こだわり スカーフ 効果。 こだわりスカーフ

こだわり系アイテム

こだわり スカーフ 効果

また、技『どくびし』『まきびし』『ねばねばネット』や特性『ありじごく』の効果を受けない。 また個体値については補足説明が書いてない限り、個体値最高として扱います。 H=Sに降らなかった余り• C=性格補正が無い分、努力値は最大限振る• 最速ドラパルト抜きのホルードよりも早く動けるよう調整しました。 ) ウォッシュロトムに「こだわりスカーフ」を持たせることで、最速142族(ドラパルト)、そして最速142族を抜ける「こだわりスカーフ」持ちの最速ホルードよりも早く動ける様に調整しました。 ドラパルトと対面した時に先に「あくのはどう」を打てるので、怯みも期待できます。 今回の ウォッシュロトムの立ち回り・役割 初手に出てきやすいカバルドンの対策、そして高速ポケモンのドラパルトに対応するためのウォッシュロトムです。 こちらがウォッシュロトムを選出していた場合、相手は警戒してカバルドンを出してこないかもしれません。 しかしカバルドンは出されないに越したことはないので、牽制できただけでもウォッシュロトムとしては十分仕事をしています。 相手がドラパルトを出してきた時は、ウォッシュロトムを出して、こちらから攻撃してしまいましょう。 なお、ドラパルトの方が先に動いていた場合は、ドラパルトも「こだわりスカーフ」を持っていたことになります。 その場合でも情報アドバンテージを得ることができます。 また、ドラパルトの「こだわりスカーフ」まで考慮すると、受けて出すのではなく、死に出しでドラパルトと、ヒートロトムを対面させた方が良いです。 ここは読みと思い切りの良さが必要な場面です。 また、対戦環境に多い「ギャラドス」もウォッシュロトムで勝てます。 タイプ相性上、ウォッシュロトムにギャラドスが居座ってくることはまず無いと思いますがギャラドスのメインウエポンが「たきのぼり」「とびはねる」でどちらもウォッシュロトムに半減。 仮に相手が「パワーウィップ」を覚えていても、こちらのウォッシュロトムは「こだわりスカーフ」を持たせているので、ギャラドスに対して4倍弱点の電気技を打てて倒せます。 7%~130. 1%~85. 1%~57. 6%~69. 7%~105. 6%~48. 1%~78. 7%~23. 7%~112. 7%)乱数 1発 相手にウォッシュロトムを使われた時の対策としては、以下のことで対処可能です。 サザンドラ、カットロトム(タイプ上有利で相手からの打点なし)• オノノクス(特性「かたやぶり」で「じしん」貫通) ウォッシュロトムは広い技範囲やタイプと特性含めて耐久力もある非常に強力なポケモンです。 しかし、 ドラゴンタイプのポケモンには不利対面になります。 サザンドラは特にそうで、 ウォッシュロトムからサザンドラに対して有効打がありません。 オノノクスに対してはさらに不利であり、ウォッシュロトムからの有効打がないだけでなく、相手からの「じじん」が「かたやぶり」でウォッシュロトムの特性「ふゆう」を貫通しますので要注意です。 ダメージ計算の該当欄に を引いているので参考にしてみてください。 ヒートロトムはウォッシュロトムに弱く、 ウォッシュロトムはカットロトムに弱く、 カットロトムはヒートロトムに弱いので、 ロトムは数種類作っておいた方がパーティでロトム系統が重い時に対応できることが増えます。 ウォッシュロトムの考察・まとめ 育成論と、相手に使われた際の対策方法(弱点)をお話ししました。 ウォッシュロトムは非常に優秀な耐性とタイプで環境でたくさん見かけるポケモンです。 耐久型や「こだわりメガネ型」、スピード型など型もたくさんああります。 プレイヤーの育て方次第で強さや役割がガラッと変わるウォッシュロトムを是非育成してみてください。 ウォッシュロトムはカバルドンやヒートロトムに対してとても強いことから、相手に対策されていることがあります。 対策されているかも、という想定をしつつ、対戦を組み立ててください。 ) 今回紹介したHCS型のウォッシュロトムは、環境で警戒しなくてはいけないドラパルトに強く出れる型なのでオススメです。

次の

こだわりスカーフ

こだわり スカーフ 効果

また、技『どくびし』『まきびし』『ねばねばネット』や特性『ありじごく』の効果を受けない。 また個体値については補足説明が書いてない限り、個体値最高として扱います。 H=Sに降らなかった余り• C=性格補正が無い分、努力値は最大限振る• 最速ドラパルト抜きのホルードよりも早く動けるよう調整しました。 ) ウォッシュロトムに「こだわりスカーフ」を持たせることで、最速142族(ドラパルト)、そして最速142族を抜ける「こだわりスカーフ」持ちの最速ホルードよりも早く動ける様に調整しました。 ドラパルトと対面した時に先に「あくのはどう」を打てるので、怯みも期待できます。 今回の ウォッシュロトムの立ち回り・役割 初手に出てきやすいカバルドンの対策、そして高速ポケモンのドラパルトに対応するためのウォッシュロトムです。 こちらがウォッシュロトムを選出していた場合、相手は警戒してカバルドンを出してこないかもしれません。 しかしカバルドンは出されないに越したことはないので、牽制できただけでもウォッシュロトムとしては十分仕事をしています。 相手がドラパルトを出してきた時は、ウォッシュロトムを出して、こちらから攻撃してしまいましょう。 なお、ドラパルトの方が先に動いていた場合は、ドラパルトも「こだわりスカーフ」を持っていたことになります。 その場合でも情報アドバンテージを得ることができます。 また、ドラパルトの「こだわりスカーフ」まで考慮すると、受けて出すのではなく、死に出しでドラパルトと、ヒートロトムを対面させた方が良いです。 ここは読みと思い切りの良さが必要な場面です。 また、対戦環境に多い「ギャラドス」もウォッシュロトムで勝てます。 タイプ相性上、ウォッシュロトムにギャラドスが居座ってくることはまず無いと思いますがギャラドスのメインウエポンが「たきのぼり」「とびはねる」でどちらもウォッシュロトムに半減。 仮に相手が「パワーウィップ」を覚えていても、こちらのウォッシュロトムは「こだわりスカーフ」を持たせているので、ギャラドスに対して4倍弱点の電気技を打てて倒せます。 7%~130. 1%~85. 1%~57. 6%~69. 7%~105. 6%~48. 1%~78. 7%~23. 7%~112. 7%)乱数 1発 相手にウォッシュロトムを使われた時の対策としては、以下のことで対処可能です。 サザンドラ、カットロトム(タイプ上有利で相手からの打点なし)• オノノクス(特性「かたやぶり」で「じしん」貫通) ウォッシュロトムは広い技範囲やタイプと特性含めて耐久力もある非常に強力なポケモンです。 しかし、 ドラゴンタイプのポケモンには不利対面になります。 サザンドラは特にそうで、 ウォッシュロトムからサザンドラに対して有効打がありません。 オノノクスに対してはさらに不利であり、ウォッシュロトムからの有効打がないだけでなく、相手からの「じじん」が「かたやぶり」でウォッシュロトムの特性「ふゆう」を貫通しますので要注意です。 ダメージ計算の該当欄に を引いているので参考にしてみてください。 ヒートロトムはウォッシュロトムに弱く、 ウォッシュロトムはカットロトムに弱く、 カットロトムはヒートロトムに弱いので、 ロトムは数種類作っておいた方がパーティでロトム系統が重い時に対応できることが増えます。 ウォッシュロトムの考察・まとめ 育成論と、相手に使われた際の対策方法(弱点)をお話ししました。 ウォッシュロトムは非常に優秀な耐性とタイプで環境でたくさん見かけるポケモンです。 耐久型や「こだわりメガネ型」、スピード型など型もたくさんああります。 プレイヤーの育て方次第で強さや役割がガラッと変わるウォッシュロトムを是非育成してみてください。 ウォッシュロトムはカバルドンやヒートロトムに対してとても強いことから、相手に対策されていることがあります。 対策されているかも、という想定をしつつ、対戦を組み立ててください。 ) 今回紹介したHCS型のウォッシュロトムは、環境で警戒しなくてはいけないドラパルトに強く出れる型なのでオススメです。

次の

『こだわりスカーフ』の効果・入手方法と育成論|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

こだわり スカーフ 効果

また、技『どくびし』『まきびし』『ねばねばネット』や特性『ありじごく』の効果を受けない。 また個体値については補足説明が書いてない限り、個体値最高として扱います。 H=Sに降らなかった余り• C=性格補正が無い分、努力値は最大限振る• 最速ドラパルト抜きのホルードよりも早く動けるよう調整しました。 ) ウォッシュロトムに「こだわりスカーフ」を持たせることで、最速142族(ドラパルト)、そして最速142族を抜ける「こだわりスカーフ」持ちの最速ホルードよりも早く動ける様に調整しました。 ドラパルトと対面した時に先に「あくのはどう」を打てるので、怯みも期待できます。 今回の ウォッシュロトムの立ち回り・役割 初手に出てきやすいカバルドンの対策、そして高速ポケモンのドラパルトに対応するためのウォッシュロトムです。 こちらがウォッシュロトムを選出していた場合、相手は警戒してカバルドンを出してこないかもしれません。 しかしカバルドンは出されないに越したことはないので、牽制できただけでもウォッシュロトムとしては十分仕事をしています。 相手がドラパルトを出してきた時は、ウォッシュロトムを出して、こちらから攻撃してしまいましょう。 なお、ドラパルトの方が先に動いていた場合は、ドラパルトも「こだわりスカーフ」を持っていたことになります。 その場合でも情報アドバンテージを得ることができます。 また、ドラパルトの「こだわりスカーフ」まで考慮すると、受けて出すのではなく、死に出しでドラパルトと、ヒートロトムを対面させた方が良いです。 ここは読みと思い切りの良さが必要な場面です。 また、対戦環境に多い「ギャラドス」もウォッシュロトムで勝てます。 タイプ相性上、ウォッシュロトムにギャラドスが居座ってくることはまず無いと思いますがギャラドスのメインウエポンが「たきのぼり」「とびはねる」でどちらもウォッシュロトムに半減。 仮に相手が「パワーウィップ」を覚えていても、こちらのウォッシュロトムは「こだわりスカーフ」を持たせているので、ギャラドスに対して4倍弱点の電気技を打てて倒せます。 7%~130. 1%~85. 1%~57. 6%~69. 7%~105. 6%~48. 1%~78. 7%~23. 7%~112. 7%)乱数 1発 相手にウォッシュロトムを使われた時の対策としては、以下のことで対処可能です。 サザンドラ、カットロトム(タイプ上有利で相手からの打点なし)• オノノクス(特性「かたやぶり」で「じしん」貫通) ウォッシュロトムは広い技範囲やタイプと特性含めて耐久力もある非常に強力なポケモンです。 しかし、 ドラゴンタイプのポケモンには不利対面になります。 サザンドラは特にそうで、 ウォッシュロトムからサザンドラに対して有効打がありません。 オノノクスに対してはさらに不利であり、ウォッシュロトムからの有効打がないだけでなく、相手からの「じじん」が「かたやぶり」でウォッシュロトムの特性「ふゆう」を貫通しますので要注意です。 ダメージ計算の該当欄に を引いているので参考にしてみてください。 ヒートロトムはウォッシュロトムに弱く、 ウォッシュロトムはカットロトムに弱く、 カットロトムはヒートロトムに弱いので、 ロトムは数種類作っておいた方がパーティでロトム系統が重い時に対応できることが増えます。 ウォッシュロトムの考察・まとめ 育成論と、相手に使われた際の対策方法(弱点)をお話ししました。 ウォッシュロトムは非常に優秀な耐性とタイプで環境でたくさん見かけるポケモンです。 耐久型や「こだわりメガネ型」、スピード型など型もたくさんああります。 プレイヤーの育て方次第で強さや役割がガラッと変わるウォッシュロトムを是非育成してみてください。 ウォッシュロトムはカバルドンやヒートロトムに対してとても強いことから、相手に対策されていることがあります。 対策されているかも、という想定をしつつ、対戦を組み立ててください。 ) 今回紹介したHCS型のウォッシュロトムは、環境で警戒しなくてはいけないドラパルトに強く出れる型なのでオススメです。

次の