ビー スターズ 無料。 【BEASTARS(ビースターズ)】アニメ無料動画の全話フル視聴まとめ

ビースターズ(BEASTARS)ネタバレ147話(最新話)!考察や感想も!【愛の言葉はヨダレを拭いてから】

ビー スターズ 無料

第36話・こぶしの緑から溢れるもの 市長に呼び出されたルイは、ハルの誘拐の もみ消しを頼まれた。 市長は、シシ組の存在が表沙汰になり、ライオンの地位が堕ちることを避けたいのだ。 ビースターを目指すルイに、市長の依頼を断ることは出来ない。 市役所を出てきたルイにレゴシが駆け寄る。 一緒にハルを救出しようと言う。 だがルイは聞く耳を持たず、それを振り切って帰ろうとする。 口論が始まり、やがて殴り合いに。 レゴシは「 ハルは俺がもらう」と言い残して一人で救出に向かう。 ルイは心の中で「 頼む!」と祈ることしか出来なかった。 第37話・雨雲の誘導 シシ組の場所も分からず、とりあえず裏市に急いだレゴシ。 そこで心療内科医の パンダ先生(ゴウヒン)に再会する。 レゴシの恋心を聞いたゴウヒン。 加勢してやると言い、一緒にシシ組に向かうことになった。 第38話・罫線に白い毛這わせて 死を覚悟したハルは、 脳内で遺書を書き始めた。 その遺書を書く手をレゴシが止める。 ハルの脳内でレゴシが助けに来たのだ。 レゴシに恥ずかしくないウサギでいようと、ハルは最後の抵抗を試みる。 そのころレゴシは、 シシ組の前で銃を突きつけられていた・・・。 第39話・君を捕まえたい レゴシに銃を構えるライオンから ハルのニオイがする。 怒りに震えるレゴシは、ライオンの銃に手を抑え耳を撃った。 ライオンが倒れ込むや、 「のどを噛め!」とゴウヒンが叫ぶ。 喉元を噛もうとするレゴシの脳裏に「ハルはオレの獲物だから」と 本能の声がする。 ライオンの喉を噛んでしまえば、本能に支配される気がして噛むことが出来ないレゴシ。 その心を知るゴウヒンは、「 自分の獣を飼いならせ」と10頭のライオンに囲まれながら助言した・・・。 第40話・胸いっぱいより肺いっぱい 10頭のライオンに立ち向かうゴウヒンとレゴシ。 ゴウヒンから与えられた ノルマの3頭を倒し終えたレゴシは、ハルの救出に向かう。 ハルの小指が食べられそうになったその時、すんでのところでレゴシは間にあう。 ボスとの闘いの前に、「 汗臭かったらごめん」とハルに上着を投げる。 「 なんで来てくれたのよ!?」の質問に答える時間はなく、闘いが始まった! 第41話・大型忠誠心 ボスとの闘いの中、レゴシは 自分の生まれた意味を考えていた。 ハルが言った「 常に死と隣り合わせの動物の気持ちなんて知りもしないくせに」()の言葉を思い出す。 あの時は、分かりあえると思っていたけれど、今は 分かり会えないのは当然だと思う。 じゃあ自分がオオカミとして生まれた意味は? 爪や牙は何のためにある? レゴシは、ようやくその答えが分かった。 自己満足かも知れない。 どう判定するかは 君の自由だ・・・。 第42話・味が濃い夜に僕ら2匹 シシ組から外に出た時、瀕死の ボスの銃はレゴシに狙いを定めていた。 引き金を引こうとしたとき、背後から何者かにその手を銃で撃たれる。 ボスが振り向いたときには、口の中に銃口を突っ込まれていた。 助けを乞う暇もなく、 引き金は引かれた。 第43話・オートマチックなる青年 レゴシ達が焼きそばを食べている頃、 男子寮ではレゴシの 無断外泊がちょっとした騒ぎに。 女子寮ではハルの無断外泊もバレていた。 しかも、レゴシのリュックからは ウサギに関する本が。 これらの状況証拠から、寮母さんは オオカミとウサギのカップルの無断外泊だと怒り心頭だ。 その頃、レゴシとハルは予算の関係で二人で ラブホに泊まろうとしていた。 ラブホに慣れている様子のハルと、初めてのレゴシ。 レゴシは一気に おとなの階段を登っていくような気になった。 だが、 レゴシはあの夜のことを伝えておかなければいけなかった・・・。

次の

BEASTARSビースターズ16巻・ネタバレ感想|無料で読める方法もご紹介!|女性・少女漫画紹介サイト【manganista】

ビー スターズ 無料

第36話・こぶしの緑から溢れるもの 市長に呼び出されたルイは、ハルの誘拐の もみ消しを頼まれた。 市長は、シシ組の存在が表沙汰になり、ライオンの地位が堕ちることを避けたいのだ。 ビースターを目指すルイに、市長の依頼を断ることは出来ない。 市役所を出てきたルイにレゴシが駆け寄る。 一緒にハルを救出しようと言う。 だがルイは聞く耳を持たず、それを振り切って帰ろうとする。 口論が始まり、やがて殴り合いに。 レゴシは「 ハルは俺がもらう」と言い残して一人で救出に向かう。 ルイは心の中で「 頼む!」と祈ることしか出来なかった。 第37話・雨雲の誘導 シシ組の場所も分からず、とりあえず裏市に急いだレゴシ。 そこで心療内科医の パンダ先生(ゴウヒン)に再会する。 レゴシの恋心を聞いたゴウヒン。 加勢してやると言い、一緒にシシ組に向かうことになった。 第38話・罫線に白い毛這わせて 死を覚悟したハルは、 脳内で遺書を書き始めた。 その遺書を書く手をレゴシが止める。 ハルの脳内でレゴシが助けに来たのだ。 レゴシに恥ずかしくないウサギでいようと、ハルは最後の抵抗を試みる。 そのころレゴシは、 シシ組の前で銃を突きつけられていた・・・。 第39話・君を捕まえたい レゴシに銃を構えるライオンから ハルのニオイがする。 怒りに震えるレゴシは、ライオンの銃に手を抑え耳を撃った。 ライオンが倒れ込むや、 「のどを噛め!」とゴウヒンが叫ぶ。 喉元を噛もうとするレゴシの脳裏に「ハルはオレの獲物だから」と 本能の声がする。 ライオンの喉を噛んでしまえば、本能に支配される気がして噛むことが出来ないレゴシ。 その心を知るゴウヒンは、「 自分の獣を飼いならせ」と10頭のライオンに囲まれながら助言した・・・。 第40話・胸いっぱいより肺いっぱい 10頭のライオンに立ち向かうゴウヒンとレゴシ。 ゴウヒンから与えられた ノルマの3頭を倒し終えたレゴシは、ハルの救出に向かう。 ハルの小指が食べられそうになったその時、すんでのところでレゴシは間にあう。 ボスとの闘いの前に、「 汗臭かったらごめん」とハルに上着を投げる。 「 なんで来てくれたのよ!?」の質問に答える時間はなく、闘いが始まった! 第41話・大型忠誠心 ボスとの闘いの中、レゴシは 自分の生まれた意味を考えていた。 ハルが言った「 常に死と隣り合わせの動物の気持ちなんて知りもしないくせに」()の言葉を思い出す。 あの時は、分かりあえると思っていたけれど、今は 分かり会えないのは当然だと思う。 じゃあ自分がオオカミとして生まれた意味は? 爪や牙は何のためにある? レゴシは、ようやくその答えが分かった。 自己満足かも知れない。 どう判定するかは 君の自由だ・・・。 第42話・味が濃い夜に僕ら2匹 シシ組から外に出た時、瀕死の ボスの銃はレゴシに狙いを定めていた。 引き金を引こうとしたとき、背後から何者かにその手を銃で撃たれる。 ボスが振り向いたときには、口の中に銃口を突っ込まれていた。 助けを乞う暇もなく、 引き金は引かれた。 第43話・オートマチックなる青年 レゴシ達が焼きそばを食べている頃、 男子寮ではレゴシの 無断外泊がちょっとした騒ぎに。 女子寮ではハルの無断外泊もバレていた。 しかも、レゴシのリュックからは ウサギに関する本が。 これらの状況証拠から、寮母さんは オオカミとウサギのカップルの無断外泊だと怒り心頭だ。 その頃、レゴシとハルは予算の関係で二人で ラブホに泊まろうとしていた。 ラブホに慣れている様子のハルと、初めてのレゴシ。 レゴシは一気に おとなの階段を登っていくような気になった。 だが、 レゴシはあの夜のことを伝えておかなければいけなかった・・・。

次の

BEASTARS 動画(全話あり)|アニメ広場|アニメ無料動画まとめサイト

ビー スターズ 無料

カテゴリー• CLOSE スポンサーリンク ビースターズ BEASTARS 147話「愛の言葉はヨダレを拭いてから」のネタバレ 初めて メロンはハルを背後から抱きしめ、とりあえず…と本能のおもむくままに手を滑らせる。 ハルは咄嗟にストップをかけ、メロンから離れ、 「先生種族は何ですか!?」 このような質問をする。 ハルは今の抱きしめ方が、男女の…というよりは肉食獣が草食獣を捕らえる時のそれに近い感覚があった…とペラペラと饒舌に話す。 メロンは内心聞くのはそこなのか…と思いながらも、 「…僕は 見ての通りガゼルだよ」 そう答える。 今までメロンのツノに誰しも騙されてきた。 どれだけ食殺して犯罪を犯そうがいつもメロンには事情聴取止まりーーーー…草食獣のツノはメロンにとって、お飾りというのはあまりにも強い力を持つ身分証明書なのだ。 このお飾りを疑ったのはハルが初めて。 「じゃあ 先生…今私のこと 女として抱きしめたんですか?」 悩みついたさき行き着いたハルの答えはこれ…しかしあまり納得していないような表情をしていた。 ハルは色恋沙汰は久々だし光栄ではあるのだが、一応好きな男の子いるし、男遊びはもう10年前くらいに 気分的に 卒業したんだと話す。 「うん…うん うん やっぱりだ 初めてだこんなこと あまり痛くない…今 心の方が痛いのかな…」 メロンのとっさの行動にハルはただただ引くことしかできなかったーーー…。 コピ・ルアクの効果 コピ・ルアク研究団ーーーー…デシコは肉草の混血種族にとって痛みや暴力は快楽を得られる手段の一つだと話す。 彼らは食欲と性欲が欠如している場合が多いーーーー…だからメロンは痩せててとっても残酷なんだとデシコは続けて話した。 欲望の欠如…それは獣社会では一見、有利に思えるが当事者はツライでしょうね…ルイは返しながら、コピ・ルアクはやっぱり旨いと呟く。 それを聞いたデシコは嬉しそう。 動物の体を通した食材は戦前は、肉の代わりとして重宝されていたとデシコは話し、ルイはコーヒーで満足していたなんて平和な時代だったんだろう…それに比べ今の肉食獣は肉の味を知ってしまっているから…とレゴシ達に目を向けるとーーー… なんだか部屋の隅にコッソリとしていて様子がおかしい。 距離をとっておかしいレゴシたちにルイは近くーーーー… 「何も変じゃないです!!」「そのコーヒーのせいなんです」「ルイ先輩近寄らないでください」 みんな一斉に鼻を抑え、ルイを拒絶する。 「言い忘れてた」 デシコが言い忘れてたことーーーー…それは肉の味を知る現代の肉食獣には、コピ・ルアクは中途半端に欲をあおるだけの代物なのだ。 飲めば最後ーーーー…強烈に生身の肉が欲しくなる。 何か怒らせること言ったかよ…とルイはレゴシらに触れる…と、みんな一斉にヨダレがボタボタと垂れ始めた。 自分たち肉食獣は、あんな飲み物一杯ごときで…化けの皮がはがれる現代の肉食獣だとレゴシ達は実感する。 食肉欲を紛らわすなんざ簡単だーーーー…といって2人は協力して殴り合いコピ・ルアクの刺激をまぎらわすことにした。 それを側から眺めるルイとデシコは、やり方はバカっぽいけど善良なチームである…と話し、 「君らなら本当にメロンを倒せるかもしれないね」 こんな言葉まで頂けるのだったーーーーー…。 難儀 レゴシらはボロボロになりながら帰路に着くーーー…。 ルイはデシコから 『メロンは歴史学の博士号を所得している』という情報をこっそりと教えてもらった。 メロンは歴史に詳しい…といよりは、歴史を憎んでいるかもしれないと考えるルイ。 確かハーフの個体は戦後に増えて迫害されているーーーー…でもシシ組に言ったところで分かるか これ…と思いながらも、ルイは皆んなに聞こうとする。 しかし、このまま一緒にいたらルイを危険な目に遭わすかもしれない…と言うことで、ドルフ今夜は解散を求める。 ルイは協力し合うのに、遠慮しすぎだろ…と話すが、レゴシは協力するからこそ 『ルイを美味しそうだと思いたくない』と話すのだった。 「…つくづく難儀なものだな 肉食と草食というのは」 ルイはレゴシの言葉を受け1人で帰路につくーーーー…。 レゴシもその後帰宅するため電車に乗る。 いつだって無力で情けないのは肉食獣ーーーー…そんなことを考えながら、無意識に横に座っているリスをじーーーっと見てしまうレゴシ。 体が本当に草食を求めている…これはルイの足を食べた直後の禁断症状みたいだ。 肉食と草食の距離が近づきすぎたことで生まれるハーフの個体ーーーー…自分が犯したあの食肉とメロンの存在は、どこか似た苦しみを背負っている気がする…そんなことをレゴシは考えるのだったーーーー…。 コーポ伏獣に着き、今日はコーポ伏獣の草食とも一切接触せずにおとなしくすぐ寝るーーーーと誓って、部屋までなんとか無事に着いたレゴシ。 「あーっやっと帰ってきたか 不良オオカミ」 しかし扉を開けると、そこにいたのはハルだった。 ハルはもう電車がないから泊まっていくーーーー…というが、レゴシにとって地獄の夜のゴングが鳴らされるのだったーーーー…。 ただみんな本当に良いチームになってる感じでてますね! 確かに殴り合い…というのはおバカっぽですが、ルイ…そして草食のことを考えた末の行動…ということにグッときました。

次の