鶏 ガラスープ 使い道。 鶏ガラスープの取り方 ゼラチン質で固まる濃厚鶏スープ

濃厚!鶏ガラスープの取り方〜下処理から丁寧に解説〜

鶏 ガラスープ 使い道

鶏がらスープに使う野菜 鶏がらの臭みを消すために、基本はネギの青いところと生姜。その他、使う料理やお好みでにんにくや玉ねぎ、ニンジンなどを使います。 ラーメンの場合、にんにくは必須、他に玉ねぎやニンジンなど、多くの野菜を使うことで味が複雑になり、おいしい鶏がらスープに。 1l~1. 5lのスープならにんにくは5~6片を基本に、お好みでさらに増やしてもいいかと思います。 白湯スープにする場合は玉ねぎを多めに、ニンジンやキャベツなど野菜をたくさん入れることで、ポタージュのような甘みのあるスープに。スープの濁りを気にしない場合、野菜は捨ててしまうような切れっ端があればどんどん入れてしまっていいと思います。 残りは冷凍して下さい。 鶏がらスープの旨味を一番感じられるのは、鶏がらスープにゴマ油を足らし、塩胡椒で味付けしただけの中華スープ。 市販の鶏がらスープとは全く違う旨味を感じるかと思います。 チャーシューなどを作る時に豚バラブロックや鶏むね肉をスープと一緒に煮込めば、さらに旨味が出た美味しいスープに。 透明な清湯スープの場合は火加減もちょうどよく、やわらかく美味しいになります。 鶏がらはスーパーの精肉コーナーでも隅っこに追いやられていますが、常備しておけば色々な料理に使える万能の鶏がらスープになります。

次の

鶏ガラ・豚ガラの下処理方法

鶏 ガラスープ 使い道

本日鶏がらスープに初挑戦しましたが、味がほとんどお湯の様な物が出来上がりました。 こしょうなどの香辛料を含まない自作の鶏がらスープってそのような味でよいんでしょうか? ためしに顆粒の鶏がらスープの素で作った物と比べたら濃厚さというか味の深みが歴然でした。 レシピは、以下です。 鶏がら 2羽 青ねぎ 緑の部分を3本分 しょうが スライス5枚 にんにく 1かけ 包丁の腹で押しつぶした物 しいたけ 2個 たまねぎ 4分の1個 水4リットル 1、まず鶏がらをそのまま水から煮て、沸騰したら取り出して水洗い。 2、こびりついた内臓や血合いを除去し、2~3センチ幅に切りました。 3、再度水4リットルを入れた鍋に入れ沸騰するまで強火で火にかけ、その後弱火で30分ほど、灰汁がほとんどでなくなるまで煮込み。 4、香味野菜投入し2時間煮込みました。 大体半分位の量になり、色はおいしそうな少し澄んだ黄金色といった感じです。 が、味はほんの少しの鳥風味+少ししょうがの香りがする程度の味気の無いほとんどお湯の様な味なんです。 以前鶏がらスープの素で自作塩ラーメンを作ったときに、今一味に深みが無いなぁと思い今回作ったのですが、出来たものに塩とねぎ油を入れて試作しましたが風味の無い薄すぎる味。 スープの素に負けました。。。 以上で何か作り方間違っているんでしょうか? それともそんな物ですか? いろいろ指摘やアドバイス等いただければ幸いです。 よろしくおねがいします。 ご回答有難うございます! しいたけは生で投入しました。 これは前日の焼肉の残りに自分の好きなシイタケが余っていたので。 専門的な知識が無いもので、うまい物+うまい物=もっとうまい物的な浅はかな考えで入れましたが、思ったよりも風味も味もでなかったです^^ 今後、香味野菜を使用目的によって組み合わせをいろいろ考えて作ってみます! 市販のスープの素は塩と化学調味料がたくさん入ってるんですね! スープの素=<自作スープ 程度になると思っていたので。 味を比べたときビックリしましたが、それを知って今とてもスッキリしました。 おかげさまで今日塩コショウで味を調えたら、なんとか食す事ができました。 とはいえまだまだうまいと思えるスープではないのでみなさんのアドバイスを参考に、オリジナルのおいしいスープができるように頑張ってみます。 ありがとうございました! 参考にならないかもしれませんが、うちは、ガラではなく、鶏一羽そのまま使います。 皮もついたままです。 内臓は取り除いてあります。 香味野菜は、たまねぎ、セロリ、にんじんを五センチの長さに切ったものを適宜、鶏の下に敷き詰めるようにして、弱火と中火の間ぐらいで、とろとろ一時間半から二時間かけて鶏が茹だって、スープ半分の量になるまで煮詰めます。 (鶏は、お湯が沸騰してから入れると、あくが少なくてすみます。 ) 鶏を引き上げて、お肉を骨からはずし、スープをざるでこして、下ごしらえは出来上がりです。 このスープにお好みで、塩+コショウ、ハーブやしょうがなど、味付けをなさるといいと思います。 正直な話、これは義母から伝授されたスープの取り方なんですが、どうしても、義母のようにうまくできません。 経験と年数、自信が物をいうような気がします。 まず鶏ガラの量が少ないですね。 ガラは鍋に隙間なく敷き詰めた状態で 水はぎりぎりガラが隠れるくらいまでしか入れません (ガラを切ってやる必要はあまりないかと思います。 出汁が出るころにはグズグズに煮崩れじょうたいですから) そして、水分が蒸発してガラが水面から出ないように 適宜水を追加してやります。 通常の中華料理屋などはこれくらいの量を使います。 一部のラーメン屋などはガラが煮崩れて空いた所に 更に追加でガラを入れたりすることもあります。 次に、4リットルの水が2時間で半分になる とのことなので、火力が強いことが考えられます。 火力は弱火で水面に泡が1つ2つポコ…ポコ… といった状態を維持してやります。 別に火力が強くても問題ないのですが、 出汁の出る時間はさほど変わらないですし 鍋の中が揺れると、スープが濁ります(白湯スープはグラグラ煮て作る)。 ちなみに最初は強火で、アクをあらかた取り除いてから弱火にします (強火の方がアクが短時間で出やすく、またすくい易い)。 下茹での際は、沸騰してからガラを入れてください。 水から入れるとアクが出るまでに時間がかかり、出汁も流れ出てしまいます。 あと、出汁を取る時間は最低3時間は欲しいです。 私は4時間くらいを目安に作ります。 鶏ガラの皮や脂は教科書では取り除くことになっているはずですが スープとして飲むのであれば残しておいた方が良いでしょう。 鶏の脂が香りとして生きてきます (色々な料理に使う中華料理店は鶏の脂の香りが邪魔になることもあるので取り除く、 その際は料理によって鶏油だけを追加してやる)。 ざっと書くと以上ですが 出来上がりは「うっすら鶏の香りの味気ない?出汁」かもしれませんよ。 もし満足いくものが出来なければ、「塩ラーメンのスープの取り方」 などで質問してみてください。 プラスアルファの技があります(もう少しお金がかかります)。 はじめまして。 おばさんです。 鶏がらスープは私もよく作ります。 色々な作り方があり、これが正しいというものではないのかもしれませんね。 満足できなければ試行錯誤で試してみることでしょうか。 私の作り方もあなたとほとんど同じですが、少し違う所もあります。 試行錯誤の一つとして参考にしてください。 材料はほぼ同じですが、青ネギではなく白ネギを使っています。 それに、私はお酢を少量いれます。 鶏がらは初めに内臓の所を粗塩でこすり、流水で内臓の汚れを取ります。 水に鶏がらを入れ中火でゆっくりと沸かし、灰汁を取りながら煮込みます。 沸騰はさせません。 ある程度灰汁が取れたら弱火にして煮込みます。 良い加減まで煮込んだら水を少し足し、もう一度中火にし沸いてきたら弱火にし て煮込みます。 (びっくり水のような感じです) 良い加減のまでに煮詰まったら火を消し、冷めるまでそのままにしておきます。 (私は鶏がらが触ると煮崩れた感じになるまで煮込みます) 冷めてからザルでスープを越します。 あなたの煮込み時間より私の方が少し長いかもしれません。 時間のある時に試してみてください。 我が家では、冬は台所にストーブがあるのでその上で煮込んでいます。 沢山つくりペットボトルに入れ冷凍をし、鍋やカレーなどにも使っています。 納得のできるおいしいスープができると良いですね。 お役に立てなかったらごめんなさいね。 A ベストアンサー スープとなると「手羽先」かな? 価格的にも手頃なので・・・ それか高くても良いのであれば「骨付きもも肉」です。 要は骨が付いてる物を使えば宜しいかと。 作り方は煮立った水にダシにする鶏肉を入れ暫く炊く。 するとアクと脂が浮いてくるので綺麗に取り除く。 その時煮立ちすぎるとダシが白く濁ってしまいます。 弱火でこつこつと行って下さい。 すると綺麗なダシになりますよ。 煮立たせる時間は 好みでお決め下さい。 それと 一度いつも行かれてるのはスーパーだと思いますが、そこの鶏肉部門の方に「鶏ガラ欲しいのだけど」と聞いてみては? もしかしたら置くの作業場で鶏肉の解体してたら骨出ますので、貰えるかも知れません。 Q 鶏がらスープを作ってみたいと思っています。 自宅近くのスーパーで鶏がらを売ってるのですが、ぶつ切りのパック売りなんです。 外から見る感じ、3センチ四方ぐらいのぶつ切りが八個ぐらい、鶏モモやムネの一枚売りと同じ大きさのパックに入っています。 68円。 何グラムかは書いていません。 200グラムぐらいかなと思っています。 お聞きしたいのは、一リットルぐらいの水でスープを作るのに、これをどれぐらい買えばいいかなということなんです。 レシピを見るとだいたい、一リットルに一羽分です。 一羽分が何グラムぐらいなのか、見たこともないのでわからず… 数字的でないこと(例えば水はガラが隠れるぐらい入れる、とか)でも結構ですので教えてください。 A ベストアンサー こんにちは。 ウチでは、2羽分よりちょっと多めの鶏ガラで3リットルちょいのガラスープを作る感じです。 2羽分よりちょっと多い、というのは、一羽分と言いつつ、お肉屋さんがいつも多めに作ってくれるので。 値段はそれで280円くらいです。 鶏ガラの値段なんてどこでもそう変わらないと思うので、なので一羽分だと120円くらい? つまり質問者さんがお見かけになったものを2パック買えば1リットルにはちょうどいいのではないでしょうか。 毎週、鶏ガラを取り続けてもう15年くらいになりますが(週末に取って、冷蔵庫保存すると一週間使えますよー)、この量でちゃんとおいしいです。 ただ、だしがよく出るのは首の部分とか手羽で、しかも肉が多めに残っているほどおいしいので、あまり肉のついていない骨、しかも首ではなく肋骨やモモなどの普通の骨の部分だったら3パックか4パックくらい入れた方がおいしいと思います。 コツは、必ず鶏ガラが水に隠れるようなお鍋にを使うこと。 セロリとかローリエなどのブーケガルニを入れる場合は、火を止める30-40分前に入れるといいと思います。 最初から入れると、取り終わる頃にはニオイが消えてしまうんですよね。 などなど。 ラーメン屋さんで教えてもらった鶏ガラの取り方に自己流を加えていった取り方なので、お好みもあるかもしれないと思いますが…。 こんにちは。 ウチでは、2羽分よりちょっと多めの鶏ガラで3リットルちょいのガラスープを作る感じです。 2羽分よりちょっと多い、というのは、一羽分と言いつつ、お肉屋さんがいつも多めに作ってくれるので。 値段はそれで280円くらいです。 鶏ガラの値段なんてどこでもそう変わらないと思うので、なので一羽分だと120円くらい? つまり質問者さんがお見かけになったものを2パック買えば1リットルにはちょうどいいのではないでしょうか。 毎週、鶏ガラを取り続けてもう15年くらいになりますが(週末に取って、... 以前、がら1羽分を肉やで買ってスープを とった記憶があるのですが、 今回のは、いわゆる手羽先の先っぽのところのようです。 これがパックに20個くらい入っています。 以前1羽を買ったときは、だしがらは捨てたと記憶しています。 が・・手羽先の先でこの量ならスープでなく ちょっと食べにくそうですが、 ゆがいたあと、酒と醤油としょうがで炒めたほうがおいしそうだな・・ と思いました。 そこで質問なのですが、 <鶏がら>と書いてあったこの商品。 検索しても、スープにはよく使われているようなのですが、 調理して食べて問題ないかどうかは探せませんでした。 (私は魚のアラ感覚で食せると思っているのです。。 ) お肉屋さん、ご存知の方、教えていただけないでしょうか? A ベストアンサー コンニチハ。 普通はみなさんが仰るとおり、鶏ガラスープですね。 と言う事で、その他を・・・。 スープを取った後のガラは捨てないで下さい!骨から肉をこそぎ落として料理に使います。 中華粥・雑炊・ピラフ・生野菜サラダ・ポテサラ・春巻き・・・などなど。 こそがなくても、スープを取った後の骨肉に塩を振って食べるのも美味しいです。 (貧乏くさい?) ニワトリが最も動かすのが「首」です。 その首肉の事を「せせり」や「こにく」と言うのですが、このお肉がとっても美味しくて貴重なお肉なんです。 もしスーパーで「せせり」が売っていたら買ってみてください。 又、がめ煮にも入れています。 あ!がめ煮とは、博多での名前で、一般的には筑前煮とか五目煮です。 甘辛いお肉をしゃぶりながら(笑)食べると美味しいです。 ガラだけで、お醤油・お砂糖・お酒・みりん等 で甘辛く炊くのもOKでしょう。 白い御飯のお供に・・・・お酒のおつまみに・・・・・最高です! 是非、試してみてください。 コンニチハ。 普通はみなさんが仰るとおり、鶏ガラスープですね。 と言う事で、その他を・・・。 スープを取った後のガラは捨てないで下さい!骨から肉をこそぎ落として料理に使います。 中華粥・雑炊・ピラフ・生野菜サラダ・ポテサラ・春巻き・・・などなど。 こそがなくても、スープを取った後の骨肉に塩を振って食べるのも美味しいです。 (貧乏くさい?) ニワトリが最も動かすのが「首」です。 その首肉の事を「せせり... A ベストアンサー スープを使うのなら水から、肉を使うのならお湯からと考えていいと思います。 鶏ガラスープの場合は、もちろんスープを使うのですから、水から煮ることになります。 ただ、下処理として、さっと熱湯に通して汚れや血などをきれいに洗い流してから使います。 また、煮るときには臭みがこもらないように蓋はしません。 逆に、煮豚・ゆで鶏などは沸騰したお湯に入れて煮ます。 表面を焼き固めてから煮ることもいい方法です。 表面のタンパク質を固めてうまみが逃げないようにするためです。 私がゆで鶏を作るときは、沸騰した湯の中に長ネギの青い部分・ショウガとともに鶏肉を入れ、2~3分煮ながらアクをとった後蓋をして火を止め、そのままさめるまで置いておきます。 さめる間に火が通り、堅く、パサパサにならずにしっとり仕上がります。 お試し下さい。

次の

「鶏がらスープの取り方」簡単な作り方から白濁した白湯スープまで

鶏 ガラスープ 使い道

鶏がらスープ・コンソメ・ブイヨンは、どれも「鶏がら」が材料になっていますが、それぞれ作り方が違います。 ブイヨンは、鶏がらや鳥の足とブーケガルニを煮込んで濾したもので、いわゆる「だし」のことです。 塩などが入っていない「旨味のみ」のスープですから、味自体は薄くなっています。 コンソメは、このブイヨンにさらに肉や野菜を入れ、濾してから塩で味付けしたものです。 そのため、お湯で溶かすだけで、美味しいスープになります。 鶏がらスープは、ブイヨンと同じように鶏がらや鶏の骨、ネギ、しょうがなどを煮て作ったスープです。 鶏がらスープの素には、鶏ガラスープに加えて醤油、酒、香味エキス、にんにくなど、中華風の材料が入れられています。 そのためコンソメと違って、お湯で溶かすと中華風のスープになるわけです。 コンソメとブイヨンは代用できる コンソメはブイヨンに旨味や塩を足したものですから、どちらも代用が可能です。 コンソメがないときは、ブイヨンに塩や調味料を足すことで同じような使い方ができますし、ブイヨンがないときはコンソメを使えばOKです。 ただし、コンソメは塩分が多いですから、料理に使う塩分は少なめにしたほうがよいでしょう。 鶏がらスープでコンソメやブイヨンを代用する使い方も可能ですが、鶏がらスープの素には中華風の味付けがされているものが多いです。 洋風の料理には合わない場合もありますから、作る料理によって、どれで代用するか決めるようにしましょう。 コンソメがないときの代用品については、下の関連記事で詳しく説明しています。 どんな代用品があるのか、ぜひ確認してみてくださいね。 鶏がらスープの素の使い道・スープのレシピ1つ目は、「野菜たっぷりスープ」です。 スープにすれば、たくさんの種類の野菜を取ることができて便利ですよね。 鶏がらスープの素と塩コショウだけのシンプルな味付けですから、とても簡単にできます。 ぜひ冷蔵庫の余り野菜などを入れて、アレンジして作ってみてくださいね。 材料(2人分)• キャベツ 2枚• 人参 30g• セロリ 40g• ベーコン 1枚• 水 600cc• 調味料• 鶏がらスープの素 大さじ1• 塩 適量• コショウ 少々 作り方• 玉ねぎを薄切りにします。 人参、キャベツ、セロリは太めの千切り、ベーコンも細く切っておきます。 鍋に水を入れて、沸騰したら調味料と野菜全部を入れます。 柔らかくなるまで12分ほど煮込みます。 塩で味を整えて完成です。 中華のお店でよく出されるコーンスープが、鶏がらスープの素を使って自宅でも作れます。 水溶き片栗粉を入れてとろみをつけてから、卵を入れるのがコツです。 コーン以外に、春雨や玉ねぎなど、好みの材料を入れてもよいでしょう。 材料(4人分)• コーンクリーム缶 1缶• ホールコーン缶 適量• 水 1000㏄• 卵 1~2個• 調味料• 鶏がらスープの素 大さじ2• 醤油 小さじ1~2• 塩 小さじ1~2• コショウ 少々• ごま油 好みの量 作り方• 水にコーンクリーム缶、鶏がらスープの素を入れて火にかけます。 醤油、塩、コショウで味を整えます。 コーンや他の材料があれば、加えてからひと煮立ちさせます。 水溶き片栗粉を作ります。 スープを弱火にしたら水溶き片栗粉を入れ、とろみがつくまで混ぜます。 スープに溶き卵を入れ、おたまでゆっくり混ぜ合わせます。 お好みでごま油を入れて完成です。 鶏がらスープの素の使い道・スープのレシピ3つ目は、「スープ餃子」です。 冷凍の餃子を使うので、調理もとっても簡単です。 ボリュームがあるので、スープとしてはもちろん、メインの食事にしても満足できる一品ですよ。 餃子を入れてから煮すぎると、餃子の皮がふやけて破れてしまうので気をつけてくださいね。 材料(4人分)• 冷凍餃子 12個• ネギ 1本• 人参 4cm• 調味料• 鶏がらスープの素 大さじ2• ごま油 小さじ1 作り方• 人参を短冊切りにします。 ネギは斜めに薄切りにします。 鍋に水と調味料を入れ、沸騰させます。 ネギと人参を入れてサッと煮ます。 冷凍餃子を加えて2分ほど茹でます。 最後にごま油を入れたら完成です。 レンジで加熱するだけですから、メニューにあと一品欲しいとき、ササッと作れます。 すりごまはたっぷりのほうが美味しいので、好みに合わせて量を増やしてくださいね。 人参の千切りは、スライサーを使うのが楽でおすすめです。 材料(3~4人分)• もやし 1袋• 人参 小1本• 調味料• 鶏がらスープの素 小さじ1弱• ごま油 大さじ1• すりごま 大さじ1 作り方• 人参を千切りにします。 もやしと人参を耐熱ボウルに入れ、ラップをせずに600wのレンジで5分加熱します。 調味料を混ぜて冷ましておきます。 冷めたらもう一度混ぜて完成です。 野菜がたくさん取れてボリュームもたっぷりの肉野菜炒めですが、鶏がらスープの素と塩で味付けしているので、あっさりと食べられます。 どんな野菜を入れても合いますから、冷蔵庫にある野菜を使って作ってみましょう。 材料(2人分)• 豚もも薄切り肉 150g• キャベツ 4枚• 調味料• 鶏がらスープの素 小さじ2• 酒 大さじ1• 塩コショウ 少々• サラダ油 大さじ1 作り方• 豚肉を4cmの大きさに切り、鶏がらスープの素小さじ1を入れてなじませます。 玉ねぎは1cm、パプリカは8mm、キャベツはざく切りにします。 フライパンにサラダ油を入れ、豚肉を炒めます。 豚肉の表面に火が通ったら、すべての野菜を加えて強火で炒めます。 酒、鶏がらスープの素小さじ1を入れてさらに炒めます。 野菜がしんなりしたら、塩コショウで味を整えて完成です。 いつものから揚げの下味に鶏がらスープの素を使うことで、しっかりと味がついて、おいしさもさらにアップします。 お肉にちゃんと味がついていますから、冷めてもおいしい一品です。 お弁当にもおすすめですよ。 材料(2人分)• 鶏もも肉 1枚(250g)• 調味料• 鶏がらスープの素 小さじ1• すりおろししょうが 小さじ1• 酒 小さじ2• 醤油 小さじ1• コショウ 少々• 小麦粉 大さじ3• 片栗粉 大さじ1 作り方• 鶏肉を一口大に切ります。 ボウルに鶏肉と調味料を入れて、よく揉み込みます。 揚げ油を160度に熱しておきます。 小麦粉と片栗粉を鶏肉に合わせて揉み込んだら、油で揚げていきます。 中火で3~4分揚げたら、強火にしてさらに1分ほど揚げます。 衣がカリッとなったら完成です。 おいしすぎてピーマンが無限に食べられる、と話題になった無限レシピですね。 ピーマンの臭みがなくなるので、ピーマン嫌いの人でも食べられますよ。 ツナ缶は、水煮缶だとぱさつきやすくなります。 しっとりさせたいなら、オイル缶が絶対おすすめです。 材料(2人分)• ピーマン 5個• ツナ缶(オイル漬け) 1缶• 調味料• 鶏がらスープの素 小さじ2• ごま油 小さじ2• 塩 ひとつまみ• 粗挽き黒胡椒 好みの量 作り方• ピーマンを千切りにします。 耐熱ボウルにピーマン、ツナ缶(軽く油を切ったもの)、調味料を入れます。 ラップをして、600wのレンジで2分加熱します。 一旦取り出して混ぜ合わせ、再びレンジで2分~2分30秒加熱します。 もう一度しっかり混ぜ合わせたら完成です。 無限レシピはたくさんありますが、安くて栄養のあるもやしを使った「無限もやし」は、お財布が寂しいときにもありがたい一品ですね。 カロリーも低いですから、ダイエットのお供にもおすすめです。 材料(2~3人分)• もやし 1袋• 調味料• ごま油 小さじ1• 黒コショウ 少々• ごま(仕上げ用) 大さじ1 作り方• もやしは洗っておきます。 耐熱ボウルにもやしと調味料を入れ、ラップをしてレンジ(600w)で3分加熱します。 加熱が終わったらごまを加え、よく混ぜたら完成です。 醤油だけの卵かけご飯に飽きたら、鶏がらスープの素を入れてみましょう。 鳥の旨味が合わさって、卵かけご飯がさらに美味しくなりますよ。 黒コショウのピリッとした辛味がよいアクセントになって、食欲をそそるレシピです。 材料(1人分)• ご飯 1杯分• 卵 1個• 鶏がらスープの素 小さじ1• 醤油 少々• 黒コショウ 好みの量 作り方• 茶碗にご飯をよそったら、卵を入れるくぼみを作ります。 くぼみに卵を入れたら、調味料をふりかけます。 黒コショウを好みで入れて完成です。 キャベツと豚ひき肉を使った、あっさりしたチャーハンです。 キャベツにもしっかり味付けするのが、美味しさのポイントです。 炒めたキャベツからは水分が出ますから、ご飯と合わせるときは、水分を切ってから戻すようにしてくださいね。 材料(2人分)• キャベツ 300g• 豚ひき肉 80g• ご飯 300g• ネギのみじん切り 大さじ3• 調味料• コショウ 少々• 鶏がらスープの素 小さじ2• 酒 大さじ1• キャベツを1. 5cm角に切ります。 フライパンにサラダ油大さじ1を入れて、キャベツを炒めます。 ネギ、ご飯を加えて強火でほぐすように炒めていきます。 残りの調味料を入れて味を整え、キャベツを戻して炒めたら完成です。 味付けにキムチだけでなく鶏がらスープの素を使うことで、深みのある味になります。 このまま作ってもそれほど辛くないレシピですが、辛いのが苦手な人は、甘味が強い味付けのキムチを選んで作ってみてくださいね。 材料(1人分)• 豚バラスライス 2枚• 卵 1個• ご飯 300g• キムチ 50g• サラダ油 大さじ1• 調味料• 鶏がらスープの素 小さじ1• 醤油 小さじ1• 塩コショウ 少々 作り方• ボウルにご飯と卵を入れて混ぜておきます。 キムチを細く切ります。 豚バラスライスは一口大に切ります。 フライパンにサラダ油を入れて熱し、豚バラスライスを炒めます。 キムチと調味料を加えてサッと炒めます。 最後にご飯を加えたら、強火で炒めて完成です。 めんつゆで食べるそうめんに飽きたら、鶏がらスープでラーメンのように食べるのもおすすめです。 あっさりしたそうめんが、ごま油のおかげでコクのあるお味になっています。 暑い日はスープをキンキンに冷やしていただきましょう。 材料(2人分)• そうめん 4束• カニ風味かまぼこ 4本• 貝割れ菜 適量• ゆで卵 1個• 冷水 2カップ• 調味料• おろしニンニク 1g• 鶏がらスープの素 大さじ1• ごま油 大さじ2 作り方• ボウルに冷水と調味料を入れてつゆを作ります。 カニ風味かまぼこは細く裂いておきます。 ゆで卵は半分に切ります。 そうめんを茹でて水で洗い、水気を切ったら器に盛ります。 そうめんの上にカニ風味かまぼこと貝割れ菜をのせ、つゆをかけます。 最後にゆで卵をのせて完成です。 とろみのついたスープとしょうがで、体が温まりますから、寒い日にぴったりのレシピです。 すぐできるので、小腹がすいたときや夜食にもおすすめですよ。 温かいにゅうめんは胃にも優しいですから、体調が悪いときにも食べやすいでしょう。 材料(2人分)• そうめん 4束• 溶き卵 1個分• 小ねぎ 適量• 水 3カップ• 調味料• 鶏がらスープの素 大さじ1• すりおろししょうが 適量• 水 大さじ1• 片栗粉 大さじ1 作り方• 水と片栗粉を混ぜておきます。 小ねぎは小口切りにします。 そうめんを茹で、水で洗ったら水気を切り器に盛ります。 鍋に水、鶏がらスープの素、すりおろししょうがを入れ火にかけます。 沸騰したら水溶き片栗粉を入れ、とろみをつけます。 つゆに溶き卵を入れ、おたまでゆっくりかき混ぜます。 そうめんにつゆをかけて、小ねぎをちらしたら完成です。 鶏がらスープの素を使えば、自宅でもラーメンのスープを簡単に作ることができます。 焼豚やメンマは、市販のものを乗せるだけなのでとても簡単です。 具を変えれば、様々なバリエーションのラーメンが作れますから、試してみてくださいね。 材料(4人分)• 中華麺 4玉• 焼豚 8枚• 味付きメンマ 20g• 水 6カップ• 調味料• 酒 大さじ4• 醤油 大さじ3• ごま油 小さじ1• コショウ 少々 作り方• 鍋に水を入れて沸騰させ、調味料を入れてスープを作ります。 もやしはさっと茹でておきます。 ネギは斜めに薄切りにします。 中華麺を茹で、水気を切って器に盛ります。 中華麺にスープをかけたら、もやし、ネギ、焼豚、味付きメンマをのせて完成です。 鶏がらスープの使い道を知って美味しい料理を作ろう! いかがでしたでしょうか。 鶏がらスープの素があれば、様々な料理を作れることがわかりますね。 いつもの料理も、鶏がらスープの素を使うことで、コクがでておいしくなることがありますから、色々なアレンジを試してみてくださいね。 もし鶏がらスープの素がない場合、下の関連記事で、代わりになる調味料や使い方のポイントを読むことができます。 ぜひ参考にしてみてくださいね。

次の