シャドー ル フュージョン シク。 遊戯王 捕食シャドール※アドバイスくださいデッキレシピシャドール【ビートダウン】

【遊戯王】シャドールストラクが賛否両論な理由 【買うべき?】

シャドー ル フュージョン シク

こんにちは、いらないカードでお小遣いを稼いでいる まるです。 知らない人のために説明しておきますが、「アドをとる」とは、元を取ると同義です。 宝くじのようなものなのですがなかなか楽しくてハマっちゃいました笑 アナリティクスを見てみたら、どうやらこのブログで一番人気なのはカード系の記事のようです。 しかし、私にはこのままカード特化サイトにするほどの知識はないのでゆる~くやっていきますよ~。 今回の目玉カードは「混源龍 レヴィオニア」の20thシークレットです。 「20thシークレット入ってないじゃん!」と思ったあなた。 そうです。 20thシークレット(以下、20thシク)は特別なレアリティで、その名前の通り遊戯王20th記念のものなのです。 今まで、このカードが封入されたのは4月に発売された「遊戯王 サイバネティクホライズン」のみで今回が2回目なのです。 前回のトップレアカードも1枚で13000円程度で取引されています。 なぜ、こんなに高いかというと出にくいからです! 20thの封入率は3BOXに1枚程度…。 正しくは4BOXに1枚です。 1カートン24BOXで6枚 シークレットレア以上のレアリティなのです。 さらにカードが強く、イラストアドもあるのでその値段は信じられないほど高くなっています。 スポンサードリンク 今回の結果 それではおまちかね、開封結果です! まずは、スーパーレアです。 続いて、ウルトラレア枠です。 最後に、アルティメット・シークレット・20thシクです。 おろかな重葬 20thシク 3500円 混源龍レヴィオニア シク 2500円 深淵の宣告者 シク 1500円 混源龍レヴィオニア アルティメット 700円 サイバースクロックドラゴン アルティメット 300円 銀河眼の煌星龍 アルティメット 400円 合わせて8900円。 以上すべてのカードの合計額は17600円です。 メルカリなどのフリマアプリに手数料10パーセント取られても確実に黒字です。 さらに、今回はパックのバーコードがキャンペーンの応募券になっているので、空のパック90個で2400円です。 スポンサードリンク 合計額は… 20000円です!!12000円で購入したので8000円の黒字です。 メルカリなどのフリマアプリで全てのカードを販売した際の手数料や送料を考慮しても4000円の黒字です。 では、また次回! スポンサードリンク.

次の

【遊戯王】シャドールストラクが賛否両論な理由 【買うべき?】

シャドー ル フュージョン シク

ダンボール戦機 「シャドールシファー」 レビュー ダンボール戦機から「シャドールシファー」のレビューです。 『ダンボール戦機W』、『LBX列伝 History of Justice』に登場するLBX。 神谷コウスケの機体。 ディテクターとして世界に戦いを挑んだ山野博士が、神谷コウスケのLBX「ルシファー」を強化改良した機体。 背面の大型ブースターは全面的に改修されており、直線軌道における大幅な推力向上が図られている。 原型となった機体から大胆なイメージチェンジが図られてはいるが、神谷コウスケの美意識に敵ったのか、洗脳から解放された後も彼の愛機として稼動。 神谷コウスケ自らの手によってよくメンテナンスされており、 特にコアスケルトンはイノベーターの実験機として採用されていたAXシリーズの系譜のものに交換されている為、 その性能は2056年現在で生産されているLBXにも引けを取らない。 基本装備は「ヘルズエッジ」と「魔王クエイサーシールド」。 新たに開発された「魔王弓フィーニス」はスタンフィールインゴットすら貫く事が出来る強力な性能を誇る。 ではレビューは下からどうぞ。 パケ横。 付属品一覧。 ・ヘルズエッジ ・魔王クエイサーシールド ・魔王弓フィーニス用パーツ プロポーションをグルリと。 シャドーらしく機体色が黒くなったルシファー。 ただクリアーな大型ブースターの存在でむしろ豪華にも。 各所アップ。 本体の基本部分はルシファーの流用。 クリアーパーツが配置されている部分が主に新規造形。 機体色の黒はパーツ割+足りない部分はシール補完されており、素組みでも十分過ぎるほどの仕上がりです。 通常版が無いので、代わりにハイパーファンクション版のルシファーと。 馬鹿でかい翼が無くなったので、機体としてはコンパクトにまとまりましたね。 ただカラーリングが正反対になってしまったので、今回は下半身を借りる事が全く出来ないのが残念。 以下、可動範囲の紹介。 首の可動。 二重ボールジョイント接続。 どの方向へも良く動きます。 胴の可動。 腰部が軸接続。 回転のみ。 肩・腕の可動。 肩はボールジョイント接続、上腕が上下スイング+軸回転。 肩アーマーは上腕を挟む形で取り付け。 真上には90度ほど上げられます。 肘は単純スイング。 引き出しても写真ほどしか曲がりません。 手首はボールジョイント接続。 腰部アーマーの可動。 サイドがボールジョイント接続。 下半身の可動。 股関節はボールジョイント接続。 開脚は十分、腿上げは90度まではいきません。 膝は単純スイング。 ここも引き出してようやく写真程度。 足首はボールジョイント接続。 飛行ポーズ重視なのか、後への可動域が広いボール軸になっています。 旧シリーズの関節なので、最新キットに比べると可動域が狭い部分も。 まぁでも動く方ですけどね。 立て膝は少し辛い。 以下、仕様や武装の紹介。 コアパーツはクリアー製で、表裏にシール。 背部ブースターは段違いのジョイントで、軸接続とボールジョイント接続。 ただボールジョイントがユルッユルで、かなり接着剤を盛ってやるなどしないとプラプラです。 ヘルズエッジ。 クリアー製の刃がかなり大きく、迫力のある剣。 魔王クエイサーシールド。 緑の部分はシール再現で、そのままでも見栄えは良いです。 ただグリップと手のサイズが合っておらずユルユル。 魔王弓フィーニス。 クエイサーシールドの黄色い部分以外を使用して組み立てます。 シールドのグリップも使われているので、両手持ちが可能。 かなりのボリュームがあり、装飾も多い派手な弓。 以下、適当にポージング。 烈伝の追加装備の魔王弓が迫力あっていいです。 Nシティ大捜査線。 まさかこんな形でこの機体がキット化されるとは。 この回のバトルにはもう1機いたわけですが、結局あれはキット化されませんでしたね(苦笑 ディテクター。 この並びだとシャドールシファーのボス感がスゴイ(笑 以上、ダンボール戦機のシャドールシファーのレビューでした。 烈伝シリーズの最新作であるものの、2作目Wにも登場したシャドールシファー。 ルシファーの流用キットですが、新規造形にクリアーパーツがふんだんに使われているのが派手で良いですね。 武装も従来と剣と盾に加え、烈伝で追加された大型の弓がまた迫力があって良いです。 オリジナルのルシファーよりも武装が増えているので、プレイバリューは上がってますね。

次の

遊戯王の質問です。シャドールフュージョンの効果についてです。...

シャドー ル フュージョン シク

ほぼ全てのデッキの名前等を知りたい人はこちら。 380種類以上のテーマ名をまとめました。 順次更新していきます。 遊戯王OCG「リバース・オブ・シャドール」の最新情報まとめページです。 2019年12月7日に発売される遊戯王OCG「リバース・オブ・シャドール」の全収録カードが判明しました。 また商品の実物画像等も紹介しています。 【遊戯王 最新情報】リバース・オブ・シャドールの全収録カードが判明! 「リバース・オブ・シャドールで今回注目されているカードと言えば《》でしょうか。 シャドールデッキでは必須の1枚でもありつつも登場初期から2000円を超える事もあったカードでもあるんですが、その中で遂にシークレットが登場!という事で話題になっています。 特に初動は1200円位だったのですが水面下で高額になりつつあるのが現状。 初動では1200円位だったのが1500位でも売り切れになっているのがわかります。 「LEGENDARY GOLD BOX(レジェンダリー・ゴールド・ボックス)」の特製ストレージボックス3種類のデザインが判明しました。 『LEGENDARY GOLD BOX』に収録されている『プレミアムゴールドレア』3枚の実物画像が判明しました。 『LEGENDARY GOLD BOX』のプレミアムゴールドレアの実物画像一覧 【遊戯王 フラゲ】『LEGENDARY GOLD BOX』のプレミアムゴールドレア3枚の実物を様々な角度で見よう!| 「遊戯王フラゲ情報で、今プレミアムゴールドレアが到着したけど様々な角度から見る事が出来るわよ。 特にテキストが光ってるのもいいんですけど、金枠がいいなぁって。 実物画像でないと判別しにくいですけどね。 ただ、ゴールドシークレットレアとはちょっとちがう光り方という感じ。 モンスターの外枠を金枠で締めてるのがポイントで、『光り方が若干異なる』のがポイントになっています。 当時はゴールド仕様って再録も豪華で好きだったし、個人的には集めたかったんですけど、今回のプレミアムレアに関しては『少々不明瞭な部分が多い』し、ゴールドで箔押ししようにも「カードの厚みが変わる」背景もあって中々『昔のゴールドレアとどう違うのか』という意見もあったりしました。 遊戯王のゴールドレアって好き? — ブロガーまい。 なんかメリットでもあるのかな?と思って調べてみた内容を載せています。 参加・興味のある企業様等はメールにてご連絡ください。 ご連絡はこちら>>mailog2020 gmail. com.

次の