楽に 死ねる 方法。 「楽な死に方ランキング」今の所の第1位はコレだと思う、楽な死に方を知っていつでも逃げられる安心感を持とう

楽に生きる方法

楽に 死ねる 方法

こんばんは、アユムです。 ひきこもっている人は、 外から見たら「楽している」ように見えるかもしれません。 でも私がひきこもっていた時を振り返ると、 表面上の生活は楽に見えても、 精神的には四六時中追い込まれていたような気がします。 ひきこもる直前は、何が原因かもわからず、 とにかく辛くて苦しくてしかたなかった。 苦しすぎて、だんだんまともに仕事も生活もできなくなり、 ついにはひきこもってしまいます。 ひきこもっている最中も、気持ちはずっと辛かったです。 そのうち耐え切れなくなり、 その辛さから逃げるためにさらなる現実逃避。 現実的なことを考えるのを徹底的に避け、 いつもボーッとしてるか、 テレビやネットサーフィンに没頭する日々でした。 こういうの、外から見ると、 ますます「楽している」ように見えるでしょうね。 それも仕方ありません。 でも、本人的には、楽してるなんて到底思っておらず、 むしろ苦しくて苦しくてずっともがいていた感じです。 ひきこもりは生真面目な性格ゆえに・・・ 全員にあてはまるわけではないですが、 ひきこもる人って、 「楽したい」とは決して思っておらず、 むしろ楽に考えることができない人が多いのではないかと思います。 生真面目な性格で、繊細で、 「楽に生きる」とか「ゆるく生きる」ことを 自分に許すことができないのかもしれません。 自分にはそういうフシがありました。 ひきこもりから脱出しても、 楽に生きられない性格が災いして、 結果何度も何度も同じ失敗を繰り返しました。 楽に生きるにはどうすればいいか? 「楽に生きる」ような考え方をしなければ なかなかうまく行きません。 特にひきこもりの場合、私のように生真面目な性格なら、 「楽に生きること」をできるだけ意識しておいた方が人生もうまくいきます。 ちなみに「楽に生きる」というのは、 「楽して生きる」という意味ではありません。 「人生楽に考えて生きる」という意味ですので、 誤解しないでくださいね。 では、「楽に生きる」にはどうしたらいいのでしょうか。 いろいろありますが、中でも一番の特効薬は、 「他人と比較しない」 ということにつきます。 他人と比べると、自己嫌悪になって自信を失いがちです。 とくにひきこもりは、その時点で 他人より劣っていると感じるのでなおさらです。 「他人と比べる」ことはすぐにでもやめたほうがいいです。 「過去の良かった頃の自分」と比べるのも、 「楽に生きる」には支障になります。 「あの頃はあんなに良かったのに、 今はなんでこんなに落ちぶれてるんだろう・・・」 と、嘆いて落ち込むだけではないでしょうか。 楽に生きるには、 他人や、過去の良かった頃の自分と、今の自分を比べないことです。 「昨日の自分」と比較する どうしても比べたいなら、 「昨日の自分」と比べるといいです。 今日は昨日よりいいことがあったか? 今日は昨日より頑張れたか? 今日は昨日より進歩成長したか? 今日は昨日よりハッピーだったか? こういう風に考えて、 昨日より今日、今日より明日を より良く生きるように意識してみてください。 どうにもならない他人と比べるわけじゃないので、 気持ち的にはずいぶんと楽になりますよ。 昨日の自分を超えることは ちょっと頑張ればできることなので、 いい目標になるし、ストレスもたまりません。 しかもこれ、たとえ現在何歳であろうが、 どんなに長期間ひきこもっていようが、 難しいことではないですよね? そうやって日々少しずつ成長していくことができれば、 1年後はびっくりするほど自分が進歩しているはずです。 私も、 「人と比べない」 「昔良かった時代と比べない」 「比べるなら昨日の自分」 と考え、日々意識することで、 人生が確実に良い方向に変わってきました。 楽~に考えて少しずつ成長しよう その他には、 ・たとえ失敗してもすぐに許して次に進む、行動する。 ・常にフルスロットルは疲れ果てるだけなので、 普段は60~70%の力で過ごすことを意識。 大事なときには120%力を出してメリハリをつける ・なんでもかんでも深刻に考えない、 人生もっとゆる~~く考える なども、「楽に生きる」ために私が意識していることです。 今、ひきこもっている人は、 脱出するために、いきなり普通に戻ろうと頑張り過ぎるかもしれません。 でもそうすると、きつくてなかなか続かないこともあります。 そんなときは、もっと「楽に生きる」ことを考えて、 他人と比較せず、まずは「昨日の自分より今日は良くしよう」と ちょっとずつ頑張ってみてはどうでしょうか。 よければ参考にしてください。

次の

眠るように死ぬ方法ってあるでしょうか?

楽に 死ねる 方法

30代職歴なし、楽な死に方を追い求めているニートです、こんにちは。 最近、すごく気になる検索ワードでこのブログに辿り着いた方がいました。 それがこちら。 楽な死に方ランキング 楽な死に方ランキング? そんなランキングサイトがあるの? ちょっと見てみたい。 そう思って検索してみました。 メッチャ興味がありましたしね。 どんな死に方が候補にあるのか、1位は何なのか、ワクワクしちゃいましたよ。 でも、残念な結果で終わりました・・・ そんなサイトはなかったんです。 そういうサイトを検索していたんじゃなく、こういうランキングサイトがあったらいいなという検索ユーザーの望みだったみたいですね。 でもこれ、よくよく調べてみるとそれなりの数の人が検索しているワードでした。 もしかしたら、楽な死に方をランキング形式でまとめたサイトとか需要があるのかもしれませんね。 でも、そんなサイトを作るには自殺経験と生き残って書き残すという超高いハードルが待ち受けています・・・ できそうもないわ・・・1回も自殺に踏み切ったことがないから・・・ それに、自殺するほど追い詰められてるなら、生き残ったとしても書き残す気力はないかもしれないし・・・ 自殺未遂経験者達に聞いて、意識を失うまでが楽だった自殺方法とかを集計するとちょっとは作れなくもないけど・・・ なかなかハードな調査になるから一個人がやるには難しいですね。 う~む・・・そうなると空想で書くしかないから信憑性がないサイトになってしまう・・・ 楽な死に方のランキングサイト これは自殺志願者にとって最高のサイトですが、作るのは難しいサイトになりそうです。 ただ、今まで色々な楽な死に方を考えてきた結果 「とりあえず1位はこれじゃないかな?」っていうのがない訳でもないです。 ランキングってほど候補はないんですが、1位だけなら書けなくもないっていうか・・・ 私も自殺するならコレって決めている方法があるし・・・ このブログで自殺未遂者から色々な意見をもらってきて、楽じゃない死に方を排除していった先に浮かんだ方法というか・・・ 楽な死に方を求めている人がけっこういるなら暫定1位の方法だけでも書いてみてもいいかなと思いました。 今回は、ランキングではないですが、とりあえずこんな方法なら楽かもしれないよという候補の1つを紹介したいと思います。 自殺を推奨しているわけではないのは分かってほしい楽な死に方を紹介する記事を書いておいてこんな事を言うのもなんですが・・・ 自殺を推奨しているわけではありません 辛い人生ですが、やっぱり生きてどうにか頑張った方がいいとは思いますしね。 寿命で死ぬっていうのが人間としては一番の最後かと思いますし・・・ でも、なんでこんな記事を書くのかというと、こういう理由があるからです。 楽な死に方を知って、いつでも死に逃げられるというのは心の余裕を生むから 「いざとなったら楽になれる」という気持ちがあると、困難にも立ち向かいやすくなるみたいなんですよ。 辛い時の逃げ道があるというのは人間にとって希望になりますから。 安楽死を認めてもらった人にもそういう傾向があるそうです。 病気が悪化して辛くなった時、楽に死なせてもらえるなら頑張って生きられるだけ生きてみよう みたいな感じで前向きに人生を歩めるんだそうですよ。 人は逃げ道があると頑張れるという心理があるみたいです。 なので、追い詰められつつある絶望人生を歩んでいる方に、 ちょっとは逃げ道があるよ、いざとなったら逃げられるよ というのを伝えるために書こうと思います。 あくまで自殺を推奨しているんじゃなく 「いつでも死ねる(逃げられる)安心感を持って少し安らいで」っていう助けです。 いざという時、今の苦痛からいつでも逃れられるってだけでちょっと救われますしね。 こういう逃げ道がある事を知って、ちょっとは余裕があるというのを知ってもらえたらと思います。 2020年2月現在、一番楽に死ねる方法はコレだと思う長い前置きになりましたが、発表します。 2020年2月現在、一番楽に死ねる方法・・・ それは・・・ 凍死 です。 もうちょっと詳しく書くと・・・ 睡眠薬を飲んで眠ってるうちに凍死する です。 首吊り、練炭、飛び降り、飛び込み、刺殺、溺死、オーバードース・・・ 死のうと思えば色々な方法がありますが、その中でも一番負担がないのが凍死かな?って思います。 あ、当然、安楽死が1位なんですが、それは現実味がないですから排除してますよ。 安楽死が認められる日が来れば飛びぬけて1位になりますが、日本ではそれは無さそうなのでそれ以外で考えています。 安楽死以外で痛みとか苦しみとかをできるかぎり排除した死に方として考えた時 「眠ってるうちに凍死する」というのが一番じゃないかと思いました。 よく、楽な死に方の検索で多いのが 「眠ってる内に死ぬ」というワードなんですが、それを叶えられる方法でもありますしね。 睡眠薬を飲んで凍死する これが理想の自殺方法に1番近いと思います。 一応、この方法で死のうと思ってる私の自殺プランを書いておきます。 メッチャ単純なのですぐできると思いますよ。 まず、病院で「眠れない」と嘘をつき睡眠薬を入手します。 私、今、別の病気で病院に通っているので、多分、言えばすぐ睡眠薬が処方されると思います。 こんな所で病気での通院が生きるとは・・・何が役に立つか分かりませんね。 そして睡眠薬を手に入れたら、極寒の冬の深夜、公園のベンチで睡眠薬をちょっとだけ多めに飲み、強めの睡魔が来るのを待ちます。 そして眠気が襲ってきた所で着ているダウンジャケットなどを脱いで薄着になりそのまま眠りにつくだけです。 後は眠ってる内に、死ぬほどの寒さがすべてを終わらせてくれるという感じですね。 あ、そうそう、アルコールも摂取しておくと効果的という情報も見たことがあるので、お酒も飲むとより死が近くなるかもしれません。 強めの睡魔で意識を失うレベルになればなるほど楽になると思うので、お酒は効果的かもしれませんね。 他の自殺方法と比べても眠ってる内にすべてが終わるので、苦痛の度合いは小さいような気がしませんか? まぁやった事ないから確証はないんですけどね。 死ぬほどの寒さは薬の睡魔に打ち勝ってしまって起きちゃったりするんだろうか・・・ その辺はよく分かりませんが、頭の中のシミュレーションでは一番楽そうなので、これを候補にしています。 特に大きいのは、眠ってる内に死ねるっていう所ですね。 他の方法と違って、最後の一歩を思いきる必要がないっていうのがこの方法のメリットです。 ただ、本当に楽かどうかは分かりませんので、その辺は自己責任でお願いします。 とりあえず「こんな方法で死に逃げられないわけじゃないよ」という気休めになってもらえたらいいかなと思います。 できれば死なず、まっとうに生きられるといいんですけどね。 辛くなっても逃げられるという希望がある事を知ってもらって頑張って生きてもらえたらと思います。 綺麗な死に方がちょっとトレンドだったりするみたいあ、そうそう、この睡眠薬で眠ってる内に凍死という方法にはこんなメリットもあります。 それは・・・ 綺麗に死ねる というものです。 これ、けっこう重要な要素みたいなんですよ。 というのも、最近の死にたい系のワードではこういうワードが増えてきているからです。 綺麗な死に方 綺麗な自殺方法 死にたいけど、死体がグチャグチャだったり汚かったりするのは嫌っていう心理があるみたいです。 綺麗に死ぬ これが最近の自殺のトレンドになってますね。 その条件を満たす死に方はあんまりないので、綺麗に死にたかったら凍死が一番かもしれません。 首吊り、飛び込み、飛び降り、などの代表的な自殺方法は死体が悲惨な感じになりますからね・・・ 綺麗に死にたいなら、死ぬほどの衝撃を味わうような方法は避けた方が無難です。 死んだ後の事も気にするなんて、まだまだ余裕があるような気もしますが、最近の人はしっかり最後まで見据えて考えているという事なのかもしれませんね。 人間の最後は葬式をして火葬され、お墓に入るまでだったりしますからね。 そこで恥をさらせないっていう人間らしい心の現れかもしれません。 そういった方には凍死という綺麗に死ねる方法があるのを知って安心してもらえたらと思います。 最後に死体を人目にさらせる状態を保ちたかったら、衝撃系の自殺方法は避けるようにしましょう。 最後に 楽な死に方ランキング 「そんなサイトがあるのか?」という好奇心から始まった、私なりの楽な死に方の回答を書いてみました。 私の中で今のところ1位なのは 「凍死」です。 冬場の今、ちょっとやってみようかな・・・どうしようかな・・・って悩んでいたりしますしね・・・ まぁこういう逃げ道があるからこそ生きられるっていうのもあるので、楽な死に方になりそうな方法を知っているというのは気持ちの面では大きいです。 いつでも逃げられるからこそ、この絶望にも耐えられる・・・みたいな。 この記事を読んだ方も、自殺に踏み切るというよりは 「楽に死ねない事もないのか、じゃあもうちょっと生きてみようかな、いつでも死ねるなら今じゃなくていいし」 という感じで頑張ってもらえたら嬉しいです。 逃げ道はありますから、どうしても、もうどうやってもダメになるまでは頑張ってみたらいいんじゃないかと思います。 この記事は自殺を推奨していません 自殺するほど辛くなった時「逃げ道はあるよ」という小さな希望としてこの記事を読んでもらえたら幸いです。 いつでも楽に死ねるという安心感を胸に、辛い現実と戦ってもらえたらと思います。 「楽な死に方」と検索した方は辛い人生を歩んでいるのかもしれませんが、そんな人たちが、もうちょっと、あと少しだけ頑張って生きてもらえる希望になったら嬉しいです。 死ぬなんていつでもできる事なので、1度しかない人生を生きる方向に進んでもらえたらと思います。 yasu200.

次の

【匿名掲示板】簡単、楽、確実に死ねる方法はありますか?

楽に 死ねる 方法

Q 「死」こそゴールです。 生きててもつまんないです。 このままだと犯罪者になってしまうかもです。 ムカつく奴を殺したり、いい女をレイプしたりしてしまうかも。 そこで、社会に迷惑をかけずに、一歩でも「死」に近づくためにはどんな努力がありますか? 35歳の無職です。 世間でいう「クズ」「ゴミ」です。 一人暮らしで貯金を崩して生活してます。 自殺系は勇気がないので無理です。 ヤクザに絡んで殺されるとかも痛いので無理です。 理想はガンとかになりたいんですが。 自然に、病気で死にたいです。 突発的になら、急に通り魔に刺されるとかもいいですが、これはよほど運がよくないと無理ですね。 関係ないですが、こないだショッピングセンターの障害者トイレでカップルがセックスしてました。 こういうマナーのない人に腹が立ちます。 自分たちだけ気持ち良ければいいのか、とおもいます。 最後に、私は右利きです。 A ベストアンサー なにも早くゴールに行く必要ないですよ! クズなんかじゃないですし。 非常識な人に腹を立てる感情がありますしね。 35なんてまだ折り返し地点までも行ってないじゃないですか! まだまだですよ! それに無職の状態がずっと続くかは分かりません。 時間とともに気持ちも状況も環境も変わっていくものです。 前まで成績がどん底だった人が一年経ったらいつのまにか首位に立っていたりとか そんな話世間にはたくさんあります。 ・・ 今がつまらないなら今後楽しくなる出会いやきっかけに巡り会うかもしれないじゃないですか! この先なにが起こるかわからないように、楽しくなる可能性がゼロとは言えないのです。 楽に死ぬ事なんか簡単です。 長く生きてぽっくりいけばいいのです。 彼はとても一途で そしてすこし心が脆かったし 二年間の付き合いで 別れようとか別れたいとかいう言葉を口にしたことはありませんでした。 毎日大すき!っと言ってくれていました 私たちは車で二時間かかる距離で 遊ぶ回数は私は仕事であり、彼は学生であり 私の休みは土日は確実にないので あまり時間があわなくて 月一で彼の家にとまりに行く程度でした 彼と付き合ってくうちに 私は何度か別れたいとおもうときがありました その時は 彼氏がバイトもしないで奨学金で専門学校に通ってることに無償にいらいらしてたり 彼氏の恰好が v系寄りで少々派手だったり 彼の愛情が重く感じたり そんな理由でした。 一度本気で別れようといって連絡をとらなくしました そしたら 着信が90くらい来たり メールのあらしが来て 最後のメールで 俺はお前がいなきゃ生きてけない ごめん 死にます という文面で 首吊りのロープの写真がはられてました 私は怖くなって 怖くなって警察に連絡しました 警察から後ほど連絡きたら そのときは大丈夫だったそうでした それから話し合うことになって 会って話し合いました その時も彼の部屋で話し合ったのですが、 私は命をかけごとに使うことはおかしい と言いました 彼は別れたくないし 俺が死んだってお前には連絡いかないから大丈夫だよ^^ 言ってました・・ それからまた寄りを戻すことにしました そのころは、ただ死なれるのが怖かったんです 本当に死なれる気がしてどうしょうもなかったのです。 一回目の自殺予告のまえに ミクシーのほうで 死にたいとか もとから身長175cmで体重45キロくらいのかなり細身な体だったのに 首をつって余計なものが出ないように断食をする!って書いてあり その結果40キロまで落としてました その様子で 家族に精神病院にまでつれていかれたそうです。 私には何も遺言はありませんでした ただ 遺体には ポケットに私とのプリクラを入れて 手にはペアリング それだけの持ち物でこんな寒い深夜に山で首をつりました そしてミクシーのにっきに 彼女を責めないでください すべて弱い自分に原因がある お酒のせいですこし気がらくだ やっぱり世界一かわいい さすが俺が愛した人だ それだけ書いてありました 後悔しかありません そして今ではこんなにも引きずって なぜ振ってしまったのか こんなに自分を愛してくれてた人を どうして捨てたのか どうして救ってあげられなかったのか 後悔だらけです そしてできればあとをおいたい。 会いたい ただそれだけです これからさき一生このきもちをひきずっていくかとおもうと もう人生を終わりにしてもいいかなと思います だれかのアドバイスをききたいです また同じような経験をして今 どうやって暮らしているのか・・ できるかぎり質問にもこたえます よろしくお願いします 彼氏が一カ月前に自殺していました 原因は私にあるとおもいます。 彼はとても一途で そしてすこし心が脆かったし 二年間の付き合いで 別れようとか別れたいとかいう言葉を口にしたことはありませんでした。 毎日大すき!っと言ってくれていました 私たちは車で二時間かかる距離で 遊ぶ回数は私は仕事であり、彼は学生であり 私の休みは土日は確実にないので あまり時間があわなくて 月一で彼の家にとまりに行く程度でした 彼と付き合ってくうちに 私は何度か別れたいとおもうときがありました その時は... A ベストアンサー 度々すみません。 誰かを愛したら、誰かの優しさに縋り付くのではなく、自ら愛を与えなさい。 あなたはできる事は全てしました。 彼との交際中に、彼に愛を与えたじゃないですか? それは彼にとっては宝でかけがえの無いものです。 あなたが自我を堪えて、彼に嘘の愛を与える事が全て解決できたと思いますか? 私はそうは思えませんよ。 彼は自分の問題に彼自信が立ち向かうべきだった。 人を巻き込み、人の人生をうばってまで成せる事は、決して彼の力とは言えません。 あなたは幸せになりなさい。 辛さを経験しただけ、大きくなりなさい。 人の弱さや辛さがわかった今回を、忘れろとは言いません。 バネにして、誰かを愛した時、その人をありのままあなたの綺麗な目で見て、尊重してあげてください。 甘やかす事がすべてではありませんよ。 時には厳しく突き放す事が愛でもあります。 あなたは、この事を彼にしましたよね? 今は辛い、自分を責めるのも理解できます。 でも、あなたの人生はあなたが創るべきです。 厳しく書きましたね。 ごめんなさい。 ただ命を粗末にして、後悔しているのは彼自身でしょう。 あなたまで悩むと、彼はますます辛くなりますよ。 彼への供養は、あなたらしく生きること。 度々すみません。 誰かを愛したら、誰かの優しさに縋り付くのではなく、自ら愛を与えなさい。 あなたはできる事は全てしました。 彼との交際中に、彼に愛を与えたじゃないですか? それは彼にとっては宝でかけがえの無いものです。 あなたが自我を堪えて、彼に嘘の愛を与える事が全て解決できたと思いますか? 私はそうは思えませんよ。 彼は自分の問題に彼自信が立ち向かうべきだった。 人を巻き込み、人の人生をうばってまで成せる事は、決して彼の力とは言えません。 あなたは幸せになりな... Q 自殺したくて実際に自殺してしまう人と、自殺したいという気持ちは同じだけれど、結局出来ない人との間には、どのような心境の違いがあるのでしょうか。 自殺したいという状況、絶望感?は全く同じだとして考えて下さい。 私としては、自殺する時の苦痛に耐えられるかどうかが双方の違いの1つとして考えられるのではないかと思っているのですが、その点については皆さんどうお考えになりますか。 真面目な意見をお願いします。 例えば私は、この世に自分の存在価値を見出せず、こんな人間は生きる価値なんてないと思い、死にたいと考えてはいるのですが、自殺する際の身体的痛みや苦しさを考えると、「無理だ…」と思ってしまうのです。 血やグロいのが苦手なので、ウィキペディアの「自殺」のところで「自殺の手法」の「首吊り」などを読むだけで気持ち悪くなってくるのです。 もし、仮に、寝る前に一錠飲めば、寝ている間に自然に楽に死んでいるとかいう薬があれば、私はとっくに飲んで死んでいると思います。 つまり、安楽死のような苦痛を伴わない方法があれば、自殺を試みる人もいると思うので、やはり、自殺する際の苦痛を耐えられるか耐えられないかは少なからず関係しているのではないかと考えるのです。 今回は、自殺したら家族や周りの人に悲しみを与え、不幸にしてしまう、迷惑をかけてしまうといった周囲のことを考えての意見は置いておき、あくまで自殺したいという気持ちは同じだけど、実際にする人とやっぱり出来ない人との間にはどのような心境の違いがあるのかという点について、皆さんの考えが知りたいです。 よろしくお願いします。 自殺したくて実際に自殺してしまう人と、自殺したいという気持ちは同じだけれど、結局出来ない人との間には、どのような心境の違いがあるのでしょうか。 自殺したいという状況、絶望感?は全く同じだとして考えて下さい。 私としては、自殺する時の苦痛に耐えられるかどうかが双方の違いの1つとして考えられるのではないかと思っているのですが、その点については皆さんどうお考えになりますか。 真面目な意見をお願いします。 例えば私は、この世に自分の存在価値を見出せず、こんな人間は生きる価値なんてない... A ベストアンサー 自殺についての質問ですが、 個人の主観と他人が思っている事を比べるのは、難しいですね。 ご質問にある 1)自殺したくて自殺してしまうひと 2)自殺したくても自殺しないひと ですが 1,2が同じ気持ち場合、1,2の境界は何ですか? という質問だと認識しています。 まず、1,2で同じ「自殺したい」という気持ちは、 比較できないと思います。 ドラマなどで、「Aさんを好きな気持ちは、あなたより大きい、私が一番だ」 などというくだりが出てきますが、 気持ちを比べるのは、難しいと思いませんか? 1の場合でも2の場合でも、それぞれ事情があり、気持ちも異なると思います。 どちらも、大変な悩みを抱えていることに間違いはないと思います。 この大変な悩みを抱えている中に、質問者様もいるのでしょうね。 勇気を出して、このような内容を投稿したという事は、 それだけで、大変な思いをしているのが、読み手に伝わってきます。 私は、人生の中で2の経験は何度もあります。 ただ、それが1との境界がなんだったのかは、わかりません。 私に1の経験があれば、ここでコメントする事はできないですからね。 ましてや、他人の1と他人の2は、比較できないでしょうね。 回答にはなっていませんが、大変な悩みを抱えていると伝わって来たので コメントさせてもらいました。 自殺についての質問ですが、 個人の主観と他人が思っている事を比べるのは、難しいですね。 ご質問にある 1)自殺したくて自殺してしまうひと 2)自殺したくても自殺しないひと ですが 1,2が同じ気持ち場合、1,2の境界は何ですか? という質問だと認識しています。 まず、1,2で同じ「自殺したい」という気持ちは、 比較できないと思います。 ドラマなどで、「Aさんを好きな気持ちは、あなたより大きい、私が一番だ」 などというくだりが出てきますが、 気持ちを比べるのは、難しいと思いませんか?... A ベストアンサー 講釈師見てきたような嘘を言い。 講釈師を物理学者に替えても似たようなもの。 まして聞きかじりでもの言ってもしょうがないし、自分が体験もしないで、或いは体験した人の証言も得ないで断言しちゃえるわけが無い。 大体科学は人間のことをほんのわずかしか解明しては居ないんです。 科学って定説が覆っても「進歩」で片付けてしまい絶対に責任など取らない人種。 人間が爆弾を抱えていて爆発させても、痛みを感じるかどうかなど実際にはわからないんですよ。 大体ほんの僅か前まで「二十歳過ぎたら脳細胞は死ぬだけ」と言っていたんですからね。 脳の病気や傷害で運動機能に障害が起きたら諦めるしかないって99%の学者が言っていたんです。 脳の反応には時間がかかるから、それ以上に速く動くものは認識することは出来ない。 といわれていますけど、それすらも最近は怪しくなってきている。 だから痛みを感じるということが単に机の上の実験だけで言えることなのかどうかなど誰にもわかりません。 よく、人に刺された人や銃で撃たれた人が表現するのに「ドンと言う衝撃」「痛さではなく熱さ」といいます。 だとすれば別に爆弾抱えなくても、頭を打ち抜けば痛みではなく熱さだけかもしれないし、頭でなくても心臓でも同じかもしれない。 痛みを感じる前に20%の血液を失えば意識は混濁するから痛みも感じない可能性があります。 30%で失神するし。 痛みを感じても痛みを我慢する必要が無いというほうが間違いは無いかもしれませんね。 講釈師見てきたような嘘を言い。 講釈師を物理学者に替えても似たようなもの。 まして聞きかじりでもの言ってもしょうがないし、自分が体験もしないで、或いは体験した人の証言も得ないで断言しちゃえるわけが無い。 大体科学は人間のことをほんのわずかしか解明しては居ないんです。 科学って定説が覆っても「進歩」で片付けてしまい絶対に責任など取らない人種。 人間が爆弾を抱えていて爆発させても、痛みを感じるかどうかなど実際にはわからないんですよ。 大体ほんの僅か前まで「二十歳過ぎたら脳細胞は死ぬだ... Q 物心付いた頃から気になっています。 こういうのを考える・会話がされてる事自体が嫌いな方はスルーの方向でお願い致します。 公共良序に反すると思われる方もいる事と思いますが、、(社会的には積極的自殺は推奨されていない為、ただし、個人的にはそれが正しいかどうかは分からないと思っています。 そもそも完璧に正しい事なんて世の中に存在しないと思ってる為。 ちなみにこれは別の議論になると思いますし哲学論争になるのでここでは省きます。 )自殺マニュアルを書いた人ですら、何の罪にもなってません。 法的には回答は自殺幇助にはならない訳ですし、気になるんで質問です。 『完全自殺マニュアル』では首吊りがいいとされていますが、これだけ科学が進歩してるのに古代からある方法が一番と言うのが解せないですし、もっと何かある様な気がして仕方ありません。 死にたい時に死ねる選択が出来ると言うのが個人的に重要ですので、大変勝手ながら、即効性が無い「老衰」は禁止とさせて頂きます。 なるべく後遺症が無く、苦痛を伴わず、死後の状態が綺麗であるほど良い死に方とします。 この場合、何がベストなのでしょうか・・? 物心付いた頃から気になっています。 こういうのを考える・会話がされてる事自体が嫌いな方はスルーの方向でお願い致します。 公共良序に反すると思われる方もいる事と思いますが、、(社会的には積極的自殺は推奨されていない為、ただし、個人的にはそれが正しいかどうかは分からないと思っています。 そもそも完璧に正しい事なんて世の中に存在しないと思ってる為。 ちなみにこれは別の議論になると思いますし哲学論争になるのでここでは省きます。 )自殺マニュアルを書いた人ですら、何の罪にもなってません。... Q この症状が心の病気なのか、病院に行ったりしたほうがいいのか、教えてください。 症状は3年くらい前から出ているように思います。 ・毎日死にたいと思う 最初は夜寝るときだけだったのですが、最近では昼間でも考えるようになりました。 自殺の方法を考えたりすることもあります。 ただ、1度も行動に出たことはなく、妄想してるだけという感じです。 ・感情が抑えられない 母親のことがとても嫌いです。 なので、電話がきて話をして電話を切った後、憎悪の感情が押し寄せてきて体が熱くなり、感情が高ぶります。 そんな状態が2時間くらい続くことも。 電話に限ったことではなく、母親のことを考えただけでこうなることもあります。 生活は普通にできているし、食事も普通にできています。 ただ、人と会ったり話したりすると精神的にとても疲れてしまって、起きていられなくなることはあります。 カウンセリングなどに行ったほうがいいのでしょうか? その場合、カウンセリングにかかる金額も教えてもらえると助かります。 A ベストアンサー 毎日死にたいと思うようでは、実際辛いでしょう。 早く病院に行きましょう。 カウンセリング単独のところもありますが、精神科、心療内科で、カウンセリングを行っているところもあります。 はじめに医師が診察して、カウンセリングが必要だ、もしくは、患者が希望していて妥当だと思うと、カウンセラーの予約を入れてカウンセリングをするというシステムですね。 後者のほうは保険が利きますので、コスト的に大分安くなります。 まずは、医師と相談してみてください。 精神科、心療内科といっても、普通の診療科とそれほど違いありません。 料金もとりあえず3割負担で1500円程度です。 カウンセリングのことはそのとき話し合えばよいでしょう。 カウンセラーがいる精神科、心療内科を探すのは、ちょっと手間ですが、電話帳か、 通信簿. tusinbo.

次の