キン肉マン 最新話 314。 キン肉マン オメガ編 314話&315話 カピラリア七光線 対抗はフェイスフラッシュか プリズマンの謎 ネタバレあらすじ感想 考察

キン肉マン314話ネタバレ&感想 ザ・マンは校長先生か?話がなげーんだよ!

キン肉マン 最新話 314

楽天で購入 それでは漫画「キン肉マン」の最新話314話のネタバレ、感想、考察、315話の展開予想を紹介していきます。 広告 目次• キン肉マン【オメガ編】314話 最新話のネタバレ かつてカピラリア七光線を照射して地上の超人たちをせん滅する計画を主導したのが「調和の神」だった。 その後の経緯を続けて語るザ・マン。 どんな神からも認められる超人を育成するため、神の座を降りて完璧超人の始祖となったのだが、オメガの民が独自に神越えを目指し始めた。 その所業はパーフェクトとは程遠いものだったが、自分の想像を超える発展を遂げていることに喜びを感じていたという。 そこで、神々を納得させるために敢えて粛清を加えつつも、宗家であるオメガの民だけは逃がすことにしたのだった。 その結果、恨みにまみれた歴史を築かさせてしまったことを申し訳ないと謝罪するザ・マンに、アリステラは涙を流す。 話を聞いたアタルは、真に警戒すべきは調和の神だったと認識。 調和の神の勢力によって天界の中枢から弾かれた邪悪五大神は、ザ・マンに味方することで調和の神の失脚を狙っていたのだった。 では、カピラリア光線がいつ襲ってきてもおかしくないと焦るブロッケンJrだったが、ザ・マンがすでに対策を打っていた。 天界から降りる前に、カピラリア七光線を全宇宙に照射する装置を108のかけらに分割し、神々で預けてあり、そのうちの一つを自分も持っているので、神々全員の承諾なしには光線の照射は不可能だという。 現物をみせながら、サタンの目的はこれを回収することで、おそらく調和の神から、これを盗み出すことができれば神に昇格させてやるとそそのかされたのではないかと言う。 その危機を自分たちの力で阻止した結果が、ザ・マンが見たかった光景だったというのだった。 広告 キン肉マン【オメガ編】314話 最新話 ゆでたまご嶋田隆司インスタ ゆでたまご先生のインスタより。 キン肉マンマスクが販売中です。 キン肉マン【オメガ編】314話 最新話のネタバレ考察と315話 展開予想 ここからは最新話314話までのネタバレから、この先の315話の展開を予想して考察していきたいと思います。 当たっていたらネタバレになってしまうかもしれません。 広告 カピラリア七光線とは ザ・マンの話によると、カピラリア七光線を全宇宙に照射するには装置が必要、とのことでした。 なので、カピラリア七光線を発生させるということだけに限れば、天界ではそんなに難しいことではないのかもしれません。 もしかすると、地球で言う太陽光のように天界は常にカピラリア七光線に照射されている状態かもしれないし、神であれば誰でも放つことができるものなのかもしれません。 いずれにしても、カピラリア七光線が、天界に存在しているものを基にしていることは確かで、逆の言い方をすれば、超人が神を超える力を持つためには、神にのみ扱うことができるカピラリア七光線を克服することが必要となってきます。 これは、アリステラやキン肉マンが、超人強度が1億パワー以上を身につけたところで何の役にも立たないということを意味しています。 カピラリア七光線に対抗するフェイスフラッシュ では、超人たちはカピラリア七光線が照射されないよう、装置の破片を守り続けるしか対抗策はないのでしょうか。 これは私の仮説ですが、これに対抗する措置も、キン肉マンがカギを握っていると考えます。 もっと言うと、キン肉族が握っているということになると思います。 キン肉族がもっている力、それは「フェイスフラッシュ」です。 フェイスフラッシュは、火事場のクソ力と並んでキン肉族がもっている未知の力です。 ただし、火事場クソ力が「攻め」の力だとしたら、フェイスフラッシュは「守り」の力と言えそうで、その光に照らされた超人は、どんな傷でもたちどころに癒され、時には死んだはずの超人を生き返らせるほどの力をもっています。 これは、超人を死に至らしめるカピラリア七光線と対極にある「光」と考えらえます。 なので、超人たちが今後、神と同等の力を得るためには、フェイスフラッシュを対抗策として研究していく必要があるのではないでしょうか。 プリズマンの謎 もう一つカピラリア七光線に関する謎として残るのが、王位争奪編に登場した超人の中で、反則級と言われる強さを発揮したプリズマンの話です。 プリズマンは、レインボーシャワーというカピラリア七光線と同じ成分の光を照射するという技を操ります。 なぜ、一介の超人に過ぎないプリズマンが、カピラリア七光線と同じ力を持つレインボーシャワーなどという技を使うことができたのでしょうか。 これも仮説ですが、知性の神が、自分の持っていたカピラリア七光線照射装置のかけらを使ってプリズマンを生み出したのではないでしょうか。 かつて知性の神は、スーパーフェニックスの後ろ盾となるため、足がボロボロになってしまったサムソン・ティーチャーに、サタンクロスという超人の幼虫を与えていたことが語られています。 これと同じ要領で、元々存在していたプリズマンという超人に対して、付加価値としてカピラリア七光線を照射する能力を与えたのではないでしょうか。 広告 キン肉マン【オメガ編】関連情報まとめ キン肉マンオメガ編の関連情報をまとめました。 広告 tetsutylor.

次の

『キン肉マン』2ヶ月ぶりに連載再開で喜びの声 執筆作業の“3密”懸念、新型コロナの影響|オリコンニュース|徳島新聞

キン肉マン 最新話 314

最近はどことなく展開の遅かったキン肉マンだが,コロナウイルスの影響もあって今週から1か月の休載に入った。 世間様は本当に大変なことになっており,自粛という名の営業禁止みたいな風潮になってる。 キン肉星の大王でもあるキン肉マンならどうするだろう・・・。 コロナにバックドロップ,不景気にキン肉バスターで解決してくれないものか。 それはさておき,313話『真実への十四階段』である。 しょっぱなから思ったのだけど,「十四階段」って何なんだろう? 死刑囚が最後に登る絞首台は13階段だというけれど,14というのは何が由来かわからい。 また,画像を見て数えてみたのですが,ザ・マンまで続く階段は根元がキン肉マンたちの体で隠れているとは言え,見えている部分だけを数えてみても明らかに20段以上ありますね・・・。 (web版2頁。 ざっと20段以上はかる階段ですね・・・) また,別カットでも少し隠れている部分があるが,やはり20段以上はあるように見える。 ていうか, 心から歓迎するなら椅子やお茶くらいだせよ。 (web版6頁。 20段以上の階段を挟んでの会談。 コメントで「両脇のを数えたら14段ですよ」と指摘をいただきました。 てっきり舞台は競技場か何かで、両脇のは観客席だと思ってましたが、ここを数えるんですね。 読み込み深いです) で,ザ・マンのお話なのだが,次のシリーズは「天界の神」とやらが対戦相手になるっぽい。 その神々の中にも色々派閥はあるようだが,ブロッケンが言うところ,「超人を殺したくて仕方ないようなアブねーヤツ」がいて,それが「調和の神」だそうな。 (web版19頁。 じゃあ何ですか? 外出自粛なのに1か月もキン肉マンの更新ないってことなのかよ?) なんでも,ザ・マンに匹敵する絶大な力を身につけているそうだけど・・・。 冷静に考えれば,ザ・マンと同じくらいってことは,悪魔将軍で勝てるじゃないか。 だいたい,神の力が超人強度1億パワーだったはずだけど,キン肉マンの火事場のクソ力はそれに匹敵するんだし,まぁ,極端なインフレにはなりますまい。 そんなこんなで今週は終わり。 個人的にはモーツァルトを楽しむザ・マンだとかが見どころですね。 ザ・マンの評価によると,完璧だとのこと。 最近のキン肉マンは試合,試合ばかり。 みんなで牛丼を食べる話だとか,温泉に行く話だとか,超人たちのプライベートというか,ザ・マンが音楽鑑賞して普通に生活しているシーンはほっこりした。 ちょうど昨日は安倍総理が星野源の音楽に合わせて家でくつろぐ動画をアップして超バッシングを受けたのだが,モーツァルトなら怒られなかったかも・・・。 (web版313話,3頁目。 強要深さをアピールするあやつマン) そんなこんなで,しばらく1月くらいキン肉マンの感想はお休みだ。 その間に法律の本でも読んだり,司馬遼太郎あたりでも読んでおこうか。

次の

【キン肉マン感想】キン肉マン新シリーズ第310話 裁きが導く先!!の巻 サタン様早くもお役御免、次回は閻魔様だ【ネタバレあり】

キン肉マン 最新話 314

写真 漫画『キン肉マン』コミックス第71巻 4月20日より新型コロナウイルスの影響で休載していた人気漫画『キン肉マン』が、29日に更新された週刊プレイボーイの公式サイト『週プレNEWS』で、約2ヶ月ぶりに再開された。 漫画家・ゆでたまご(原作・嶋田隆司、作画・中井義則)の嶋田氏は、自身のツイッターを更新し「長らくお待たせしました、WEB『キン肉マン』最新第314話は只今更新されました。 無料ですのでぜひご一読」と呼びかけている。 の巻」から更新され、連載再開にネット上では「キン肉マン更新!言葉がでねぇ!感動した!」「連載再開おめでとうございます。 早くも次週が楽しみです」「キン肉マンはホント面白いなぁ。 待ってたよ!」などと歓喜の声が。 今後の予定は、以前通り毎週月曜日に最新話を配信していき、次回更新は7月6日となっている。 連載再開は22日に、漫画家・ゆでたまご(原作・嶋田隆司、作画・中井義則)が、公式サイトを通じて発表しており「約2ヶ月の長きにわたり辛抱強くお待ちいただいた読者の皆様にはまず心からお詫びさせていただきますと同時に、感謝の気持ちに堪えません」と謝意を示し、「漫画というものは、描かないとどんどん忘れられてしまうのが世の常です。 そんな教訓を若い頃から『週刊少年ジャンプ』という世界一の漫画の現場に叩き込まれてきたからこそ、僕らゆでたまごは現役であることにこだわり続けてきましたし、曖昧な理由による休載は決してしないということでこれまでずっとやってきました」と漫画家人生を回顧。 続けて「今回の休載に関しては理由のあることとはいえ、やはり不本意ながらも連載が途切れてしまったことに変わりはありません。 それだけに、その間もずっと待ち続けてくれた人がいるということがどれほどありがたいことか、よくわかっているつもりです。 だからこそ、改めてこの場にて、今このお知らせを読んでくださっている皆さまに、心より申し上げます。 本当に申し訳ございませんでした」とプロの漫画家として休載したことをお詫びし、「そればかりか、今回の私どもの対応にご理解と励ましのお言葉をたくさんいただけたこと、誠にありがとうございました!」と感謝した。 また、「今年度でいよいよ還暦を迎えるふたりではありますが、そんなことは関係なく、それが漫画家である私たちにできる唯一のことだと気持ちを新たにして、これからもますます漫画家として精進していきたいと思っております」と意気込みを見せた。 『キン肉マン』の休載は、ゆでたまごが4月13日に同サイトを通じて、新型コロナウイルスの影響で執筆作業に影響が出たことから『キン肉マン』のしばらく休載することを発表。 理由は「4月7日に発令された緊急事態宣言など、昨今の新型コロナウイルス感染拡大の社会情勢に鑑み、漫画原稿の執筆作業をこのまま平常運転で続けることはできない、と判断させていただくに至ったからです」と説明。 ゆでたまごによる合作作品のデビュー作で、『週刊少年ジャンプ』で1979年5月から87年5月まで掲載。 その後、98年より『週刊プレイボーイ』で『キン肉マンII世』、2011年より『週プレNEWS』で『キン肉マン』の再復活シリーズをスタート。 テレビアニメ『キン肉マン』が1983年〜86年、『キン肉マン キン肉星王位争奪編』が91年〜92年にかけて放送された。

次の