森 イラスト。 I want to go there! Fantasy Forests

【あつ森】擬人化イラスト一覧!SNSで人気のかわいい擬人化キャラをみてみよう。

森 イラスト

森 俊博 Toshihiro Mori グラフィックデザイナー・イラストレーター 東京都在住。 アナログな線画とグラフィカルな要素を組み合わせ、 スタイリッシュでありながら人間味を感じさせる独自の世界観を構築。 様々なアートワーク・デザインを一貫して手がける。 毎年個展を開催するなど精力的に作品を制作し発表するほか、 コラボレーションやワークショップ、大学での講演会にも参加するなど活動は多岐に渡る。 In 2009 he graduated from Osaka University of Art where he studied design. His creativity ultimately leads him to imaginative worlds animated by cleverly-placed animals, people, and even monsters and dinosaurs. His unique style has been sought out by many, including the Japanese pop group MowMow LuLu Gyaban whose first album cover bears his designs. Toshihiro has also participated in competitions around the world, notably in the DC Comics 75th Art Competition in which he placed as a finalist. Toshihiro ultimately aims to share his view of the world through his artworks, all the while conveying a stylish yet human feel. 30「新旋風!

次の

Profile

森 イラスト

最近、食べ物のイラストばっかり描いてるなと思ったので、 カフェのイラストも描きました。 緑の森っていうには何か足りない、 林ぐらいのカフェです。 もう少し木を増やしたらよかったのかもしれないけど、 ちょっと力尽きました。 それと、ごちゃごちゃ描きたくなかったです。 なんとなく。 本当はこのイラストの半分左側は全然違うイラストでした。 何か合わないなと思ったので、 それぞれ別々にしたら落ち着きました。 そういうこともあるんだなと思っています。 > 下書きでこんな風に描きたいなと描いていても、 だいたい色つけたりしてるうちに大きく変わります。 私の場合。 何でだろう? 下書きの時のイメージ力が貧困だからこんなことになってるのかな。 色付けが下手なので、どうしてもまとまらなくて、 変更が多くなります。 (すごいやだ) > それとも下書きの線と、ILLUSTRATORの線と全く違うから 何かイメージが変わっちゃって、自分で困るようになっているのかも。 下書きなんてもうぐちゃぐちゃです。 線も汚いし。 イラレで描くと線が綺麗になって喜んでいるけど、 そうじゃない何かがあるのかもしれない。 ・・・とか難しいこと考えるのやめよう。 とにかく色も含めてどんどん描くしかないかも。 きっとたくさん描くと何かがわかるかもしれません。 今年は例年にないほどイラスト描いています。 今までちょっと理由はわからないけど、 サボり過ぎてました。 たくさん描くと色々気付くことも多いので、 才能ない分、努力でたくさん描いてカバーしようと思っています。

次の

緑の森のカフェ イラスト

森 イラスト

概要 主人公はどうぶつの森に住み、村の中を散策したり、自分の家を家具で住みやすくしたり、他の住人と交流したりと村でのほのぼのとした生活を楽しむことができる。 略称は「どう森」が主流。 また、「どう森」がメジャーな略称となった事から 後発のシリーズ作品も「〇〇森」と略される事が多い。 初代『どうぶつの森』 2001年4月14日発売。 本作の時点で、「ゲーム内で現実と同じ時間が流れ、昼夜や季節の要素がある」、 「『どうぶつ語』を話す擬人化された動物キャラクターたちが登場する」、 「クリアという概念が無く、プレイヤーはただ好きなように村で過ごすだけ」 という基礎となる要素が固まっており、長く続くシリーズ作品の礎となった。 1人がプレイ中は他の3人は不在扱いになるため、直接的に会う事はできないものの、 コントローラーパックにデータを保存し、他のロムカセットで読み込む事で 別の村に出かける事は可能だった。 シリーズごとの変遷・進化• 『』() 内容としては64版のバージョンアップ・移植版に近く、 後のマイデザイン要素の元となった「仕立て屋」機能や に島に連れて行ってもらうなどの要素が登場。 また、トレーディングカードが発売されたのも本作からで、 カードに記載されているあいことばを入力する事であいことばや 村メロ、その他のおまけ機能が利用できた。 この頃からゲーム雑誌等に連載記事が掲載されはじめ、徐々に知名度が伸び始めていった。 前作のカードも引き続き使用可能だが、本作では住人のカードをスキャンする事で 村に引っ越してきてもらう事が可能になっており、カードさえ持っていれば お気に入りの住人を集める事が可能になった。 本作までの時点では引っ越しがかなり唐突で、ある日ゲームを起動すると 住人の家が消滅しており、ポストに引っ越した旨を伝える手紙が入っているという ものだったため、カードで村に来てもらう事が可能になったのは救済になった反面、 推しのカードをなんとしてでも手に入れようとするプレイヤーという構図ができあがった。 『』() この世代の携帯ゲーム機には標準でスリープ機能が搭載されるようになり、 空いた時間に手軽に遊べる事になった頃から一気に人気が爆発。 2011年末までの間に520万本以上を売り上げるスマッシュヒットタイトルとなった。 ハードが携帯機に変わったことで大幅に操作体系が変わっている他、 不便だった収納関連が大幅に拡充されたりと、利便性が向上している。 容量の都合などから一部の住人は登場しなくなったが、季節のイベントや ファッションの充実、各種施設の追加などが行われている。 本作から、住人の引っ越しに予兆が追加され、引っ越し数日前から 外で見かけなくなったり、住人が引っ越す事を言うようになる、 引っ越し前日には荷物がダンボールに詰められたりするようになった。 この状態の時に話しかけると引き止める事も可能になったが、 引き止められずそのまま引っ越してしまう場合もある。 『』() タイトルの通り、今までの「村」や「島」だけでなく、現代的な「街」へ お出かけできるようになったのが最大の追加要素。 「おい森」で容量不足で登場しなかった住人たちが復活している他、 同作からのデータの一部引き継ぎや、お出かけ機能等が利用可能となった。 一例として、今までの作品では深夜にプレイしたいプレイヤーは時計をずらしたりする必要があったが、 「眠らない村」条例によって住人の生活周期を全体的に遅らせたり、 逆に全体的に早くする「朝型の村」条例で自分の生活ペースに合わせる事ができるようになった。 以後販売されたものに関しては、パッケージ版も同様のタイトルとなっている。 また、フィギュアのamiiboを読み込むと、ゆうたろうがその住人に変身して 仕事の代役を務め、本物はオートキャンプ場で休暇を取るようになった。 後者の機能は一部の他作品amiiboでも利用可能で、ゲストキャラとして オートキャンプ場に登場する。 メガヒットタイトルとなった事に加え、この機能が存在する事により amiiboカードが品薄状態となり、人気の高い住人のカードはオークションサイト等で かなりの高額で取引される事もあった。 いわゆる転売行為も少なからず見受けられ、 パックが欲しくても買えないという声も多くあったために現在は 通常出荷に加え、受注生産扱いでマイニンテンドーストア等で販売されている。 『』() タイトルの通り、部屋作りをメインにしており、今までの作品で 入手がランダムだった家具をカタログで入手できるようになったり、 家具類の位置・向きの調整を細かく行いやすいようにシステムが変更されている。 本作もamiiboに対応しており、カードを読み込むとその住人に 直接営業電話をかける事ができ、その住人の部屋を作ったり実際に来てもらう事ができる。 『どうぶつの森amiiboフェスティバル』() 今までのコミュニケーション、村作りではなく、すごろくパズルを主軸としている。 舞台となっている村はミニゲームをプレイすると貰えるハッピーチケットで 施設の追加や、それにともなうすごろく中のイベントの追加を行う事ができる。 タイトルの通りamiiboに対応しており、amiiboで住人を呼び出せるほか、 「ハッピーホームデザイナー」で作ったデータを読み込む事で本作に登場させる事ができる。 『どうぶつの森ポケットキャンプ』() DeNA、エヌディーキューブとの共同開発になっており、多言語対応。 プレイヤーはキャンプ場の経営者として、多くの住人たちが訪れてくれる キャンプ場にするために来訪者との交流、設備の追加などを行っていく事になる。 本作は村ではなくあくまでキャンプ場という事で、訪れる住人たちは 一定時間で去ってしまうものの、交流を勧めてなかよしレベルが一定以上高ければ 対応した家具を置くことで再び来てもらう事ができる。 『』() 本作では従来までのように元々住人のいる村に引っ越すのではなく、未開発の無人島に引っ越し、 無人島に家や施設を経てて開拓していくという今までにない話となっている。 今までの作品であった要素を統合したような作品となっており、 島の開拓に加えインテリア・ファッションを楽しめる他、新要素としてDIYという 要素が加わり、島で得られる資源を使い自分で家具や道具を作る事ができるようになった。 本作もamiiboに対応しており、住人をキャンプサイトに呼び出す、 呼び出した住人を勧誘して島に住んでもらう事が可能になったが、 本作から新たに登場したためにamiiboカードが現時点で存在しない住人もいる。 世界観 住民は動物の擬人化 むしろ? であり。 服を着る習慣があり、着ていないと裸だという認識がある様子。 概ね文化は人間のものと変わらないようだ。 作品の舞台となるのは「村」や「島」である事が多いが、都市や都会も存在しており、 その間をつなぐ交通手段も鉄道・バス・船・飛行機など現代的。 テレビ・ラジオなどの他、現代的な家電製品も購入できる。 全く説明される事はないが、それぞれの住民は本来の動物とは異なる生物として 認識されているらしく、トリの住民とは別に小鳥は存在するし、タコの住人とは別に海産物としてタコを釣る事ができる。 博物館の展示などを見る限り、どうやら彼らは元となった生物が進化して知能を身に着けた存在らしい つまり現実でのヒトとサルの関係である。 勿論プレイヤーもまた、ヒトという一つの動物である。 四季をモチーフとした4つの島を舞台に、様々なプレイヤーが一つの世界観を共有し 「"どうぶつ ケモノ "を操って冒険を進める」といったシナリオ等が予定されていたが、 64DDのあまりのマーケティングの悪さから頓挫してしまう。 カセット作品へ移行するにあたりどうしても小さな村一つ程度のエリアしか確保できず、 泣く泣く現在のような「一つの村でのんびり暮らす」ゲームに路線変更する形となった。 時計機能も、元々は64DD内蔵のものを利用する筈であり、 コンセプト変更後もそれが揺らぐ事なく特殊なROMを用いてまで採用された。 RPGの名残なのか戦闘こそないものの、システム的には非常に近い。 64DDはカートリッジソフトのディスクによるゲーム拡張を視野にいれていたが、の更新データという形でさらなる機能や遊びの拡張という形で実現している。 漫画・映画 の雑誌にて『』など、シリーズを題材とした漫画が連載されている。 また『おいでよ どうぶつの森』のヒットを受けて、2006年12月16日には映画『劇場版 どうぶつの森』が公開された。 「どうぶつ村」に引っ越してきた少女「あい」を主人公に、 村の住人たちの出会いと彼女が探している「夢」が物語の中心となる。 となり村に住む少年「ゆう」の他、シリーズでもおなじみの 、がメインキャラクターとして登場。 余談として、この「あい」「ゆう」という名前は「I」「YOU」から取られており、 物語の主人公はあなた自身という意味で付けられたものである。 また、ゆうの声優はだが、別に狙ってキャスティングしたわけではなく 偶然そうなったとの事である。 本作のエンドロールで「Wiiで会いましょう」というメッセージが表示され、 新作がWiiで発売される事が明らかになるというサプライズ要素があった。 その他のゲーム スマブラの4作目である「」にて、主人公の「」が参戦、カラーチェンジで男女の切り替えが可能。 また、5作目の「」では、秘書役のも参戦した。 プレイスタイル 本作にはゲームクリアという概念がなく、村での1日をどう過ごすかはプレイヤー次第。 一応、自宅建築の際に組まれたローンを返済するという当面の目的がある。 ちなみにスタッフロールはのライブ中に見ることが可能 以下に基本的なプレイスタイルを挙げる。 ・村の住人「どうぶつ」たちとの交流 色んな性格の「どうぶつ」の悩みを解決したり 話し相手になったりして彼らと仲良くなる。 ・部屋づくり 店で買ったり、「どうぶつ」たちから貰った家具を 自宅に飾って自由なコーディネイト。 ・村の美化 雑草を抜いたり、花や木を植えたりして 村の環境を整備。 ・お金(ベル)稼ぎ 捕まえた虫や魚、不要なアイテムなどを売ったり カブに投資したりしてお金を稼ぐ。 ・博物館の充実 最初は殺風景な博物館に虫や魚、化石などを寄贈して 展示を賑やかにする。 ・おしゃれ 自分好みの服や髪型を選んで 個性豊かな外見にする。 ・ほかのプレイヤーとの交流 メインキャラクター 本シリーズのキャラクター達は会話時に「どうぶつ語」という架空の言葉を使う。 『街森』まではオプションでキャラクターの声をどうぶつ語の他にピピピピや無声にも切り替える事が出来たが、『とび森』以降はどうぶつ語に統一されている。

次の