ハイドロ リリース 注射 大阪。 ハイドロリリース(筋膜リリース)|横浜市保土ヶ谷区のうなやま整形外科

ハイドロリリース・筋膜リリース

ハイドロ リリース 注射 大阪

名医とつながる! oyamaseikeigekanaika. ハイドロリリースとはエコーを用いて筋膜を中心とした結合組織の癒着をはがす様に注射を行う手技です。 (ここ数年のエコーの発達により可能となってきた治療法です。 ) 筋膜とは…筋肉の表面だけでなく骨や内臓、血管や神経などのあらゆる組織をつなぎ体を支える第2の骨格とも考えられる様になってきています。 長時間の不良姿勢や誤った行動パターンによる筋膜の癒着やしこりがあると血流が低下し、適度な水分量が失われ、結果として 痛みの発症 などにつながっていきます。 m-o-clinic. ハイドロリリースは、僧帽筋と肩甲挙筋の間に注射をし、空間を押し広げ動きをよくすることで神経の圧迫を減らし肩こりを緩和します。 ハイドロリリース、注射の中身は? 注射の中身や量は、生理食塩水だけで行うものや、生理食塩水と麻酔薬、場合によって抗炎症薬(ステロイド)やヒアルロン酸を入れたりと、先生が診断して決めていきます。 番組で登場したひどい肩こりだった女性のビフォーアフター 肩こり歴20年の女性、肩こりの症状の計測で、どれだけ肩が固いかを計測したところ 筋肉マッチョの力こぶに匹敵する硬さという判定。 ハイドロリリースで使用する針はとても細い! 結構奥まで刺さってました!(女性は全然痛みを感じてはいない感じでほっとしました) 素人目にはよくわからなかったのですが、この膜の位置まで針が降りてきたことを確認し、注射していきました。 あっという間に終了です。 治療ビフォーアフターです。 これはスゴイですね!治療前は腕が全く上に上がってない(しかも左右差もすごい)のに、しっかり肩甲骨が後ろに下がって真上まで腕をあげられるようになっていました!よかった~~ 治療前マッチョ並みだった硬さの肩が小学生より柔かくなってる!!!すごいです! ハイドロリリース注射をした人の感想・口コミ どこで受けられるのか?調べてみました! 次のページへ!.

次の

肩こりの治療|専門医師による肩こり治療|心斎橋ペインクリニック

ハイドロ リリース 注射 大阪

全身の筋肉は、日常生活やエクササイズなどの運動で絶えず動いています。 しかし、日々、仕事などで繰り返す動きや激しい運動、加齢などにより炎症や血行不良を来し、その結果、筋肉を包む筋膜の癒着が起こると言われています。 最近では、肩こりや腰痛の原因がこれらの筋肉の癒着によって起こると考えられるようになってきました(筋筋膜性疼痛症候群:MPS症候群)。 この疾患は筋肉や筋膜が原因であり、骨や関節には明らかな異常は指摘できず、レントゲンでは診断ができません。 この筋筋膜性疼痛症候群の治療として注目されているのが筋膜リリース(ハイドロリリース)です。 炎症などにより癒着した筋膜を、体に害がない液体(生理食塩水)で剥がすことで痛みを緩和します。 最近はテレビなどでも報道され認知度が上がっているかも知れません。 基本的には鍼灸治療と同様、押して痛い所(圧痛点)に針を刺して痛みを緩和します。 筋膜リリースが違うのは、超音波検査(エコー)を用いて痛みのポイントを確認し、そこへ生理食塩水を注入し筋肉をほぐす、という点です。 時間も一部位(肩、腰など)につき5分程度で終わる簡便な治療です。 超音波はカラダに放射線被曝などの侵襲がなく、筋肉や血管を認識しやすい特徴を持った検査です。 また治療に用いる注射の針先もしっかり見えるため、血管や神経を傷つけること無く治療が可能です。 当院では2018年9月頃からこの治療を取り入れ、腰痛や肩こりなど良好な効果が得られることが確認出来ました。 残念なことに現時点では保険診療が認められておらず、自費診療で行っております。 ご興味、ご希望がある方はお気軽にお問い合わせください。

次の

ハイドロリリースと超音波診療

ハイドロ リリース 注射 大阪

エコーガイド下筋膜リリース注射のメリット• 注射をするだけなので手軽• 施術直後から効果を実感しやすい• エコーガイド下筋膜リリース注射の効果 肩こりの自覚症状がある日本人は多く、今や国民病のひとつと言えるでしょう。 マッサージや鍼などを色々試したものの、改善せずに諦めている方も多いのではないでしょうか。 こうした筋膜の状態が引き起こす痛みなどの病気を「筋膜性疼痛症候群 MPS 」と呼びます。 エコーガイド下筋膜リリース注射(エコーガイド下Fasciaリリース注射)は、この筋膜が糊着している箇所=トリガーポイントに、エコー(超音波診断装置)を用いて診断しながら、生理用食塩水を注射することで、筋膜を剥がして伸ばし、痛みをやわらげる治療法です。 筋膜性疼痛症候群:MPS(Myofascial Pain Syndrome)とは 筋膜性疼痛症候群とは、筋膜が原因で痛みやしびれを引き起こす病気です。 しかし、日本ではMPSの存在自体がほとんど知られていなく、また、レントゲン、MRI、血液検査などの一般的な検査では、目で見える結果として現れないため、診断や治療を行っている医療機関は限られています。 エコーガイド下筋膜リリース注射のポイント Point1 発痛点をエコーで診断 治療の際は、まず痛みの原因となる発痛点をエコーで診断します。 この痛みの原因となるトリガーポイントは、痛みを感じる場所にあるとは限らず、むしろ離れた場所にあることが分かってきました。 例えば、太もも裏の発痛点がお尻であるケースは多く見られます。 筋膜リリース注射は、まず、エコーで正確に発痛点であるトリガーポイントを探し出します。 Point2 発痛点に安全な薬剤を注入し、筋膜の癒着を改善する エコーで正確にトリガーポイントを見ながら、生理用食塩水を注射し、癒着している筋膜を剥がします。 治療の際は、モニターで、筋膜が剥がれていく様子をご確認いただくこともできます。 肩こりの場合、ドクターの判断により首から肩、背中まで、数カ所に治療が及ぶ場合があります。 また、左右は別の箇所としてカウントされます。 TV番組でご紹介いただきました 2017年3月にTBS系列で放映された『専門外来スペシャル』にて、自由が丘クリニックのエコーガイド下筋膜リリース注射をご紹介いただきました。 診察をご希望の方は下記フォームやお電話()にてお問合せください。 エコーガイド下筋膜リリース注射の概要やリスク 麻酔 基本的には使用しませんが、ご相談に応じて局所麻酔を使用することもあります。 副作用・ ダウンタイム ・内出血 ・感染 ・まれに頭痛 ・注射針によって内出血が起こることがあります。 ・予想以上に効果の実感が得られない、または修正効果が弱いことがあります 注意事項 下記にあてはまる方は、治療を受けられないことがあります。 診察で筋膜が原因ではないと判断した場合は施術を行えません。 その際、初診料のご返金はいたしかねますことを予めご了承ください。

次の