ソレハラ。 おさえておきたい パワハラ裁判例85

[B! webservice] ソレハラ ~日本最大級のハラスメント改善プラットフォーム~

ソレハラ

職場の同僚がパワハラを受けていても、なかなか声を上げることはできません。 加害者に対して、自分が告発をすれば、自分にパワハラが向く可能性があるからです。 そういう場合に、ぜひ利用してほしいサービスが生まれました。 『ソレハラ』というサービスです。 今回はハラスメントを匿名で代理通知してくれるサービス『ソレハラ』について、紹介をします。 【1】「ソレハラ」の概要 『ソレハラ』は、ハラスメントを匿名で、代理通知してくれるサービスです。 あなたの代わりに、『ソレハラ』が相手に「ハラスメントですよ」と伝えてくれます。 あなたの氏名やメールアドレスを登録する必要は一切ないため、匿名性は完璧と言えるでしょう。 【2】『ソレハラ』の使い方 まずは、『ソレハラ』のサイトに行きます。 すると、2018年9月現在では次のような画面が表示されます。 【3】ハラスメントの種類を選ぶ 画面を下の方にスクロールをすると、ハラスメント入力フォームがあります。 あなたが受けているハラスメントの種類をクリックして選択しましょう。 【4】ハラスメントの程度を選ぶ。 ハラスメントの種類を選んだあとは、ハラスメントの程度を選びます。 【5】相手方の氏名とメールアドレスを入力する 次に、メールアドレスと名前を入力します。 これは両方とも入力をしないと「どちらも入力してください」と出てきます。 しかし、匿名通報者である私達の名前やメールアドレスの入力は一切不要です。 相手のメールアドレスが分からない場合は、会社のハラスメント担当部署のメールアドレスでもよいでしょう。 なお、一般の会社では人事部がハラスメント担当をしていることが多いです。 【6】送信時間を設定する。 そして、素晴らしいのが、このステップです。 送信時間を設定することができます。 たとえば2週間後にメールを送信するなどを決めることができます。 これによって、誰が送信したのかがさらにわかりにくくなりますね。 たとえば1週間後を指定すれば、1週間後に相手方に通知が行きます。 ですから、誰がこのサービスを利用したのかは、まったく分かりません。 【7】文面を確認する そして、文章もすでに作られています。 『ソレハラ』では、加害者のメールアドレス宛てに、匿名で通知をしてくれます。 Aさんが加害者なら、そのAさんに注意を促すメールを送ってくれるのです。 しかし、相手方のメールアドレスに直接送るよりも、 まずは企業のハラスメント担当部署のメールアドレスに送るほうをお勧めします。 加害者のメールアドレスを知らない場合もありますし、知っている人から自分が特定される可能性があるからです。 『ソレハラ』を介した通知によって、会社が、トップからのメッセージや、アンケート調査などの対策を行ってくれたら、あなたは十分に役割を果たしたと言えます。 もし会社が動かない場合は、加害者のメールアドレス宛てに送ってもよいでしょう。 ただ、そこまでする義務はあなたにはありません。 パワハラを指摘するのは、決して簡単なことではありません。 それを指摘する人は、リスクを負うことになってしまいます。 被害者でない人々にまで、リスクを負えとは言えません。 ですから、会社の代表メールアドレスなど、誰でも知ることができるメールアドレス宛てに『ソレハラ』を通じた匿名通知をするだけでも、十分です。 あなたが無理をしない範囲でよいので、被害者のために動いていただけると嬉しいです。

次の

「それ、セクハラですよ」を匿名で通知 サービス開発の理由とは? (1/2)

ソレハラ

5月30日、クアレレ(Quaerere)は匿名でハラスメントを伝えるサービス「ソレハラ」をリリースした。 「ソレハラ」は無料で利用でき会員登録もいらないという手軽さ。 またサイト全体に可愛いネコのイラストが使われており心も和らぐことだろう。 まず匿名入力通知フォームからハラスメントの種類とハラスメントのレベルを選ぶ。 選び方は画像から当てはまるものをクリックするだけ。 次に、相手のメールアドレスと相手の名前を入力し、送信時間を選ぶ。 最後に通知内容のプレビューを確認したら送信だ。 すると、「白詰さん、ソレハラからのお知らせです。 」というメールが届いており、中身を確認するとネコのイラストとともにハラスメント行為への注意喚起について書かれていた。 レベルは、おこレベル、日常茶飯事レベル、鬱寸前レベル、犯罪の香りレベル、裁判・告発レベルの5種類がある。 サイトによると時間差の設定は身元がバレる可能性を減らすとのこと。 確かに、何かが起こったその日より、多少ずらした方が気づかれにくいだろう。 ネコが怒ったり泣いたりと何だか可愛い。 ハラスメントで悩んでいる心を多少なりともほぐしてくれるのではないだろうか。 ハラスメントに悩む人は、仕事への支障を考えて「自分が我慢すればいい」などあまり良くない状況になりがちだろう。 しかし匿名で伝えられるため、「伝える」ハードルは下がる。 それは一人で抱えて悩むことを防ぐことにもつながるだろう。 また伝えられる人も、早い段階から気をつけることができる。 「ソレハラ」は素敵な職場環境づくりに貢献するのではないだろうか。 (記事:楽趣みくす・).

次の

パワハラを目撃したら、「ソレハラ」を使ってみよう。

ソレハラ

すると、2018年9月現在では次のような画面が表示されます。 【3】ハラスメントの種類を選ぶ 画面を下の方にスクロールをすると、ハラスメント入力フォームがあります。 あなたが受けているハラスメントの種類をクリックして選択しましょう。 【4】ハラスメントの程度を選ぶ。 ハラスメントの種類を選んだあとは、ハラスメントの程度を選びます。 【5】相手方の氏名とメールアドレスを入力する 次に、メールアドレスと名前を入力します。 これは両方とも入力をしないと「どちらも入力してください」と出てきます。 しかし、匿名通報者である私達の名前やメールアドレスの入力は一切不要です。 相手のメールアドレスが分からない場合は、会社のハラスメント担当部署のメールアドレスでもよいでしょう。 なお、一般の会社では人事部がハラスメント担当をしていることが多いです。 【6】送信時間を設定する。 そして、素晴らしいのが、このステップです。 送信時間を設定することができます。 たとえば2週間後にメールを送信するなどを決めることができます。 これによって、誰が送信したのかがさらにわかりにくくなりますね。 たとえば1週間後を指定すれば、1週間後に相手方に通知が行きます。 ですから、誰がこのサービスを利用したのかは、まったく分かりません。 【7】文面を確認する そして、文章もすでに作られています。 自分で入力をしなくてもよいのは助かります。 また、自分で入力しなくてよいので、自分の文章作成の癖などで、特定される恐れもありません。 【8】相手方にどのような通知が届くか 自分にテストメールを送ってみた結果、次のようなメールが届きました。 【9】相手の反応を確認することもできる 上記の通知に対して、「反省している」を選んだ結果、次のような画面になりました。 これらの結果を、送信者は見ることができるようです。 素晴らしいサービスですね。 ぜひ広まってくれたらと思います。

次の