メントス コーラ ナマズ。 解説!メントスコーラのメカニズム【わかりやすく。アカデミックに。】

解説!メントスコーラのメカニズム【わかりやすく。アカデミックに。】

メントス コーラ ナマズ

メントス数粒で2リットルペットボトル入りダイエットコークは爆発的に噴射する に入ったの中にメントス数粒を一度に投入した際に急激にが気化し、泡が一気に数mの高さまで吹き上がる現象を メントスガイザーと呼ぶ。 この現象はダイエットとの組み合わせが良く知られ、また他の炭酸飲料でも起こる。 ただしダイエットコーラでない普通のでの噴出高は低い。 メントスを入れた状態でペットボトルのフタを閉じるとペットボトルが破裂する危険がある。 メントスガイザーは「科学男」スティーブ・スパングラー によって広められたのに加えで放映されたテレビ番組『MythBusters』 『』 の2006年8月9日米国放送分の主題となり素人科学実験の流行をもたらした。 コーラに塩や砂を入れると泡が激しく出る現象は昔から知られている。 またビールに塩を振りかけた場合にも泡が出てくる事象が観測される。 コーラにを入れる実験はで紹介されたことがある。 最大のメントスガイザーは『Mythbusters』が特別製のを使って出したもので、高さ23(約7メートル)である。 これはスティーブ・スパングラーによる18フィートの記録を破った。 この番組ではメントス以外にもさまざまな品を試し、で34フィートの記録を出している。 メントスガイザーの映像は2005年の後半ごろからやなどの動画共有サイトで公開されており、日本でも「メントスコーラ」や「メントス爆弾」などという名前でインターネット上で知られていた。 2006年6月頃にをまとった二人組の男性 EepyBird のユーザー「No. 137」が噴水の様に吹き上がる映像をYouTubeで公開した後にこの現象が広く知られるようになった。 2006年7月にはメントスの発売元であるVan Melle社のアメリカ法人がこの現象を「 メントスガイザー(Mentos Geyser)」と名づけ、YouTubeと提携してメントスガイザーの動画コンテストを開催した。 『ガイザー geyser 』は英語でを意味する。 メントスと炭酸飲料を利用して「メントスロケット」を作ることも出来る。 例として2リットルのペットボトル炭酸飲料に数個のメントスを投入、改造した栓をして瓶をよく振り栓が下になるように地面に投げつける。 このとき栓が外れれば、コーラのビンはロケットのように飛んでいく。 メントスロケットの映像もインターネット上に多数投稿されている。 発生メカニズム メントスコーラの実験動画 『MythBusters』ではダイエットコーラに含まれる、、と、そしてメントスの成分であるとのすべてがメントスガイザーの高さに関係し、メントス表面のな構造が現象の主因であるとした。 ワックスの覆いで包まれているメントスをに投入しても反応が起こらなかったのに対して、ワックスなしのメントスを炭酸水に投入するとメントスガイザーが生じた。 番組ではこれが物理的要因が主である証拠であるとした。 またをメントスの替わりに用いることが出来たこともメントス表面の性状が反応の原因であることを示すとしている。 水分子は互いに強く引き付けあって、連結して、コーラの中の二酸化炭素の泡ひとつひとつを囲む網を形成している。 二酸化炭素が新しい泡を形成するためには、水分子の網目から押し出されて離れなくてはならないが、それにはこのを破るための余分なが必要になる。 メントスがコーラの中に落とされると、メントスに含まれるゼラチンやアラビアガムが溶けて、となり表面張力を低下させる。 これが水の網の目を乱し、新しい泡が生成し拡大するために必要なエネルギー量を減らす。 そしてそれぞれのメントスには、その表面のいたる所に何千というごく小さい穴が存在する。 これらの微小な穴が二酸化炭素の泡を作るには最適な場所として作用する。 メントスがコーラに入るとすぐに、泡がメントスの表面中いたる所に発生する。 メントスは速やかに底に落ちるが、その途中で触れたコーラから二酸化炭素を放出させる。 こうして、圧力が突然増加し、液体のすべてが瓶から吹き上げ押し出されるという流れである。 コーラに塩を入れると二酸化炭素が気化する現象は salting-out の結果とも言える。 なぜが普通のコーラより効果があるのかについての明確な説明は見つからない。 アスパルテームや、の効果 については議論がある。 人体への影響 この現象をヒトなど生物の体内で実験することは大変危険であり、胃が破裂する可能性があるという説がある。 2008年5月、女子大学生がコーラを飲み、直後にメントスを食べるという実験を行ったところ、口と鼻からコーラを噴出し病院に搬送された。 このことにより、彼女は胃粘膜に若干の損傷を受けたとの報道がされた (これの様子を映した動画や映像などはない)。 しかし、『MythBusters』では検証のために胃液と同濃度の酸の入った豚の胃の中にコーラを注ぎ込んでメントスを投入する実験を2007年に行ったが、食道を通って胃の中に入るまでにコーラに含まれた炭酸が抜けてしまいメントスガイザーは発生しないとの実験結果が出たため、この都市伝説を「ウソ」と判定している。 2015年10月5日閲覧。 参考:。 YoutubeのEepyBirdのチャンネル• 网易新闻: 、2008年5月15日 外部リンク• - チャンネル.

次の

【衝撃】穴にコーラを流し込んだら魚じゃなくて危険生物が出てきて戦うことになった | バズプラスニュース

メントス コーラ ナマズ

ただ、この 「メントスコーラ」が起こるのは何故でしょうか? そこで、今回は メントスコーラの原理から、 メントスコーラを上手くやるコツ、 さらには、逆に 炭酸飲料を開けたときに噴出させない方法まで、ご紹介します。 意外と複雑だったメントスコーラの原理 メントスコーラは先ほどにも述べたように、正式には 「メントスガイザー」と言いいます。 このメントスカイザーの現象の理由を突き止めようとすると、意外と奥が深く、複雑で、厳密に説明しようとするとめちゃくちゃ科学マニアな話になってしまいます。 ですが、ここではそれを噛み砕いて、なるべくわかりやすく、サルでもわかるように説明していこうと思います。 基本は炭酸を振った時と同じ 炭酸飲料を振ってから開けると、一気に噴き出してしまうのはご存知ですよね? メントスコーラも基本的にはそれと同じことです。 ただ、「振る」かわりに「メントスを入れる」という点が異なるだけで、そのあとはほぼ同じと言えます。 それは何かというと、炭酸飲料を振る、あるいはメントスを入れた結果として起こるのは、 炭酸飲料(コーラ)中に溶けていた二酸化炭素が気体となり、その二酸化炭素の気体が液体である飲料(コーラ)を押し上げ、噴出する という現象です。 ただ、普通に振ったときよりも、メントスを入れた方が、二酸化炭素の気化が激しく起こるようです。 (なので、あんなに噴水のように噴き出すわけです) では次は、なぜメントスが二酸化炭素の気化を起こすのかについて、もう少し詳しく見ていきましょう。 メントスとコーラの最強コンビプレー メントスでコーラをあんなにも勢いよく噴出させる原因として、 コーラに含まれている成分と メントスに含まれている成分および形状すべてに関係あるようです。 ディスカバリー・チャンネルの番組『MythBusters』の分析によると、 コーラ中に含まれているカフェイン、アスパテーム、安息香酸カリウムおよび二酸化炭素と、 メントスに含まれているゼラチン、アラビアガム、また、メントスの多孔質な形状 のすべてが、メントスガイザー現象の原因となっているようです。 また、コーラの代わりに炭酸水にメントスを入れてみても、コーラほど激しく噴出することはないようです。 とにかく、このメントスガイザーは、 コーラとメントスの絶妙なコンビプレーによる奇跡的な現象ということです。 ざっくり説明してきましたが、次はさらに詳しく見ていきましょう。 もっと詳しいメカニズムは? もっと詳しいメカニズムとしては、 『MythBusters』によると、 まずコーラ中で、二酸化炭素の泡のひとつひとつはいくつかの水分子に囲まれて存在しています。 二酸化炭素が新しい泡を形成するには、水分子と水分子の間の網目から抜け出す必要があり、それには表面張力を破るためのエネルギーが必要となります。 そこにメントスを投下すると、メントスに含まれているゼラチン、アラビアガムが界面活性剤として働き、その結果、表面張力が低下し、二酸化炭素の泡が生成しやすくなります。 そこにさらにメントス表面の多孔質状の形状が二酸化炭素の気化に寄与し、 それらの結果、圧力が急激に増加し、コーラが吹き上げられる というわけです。 (詳しくは ) メントスコーラを上手くやる方法 メントスコーラを上手くやるには、以下方法が考えられます。 ・メントスの数を多くする。 これはたぶん言わなくてもわかるでしょう。 ・コーラはできるだけ大容量に。 これも感覚的にわかりますね。 ・普通のコーラよりもダイエットコーラで。 普通のコーラよりも、ダイエットコーラの方が効果が大きいです。 しかし、未だ理由は定かではありません。 また、他の炭酸飲料よりもコーラの方がうまくいきやすいです。 しかし、実は メントスを上回る強者がいました。 メントスよりも岩塩の方がすごかった コーラとメントスの偶然の要因により、メントスガイザーというド派手な現象がを引き起こすことが可能であるということがわかりましたが、 実は、メントスを上回る噴出を引き起こす物体がありました。 先ほどの『MythBusters』という番組では、 「メントス以外でもできるのでは?」 ということで、 様々な品をコーラに入れては、噴出するかを見てを繰り返したところ、 メントスの最高記録は23フィートを打ち破る者が現れました。 それは、 岩塩です。 4メートル でした。 これからは、「メントスコーラ」ならぬ 「岩塩コーラ」が流行るかもしれませんよ!? 炭酸飲料を開けるときに噴出させない方法 ここまで、いかにコーラを噴出させるかという話ばかりしてきましたが、 今度は、炭酸飲料を開けるときに噴出させない方法もご紹介します。 先ほども述べたように、炭酸を爆発させないためには、液体中に溶けた二酸化炭素を気化しないことが重要です。 ですが、振ったり、落としたりなどの衝撃を加えると、二酸化炭素の気化が起こってしまいます。 でも、これからご紹介する方法を実践すれば大丈夫です。 <炭酸を噴き出させない方法> ・容器を横にして転がす 開ける前に容器をゆっくり転がすことで、容器側面に付いている泡を取り除くことができます。 これによって爆発は起こりにくくなります。 ただし、ゆっくりやらないと逆効果なので注意。 ・側面を軽く叩く 容器の側面を軽く叩くことで、先ほどの転がした場合と同じように、容器側面に張り付いている二酸化炭素の泡を取り除くことができ、開けたときに噴出が起こりにくくなります。 ・しばらく置いておく これが一番安全な方法です(笑) 最後に、おまけとして、世界最高ともいえるメントスガイザーのとんでもない動画をご紹介します。 驚異のメントスガイザードミノ!? おまけとして、251本コーラと、1506個のメントスを使った メントスガイザードミノの動画をご紹介します。 四方八方から噴き出るコーラ噴水は、もはや美しいです。

次の

メントス

メントス コーラ ナマズ

Sponsored Links メントスコーラの原理!どうして泡が出るの メントスをコーラに入れて一気にに泡が吹き出る原理は2つ。 ゼラチンやアラビアガムなどメントスに含まれる成分• メントスの表面にたくさんある穴・くぼみ 肉眼では表面の穴・くぼみは確認できませんね。 では、どうしてこの2つの原理でメントスコーラが起きるのか?実はこの原理を理解するにはコーラやサイダーなどの炭酸飲料が どうして泡を出すのか分かることが大切。 これさえ理解できればメントスコーラの原理は簡単に分かります。 なので、まずは 炭酸飲料から泡が出る原理から見ていきましょう。 炭酸飲料から泡が出る原理 そもそも炭酸飲料は大量の二酸化炭素を溶かした飲み物で、その中に含まれている二酸化炭素がある程度集まると炭酸ガスとしてあの泡になります。 でも、二酸化炭素は 非常に溶けにくい性質。 だから、炭酸飲料の中の二酸化炭素は常に不安定です。 きっとコーラの中にある二酸化炭素も早く外に出たいと思っているでしょう。 また、コーラを初めて開けるとプシュッとなりますよね。 これは圧力によって無理矢理、 二酸化炭素を溶かしている状態。 なので、コーラの中にある二酸化炭素は常に外に出ようとしています。 しかし、それを逃げないように防いでいるのが表面張力が強い水。 ただ、表面張力と言われても分からないと思うので、簡単に説明すると液体が小さくまとまろうとする力の事です。 そして、この表面張力は私たちの身近にもあって、例えば、欲張ってコップいっぱいに水を入れたとき、溢れそうなのに 盛り上がって水が溢れないことがありますよね。 こんな感じ。 また、水滴を垂らしたときも小さくまとまろうとする力が働いて、平らにはならず少し丸くなっていますよね。 これが表面張力です。 これと同じようにコーラの中でも二酸化炭素炭素が外に出て行くのを水の小さくまとまろうとするチカラ 表面張力 で防いでいます。 これを理解できたらメントスコーラの原理が少し分かるのではないでしょうか? それはズバリ! 表面張力を弱めるものをコーラに入れれば良い。 そして、炭酸飲料の泡が出る原理はもう一つあって、それは「デコボコしているものを入れる」です。 コップにコーラを入れている様子をイメージしてください。 その時、泡はどこから出ていますか?もちろん、コップの側面や底で、真ん中からは出ていませんよね。 これはコップの側面・底が傷ついていたり、目には見えない小さなボコボコがあるから。 そもそも泡 炭酸ガス ができるにはコーラに溶けてる二酸化炭素がある程度集まることでした。 なので、コップの傷やデコボコは 二酸化炭素が集まって泡を作るのに最適な場所ということ。 ビールに塩を入れると泡立つのもこれと同じ原理です。 つまり、言い換えれば泡をたくさん出すには デコボコしたものをコーラに入れれば良いという事です。 では、これをメントスコーラに当てはめて考えていきましょう。 そして、メントスの断面図を見てみるとハードキャンディ・ソフトキャンディ・糖衣となっていて、この糖衣に約20層のデコボコ、くぼみがあります。 炭酸飲料の原理によると泡ができる最適な場所はボコボコしていたり、傷がある所でしたよね。 メントスコーラの原理も同じでメントスのボコボコ・くぼみが泡を作りやすい場所となって、 一気に大量の泡ができる現象が起こります。 つまり、メントスコーラはメントスの成分と表面の形によって起きます。 ところで、仕組みが分かっても気になるのが、もしメントスを食べながらコーラを飲んだらどうなるのか?という事です。 もし、危険なら間違ってもコーラと一緒に食べないようにしないといけませんよね。 なので、次はメントスコーラが原因で起こった事故を紹介していきます。 Sponsored Links メントスコーラが原因で起こった事故 メントスコーラが原因で起こった事故にこんな有名なお話があります。 2008年頃、中国のある大学に通っている大学生 21歳 が家で友達と一緒に動画を見てました。 そこで見つけたのが メントスコーラの動画です。 これを見た友達が体の中でやったらどうなるのだろうと疑問に思ったのでしょう。 自分がやってみると言ってコーラを一気に飲み、メントスを2. 3個食べました。 すると、どうなったのか? 口や鼻から大量のコーラを吐き出し、お腹が膨れて呼吸困難になって救急車で運ばれました。 病院では胃の粘膜が傷ついていると先生から言われ、専門家はこのような危険なマネしてはいけないと言ったそうです。 ただ、この事故の動画、ニュースで取り上げた映像、新聞記事はいっさい残っていません。 なので、本当かどうかは分かりませんが、ちょっと恐ろしいですね。 また、これからはコーラを飲みながらメントスを食べないようにしないと!って思いましたか? でも、安心してください。 普通にメントスを食べながらコーラを飲む分には安全です。 第一にメントスを食べるという事はたくさん噛んだ後に体の中に入るので、 表面のボコボコ・くぼみはなくなり泡はたくさん発生しなくなります。 また、コーラも飲んだら表面貼力が弱って、二酸化炭素が外に出れるようになるので、胃に入る頃にはコーラに含まれる炭酸は抜けているんです。 なので、普通に食べる分には安全で体の中でメントスコーラの現象は起こりません。 そうなると気になるのがあの事故は嘘だったのでないかという事。 実は、これをアメリカで放送されていたテレビ番組が豚を使って検証しています。 番組では豚に胃液と同じになるように酸を入れて人間と似た状態を作り、そこにメントスとコーラを体内に入れるとどうなるかという検証でした。 気になる結果は「何も変化は起きない」です。 コーラの二酸化炭素は食道を通って胃に行くまでに 完全に抜けてしまいメントスコーラが豚の体内で起きる事はありませんでした。 なので、あの事故はデマだったかもしれません。 また、メントスとコーラなら一緒に食べる人がいそうですよね。 もし、あの事故が本当だったら危険があるのでメントスに何かしらの注意書きがあるはずです。 最後に メントスコーラの原理を簡単にすると、• コーラの中の二酸化炭素は溶けにくい性質で不安定なので外に出ようとする• その二酸化炭素がいくつか集まれば泡となる• ただ、水の小さくまとまろうとする力が外に出るのを防ぐ• メントスの成分がその力を弱め、さらに表面のボコボコが泡を作るのに最適な場所。 結果、泡の大量発生 この流れでしたね。 今までずっとメントスコーラと言っていましたが、実はメントスの販売元のアメリカ法人がこの現象をメントスカイザーと決めいるんです。 正式名が付いているなんて驚きですね。 そして、このメントスカイザーの最高記録が約7メートル。 建物にすると3階分です。 私が今住んでいる家が2階建ての一軒家なので余裕で超えますね。 また、メントスカイザーは面白い現象ですが、家でやると床がびしゃびしょになったり、メントスをたくさん入れた後にキャップを閉めると ペットボトルが爆発する可能性があります。 なので、行うときには安全に気をつけるようにしましょう。

次の