警視庁 災害 対策 課 マスク。 警視庁災害対策課が考案 キッチンペーパーで作る「簡易マスク」とは

「マスクの上下・裏表が分からない」ときの判別法を警視庁がツイートし反響

警視庁 災害 対策 課 マスク

今回公開した「手作りマスク」の作り方が注目を集めています。 新型コロナウイルスの騒動に関連して、品薄状態が続くマスク。 今後しばらく続く可能性も考えられますから、イザというときのためにもあらためて手順を確認しておきましょう。 材料は、ハンカチと……? なお、大人用であれば、ハンカチのサイズは標準よりも少し大きめの50センチ四方がおすすめだそうです。 手順は意外と簡単で、 ・ハンカチを半分に折り、さらに半分に折って帯状に ・2本のゴムの間隔が、顔の横幅より少し広めになるようヘアゴムをハンカチの左右から通す ・ハンカチの両端をヘアゴムの位置で折込み、一方を差し込むように重ねる 意外な効果として、「自宅で洗濯した香りがなんだか落ち着きました」とのこと。 言われてみれば確かに……な、ほっこりするコメントです。 実際に編集部でも作ってみました。 注意点としては、アカウントが言うように大き目のハンカチを用意しないと、装着した際に解けやすくなる場合がありました。 また、ハンカチの一方をなるべくしっかり差し込むようにすると、布同士の摩擦が強くなり、マスクがばらけにくくなるようです。 長時間利用する場合よりも、短時間のちょっとした外出などで効果を発揮できると感じました。 またアカウントでは、「ハンカチマスクはあくまでも代用品」であり、「通常のマスクと比較すると効果は落ちてしまう」点に言及。 一方で、ある程度の効果は期待できるとのことでした。 この投稿を見た読者の皆さんからは、「これは楽! 良い情報ありがとう」「いろいろアレンジできますね」と称賛する声や、中には「鼻のあたりにラッピングに使う針金を挟むと、隙間が防げるかもしれない」「中にフィルターの様な紙を、入れてました」とマスクの質をより高くするためのアイデアなどが寄せられていました。 手洗いやうがいなどでの対策を怠らないようお願いいたします。 先日、テレビで紹介されていた手作りマスクを作ってみました。 街中でも手作りマスクをつけている方も見かけますね。 ハンカチとヘアゴムを用意するだけ。 裁縫の苦手な私にとっては有難い情報でした。 つけ心地は、思っていた以上に息苦しさはなく、自宅で洗濯した香りがなんだか落ち着きました。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

マスクの作り方を警視庁災害対策課が考案!「ありがたい!」と話題に!|TRIP8J★BLOG

警視庁 災害 対策 課 マスク

「マスクをしていると耳が痛くなる」現象の解決策を、以前に投稿していました。 マスクを長時間付けていると、ストラップが食い込んでしまい、どうしても耳の付け根が痛くなってしまう……なんて悩みを持つ人も多いのでは? 当記事で、あらためてその回避策を紹介します。 作り方は簡単で、輪ゴムを片方のストラップに通して固定し、もう一方のストラップに固結びします。 これにより、マスクを装着した際に、ストラップの張力が柔らかい耳でなく、固い後頭部にかかるようになるというわけ。 筆者も作ってみました。 スポッとマスクを被るように装着します。 手順が分かっていれば、数十秒あれば作ることができました アカウントでは、「輪ゴムを2個使うと長さの調整もできます」と輪が小さかった場合の対処法もアドバイスしていました。 ちなみに紙を留めるための「クリップ」でも代用可能とのことです。 長時間マスクをする上で、耳の痛みは大きな障害となります。 困っている方は、ぜひ試してみてはいかがでしょう。 マスクをすると耳が痛くなることがありますが、簡単な方法で解決できます。 マスクの左右の紐を輪ゴム ヘアゴム やクリップを使って繋ぎ、耳ではなく後頭部に掛けることで、耳への負担がなくなり、長時間マスクをすることができます。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

「マスクの上下・裏表が分からない」ときの判別法を警視庁がツイートし反響

警視庁 災害 対策 課 マスク

裁縫いらない簡単手作りマスクの作り方 私もミシンや裁縫の知識もないので、「手作りマスクのハードルは高かった」のですが、今回紹介するのはその技術もいらないし、手元にある普通のハンカチで簡単に制作できるので、おすすめです。 その方法は警視庁警備部災害対策課のTwitterにて紹介されたモノになります。 (ハンカチの大きさは大人で50cm四方のもの、子供用はもう少し小さめのものがいいです。 (ゴムとゴムの間は頬の横幅より少し広めに取ります。 これで出来上がりになります。 画像の右下にも書かれていますが、あくまで予防や咳・くしゃみエチケットの感覚での使用方です。 これで完璧にウイルスが遮断される訳では無い事は認識してください。 それでも十分にありがたい、方法ですよね。 こんな感じでできました。 とりあえず32cm四方のハンドタオル(厚め)と輪ゴムで制作してみましたが、いいですね。 簡易的にはもってこいの手作りマスクです。 ものの1分位で制作できました! 洗濯も出来て、花粉症の私もこれなら大丈夫です。 ハンドタオル(厚め)をもう少し薄目の生地にして、輪ゴムをもう少しゆったりした柔らかいゴムに変えると、より長時間手作りマスクをかけてられそうです。 まとめ まだまだ油断できませんが、これから人が集まる所がどんどん制限され、せっかく季節は春になりお出かけや散歩の良い季節になりますが、 不要不急の外出はなるべく避けて、乗り切れるように生きていきましょう。 これからも話題や生活に役に立つ情報やワクワクするような未来のニュースや今後の新しい働き方・生き方などの有益な情報の更新はこちらのTwitterからも、告知する場合もあります。 日々のブログの記事更新をしていき、これから先も皆様と有益な情報をシェアしていきますのでよろしくお願いします。 多くの人にこの手作りマスクの存在を広めていきたいですね。 いろんな家庭環境があるかと思いますが、大変な時期もあります。 なるべくストレスの無い生活になるよう、乗り越えていきましょう。 うぇすてりあの田舎への移住計画 親の難病介護離職と早期リタイア して軽キャン旅へ Author:うぇすてりあ 当ブログは30~60代「中高年」の 【今・未来の生活】に役に立つ 情報が詰まったブログというより 【日々更新する書籍感覚】の 新しい形となっております。 163• 104•

次の