尾木 プロダクション。 【芸能事務所20選】あの芸能人が所属している芸能プロダクションは?

プロダクション尾木

尾木 プロダクション

「さてこの度、 渡辺麻友より『健康上の理由で芸能活動を続けていくことが難しい』という申し入れがございました」とし「数年に渡り体調が優れず、これまで協議を重ねて参りましたが、健康上の理由でしたので身体の事を最優先に考え、本人の意思を尊重し 2020年5月31日をもちましてプロダクション尾木との契約を終了し芸能活動にも終止符を打たせていただくこととなりました」 「突然の発表となり長年に渡り応援してくださった皆さまには大変申し訳ございませんがこれまでのご支援には深く感謝申し上げます。 ありがとうございました」と伝え「 また今後の渡辺麻友についてですが芸能活動を終え、心身の回復を図り普通の生活に戻れるよう健康面を最優先させていただきたいので、本人への取材や憶測でのSNS投稿、記事掲載などお控え頂けますよう伏してお願い申し上げます」 と、事務所より発表がありました。 最近テレビで見ないなぁ、とは思っていましたが、体調不良だったんですね。 芸能界を引退、ということなので、ファンならずとも心配ですが、ここは、『取材や憶測なしで・・』ということなので、敢えて触れずにいたいところです。 今回のこの突然の発表に驚きを隠せません。 あのとびきり可愛いまゆゆをもうテレビで見ることもできないなんて、 ファンの方は、相当なショックだったと思います。 私事ではありますが5月31日付けで長年お世話になりましたプロダクション尾木を退所し、芸能のお仕事を離れる運びと致しました。 これまで関わって下さった皆様、応援してくださった皆様、誠にありがとうございました!世間ではまだ大変な状況が続きますが、皆様くれぐれもお身体にはお気をつけ下さい。 総選挙で1位になった時はすごく嬉しかった事を今でも覚えています。 お身体に気をつけて、これからも元気に過ごしてね。 お疲れ様でした。 そして…まゆゆ、本当に本当にありがとう!! — つば。 が、まゆゆの事務所は 引退して体調の回復を一番に考えてくれる、とても良い事務所だなぁ、って思いました。 そこでまゆゆの所属事務所 『プロダクション尾木』の社長について調べてみました。 尾木ママが芸能事務所の社長だったんだ~? 実際は、 尾木ママは全く事務所と関係なく、社長は『尾木徹』さんという方でした。 尾木徹社長は、 慶應義塾大学法学部卒業していて、元々は、大手の 渡辺プロダクションに入社されています。 その後、 独立して『プロダクション尾木』を設立。 所属タレントは、有名な方たちがたくさんいらっしゃいます。 大御所では、• 石坂浩二• 仲間由紀恵• 名高達男• 藤真利子• 三田佳子• 華原朋美 など、錚々たる名前が連なります。 アイドルでは、 渡辺麻友(まゆゆ)始め、• 高橋みなみ• 峯岸みなみ• 小嶋陽菜• 市川美織 などの売れっ子たちの名前が並びます。 プロダクション尾木は、まゆゆというトップアイドルを失うことになりました。 が、まゆゆの身体を第一に考えてくれ、まゆゆも円満退社で健康回復に専念できて良かったなという思いがあります。 まゆゆの第2の人生が、幸せでありますように!.

次の

プロダクション尾木

尾木 プロダクション

まずは最近言われているローラさんですね。 事務所はLIBERA(リベラ)です。 40歳までの20年間に及ぶ奴隷契約やその後やめてから2年間の活動停止、もしやめたらアメリカや日本でも活動できなくしてやるという恫喝が言われています。 リベラにはダレノガレ朋美さんも所属しています。 ダレノガレ朋美さんも事務所と金銭トラブルになり弁護士を立てて申し入れを行ったと報じられています。 あとは最近では1円も給料をいただいていないんですと涙ながらに告白したのが西山茉希さんでした。 事務所はバーニングの系列のオフィスエムアンドビーです。 バーニング系列はよく給料未払いの相談があります。 バーニング系エーチームの子からもうちのNGOに給料未払いの相談がありました。 同じくバーニング系列で能年玲奈さんや清水富美加さんが揉めていたのがレプロです。 レプロも給料が安いことや管理の厳しさが問題となっていました。 レプロは以前にも新垣結衣さんが「やめたい」と漏らすほど追い詰められていたようです。 レプロの本間社長は関東連合関係者でお兄さんが関東連合のブラックエンペラーの元総長ですね。 レプロ所属の吉川ひなのさんの旦那さんは関東連合幹部の保科さんです。 バーニング系列のケイダッシュ、パールダッシュはミスインターナショナルの吉松育美さんと脅迫、ストーカー被害で裁判沙汰になっていましたね。 ケイダッシュは所属していたアナウンサーの川田亜子さんが練炭自殺をしています。 ケイダッシュ、パールダッシュは関東連合と親密な関係にあるプロダクションです。 人気バンドGLAYもバーニングパブリッシャーズとアンリミテッドと給料未払いで裁判沙汰になり7億円勝訴しています。 バーニングのエーチームはレースクイーン時代の香西咲さんがAV強要をされたという被害にあった事務所ですね。 バーニングのエーチームとエープラスに所属していた小阪由佳さんは過酷な枕営業の実態を暴露していました。 ストレスで鬱になり激太りした様子が報道されていましたね。 バーニング系アーティストハウスピラミッドは安田美沙子さんが事務所退社を巡り裁判沙汰となっています。 安田美沙子さんはアーティストハウスピラミッドの待遇に強い不満があったそうです。 アーティストハウスピラミッドは関東連合系の事務所だそうです。 バーニング系のプロダクション尾木は小嶋陽菜さんが所属していて小嶋陽菜さんの弟が「お姉ちゃんが枕営業をやらされている」と告白していました。 AKBの高橋みなみさんもプロダクション尾木に所属していますが、取引先やプロダクション関係者への肉弾接待写真が流出していました。 プロダクション尾木に所属していた「まゆゆ」こと渡辺麻友さんも引退を表明しています。 表向きは健康上の理由となっていますが、同じプロダクション尾木の高橋みなみさんは「裏では嫌なこと(枕営業や肉弾接待、セクハラなど)がたくさんある。 素直なまゆゆには合わなかったんじゃないか」と語っています。 渡辺麻友さんはAKBは真面目に頑張る子が報われないところだと情熱大陸に出演したときに語っていました。 しかし現実は真面目な子が酷い目にあう、報われない社会だったから精神を病んで引退を決意したんだと思います。 エイベックスは残業代未払いや過酷労働が報道されていました。 社員の3~4割が5年以内に退社すると報じられています。 DREAM5がエイベックスのブラックぶりを暴露していました。 給料は家賃分を除いて月2万円とのことです。 エイベックスに所属していた元デイアフタートゥモローのボーカル「みその」さんは一番売れてるときに給料が居酒屋のバイト並だったと話していました。 エイベックス傘下のプライムディレクション(エイベックス・ライブ・クリエイティブ)は鈴木あみと給料問題で訴訟が起きています。 事務所の管理はとても厳しく歌番組でも隣の人に話すことも許されていなかったようです。 もちろん他のタレントやミュージシャンとの連絡先の交換もNGだったようです。 エイベックスの黒岩社長は稲川会で元稲川会直営キャバクラグループの社長ですね。 エイベックスの社長室長の遠藤氏は元稲川会の一ノ瀬一家幹部でいまはエイベックス傘下の芸能プロダクション「フィット」の社長のようです。 フィットは吉木りさや杉原杏璃、乙葉などのプロダクションです。 系列に「ハーベスターズ」「アリュール」というAV女優部門もあります。 これらは大麻、覚せい剤事件が多く起きています。 また所属していた女優の麻美ゆまは芸能プロダクションと騙されてAV強要をされたと告白しています。 フィットワン設立には関東連合の川奈さんも関わっていたようです。 エイベックス傘下のエイジアプロモーションの社長も脅迫で逮捕されています。 エイジアプロモーションはエイベックスの傘下企業で押尾学の銀座ホステスを死なせた事件でもエイジアプロの社長が出廷させられています。 社長の村山さんは元千葉の暴走族のKGBだそうです。 エイジアプロモーションは益若つばささんや安西ひろこさん、平子理沙さんなどが所属しています。 エイベックスの取締役・幹部は稲川会や関東連合です。 千葉副社長の参加したエイベックスのパーティーでエイベックス系の執行役員が自社のグラビアイドルに強姦未遂をしたとして事件になっています。 エイベックス系のタレントが軒並み不幸になっています。。 エグザイルや3代目ジェイソウルブラザーズのLDHは長時間労働と給料未払いのブラック労働、パワハラが報道されていましたね。 アヴィラは真鍋かをりさんが枕営業をさせられて揉めていたところですね。 真鍋かをりさんは契約の解消を求めましたがアヴィラは真鍋に3億円の賠償請求をしました。 アヴィラは小倉優子さんにも1億円の賠償請求をして小倉優子さんが勝訴しています。 アヴィラは元アバンギャルドというプロダクションで現在は重盛さと美、坂口杏里、折原みかがいます。 R&Aプロモーションはセインカミュさんと本の印税が入らないということで裁判が起きました。 その後1750万を支払うことで和解が成立しています。 しかしその後セインカミュさんは干されてしまったようです。 ライジングプロダクションは歌手の安室奈美恵さんと奴隷契約、辞めさせないなどで揉めていました。 六本木オフィスは浅香唯さんと芸名を使わせないというトラブルが起きました。 SPエージェンシーとリップに所属していた小向美奈子さんは枕営業やグラビアアイドルの女衒の存在がいることを告白されていました。 フェイスネットワーク、系列のプラチカは香西咲さん、AKB48の山口りこ(中西里菜)さんが所属していた事務所ですね。 上部団体はバーニングのようです。 違約金数億円の請求などを絡めたAV強要を受けた事務所ですね。 プラチナムプロダクションは上原美優さんが自殺しています。 またプラチナムプロダクションも所属タレントによる過酷な枕営業の暴露が行われました。 同じくプラチナムプロダクション所属の手島優さんも枕営業について暴露していましたね。 プラチナムプロダクションはエイベックス系のプロダクションだそうです。 オスカープロモーションは25歳まで恋愛禁止、結婚禁止という厳しい縛りが言われています。 オスカー社員が40名も大量離職するなどブラック化が言われています。 オスカープロモーションは米倉涼子さん、長谷川潤さん、岸明日香さん、金子エミさん、岡田結実さん、忽那汐里(くつなしおり)さん、リサステッグマイヤーさん、草刈民代さん、ヨンアさんなど事務所のブラックさに嫌気がさし次々と退社しています。 オスカープロモーションは堀和顯専務のパワハラも週刊新潮が報じています。 オスカープロモーションの女の子数名から過酷な勤務で薄給である、枕営業をさせられるという相談がうちのNGOにありました。 ストーカー被害にあっても事務所は守ることなくストーカーに合う君が悪いと言われて解雇されたという元オスカープロモーション所属のモデルの子の声もありました。 平子理沙さんやめざましテレビのイマドキガールの森友理恵さんなどが所属していたニューパワーは社長の関東連合で住吉会系堺組の人が脅迫罪で逮捕されています。 舟山久美子や今野杏南、武田玲奈、松本愛、元AKBの梅田彩佳などが所属するモデルプロダクションのトラスター(ヴィズミック)は親会社がインソー株式会社(レジャックスホールディングス)というキャバクラグループのインソーやアパレル会社のマークスタイラーの会社です。 ここのトラスター(ヴィズミック)の親会社のインソー株式会社(レジャックスホールディングス)はペニーオークション詐欺や闇金融が問題化しています。 また従業員やキャバ嬢の給料未払いやブラック労働で集団訴訟を起こされています。 神戸山口組の直営の芸能プロダクションですね。 顧問に菅沼清高元警察庁長官官房長をつけています。 NEWSPROMOTION(元NASAエンターテインメント)はタレントの森友里恵さんが有名企業の社長に30万円で枕営業の強要をされたと法廷で証言しています。 所属タレントはモデルの神戸蘭子さん、ソニンさんがいました。 太田プロダクションは芸人の山田邦子さんとトラブルになっていました。 AKSはNGTの山口真帆さんの事件などでブラックさを露呈しています。 それ以外のビームやハイクオリティなど弱小プロダクションは未払いや高額なレッスン料など言われています。 弱小プロダクションはまともなところはありません。 ワンカラーというプロダクションは意に反して夜の仕事で働かせられて無理やり売春までやらされたという相談がいくつかありました。 ワンカラーというプロダクションは要注意です。 芸能プロダクションMAHMは所属グラビアタレントに暴力行為を働いて社長が警察に捕まったところです。 MAHMの水野英久社長というそうです。 関東連合やヤクザの名前を出して脅されるそうです。 芸能プロダクションのデートピアは給料未払いと7年間の奴隷契約でアイドルグループがプロダクションを訴えています。 石川優実さんが枕営業の強要やグラビア撮影の強要の実態を告発しました。 プロダクションはACEですね。 バーニング傘下のプロダクションのKチームの社長の金成博文さんは神戸山口組系3次団体東仁会会長でした。 イタリア料理店の従業員をボコボコにして逮捕されています。 現在はバーニング系のエーチームと合併したそうです。 芸能プロダクションのディアステージ(株式会社ピクシブ)も絶対にやめましょう! 所属タレントの虹のコンキスタドール(虹コン)に酷いセクハラや枕営業の強要、脱衣所や浴室の撮影などで代表取締役社長の永田寛哲氏を提訴しています。 NMB48の所属するKYORAKU吉本ホールディングスも辞めてから2年間の活動を禁止するという契約を結ばせていると週刊文春が報じていました。 ただこの辞めてから活動を禁じられているというのは他の多くのプロダクションも似た様な契約があるようです。 芸能界の業界全体の問題かもしれません。 元ポップティーンモデルも在籍していた芸能プロダクションの「MELM」(メルム)は社員を泥酔させて2回も高熱の鍋に突っ込むというパワハラをしていました。 社長はイベサー上がりの輩、半グレですね。 給料も月8万円しか渡さず11時から23時まで働かせていたそうです。 バーニング系のプロダクションだそうです。 ワールドビジョンプロは社長の塩見剛史氏とイベント会社社長の園部宗徳氏はハプニングバーに女性を連れ込み性的暴行を加えたとして逮捕されています。 ワールドビジョンプロもやめたほうがいいですね。 釈由美子さんや山本梓さんが所属するトミーズアーティストカンパニーも1000万円以上の給料未払いと4000万円を超える債務超過と身売りが報じられています。 トミーズアーティストカンパニーもやめましょう。 加藤紗里さんが所属する芸能プロダクション「ゼロイチファミリア」でも給料未払い、辞めさせてもくれないという訴えを加藤紗里さんが起こしています。 ゼロイチファミリアは月の給料が数千円のときもあったそうです。 アイドルグループ「dela」を運営する名古屋美少女ファクトリー、株式会社エムディーアイの代表取締役が自社アイドルにわいせつ行為を行ったとして辞任しています。 ナベプロは大澤常務による所属タレントへの1年間にわたるセクハラ、わいせつ行為が週刊文春に報じられています。 ユーチューバーの事務所UUUMもブラックだと言って退所する人が続出しています。 UUUMはタレントに何もしないにも関わらず、マージン、手数料だけ2割中抜きされるそうです。 ユーチューバーはもともと一人で撮影して、編集してアップしていますから事務所は必要ないですからね。 テレビのようにプロダクションに入らないと出演できないならばまだしも、ユーチューブは誰でもアップは自由ですから事務所に入る意味がないですね。 NHKのBSプレミアムでケネディ大統領暗殺事件を特集していました。 JFK 横浜のシーサイドライン逆走事故はアメリカのCIAによるハッキングによる遠隔操作だと思います。 被差別部落の冤罪事件としても有名な埼玉県の狭山事件。 宮崎駿監督のトトロの 未解決事件・冤罪事件・犯罪などの掲示板には核心をついたような鋭い書き込みがあると、それを必死で火消し 1988年3月18日に名古屋市中川区供米田三丁目804番地のアパートの2階で臨月の妊婦のお腹が切り裂 世田谷一家殺人事件の犯人は日本人で犯行前後に5ちゃんねるに書き込みをしていたと言われています。 1995年7月30日午後9時15分頃、八王子市大和田町のスーパー「ナンペイ大和田店」の2階事務所で拳 1988年6月18日に発覚したリクルート事件はアメリカのCIAによる竹下総理失脚のための謀略でした。 XJAPANのYOSHIKIはCIA・イルミナティのエージェントだと思います。 神奈川県で教師をしていました。 モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。 東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。 7000人以上の女性を幸せにしています。 国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法、トリガーポイントマッサージによる言語障害・発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。 心理カウンセラー、ジャーナリスト、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。 人気記事ランキング• カテゴリー•

次の

プロダクション尾木

尾木 プロダクション

『ウルトラマンオーブ』(テレビ東京系)で主演した俳優・石黒英雄さん(いしぐろ・ひでお 29歳)が1日、4月末をもって大手芸能事務所『プロダクション尾木』を退所したことを自身のブログで発表しました。 石黒英雄さんはブログで 「これからの自分のやりたいことや方向性などを考えていこうと事務所と相談させて頂いて、ご理解頂き円満に退所するはこびとなりました。 」と事務所退所を報告しています。 また、移籍先の事務所はまだ決まっていないことも明かした上で、 「皆様に良いご報告が出来るよう頑張りたいと思います。 SNSや芸名も変わらず継続させて頂くことになりました。 これからも今と変わらずやっていきますし、新たな挑戦もしていきたいと思っております。 今後ともどうぞ宜しくお願い致します」と綴っています。 最近では、極度の潔癖症キャラクターとしても注目されており、『有吉ゼミ』(日本テレビ系)では芸能人宅のお掃除企画などにも不定期で出演し、『石黒式ヤバイ掃除術』という本も出版するなど幅広く活動しています。 そんな石黒英雄さんが『プロダクション尾木』を退所していたことが明らかとなりネット上では、• 石黒さんは、時代劇もいけるし難しい役もこなすしアクションもすごいし超男前だし、いい役者さんですから、これからも応援しますよー!• 最近独立が多いね。 事務所の権限が落ちてきて、タレントにメリットがなくなってきてんだろうね。 なんか円満退社って言われても疑ってしまうわ。 最近頻発する独立騒動の影響で。 円満退社と云う表現が胡散臭い。 円満退社ならいいんだけど、移籍により、尾木とナベプロからの圧力がかかってしまうのかと思うと・・・。 などのコメントが寄せられており、円満退社とされてはいるものの、大手を離れたことで今後の活動を不安視する声が多く上がっています。 石黒英雄さん本人がブログで「SNSや芸名も変わらず継続させて頂くことになりました」としており、今後も同じ名前で活動が許されたということは何かトラブルがあったというわけではなく、しっかりと話し合った上での退社だとみられます。 ですが、大手の芸能事務所を離れただけに今後仕事が減っていく可能性が高く、現時点では移籍先も決まっていないとのことから、今後どうなっていくのか不安ですね。 ちなみに、『プロダクション尾木』の尾木徹社長は『渡辺プロダクション』の出身で、芸能事務所の多くが加盟している最大規模の業界団体『日本音楽事業者協会』(略称:音事協)で2007年~2013年まで会長を務めていました。 石黒英雄さんはこれまでにかなり多くのドラマに出演し、演技力も比較的高く評価されている方なので、今後の活躍にも期待したいところではあるのですが、果たしてどうなるでしょうか…。

次の