫、長男はミュージシャンの美勇士。 美勇士の話によるとアンが4年に1度、来日する機会があり、その際は桑名と会うように仕向けているという。 音楽 [ ] シングル [ ] 発売日 タイトル カップリング 規格 販売元 1st 作詞: 作曲・編曲: 白い街サッポロ 作詞:なかにし礼 作曲・編曲:川口真 EP SV-2130 ビクターレコード VIMEG-10621 2nd 明日になったら 作詞:なかにし礼 作曲・編曲:川口真 愛の聖書 作詞:なかにし礼 作曲・編曲:川口真 EP SV-2174 ビクターレコード MEG-CD VIMEG-10622 ミュージックグリッド 3rd ハッピーヨコハマ 作詞:なかにし礼 作曲:H. Hertha 編曲:川口真 北国の雨にぬれて 作詞:なかにし礼 作曲・編曲:川口真 EP SV-2259 ビクターレコード MEG-CD VIMEG-10623 ミュージックグリッド 4th わかりません 作詞: 作曲:ジェーン・ナカシマ 編曲:川口真 悲しみはふるさとの想い出 作詞:加能順也 作曲・編曲:川口真 EP SV-2335 ビクターレコード MEG-CD VIMEG-10624 ミュージックグリッド 5th おぼえてますか 作詞:安井かずみ 作曲・編曲:川口真 あのね…… 作詞:安井かずみ 作曲:ジェーン・ナカシマ 編曲:川口真 EP SV-2381 ビクターレコード MEG-CD VIMEG-10625 ミュージックグリッド 6th 作詞:なかにし礼 作曲: 編曲: 暗くなるまで待って 作詞:なかにし礼 作曲:平尾昌晃 編曲:竜崎孝路 EP SV-2408 ビクターレコード VIDL-10384 ビクターエンタテインメント MEG-CD VIMEG-10626 ミュージックグリッド 7th ハネムーン・イン・ハワイ 作詞:なかにし礼 作曲:平尾昌晃 編曲:竜崎孝路 ためらい 作詞:なかにし礼 作曲:平尾昌晃 編曲:竜崎孝路 EP SV-2433 ビクターレコード 8th フォー・シーズン 作詞:なかにし礼 作曲:平尾昌晃 編曲:竜崎孝路 ジス・イズ・マイ・ラブ 作詞:なかにし礼 作曲:平尾昌晃 編曲:竜崎孝路 SV-2453 9th 恋のおもかげ 作詞: 作曲・編曲: 気まぐれな私 作詞:さいとう大三 作曲・編曲:馬飼野俊一 SV-2485 ビクター音楽産業 10th ラスト・シーン 作詞: 作曲・編曲: 待ちわびて 作詞:竜真知子 作曲・編曲:穂口雄右 EP SV-1255 ビクター音楽産業 11th ごめんなさい 作詞:なかにし礼 作曲:平尾昌晃 編曲:竜崎孝路 明日にしましょう 作詞:なかにし礼 作曲:平尾昌晃 編曲:竜崎孝路 EP SV-6001 ビクター音楽産業 MEG-CD VIMEG-10627 ミュージックグリッド 12th ラストコンサート 作詞:なかにし礼 作曲: 編曲:川口真 恋のラスト・シーン 作詞:なかにし礼 作曲:R. Stephens 編曲:川口真 EP SV-6136 ビクター音楽産業 MEG-CD VIMEG-10628 ミュージックグリッド 13th 甘い予感 作詞・作曲: 編曲: 青春の一ページ 作詞:なかにし礼 作曲:J. 12inch SJX-7011 ビクター音楽産業 WOMAN VICL-36145 ビクターエンタテインメント 27th 天使よ故郷を見よ 作詞: 作曲: 編曲:佐藤準 FOUR SEASONS 作詞:湯川れい子 作曲: 編曲:佐藤準 EP SV-7479 ビクター音楽産業 8cmCD VIDL-10389 ビクターエンタテインメント 28th KATANA 作詞: 作曲:鹿紋太郎 編曲:佐藤準 SIREN 作詞:J. Pashby 作曲: 編曲:佐藤準 EP SV-9328 ビクター音楽産業 8cmCD VDRS-1016 ビクターエンタテインメント MEG-CD VIMEG-10642 ミュージックグリッド 29th 美人薄命 作詞:石川あゆ子 作曲: 編曲:佐藤準 華 作詞:湯川れい子 作曲:Angelo 編曲:佐藤準 EP SV-9414 ビクター音楽産業 8cmCD VDRS-1128 ビクターエンタテインメント MEG-CD VIMEG-10643 ミュージックグリッド 30th WOMAN 作詞:石川あゆ子 作曲: 編曲:佐藤準 RUNNING OUT! 作詞:アン・ルイス 作曲:西田昌史 編曲:佐藤準 EP SV-9442 ビクター音楽産業 8cmCD VDRS-1168 ビクターエンタテインメント MEG-CD VIMEG-10644 ミュージックグリッド 31st 欲望 作詞: 作曲:中崎英也 編曲:佐藤準 WAITING 作詞:アン・ルイス 作曲:西田昌史 編曲:佐藤準 8cmCD VIDL-10043 ビクター音楽産業 VISL-47 32nd Finish!! Rudolph 編曲:土橋安騎夫 銀色の涙 作詞:アン・ルイス 作曲: 編曲:土橋安騎夫 8cmCD VIDL-10294 ビクター音楽産業 CT VISL-259 MEG-CD VIMEG-10641 ミュージックグリッド ビクターエンタテインメント 35th YA! 作詞:湯川れい子 作曲:中崎英也 編曲:K. Bullard 愛してるよ 作詞:岩里祐穂 作曲:大沢誉志幸 編曲:K. Bullard 8cmCD VIDL-10376 ビクターエンタテインメント CT VISL-10092 MEG-CD VIMEG-10645 ミュージックグリッド 36th VIRGIN LAND 作詞: 作曲:中崎英也 編曲:K. Bullard 砂塵 作詞:石川あゆ子 作曲:依田稔 編曲:K. Bullard 8cmCD VIDL-10554 ビクターエンタテインメント MEG-CD VIMEG-10649 ミュージックグリッド 40th WOMAN RHYTHM WOMAN RHYTHM(オリジナル・カラオケ) 8cmCD VIDL-10700 ビクターエンタテインメント 41st 恋を眠らせて 作詞: 作曲: 編曲: MOON 作詞: 作曲:近藤洋史 編曲:松本晃彦 8cmCD VIDL-10554 ビクターエンタテインメント MEG-CD VIDL-10755 ミュージックグリッド 42nd VENDETTA 作詞:松井五郎 作曲:村島一郎 編曲:K. Bullard BLEU 作詞:松井五郎 作曲:F. Simes 編曲:K. Bullard 8cmCD VIDL-30098 ビクターエンタテインメント MEG-CD VIMEG-10651 ミュージックグリッド 43rd 豹柄とPINK 作詞:アン・ルイス 作曲: 編曲:K. Bullard So in Love with You(アン・ルイス with ) 作詞:美勇士 作曲:大沢誉志幸 編曲:K. YOU English Version MAXI EDCR-15001 江戸屋レコード I L. Pink! 『ギルビー』CMソング 起用 Lovin' You 『コスメティック ルネッサンス』CMソング YA! 1〜』 出演 [ ] 映画 [ ]• (1974年)- 極楽島の女王 役• (1978年、主演版) 歌手役で出演し、「甘い予感」を歌った(同じシチュエーションでの映画出演は、他にも数本あり)。 (1983年)• (1986年)-池谷レイ 役 テレビ [ ]• 第22話(1974年、)- 坂本マリア 役• (1976年、)• (1978年、)• (1980年11月7日・14日、) - ケイ 役• (テレビ朝日) CM [ ]• 小西六写真工業(後の、現:)さくらカラー(1972年)• ドレッサー(1974年)• (現・) 明治ソーダ(1975年)• オーパス8(1979年)• アルキメンデス(1984年)• 合同酒精(現:、1985年)• (現:)ビデオムービー(1985年)• エリクシール(1980年代後半) 著書 [ ]• 『おしゃれ泥棒』 1978• 『I love youより愛してるから… ファニー・トーキング』 コバルトシリーズ 1984• 『アン・ルイスのアメリカンティップス L. でみつけた生活を楽しくするアイディア210』 2002 その他の関連人物・項目 [ ]• ギタリストで共演多数。 80年代後半から90年代前半にかけて多くの楽曲に参加。 過去にのバンドにも在籍。 バックコーラス「ピンクス」メンバーだった中田ゆうこを介して永年交流があった。 とくに村上-中田が結婚(中田はピンクス脱退・完全引退)の際、中田の披露宴の衣装の一部はアンがデザインした。 キャンディーズがデビューする前から、アンのバックガールを務めた経歴がある(アンの曲、「ハッピーヨコハマ」のバックコーラス)。 キャンディーズがデビューしてからは、「」の曲の衣装や、日本武道館で行われたサヨナラ公演のステージ衣装をアンがデザインした。 アンの「」を日本語および中国語でカバー。 、テレサの一周忌を機に日本で開催された展覧会のブックレットに、アンは追悼コメントを寄せている。 「」にアンがコーラスで参加。 ほか、との年末にで放送された桑田企画の音楽番組『』にも出演した。 の『』の第1回のゲストであり、そのインタビューの相手がこの2人だった。 の秋にレコード会社から「旅費は出しますので、アン・ルイスのインタビューをしてみませんか? 」と言われたディレクター陣がインタビューを敢行した。 このインタビューの帰路で企画された「」は番組を代表する企画の一つとなる。 アン出演の「ドレッサー」続編(秋)のCMソングとして、渡辺プロの依頼を受けてが提供したが、諸事情で不採用となったとされる。 後に別の歌手によって世に出た。 脚注 [ ] []• 2013年1月19日. の2018年10月29日時点におけるアーカイブ。 2018年10月29日閲覧。 産経スポーツ、2013年11月24日閲覧。 2009年3月13日放送回『独占! 金曜日の告白SP』出演時に発言• 提供者自身による。 「Tonight」とタイトルを変更して発売。 作曲者によるセルフカバー。 ドラマ『』挿入歌。 シングル『』のカップリング曲として収録。 TAP the POP 2014. 23 外部リンク [ ]• - プロデュースブランド• - MUSICSHELF この項目は、(・・・・など)に関連した です。

次の

アン・ルイスのオススメの名曲!厳選ランキングTOP10を紹介!

アンルイス リンダ

竹内まりや本人ヴァージョンも人気! 竹内まりや作詞・作曲のオールディーズ感覚の名曲「リンダ」 09 を収録! このヒット曲は竹内まりやからアン・ルイスへの結婚祝いとして作られたというエピソードや、曲名がアン・ルイスの本名に由来していることでも知られる。 当時のバック・バンドであるブラッド・ショットの新規起用にも注目。 プラネタリウムの惨劇 03分18秒 2. おとぎのダンス・ホール 01分58秒 3. タイム・オブ・ザ・シーズン 02分10秒 4. ちょうどいいレディ 03分02秒 5. ネイビー・ブルー・アフタヌーン 02分25秒 6. 恋する二人 02分58秒 7. ピンク・ボロニー 02分38秒 8. ミー 00分08秒 9. リンダ 04分15秒 10. ニュー・ライジング・スター 04分24秒 11. タイム・リミット 02分30秒 12. グッド・バイ・マイ・ラブ 00分47秒 13. ホワイ 05分02秒 14. ロンドン・デイズ 03分30秒 15. トラベリン・バンド 05分06秒 total 44分41秒.

次の