クニシマセイジ。 検索結果詳細表示|神奈川県立図書館OPAC

ポツンと一軒家を振り返る 愛知の奇抜なデザインの家主は世界で有名

クニシマセイジ

スポンサードリンク 国島征二(くにしませいじ)wiki経歴プロフィール!ポツンと一軒家 国島征二(クニシマセイジ)さんは1937年 愛知県名古屋市生まれ。 37歳でニューヨークで個展を開き、成功しニューヨークに拠点を移し、 長くロスアンジェルスに居を構え、日本のとアメリカを中心に精力的に活動。 国島征二(クニシマセイジ)さんは、現在は、愛知県岡崎市に在住されているそうです。 作品は石の彫刻のほかにブロンズ作品、アクリル絵の具を使ったドローイング、エッチングやリトグラフの版画作品など多彩に活動されているようです。 スポンサードリンク 国島征二(くにしませいじ)のポツンと一軒家とは? 愛知県でポツンと一軒家に住んでいる世界で活躍する住人、国島征二(クニシマセイジ)さん。 国島征二(クニシマセイジ)さんが住んでいるぽつんと一軒家はかなり独特! その家は斜めに傾き、石垣が家を貫通しているようです。 家の中で一直線に石垣を貫通しているそうですが、それは石切場が山中にあったからだそうで切り出された白御影石を利用されています。 国島征二(クニシマセイジ)さんが日本に移り住んだ理由としては、 ニューヨーク、ロサンジェルスなど大都会に住んでいた国島征二(クニシマセイジ)さんは、大自然の中で過ごすことに移り住むことに憧れがあり愛知県の山中に移り住んだそうです。 ぽつんと一軒家では、国島征二(クニシマセイジ)さんが山中の中で過ごしそれを自分の作品に取り込んでいる姿が放送されました。 お気に入りは、ぐるりと緑に囲まれた野外のテラス。 アメリカ時代の知人を誘い、おしゃれにコンサートを開いたりするそうで、12年前にゲストハウスも建築され素敵な生活をされています。

次の

国島征二|Masayoshi Suzuki Gallery

クニシマセイジ

日本に現在のような塗料が伝わったのは、黒船に乗ったペリーが浦賀にやってきた1854年のこと。 塗料の販売は1866年と言われており、約150年の歴史があります。 当社は、そのうちの約3分の2という長い期間にわたって、岐阜県で塗料の販売に携わってまいりました。 長い時間が経過していますが「塗料メーカーから仕入れてきた商品を調色し、ご要望に応じた量で販売する」という商売の形態は、ほとんど変わっていません。 扱う商品は時代によって変化しており、多品種少量化が進んでおりますが「必要な色」を「必要な時」に「正確」にお届けするというサービスは、ずっと変わっていませんし、これからも大きく変わることはないでしょう。 そうしたお客様のご要望にお応えする能力をさらに磨いていくことが一番重要なことであり、私たちの使命であると考えています。 モノに様々な機能を塗り足し、価値を高めることも塗料の役割です。 色だけではない目に見えない塗料のチカラ。 クニシマはお客様の目的に応じた最適な塗料の利用方法をご提案することで、お客様の事業に貢献する塗料のトータル・プロデュース企業です。 kunishima. 昭和18年: 戦時中塗料販売統制の際、東海地区唯一の塗料販売店として残存する。 昭和21年: 酒精ニスの製造部門を分離独立する。 昭和40年: 法人に改組、株式会社国島商店となる。 資本金500万円 國島為蔵 会長に就任 國島清人 社長に就任 調色工場を岐阜市蔵前5丁目に開設。 昭和43年: 資本金を1,000万円に増資。 高山営業所を高山市片野町4丁目に開設。 昭和46年: 本社社屋竣工。 昭和60年: 塗装設備工事の設計、施工、販売を始める。 平成4年: 創業70周年を記念して社名変更 株式会社クニシマとなる。 國島清人 会長に就任 國島久嗣 社長に就任 平成6年: 環境ビジネスの一環として、クール工法の施工、販売を開始。 平成10年: 本社・倉庫・調色工場を岐阜市東鶉に新築移転。 平成11年: カラーリフォームの施工、販売を開始。 平成15年: 光触媒塗料の施工を開始。 平成16年: TOTO・オキツモ代理店となり光触媒塗料の販売を始める。 平成18年: 創業85周年となる。 クール工法の実績が20万平方メートルを突破する。 平成20年: 調色工場(カンペ岐阜カラーセンター)が新JIS認証を取得する。 平成21年: AGCフッソ塗料ルミステージの代理店となる。 平成22年: ドイツ・オスモ社製品の取扱を開始する。 平成25年: 創業90周年を迎える 平成29年: 高山営業所を高山市石浦町5丁目430に新築移転。 店頭調色を開始。 平成30年: 高山営業所で新たな試みとしてシェアオフィスを開始。 (他社様と倉庫などを共有して営業) 令和2年: 本社をカラーリニュアルした。 All Rights Reserved.

次の

イタリア厨房 KUNISHIMA (クニシマ)

クニシマセイジ

スポンサードリンク 国島征二(くにしませいじ)wiki経歴プロフィール!ポツンと一軒家 国島征二(クニシマセイジ)さんは1937年 愛知県名古屋市生まれ。 37歳でニューヨークで個展を開き、成功しニューヨークに拠点を移し、 長くロスアンジェルスに居を構え、日本のとアメリカを中心に精力的に活動。 国島征二(クニシマセイジ)さんは、現在は、愛知県岡崎市に在住されているそうです。 作品は石の彫刻のほかにブロンズ作品、アクリル絵の具を使ったドローイング、エッチングやリトグラフの版画作品など多彩に活動されているようです。 スポンサードリンク 国島征二(くにしませいじ)のポツンと一軒家とは? 愛知県でポツンと一軒家に住んでいる世界で活躍する住人、国島征二(クニシマセイジ)さん。 国島征二(クニシマセイジ)さんが住んでいるぽつんと一軒家はかなり独特! その家は斜めに傾き、石垣が家を貫通しているようです。 家の中で一直線に石垣を貫通しているそうですが、それは石切場が山中にあったからだそうで切り出された白御影石を利用されています。 国島征二(クニシマセイジ)さんが日本に移り住んだ理由としては、 ニューヨーク、ロサンジェルスなど大都会に住んでいた国島征二(クニシマセイジ)さんは、大自然の中で過ごすことに移り住むことに憧れがあり愛知県の山中に移り住んだそうです。 ぽつんと一軒家では、国島征二(クニシマセイジ)さんが山中の中で過ごしそれを自分の作品に取り込んでいる姿が放送されました。 お気に入りは、ぐるりと緑に囲まれた野外のテラス。 アメリカ時代の知人を誘い、おしゃれにコンサートを開いたりするそうで、12年前にゲストハウスも建築され素敵な生活をされています。

次の