あか が みん クラフト スキン。 赤髪のともとよっぴーに問題が起きた?Twitterでのやり取りが…

貴方がどれだけ赤髪のともさんを知っているか、検定!!

あか が みん クラフト スキン

| | |題名の通りです! 貴方がどれだけ赤髪のともさんに詳しいか、診断します。 検定を作るのは、初めてです。 なので、誤字など、沢山あります。 この検定は、公式では、ありません。 私、こえみが勝手に作ったものです。 上記のことが、苦手・嫌いな方は、ごめんなさい。 楽しかった! ありがとうございます! 難しかった。 多分、自分がやっても難しいと思います 汗 もっと変えた方がいい。 アドバイスなど、コメントしてくださると、嬉しいです。 簡単すぎる。 す…凄いです! 感想を書こう! 携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります ニックネーム: 感想: - あと少しで全問正解でした。

次の

#あかがみんクラフト あかがみんクラフト短編

あか が みん クラフト スキン

[chapter: 注意] ・この小説は実況者様の名前をお借りしています ・喋り方などが曖昧&キャラ崩壊ありです ・ご本人様とは全く関係がありません ・捏造、妄想の詰め合わせです ・ほぼ台本式の小説となっております なんでもOK!それがどうした!という方だけお進みください。 [newpage] [chapter:ともの遊び] あーあ、今日も暇だなぁ〜 あ、どうも、赤髪のともです。 見ての通り今俺は暇してますw さぁて、誰かいないかなぁ〜 ギャーッギャーッ お?下の階から何やら言い争う声が・・・ と:騒がしいけど、どうしたの? あ:あ!がっちゃん!!聞いてよ!しょうやんがぁー!! S:違うて!俺やないってば! 相変わらず仲良いなぁwちょっと騒がしいけどw と:で、何があったの? あ:ここのチェストに入れておいたうちのケーキが無くなったの!! S:俺が食べたって言っとるんですよ!違うのに!! あ:絶対しょうやんだって!ここにいたんだもん!! S:違うって!ここに今日狩ってきた肉を入れようとしとったんだよ!! あーあ、始まっちゃったw こういう喧嘩はよくやるけど、なかなか終わんないんだよねぇ・・・ と:まぁまぁ、夫婦喧嘩は他所でしてよね! あ・S:夫婦じゃない!・夫婦やないです! と:息ぴったりじゃんwもーw さすがだねwこの二人はw ・・・さて、ケーキかぁ 誰か、持ってった?それとも、食べた? うーん・・・ [newpage] ソ:あれ?あちゃみさんたち、どうしたの? と:あ、ソーラ!あのね・・・ そして俺は今までのことを事細かに話した。 バ:・・・これ、俺が書いたヤツですよ? と:え? バ:確か、一緒に置いていた治癒のポーションに貼っていたはずですが・・・ あ:あ、それなら使ったよ!ケーキに入れてみたんだ! バ:お、それはどうなったか気になりますねぇ あ:でしょー!結構いい出来だったんだけど・・・あ。 と:結局みんな悪いじゃないか!! S:俺何も悪くないっすよ!!? めでたしめでたし! よし、ここで騒いだから次のとこへレッツゴー!w [newpage] W:アイクさぁんww ア:ちょ、わとさんっ 汗 お!わとさんとアイクさんじゃないか! 相変わらずアイクさん好きだなwわとさんw ア:あ、ともさん! おや、見つかったようだw W:お!本当だ!とっもさーん!! わかってるってのにw と:何だい?ダニエルにちゃっかりくん?w ア:いやいやw W:いやぁ、アイクさんはちゃっかりよ!! ア:なんでですかw 本当仲良いなぁw兄弟みたいじゃんかw と:で、何してたの? W:アイクさんいじってた! ア:いやいやw間違ってはないですけどwバステンさんの頼みで花を摘んできたんですよ。 と:へぇ!・・・なんで花? ア:確か、新種のポーションに使うって言っていました。 W:そうなん!?知らんかったわ! と:え、じゃあ何しに行くと思ってたのw W:え?アイクさんは乙女だなぁって思っとったw ア:えぇ!?自分が個人で花摘みに行ったと思っていたんですか!?説明しましたよね? W:そうやけど?説明なんてあった?覚えとらんわ! さすがわとさんw話を聞いていないwでもアイクさんが個人で花摘みに・・・ と:ふふっwアイクさんw乙女かww ア:!?なんでそうなるんですか!w W:そうなるやろ?wアイクさぁんww ア:ちょ、もうやめてくださいよ!w あーあ、また始まったw こりゃほっとくのが一番だwよし、行こう。 我慢したまえ・・・ [newpage] とまぁ、俺の一日はこんな感じかなぁw このあと鳥ちゃんを置き去りにし、ソーラたちのお茶会に混ぜてもらった。 でも何か悪いような気がして、あとの4人もちゃんと呼んだけどね! なんだかんだでケーキとか足りなくなって俺が作り直したりしたけど・・・ やっぱりみんなと一緒に過ごすのは楽しいね!退屈しないや! あーあ、今日も一日楽しかったなぁ〜 [newpage] [chapter: あとがき] 今回初めて小説を投稿させていただきました、R・Nです! いつも見るばかりで投稿なんて頭の隅にもおいていなかった自分ですが、 何故か今回投稿することになりました。 このあかがみん小説、自己満足で書いていただけなのですが、 もっとうまく小説を書けるようになりたい! 他の人の反応が見てみたい! という欲張りな自分がいまして・・・ まぁ誰もこんな駄作を読んでくださるような方はいないのでしょうが・・・ それでもなにか変わると思い、投稿を決心しました。

次の

あかがみんクラフト短編小説

あか が みん クラフト スキン

[chapter: 注意] ・この小説は実況者様の名前をお借りしています ・喋り方などが曖昧&キャラ崩壊ありです ・ご本人様とは全く関係がありません ・捏造、妄想の詰め合わせです ・ほぼ台本式の小説となっております なんでもOK!それがどうした!という方だけお進みください。 [newpage] [chapter:ともの遊び] あーあ、今日も暇だなぁ〜 あ、どうも、赤髪のともです。 見ての通り今俺は暇してますw さぁて、誰かいないかなぁ〜 ギャーッギャーッ お?下の階から何やら言い争う声が・・・ と:騒がしいけど、どうしたの? あ:あ!がっちゃん!!聞いてよ!しょうやんがぁー!! S:違うて!俺やないってば! 相変わらず仲良いなぁwちょっと騒がしいけどw と:で、何があったの? あ:ここのチェストに入れておいたうちのケーキが無くなったの!! S:俺が食べたって言っとるんですよ!違うのに!! あ:絶対しょうやんだって!ここにいたんだもん!! S:違うって!ここに今日狩ってきた肉を入れようとしとったんだよ!! あーあ、始まっちゃったw こういう喧嘩はよくやるけど、なかなか終わんないんだよねぇ・・・ と:まぁまぁ、夫婦喧嘩は他所でしてよね! あ・S:夫婦じゃない!・夫婦やないです! と:息ぴったりじゃんwもーw さすがだねwこの二人はw ・・・さて、ケーキかぁ 誰か、持ってった?それとも、食べた? うーん・・・ [newpage] ソ:あれ?あちゃみさんたち、どうしたの? と:あ、ソーラ!あのね・・・ そして俺は今までのことを事細かに話した。 バ:・・・これ、俺が書いたヤツですよ? と:え? バ:確か、一緒に置いていた治癒のポーションに貼っていたはずですが・・・ あ:あ、それなら使ったよ!ケーキに入れてみたんだ! バ:お、それはどうなったか気になりますねぇ あ:でしょー!結構いい出来だったんだけど・・・あ。 と:結局みんな悪いじゃないか!! S:俺何も悪くないっすよ!!? めでたしめでたし! よし、ここで騒いだから次のとこへレッツゴー!w [newpage] W:アイクさぁんww ア:ちょ、わとさんっ 汗 お!わとさんとアイクさんじゃないか! 相変わらずアイクさん好きだなwわとさんw ア:あ、ともさん! おや、見つかったようだw W:お!本当だ!とっもさーん!! わかってるってのにw と:何だい?ダニエルにちゃっかりくん?w ア:いやいやw W:いやぁ、アイクさんはちゃっかりよ!! ア:なんでですかw 本当仲良いなぁw兄弟みたいじゃんかw と:で、何してたの? W:アイクさんいじってた! ア:いやいやw間違ってはないですけどwバステンさんの頼みで花を摘んできたんですよ。 と:へぇ!・・・なんで花? ア:確か、新種のポーションに使うって言っていました。 W:そうなん!?知らんかったわ! と:え、じゃあ何しに行くと思ってたのw W:え?アイクさんは乙女だなぁって思っとったw ア:えぇ!?自分が個人で花摘みに行ったと思っていたんですか!?説明しましたよね? W:そうやけど?説明なんてあった?覚えとらんわ! さすがわとさんw話を聞いていないwでもアイクさんが個人で花摘みに・・・ と:ふふっwアイクさんw乙女かww ア:!?なんでそうなるんですか!w W:そうなるやろ?wアイクさぁんww ア:ちょ、もうやめてくださいよ!w あーあ、また始まったw こりゃほっとくのが一番だwよし、行こう。 我慢したまえ・・・ [newpage] とまぁ、俺の一日はこんな感じかなぁw このあと鳥ちゃんを置き去りにし、ソーラたちのお茶会に混ぜてもらった。 でも何か悪いような気がして、あとの4人もちゃんと呼んだけどね! なんだかんだでケーキとか足りなくなって俺が作り直したりしたけど・・・ やっぱりみんなと一緒に過ごすのは楽しいね!退屈しないや! あーあ、今日も一日楽しかったなぁ〜 [newpage] [chapter: あとがき] 今回初めて小説を投稿させていただきました、R・Nです! いつも見るばかりで投稿なんて頭の隅にもおいていなかった自分ですが、 何故か今回投稿することになりました。 このあかがみん小説、自己満足で書いていただけなのですが、 もっとうまく小説を書けるようになりたい! 他の人の反応が見てみたい! という欲張りな自分がいまして・・・ まぁ誰もこんな駄作を読んでくださるような方はいないのでしょうが・・・ それでもなにか変わると思い、投稿を決心しました。

次の