女王の教室 批判。 女王の教室 ドラマの感想(天海祐希)

名言溢れるドラマ『女王の教室』阿久津真矢が本当に教えたかったこと

女王の教室 批判

ただ、『ドラゴン桜』のつくりの稚拙さは論外として、『女王の教室』を階層格差ドラマとしてだけとらえるのはやや浅薄だ。 むしろ「ゆとり教育」批判と見るべきだろう。 子供が将来自分の力で生きられるようになるために、大人は本当は何を教えるべきか。 天海祐希の妙にハマった担任教師役は「ゆとり教育」の正反対を極端にまで推し進めたキャラクターとして、かなり真剣な問題提起をしている。 もう一つ、このドラマはいかにも日本的な悪平等主義、結果の平等主義に対する強烈な批判にもなっている。 天海祐希の受け持つ生徒たちは、みんなが1位でゴールする徒競走を演出する大人たちの価値観を見事に体現している。 一人の落伍者も出さず、みんな仲良くやっていくのが一番という価値観だ。 このサイトで取り上げた高橋伸介が『虚妄の「成果主義」』で書いているように、高度経済成長期の日本、つまり成果主義が導入される前の日本は、実際には大量の同期入社どうしが管理職のポストを争う、今より競争の激しい時代だった。 「ゆとり教育」や「結果の平等主義」はそんな社会を生きた「おじさん」たちの偽善の具現化だ。 「純粋な」子供たちには、こんな非人間的な競争をさせてはいけない。 みんな友達。 みんな平等。 それが偽善でなくて何だろうか。 それこそ本当の競争社会なのに。 検索: 最近の投稿• アーカイブ• カテゴリー•

次の

土曜ドラマ 女王の教室 を不快に思う方、打ち切り希望派の方に質問で

女王の教室 批判

ただ、『ドラゴン桜』のつくりの稚拙さは論外として、『女王の教室』を階層格差ドラマとしてだけとらえるのはやや浅薄だ。 むしろ「ゆとり教育」批判と見るべきだろう。 子供が将来自分の力で生きられるようになるために、大人は本当は何を教えるべきか。 天海祐希の妙にハマった担任教師役は「ゆとり教育」の正反対を極端にまで推し進めたキャラクターとして、かなり真剣な問題提起をしている。 もう一つ、このドラマはいかにも日本的な悪平等主義、結果の平等主義に対する強烈な批判にもなっている。 天海祐希の受け持つ生徒たちは、みんなが1位でゴールする徒競走を演出する大人たちの価値観を見事に体現している。 一人の落伍者も出さず、みんな仲良くやっていくのが一番という価値観だ。 このサイトで取り上げた高橋伸介が『虚妄の「成果主義」』で書いているように、高度経済成長期の日本、つまり成果主義が導入される前の日本は、実際には大量の同期入社どうしが管理職のポストを争う、今より競争の激しい時代だった。 「ゆとり教育」や「結果の平等主義」はそんな社会を生きた「おじさん」たちの偽善の具現化だ。 「純粋な」子供たちには、こんな非人間的な競争をさせてはいけない。 みんな友達。 みんな平等。 それが偽善でなくて何だろうか。 それこそ本当の競争社会なのに。 検索: 最近の投稿• アーカイブ• カテゴリー•

次の

ドラマ「女王の教室」が上級国民の特権構造を完璧に暴露してたと話題に! │ 黒白ニュース

女王の教室 批判

周りに気を使いすぎるところがあるが、真っすぐな性格でクラスを一つにしようと闘う神田和美にふんしたのが当時12歳の志田。 遊川からは「今回の役柄は『女王の教室』のときの志田さんの役の14年後のイメージだよ」と言われたという。 プライベートでは昨年9月に一般男性との結婚を発表し、世間を驚かせた。 和美と同じ塾に通う仲良しグループの一人、田中桃を演じた(さいり)は、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」(2017)で米屋の娘・米子を演じて注目され、昨年はドラマ「隣の家族は青く見える」「この世界の片隅に」「獣になれない私たち」に出演するなど引っ張りだこ。 トレードマークのハスキーボイスは子役時代から変わらない。 クールで成績優秀だが、和美をかばって真矢に逆らったことから、目を付けられる進藤ひかる役のはその後、ドラマ「白夜行」「ちびまる子ちゃん」(2006)、映画『』などで活躍。 来月5日公開の映画『』ではヒロインを演じているほか、2019年度後期の朝ドラ「スカーレット」ではふんする主人公の妹役に決まり、再び注目を浴びそうだ。 [PR] 伊藤沙莉と共に和美と同じ塾に通う仲良しグループの一人、佐藤恵里花を演じたは、鬼才・の映画『』(2010)で主人公の娘を演じ、同監督の『』(2012)や『』(2017)にも出演している。 男性陣では、お調子者だが和美の良き理解者で親友となる真鍋由介役を務めた松川尚瑠輝(なるき)も、ドラマなどで見かけることは多い。 「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」(2016)では演じる主人公が配属される校閲部のメンバー、「ブラックペアン」(2018)では研修医の北島達也、「下町ロケット」(2018)では「佃製作所」技術開発部の佐伯文也を演じた。 大ヒット公開中の映画『』にもベルボーイ役で出演していたが、気が付いただろうか。 最近はが主演を務めたドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」(2018)の第8話に出演していたほか、「今日から俺は!! 」(2018)の第8話に不良役で出ているのを見かけた。 そのほか、和美の姉役でも出演していた本作。 現在も活躍を続けるキャストたちの成長を感じながら、あらためて観てみるのも面白いかもしれない。 (編集部・中山雄一朗).

次の