樹海 の 糸 歌詞。 違う曲で同じ歌詞Coccoの樹海の糸という歌に、「♪永遠を願うなら一度だけ...

ゆるふわ樹海ガール

樹海 の 糸 歌詞

Do As Infinityさんの曲は「散りゆく夕辺」というタイトルのようです。 樹海の糸も、こちらの曲も、「あぁ、・・・何か情景が目に浮かぶなぁ」という具体的ではないけれど、フッと誰しもの心に落ちてくるような、そんな曖昧さと共感性を孕んでいて、どこか儚く綺麗、それがまた、とても切ない歌詞ですね。 「永遠を願うなら、一度だけ抱きしめて・・・」 永遠って、ずっと続いていくこと、という意味なら、一度だけ、というのとは正反対のニュアンスですよね。 その対比が、心に切なさを運んで、耳に残るような気がします。 Coccoさんの曲にあった「強く儚いものたち」というのも、似たような響きでしょうか? 一見、反比例するようで、「強くて、儚いかぁ・・・あぁ、なんかわかるな、それ」という、上手く語れないけれど、胸に宿る何とも言えない感覚に、惹き付けられます。 「樹海の糸」では、このフレーズが「好きだけど、スキだからこそ、離れましょう」という歌詞の流れの中での伏線のようになっているように感じます。 相反する想いを抱きながらも、大切な人との別離の、その別れの儀式に似た静謐さと、きっと言葉にはせず、その決意と「抱きしめる」に込めた万感の想いを永遠にする、そんな得も言われぬ情景を鮮やかに思い起こさせてくれるような気がします。 「散り行く夕べ」でも、あのフレーズが「青くにじむ空の下で」と続くようです。 きっと、滲むのは、「一度だけ抱きしめて」ほしい人の瞳が、空を青くぼやかせているからでしょうね。 肩越しに見た空が、ぼんやりと滲んでいる情景を、「腕の中で見るのも、これで最期・・・」と目に浮かべた滴ごと焼けつけているような、そんな感じで。 確実では無い未来を想い描いて、ひとりの部屋で、「あなた」を想って、別れの予感を胸に、それでも「永遠を願って」。 ・・・切ないですね。 どちらの曲も、多分、相手の方には何も告げたり、尋ねたり、未来を語り合ったり、「私のこと、好きでしょ?」なんて聞けない、そんな女性の心の内を描いているのでは無いかと思います。 だから、すべて飲み込んで、ギュって、ギュって・・・「永遠を願うなら一度だけ抱きしめて」それで、優しいサヨナラを想うだけで精一杯なんじゃないかな、そんな気がします。 貴方との永遠を望んだから、一度だけ抱きしめて欲しい。 それで、貴方との思い出は、きっとかけがえの無い永遠になる。 そういう解釈も、少しは出来るかなぁ、どうでしょうか?・・・と思うのですが・・・。 (アセアセ) きっと正解は、曲を聴かれた方の数だけある!かと思いますので、あくまで素人の一意見ということで。 そうですねぇ、他にも、ひょっとすると同じような歌詞は邦楽にも洋楽にもあるかもしれませんね。 ピッタリ一緒では無くとも、歌詞検索(歌詞のフレーズ)サイトでサーチすれば色々と出て来るのでは無いでしょうか。 (中にはリスペクトする方の有名なフレーズを、オマージュとして使ってる方もいらっしゃるかも?) 本当に歌詞の世界は奥深いですね~! そして、こうしてどなたかの心に残るフレーズを生み出されたのだ、というのをお書きになられたご本人が知ったら、とても嬉しいのではないでしょうか。 私も、興味深い質問だなぁ、と見ていてついつい考えるのが楽しくなってしまいました。 (勝手ながらに)有意義な時間を有難う御座いました! それでは、失礼致します。 (あ、フレーズというほどではないのですが、私も1つよく気になる歌詞に「青い炎」というのがあります。 平井堅さんとかにも出てくると思うのですが、他にもアーティストはバラバラで割とアチコチ。 幻想的なイメージだからでしょうかね?).

次の

歌詞 「樹海の糸」Cocco (無料)

樹海 の 糸 歌詞

Do As Infinityさんの曲は「散りゆく夕辺」というタイトルのようです。 樹海の糸も、こちらの曲も、「あぁ、・・・何か情景が目に浮かぶなぁ」という具体的ではないけれど、フッと誰しもの心に落ちてくるような、そんな曖昧さと共感性を孕んでいて、どこか儚く綺麗、それがまた、とても切ない歌詞ですね。 「永遠を願うなら、一度だけ抱きしめて・・・」 永遠って、ずっと続いていくこと、という意味なら、一度だけ、というのとは正反対のニュアンスですよね。 その対比が、心に切なさを運んで、耳に残るような気がします。 Coccoさんの曲にあった「強く儚いものたち」というのも、似たような響きでしょうか? 一見、反比例するようで、「強くて、儚いかぁ・・・あぁ、なんかわかるな、それ」という、上手く語れないけれど、胸に宿る何とも言えない感覚に、惹き付けられます。 「樹海の糸」では、このフレーズが「好きだけど、スキだからこそ、離れましょう」という歌詞の流れの中での伏線のようになっているように感じます。 相反する想いを抱きながらも、大切な人との別離の、その別れの儀式に似た静謐さと、きっと言葉にはせず、その決意と「抱きしめる」に込めた万感の想いを永遠にする、そんな得も言われぬ情景を鮮やかに思い起こさせてくれるような気がします。 「散り行く夕べ」でも、あのフレーズが「青くにじむ空の下で」と続くようです。 きっと、滲むのは、「一度だけ抱きしめて」ほしい人の瞳が、空を青くぼやかせているからでしょうね。 肩越しに見た空が、ぼんやりと滲んでいる情景を、「腕の中で見るのも、これで最期・・・」と目に浮かべた滴ごと焼けつけているような、そんな感じで。 確実では無い未来を想い描いて、ひとりの部屋で、「あなた」を想って、別れの予感を胸に、それでも「永遠を願って」。 ・・・切ないですね。 どちらの曲も、多分、相手の方には何も告げたり、尋ねたり、未来を語り合ったり、「私のこと、好きでしょ?」なんて聞けない、そんな女性の心の内を描いているのでは無いかと思います。 だから、すべて飲み込んで、ギュって、ギュって・・・「永遠を願うなら一度だけ抱きしめて」それで、優しいサヨナラを想うだけで精一杯なんじゃないかな、そんな気がします。 貴方との永遠を望んだから、一度だけ抱きしめて欲しい。 それで、貴方との思い出は、きっとかけがえの無い永遠になる。 そういう解釈も、少しは出来るかなぁ、どうでしょうか?・・・と思うのですが・・・。 (アセアセ) きっと正解は、曲を聴かれた方の数だけある!かと思いますので、あくまで素人の一意見ということで。 そうですねぇ、他にも、ひょっとすると同じような歌詞は邦楽にも洋楽にもあるかもしれませんね。 ピッタリ一緒では無くとも、歌詞検索(歌詞のフレーズ)サイトでサーチすれば色々と出て来るのでは無いでしょうか。 (中にはリスペクトする方の有名なフレーズを、オマージュとして使ってる方もいらっしゃるかも?) 本当に歌詞の世界は奥深いですね~! そして、こうしてどなたかの心に残るフレーズを生み出されたのだ、というのをお書きになられたご本人が知ったら、とても嬉しいのではないでしょうか。 私も、興味深い質問だなぁ、と見ていてついつい考えるのが楽しくなってしまいました。 (勝手ながらに)有意義な時間を有難う御座いました! それでは、失礼致します。 (あ、フレーズというほどではないのですが、私も1つよく気になる歌詞に「青い炎」というのがあります。 平井堅さんとかにも出てくると思うのですが、他にもアーティストはバラバラで割とアチコチ。 幻想的なイメージだからでしょうかね?).

次の

歌詞 「樹海の糸」Cocco (無料)

樹海 の 糸 歌詞

Do As Infinityさんの曲は「散りゆく夕辺」というタイトルのようです。 樹海の糸も、こちらの曲も、「あぁ、・・・何か情景が目に浮かぶなぁ」という具体的ではないけれど、フッと誰しもの心に落ちてくるような、そんな曖昧さと共感性を孕んでいて、どこか儚く綺麗、それがまた、とても切ない歌詞ですね。 「永遠を願うなら、一度だけ抱きしめて・・・」 永遠って、ずっと続いていくこと、という意味なら、一度だけ、というのとは正反対のニュアンスですよね。 その対比が、心に切なさを運んで、耳に残るような気がします。 Coccoさんの曲にあった「強く儚いものたち」というのも、似たような響きでしょうか? 一見、反比例するようで、「強くて、儚いかぁ・・・あぁ、なんかわかるな、それ」という、上手く語れないけれど、胸に宿る何とも言えない感覚に、惹き付けられます。 「樹海の糸」では、このフレーズが「好きだけど、スキだからこそ、離れましょう」という歌詞の流れの中での伏線のようになっているように感じます。 相反する想いを抱きながらも、大切な人との別離の、その別れの儀式に似た静謐さと、きっと言葉にはせず、その決意と「抱きしめる」に込めた万感の想いを永遠にする、そんな得も言われぬ情景を鮮やかに思い起こさせてくれるような気がします。 「散り行く夕べ」でも、あのフレーズが「青くにじむ空の下で」と続くようです。 きっと、滲むのは、「一度だけ抱きしめて」ほしい人の瞳が、空を青くぼやかせているからでしょうね。 肩越しに見た空が、ぼんやりと滲んでいる情景を、「腕の中で見るのも、これで最期・・・」と目に浮かべた滴ごと焼けつけているような、そんな感じで。 確実では無い未来を想い描いて、ひとりの部屋で、「あなた」を想って、別れの予感を胸に、それでも「永遠を願って」。 ・・・切ないですね。 どちらの曲も、多分、相手の方には何も告げたり、尋ねたり、未来を語り合ったり、「私のこと、好きでしょ?」なんて聞けない、そんな女性の心の内を描いているのでは無いかと思います。 だから、すべて飲み込んで、ギュって、ギュって・・・「永遠を願うなら一度だけ抱きしめて」それで、優しいサヨナラを想うだけで精一杯なんじゃないかな、そんな気がします。 貴方との永遠を望んだから、一度だけ抱きしめて欲しい。 それで、貴方との思い出は、きっとかけがえの無い永遠になる。 そういう解釈も、少しは出来るかなぁ、どうでしょうか?・・・と思うのですが・・・。 (アセアセ) きっと正解は、曲を聴かれた方の数だけある!かと思いますので、あくまで素人の一意見ということで。 そうですねぇ、他にも、ひょっとすると同じような歌詞は邦楽にも洋楽にもあるかもしれませんね。 ピッタリ一緒では無くとも、歌詞検索(歌詞のフレーズ)サイトでサーチすれば色々と出て来るのでは無いでしょうか。 (中にはリスペクトする方の有名なフレーズを、オマージュとして使ってる方もいらっしゃるかも?) 本当に歌詞の世界は奥深いですね~! そして、こうしてどなたかの心に残るフレーズを生み出されたのだ、というのをお書きになられたご本人が知ったら、とても嬉しいのではないでしょうか。 私も、興味深い質問だなぁ、と見ていてついつい考えるのが楽しくなってしまいました。 (勝手ながらに)有意義な時間を有難う御座いました! それでは、失礼致します。 (あ、フレーズというほどではないのですが、私も1つよく気になる歌詞に「青い炎」というのがあります。 平井堅さんとかにも出てくると思うのですが、他にもアーティストはバラバラで割とアチコチ。 幻想的なイメージだからでしょうかね?).

次の