国境 なき 医師 団 ボールペン。 国境なき医師団から、やや迷惑なダイレクトメールが到着。こういう郵便物はどこが費用を負担して、発送しているのだろうか?

「国境なき医師団」のマーケティングが卓越な件:Speed Feed:オルタナティブ・ブログ

国境 なき 医師 団 ボールペン

2020年06月22日掲載 国境なき医師団(MSF)は、いかなる虐待やハラスメントも許さない活動環境づくりを推進しています。 MSFの指導部は率先してこの問題に向き合い、虐待・ハラスメントの防止や問題発覚後の対応策の強化に取り組んでいます。 また、全てのMSFスタッフには、MSFのとで規定された基本理念の遵守を徹底させます。 、にも、MSFは虐待・ハラスメント撲滅に向けて行ってきた取り組み、課題、前年度に寄せられた容認できない行動の通報件数と内部調査の結果を声明として発表してきました。 そして今年も、2019年の通報件数、および現在の取り組みに関する最新状況をご報告いたします。 MSFは引き続きこの重大な問題に一丸となって取り組んでまいります。 不正行為の通報体制 MSFでは、あらゆる種類の不正行為を、予防、発見、通報、対応するため、組織内外から通報できる体制を以前から導入しています。 全てのMSFのスタッフは、所属部門長や専用のメールアドレスをもつ窓口を通じて不正行為を通報するよう奨励されています。 MSFの活動地においても同様に、不正行為の被害者や目撃者はMSFに通報するよう奨励されています。 MSFは団体内での意識向上を目指して全スタッフに通報体制の存在を周知しています。 通報体制に関する情報はマニュアル化されているほか、ブリーフィング、活動地視察、研修等の際に伝えられています。 さらに、虐待とその対応に関するオンライン教育ツールは定期的に更新・改善されています。 過去数年の間にMSF全体でこの問題に対して行われたさまざまな取り組みの例です。 ・研修、活動地視察、調査を担う新たな役職の創設や人員増強 ・問題解決に必要な対策を検討するためのスタッフ向けワークショップや個別相談の実施 ・ハラスメント、虐待、搾取の通報の仕方についてスタッフに提供される手引きの改善・周知・徹底 ・活動地における患者や地域社会への啓発の強化 ・MSF全体でのデータ収集・共有 機密保持 MSFが目指すのは、最大限の機密保持性の徹底です。 被害者および内部通報者の身の安全や雇用、守秘的情報を守り、安心して通報できる環境を作ります。 不正行為が通報された際、MSFは被害者と内部通報者の安全と健康を最優先します。 被害者には細心の注意のもと、直ちに心理ケアと医療ケア、法的なサポートを提供します。 事態を司法の手に委ねるべきか否かについて、MSFは常に被害者の判断を尊重しています。 未成年に対する性的虐待が起きた場合には、MSFは司法当局への通報を基本方針としています。 しかしその場合も子どもの利益と、該当する司法プロセスの有無を最優先しています。 2019年実態 MSFは本件に関して、今なお過少報告の問題に直面しています。 2017年以降、通報の増加が見られたことは、MSFの通報制度の利用拡大を示唆するいい兆しです。 2019年の通報件数は、2018年と比較して10%減少したものの、これは主として、団体内外でこの問題に関する情報の周知を行ったことから、2018年はそれ以前から続いていた事案が多数通報されたためであると考えられます。 現地採用スタッフや、患者とその介護者のような通報に至りにくい人びとに重点を置き、引き続き状況の改善を図っていく必要があります。 2019年はこれらの人びとからの通報が増え、手ごたえが感じられるものの、全容把握には至っていません。 2019年は約6万5000人がMSFに勤務し、そのうちの90%以上が援助の現場で活動に携わりました。 合計322件の苦情が申し立てられ、2018年の356件から減少しています。 この数値は活動地における通報と苦情の合算であり、活動統括本部(オペレーション・センター、事務局など)は含まれていません。 上記の通報・苦情のうち、調査によって154件が虐待ないし不適切行為にあたる事態と確認しました(2018年は134件)。 その中で104件が、性的虐待・ハラスメント・搾取、権力の乱用、心理的嫌がらせ、差別、身体的暴力など、何らかの形態の虐待です(2018年は78件)。 合計57人のスタッフを何らかの虐待を理由に解雇しました(2018年は52人)。 104件の虐待のうち、63件が性的虐待・ハラスメント・搾取で、2018年の59件から増加しています。 当該の事由で解雇されたスタッフは37人で、こちらの数値も2018年の36人から増加しました。 不適切行為が確認された事例も50件あるものの、2018年の56件に比べると減少しています。 不適切行為にあたるのは、不適切な人事管理・人間関係、社会通念上不適切とされる行動、チームの団結を揺るがす行動、薬物やアルコールの乱用などです。 2018年比で通報数の合計は10%減少したものの、特にこれまで通報が少なかった人びとからの通報数に増加が見られたことには手ごたえを感じています。 現地採用スタッフによる通報の数は2018年の128件から、2019年は144件に増加しました。 あるべき方向に進んではいますが、MSFの活動現場の人員の90%以上を占める現地採用スタッフの通報は全体の45%にとどまり、依然として過少です。 患者とその介護者による通報も増加していますが、そもそも通報数が少なく、2018年の13件から2019年の19件への底這い(46%増)です。 患者と介護者からの過少報告というこの課題について、制度を利用できる環境作りとその周知徹底に焦点を当てていく必要があります。 過少申告となる理由は一般社会と同様であると思われます。 たとえば、言っても信じてもらえない、圧倒的な偏見をもたれている、報復の恐れがある、などです。 紛争地などMSFの活動地の多くを占める危機的状況下では事態は一層深刻です。 一般的に、被害者の保護体制は不完全で、暴力や刑事責任逃れが横行し、住民は外部からの援助にかなりの部分を頼らざるを得ない状況です。 MSFの団体としての規模や、スタッフの交代頻度、多様性を考慮すると、ハラスメントや虐待に関する方針について継続的な情報提供をするだけでなく、通報体制の存在が不可欠です。 活動ニュースを検索する• まずはできることから。 国境なき医師団の活動をご支援ください。

次の

国境なき医師団

国境 なき 医師 団 ボールペン

国境なき医師団から送付されてきた 郵便物 DM の内容 今回、寄付に関してや、国境ない医師団に対して、賛成も反対とか、このブログでは述べてません でも、何で国境なき医師団が個人情報を知ったり、お金のかかるダイレクトメールを送付したかを紹介します 特定非営利活動法人国境なき医師団からの郵送物の見た目 白い封書に、周りは赤く塗られてます 目立つ郵送物 最初は何事かと思いました デザインとしては、おしゃれだと思いました 特定非営利活動法人国境なき医師団からのダイレクトメールの送付方法 ゆうメール 私の場合、ゆうメールにて送付されてました 重量は150g以下なので、180円 結構、お金かかるんですね 180円とは知りませんでした。。 国境なき医師団からの郵送されてきた封書の中身 手紙• 2枚4ページ 小児科の医師からの手紙 人それぞれ意見があると思うので、内容については書きません 寄付金の振込用紙 あとで書きますが、寄付方法の多さには驚きました 案内1枚 国境なき医師団から緊急の案内が送付されてます 返信用の封筒 品川郵便局私書箱行になってます 国境なき医師団からの送付されたボールペンとポストカード 夏ぽいポストカードが入ってました ボールペンの入った袋には、「ご支援への感謝の気持ちとして、ペンとポストカードを同封いたしました。 ぜひ用途に合わせてお使いください。 」と書かれてます 私は支援した記憶はないです。。 あと、今回夏を意識したポストカードでしたが、新年を意識したポストカードもあるようです ポストカード• 2枚 かき氷や花火、うちわの描かれた素敵なポストカードです 夏らしくて素敵です ボールペン 夏の絵柄のついたボールペン 出てくる色は黒のみのボールペンです 高級な感じはしませんが、安ぽさはありません 画像から見てもわかるんですけど、ボールペン安ぽくないです 大事に使います ポストカードのデザインも素敵です 国境なき医師団への寄付の方法 寄付方法の多さに驚きましたので、紹介します 支援方法• クレジットカードでの寄付 1回限りの申込書 3,000円、5,000円、10,000円、30,000円、その他の金額を選択出来るようになってました あと、寄付出来るクレジットカードの種類はVISA、JCB、AMEX、MasterCard、Diners 幅広いですね• インターネットでの寄付 国境なき医師団で検索する事をすすめられています• ファックスでの寄付• 電話での寄付 手元にクレジットカードを用意の上、電話するとの事です 返信用の封筒も入ってます いろんな寄付方法があるんですね 驚きました 支援方法はいろんな兵法があるようですが、郵便局・ゆうちょ銀行から払込取扱票もしくはクレジットカードから申込するのを中心として案内されてました 寄付に関しては、賛成も反対もしてません 個人で判断してください なぜ、国境なき医師団は、郵送にお金がかかるダイレクトメールを送付するのか? ダイレクトメールって、お金かかるじゃないですか 今回送付されてきた郵送物ゆーうメールの運賃は180円 結構、金額的に高いですよね 本当にお金がかかるダイレクトメールを送付しているの? 調べてみました ダイレクトメールの送付時期 11月と6月にダイレクトメールを送付される人が多いそうです 私も6月に受け取りました ボーナスの時期だからですかねぇ 国境なき医師団のホームページ 国境なき医師団がダイレクトメールを送付するか? 調べました 「寄付に関するよくあるご質問の寄付に関するよくあるご質問」の抜粋です 国境なき医師団ではダイレクトメールを送っていますか? 国境なき医師団が世界各地で行っている医療・人道援助活動をご紹介し、ご理解とご支援の輪を広げるきっかけと致しまして、ダイレクトメールをお送りしております。 ペンなどが入った封書をお送りすることもあります。 医療・人道救助活動を紹介するために、送付しているんですね 何で、郵送にお金がかかるダイレクトメールを送付するかは、私には理解出来ませんでした 国境なき医師団は何で名前や住所を知っているの? ダイレクトメールを送付してくるという事は私の名前や住所を知っているという事ですよね 寄付した事ないのに、何で知っているのか? 調べてみました 国境なき医師団のホームページ 「寄付に関するよくあるご質問の寄付に関するよくあるご質問」の抜粋です ダイレクトメールの個人情報はどこから入手したのですか。 ダイレクトメールを取り扱う会社の名簿を元にお送りしております。 なるほど、名簿を取り扱う会社に私の住所や名前がのっているんですね。。 名簿を取り扱う会社から私の名前や住所を知ったという事みたいです 国境なき医師団の郵便物送付の全般的な感想 国境なき医師団からダイレクトメールが届くことについて ダイレクトメールを取り扱う会社の名簿に、私の個人の情報がのっているみたいです。 驚きました ブログも個人情報を出している事もあるので、気を付けないと。。 少し不安になりました。。 あと、ゆうメールに180円。 ボールペン1本に、ポストカード2枚。 寄付を募るにもお金かかっていそうですね 国境なき医師団という存在を知ったので、私のとって参考になりました それでは、また.

次の

国境なき医師団の実態は?活動内容と寄付の使い道を、5分でチェック

国境 なき 医師 団 ボールペン

国境なき医師団とは?中東やアフリカなど、約70カ国に医療を届ける国際NGO 国境なき医師団とは? 成り立ちや、日本の窓口について調べました。 フランスの医師とジャーナリストが創設 1971年、ナイジェリアのビアフラ内戦終結の翌年にフランスの医師とジャーナリストによって創設されました。 1975年、ポルポト政権下のカンボジアで、初の大規模な医療援助活動を実施。 1976年には内戦下のレバノンに56人の医師・看護師を派遣して、初めて紛争地で援助活動を行うなど、設立当初から緊急援助が必要なその場所へ出向いて活動をしているようです。 MSFは世界各地に38事務局を設置しています。 主な活動地はアフリカ・アジア・中東・中南米で、2018年は70ヵ国以上で活動しました。 約4万7000人の海外派遣スタッフ・現地スタッフ・事務局スタッフが世界各地で働いています。 出典: — MSF日本 日本事務局も、開設から30年近い歴史がある 1992年、東京に国境なき医師団日本が開設されました。 2018年には日本から106人のスタッフを派遣。 派遣回数はのべ148回で、27の国と地域で活動したとのことです。 海外に加えて、日本でも活動をしています。 東日本大震災時には岩手県南三陸町と宮古市田老地区で診療所2ヵ所の建設・改修やカフェの設置などをして、医療支援を行なった実績があります。 2011年の に際し が と支え合いの場として開設した宮城県南三陸町の「カフェ・あづま~れ」が、7年の節目にその役割を終えました。 笑顔に包まれ閉店を迎えました。 — 国境なき医師団日本 MSFJapan 有事の際は、事態発生から48時間以内に現場に急行し、必要な医療支援を届ける 国境なき医師団の活動内容を調べました。 紛争地などに緊急医療チームを派遣 国境なき師団には直ぐに出動できる緊急医療チームと医療キットが準備されています。 紛争・天災・感染症の流行など、集中的にたくさんの命に危険が迫る緊急事態に備えているとのことです。 人道危機の際は必要な援助ニーズを確認した上で、48時間以内に事故現場に駆けつけ、命を救っているようです。 【事例1】 エボラ出血熱 はしか同時流行、暴力行為激化のコンゴにおける緊急援助 WHOの発表によると、2020年3月2日までに2264人がエボラに関連して亡くなっている。 流行の中心地は北キブ州とイトゥリ州で、南キブ州でも症例が報告されている。 国境なき医師団(MSF)は、コンゴ北東部にて、エボラ治療センターを運営するとともに、既存の病院等に一時受け入れ施設を設置。 また、医療施設と医療従事者の感染予防・制御(患者のスクリーニング、消毒・除染)や、ワクチンの接種、疫学的サーベイランス(調査・監視)、住民への啓発活動などを行っている。 出典: — MSF日本 が流行中のコンゴ。 既に、3人が亡くなりました。 一方で、地域住民はさまざまな不安から、病気であっても に行くのをためらうケースが増えています。 ()は住民の不安を取り除き、病院に来てもらえるよう、取り組みを続けています。 0の大地震がハイチを襲った。 何十万人もの命が奪われ、数百万人が住まいを失った。 インフラへの打撃も大きく、医療機関の6割が被害を受けたとされる。 外国人スタッフ数百人とともに、自らも被災者である数千人のハイチ人が緊急対応に参加し、26の病院と数十カ所での移動診療に従事。 MSFが地震から10カ月の間に治療した人びとは35万8000人に上った。 さらに、団体として2010年末までに1億400万ユーロ(約121億円)超をハイチへ寄贈した。 出典: — MSF日本 交通事故や流れ弾、刃物での切り付け……。 大規模なデモが続いている の首都。 その後開院した ()の病院には、毎日ひどいけがをした患者が多く訪れています。 病院での1日に密着しました。 — 国境なき医師団日本 MSFJapan 国際社会に協力を仰ぐための調査活動 国境なき医師団では、医療支援を通じて得られたデータを分析して、より良い課題解決アプローチを模索しているようです。 各国政府などに協力を要請するための提言活動にも注力しています。 一例としては、紛争下の医療活動の安全性の確保を求める署名運動が挙げられます。 2015年にアフガニスタンにあった国境なき医師団の病院が、米軍に空爆されたことがきっかけで始まった活動です。 ポイント1:「予防接種」や「栄養治療食」など、寄付の使い道 毎月寄付をした場合の具体的な使い道を、金額別にピックアップしてみました。 毎月1,500円で、清潔な飲み水63人分• 毎月3,000円で、はしかの予防接種を毎月120人分 ポイント2:認定NPO法人として、寄付金控除の対象に 国境なき医師団の日本窓口に当たる「国境なき医師団日本」は認定NPO法人です。 所得税、法人税、相続税、一部の住民税が控除の対象となります。 ポイント寄付や他団体の募金サイトからの寄付などは、控除の対象外です。 ポイント3:支援方法は「毎月の寄付」や「今回の寄付」などから選ぶ 毎月の寄付 毎月任意の金額(デフォルトは1,000円から)をクレジットカード、もしくは口座振替で寄付できます。 寄付の使い道は指定できず、さまざまなプロジェクトにお金が使われます。 今回の寄付 任意の金額をクレジットカード、コンビニエンスストア、ペイジー、楽天edy、auキャリア決済などの支払い方法から選んで寄付できます。 支援したいプロジェクトを指定して、寄付することも可能です。 その他 その他、さまざまな寄付の方法が用意されています。 企業・団体からの寄付• 相続財産の寄付• お香典・お花料の寄付• 募金サイトから寄付• ポイントで寄付• お祝いから寄付• 古本で寄付• 従業員募金• お買い物で寄付• チャリティモバイル• Famiポート募金• 特定寄付信託で寄付 この他にも学校や団体で募金箱を設置したり、チャリティバザーを開いたりして集まったお金を寄付する自主的な支援方法があります。 国境なき医師団日本にウェブサイトからをすれば、募金活動のやり方のガイドラインや、ポスターなどのツールの提供をしてくれます。 以上、国境なき医師団の活動の成り立ち、寄付金の使い道、支援の方法について解説させて頂きました。 寄付を検討している方のお役に立てれば幸いです。

次の