閉経 前 の 症状。 閉経と更年期|更年期障害・更年期の悩みのことなら更年期ラボ

閉経にむけた更年期の生理パターンと閉経前の兆候について

閉経 前 の 症状

生理が終わりに近づくサインは、人によって大きく異なります。 閉経は、45歳以上で1年間、生理の出血がない状態だと、診断されます。 でも、生理の出血が完全になくなる前に、40代になると生理の乱れや変化が生じます。 どのような生理のリズムの乱れが生じるのか不安ですよね? 更年期の生理周期の乱れは、 卵巣の働きが衰え始めれば、すべての人に必ず起こります。 でも、どのように生理周期が乱れるかは、個人差があって、同じような月経異常、月経不順が起こるわけではありません。 でも、ある一定の順序は、あるのです。 その 秘密は、卵巣から分泌される女性ホルモンにあります。 卵巣の中の卵胞は、生まれてから毎年減っていきます。 この減り方はひとりひとり異なり、生まれる前の胎児のときにすでに決まっていると言われています。 女性は、生まれるときに、この原始卵胞を卵巣に約200万個蓄えています。 しかし、生理が始まる思春期には、約170万個から180万個が自然に消滅し、生殖年齢のころには約20~30万個まで減少しています。 その後も1回の生理の周期に約1000個が減り続けていると言われています。 そして更年期には、卵巣の機能が低下して、卵巣から分泌されるエストロゲン 卵胞ホルモン やプロゲステロン(黄体ホルモン)の量も減ります。 脳がいくら頑張っても、卵巣から女性ホルモンは分泌されない... 女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンがあって、卵巣から分泌されますが、 実は、卵巣は脳からの指令でコントロールされています。 けれども、更年期で卵巣機能が衰え、卵胞の老化、減少が進んでいると、脳がいくら頑張ってFSHやLHを増加させても、卵巣からの女性ホルモンは残念ながら分泌されません。 生理の乱れが自律神経の不調にも関係しています ホルモンバランスが崩れると、脳は混乱して、自律神経系(体温コントロールにも関係)に乱れを起こし、これがほてり、発汗、冷え、めまい、不眠、うつなどなど、更年期の不調につながります。 これが更年期障害の症状の一部です。 最終的には、脳からのホルモンも卵巣からのホルモンも低下し、ほとんど分泌されなくなり、生理の出血がなくなって、閉経します。 極めて少量のエストロゲンは、閉経後も脂肪組織などから分泌されていると言われています。 閉経までの月経のパターンは... さて、この女性ホルモンの分泌が減少していく過程で、生理は、周期や出血量(経血量)などがさまざまに変化して、閉経へといざないます。 その 典型例をご紹介します。 1~5の順に生理が変化することが多いですが、すべての女性がこの順序で進むわけではありません。 正常な生理(月経) 更年期の生理の変化は、周期が短くなる(頻発月経)ことから始まることが多いです。 たとえば、今まで30日周期だったのが、22~23日周期などと短くなります。 同時に生理の出血量(経血量)が少なくなり、生理が続く日数も短くなります。 周期が短くなる理由としては、• 卵巣機能が低下し、卵胞の数が減ると、エストロゲンの分泌量が減るため、脳は視床下部、下垂体からFSH(卵胞刺激ホルモン)を多く分泌します。 すると、卵巣が一時的に刺激され、卵胞の発育が短期間に進みます(卵胞期短縮)。 そのため生理から排卵までの期間が短くなり、基礎体温の低温期(卵胞期)が短くなりますが、排卵後の高温期(黄体期)は、この段階では変わらないため、周期が短くなるのです。 まだ、この時期には排卵している可能性があります。 ただし、極端に短い周期(15~19日)で生理が来る(頻発月経)場合は、排卵していないことが多いです。 生理(月経)期間がダラダラと長く続く さらに卵巣の機能が低下すると、ホルモンバランスが崩れ、生理周期が長い短いにかかわらず、生理(出血)期間が8日以上続くというケースも出てきます。 過長月経と呼ばれています。 長い人になると、2週間~1か月も生理が続く人がいます。 プロゲステロンの分泌量が減り、エストロゲンだけが少量分泌され、子宮内膜ができても内膜が厚くならないうちに、すぐに剥がれてしまうので、生理は排卵のない機能性出血のことが多いのです。 多くの場合、排卵はありませんが、たまに排卵している場合もあり、どちらとも断定できない状態です。 機能性出血は、更年期世代は閉経に向かう過程でもありますが、若い世代はストレスや生活習慣によるホルモンバランスの乱れで起こることが多いです。 生理(月経)周期が長くなる 最終の生理開始日から1年経っても月経がない場合は、閉経とみなします。 この順序には、個人差があります。 更年期だからとあなどらないで! 病気が隠れていることも 更年期世代は、隠れた病気による不正出血と、生理的な月経の乱れの区別がつきにくい時期です。 年1回は婦人科で、子宮や卵巣を経腟超音波検査などでチェックすることをおすすめします。 出血が長引く場合は、子宮筋腫や子宮内膜症、子宮体がん、子宮頸管ポリープなどの病気が原因のこともあります。 また、周期が短い生理が長期間続くと、貧血の可能性がありますので注意が必要です。 40代からの体の変化を、これから30年、40年、50年の人生を楽しく、元気に生きるためのいいきっかけにしましょう! 更年期についてもっと知りたい.

次の

【更年期障害】近づく閉経前の生理の症状

閉経 前 の 症状

閉経の平均年齢はおよそ50歳です。 閉経は女性は必ず経験することですが、なかなか人に相談しづらいことですね。 もう開き直って正しい理解をしていきましょう。 きちんと理解をすることで不安な気持ちや恐怖感はなくなります。 閉経の平均年齢についてまとめました。 1.閉経っていつ?閉経の平均年齢は50歳 閉経の平均年齢はおよそ50歳です。 閉経のピークも50歳といわれます。 更年期は45歳から55歳で、10年間です。 これは閉経が近づくにつれて女性ホルモンのひとつ、エストロゲンの分泌が安定しなくなるからです。 3.閉経の前兆 閉経の前兆はまず生理の間隔が乱れてきます。 生理が2カ月に一度だったり、20日間隔になったりと変化します。 経血の量も少なくなったり逆に多くなったり、少量の出血が2週間続いたりします。 精神的な面ではイライラや不安感に襲われることがあります。 一般的には生理の間隔はだんだんと短くなり、やがて間隔が長くなって閉経に向かいます。 4.閉経は遅くできるのか 閉経は遅くすることはできません。 グラフの通り45歳から55歳くらいにかけて閉経していきます。 女性ホルモン補充療法によって生理は復活させることができますが、これは更年期障害のつらさなどを緩和するために行われます。 5.閉経後の性生活 閉経後の性生活はかなり個人差があります。 エストロゲンの急激な減少によって膣壁が薄くなり性交痛が起こるようになります。 その場合は軽い女性ホルモン薬も有効です。 閉経しても性欲はなくならず、膣分泌液も十分な方もいます。 閉経が近づいていても排卵は起こっていますから、避妊が必要ないということではありません。 妊娠中絶の件数は減少傾向にありますが、40代以上や更年期での妊娠中絶の手術は一定あります。 閉経したものと思い込んで妊娠してしまうケースが多いようです。 出典: まとめ 閉経の時期、身体的、精神的変化は個人個人で違います。 無理せず婦人科、更年期外来に行ってもよいでしょう。 医師に相談することで不安な気持ちや恐怖感はなくなります。

次の

生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

閉経 前 の 症状

自然の状態で月経が1年こなかったら閉経です。 平均的な閉経年齢は50〜51歳ぐらい。 閉経とは月経が完全に停止した状態のこと。 日本人女性の平均的な閉経年齢は50. 5歳ですが、個人差があり40代で閉経する人もいれば、56〜57歳ぐらいまで月経がある人もいます。 残念ながら、自分の閉経がいつ訪れるかを事前に知る方法はありません。 ただ、月経の変化などから、ある程度見当がつくことも多いです。 更年期に入ると、卵巣の機能が低下しはじめ、卵巣はエストロゲンを十分に分泌できない状態になっていきます。 また、胎児期に数百万個あった原始卵胞の数も残り少なくなります。 そのため閉経が近づくと、月経周期が乱れてきたり、月経があっても無排卵月経が増えていきます。 そして徐々に月経回数が減り、完全に停止します。 医学的には、「1年以上月経がない」場合に閉経と診断されます。 このほか、稀に通常の閉経年齢ではない年代(40歳未満)で卵巣機能が停止し、無月経となるケースがあります。 「早発卵巣不全(POF)」という疾患で「早期閉経」と呼ばれることも。 なかには原発性無月経といって、月経が一回も来ないケースもあります。

次の