コロナ 対策。 新型コロナウイルス感染症関連 (METI/経済産業省)

コールセンターの極限3密、産業医が勧めるコロナ対策は

コロナ 対策

4月15日におこなわれた総選挙の開票結果を待つ与党「共に民主党」の候補者。 3月末には「ニューヨークの二の舞になるか」と日本の状況を誰もが危惧したが、医療現場はひっ迫しているものの何とか持ちこたえている。 欧米諸国が相次いで感染爆発を起こしたなか、日本の状況は善戦していると言ってもよいだろう。 にもかかわらず、日本のコロナ対策は各国政府や感染症専門家、SNSでまったく評価されておらず、それどころか無視されている。 いったいなぜなのか。 陰性結果が出た乗客を下船させるダイアモンド・プリンセスの感染対策チーム。 後手後手に回る日本の対応のまずさを世界が批判した。 さらに下船した乗客を公共交通機関で帰宅させ、市井にまで感染が広がるという致命的なミスもおかした。 世界は、この一件を見て2011年に起きた福島第一原子力発電所の事故を思い出したと「アジア・タイムズ」は指摘する。 ずさんな対応を重ねる政府と、それをただ静観する国民。 特に、周辺国が日本の状況を見てパニックに陥っているにもかかわらず、大きな声をあげない国民に対して世界は違和感を覚えたという。 こうした過去の失策の印象が強すぎるうえ、新型コロナの脅威は長期化すると見られていることから、日本の感染症対策はまだ評価の段階にはないと見られている。 韓国やドイツは、検査の規模を拡大し、効率的に治療や隔離を進めた。 こうした対策は感染症専門家の推奨とも一致しており、成功の要因は明確だ。 一方、日本は検査の拡大に対していまだに消極的で、欧米と違って厳しい都市封鎖も外出禁止令も課していない。 企業のリモートワークは遅々として進んでいないし、スーパーマーケットや商店街は買い物客であふれ、休業補償の不確かさからまだ営業を続ける飲食店もある。 アメリカの退役軍人でアジア情勢に詳しいアル・ジョンソン氏は、世界が日本を見る目を「アジア・タイムズ」で次のようにたとえている。

次の

日本の「コロナ対策」が世界でまったく評価されない理由

コロナ 対策

事件の発端は、2月27日の安倍晋三首相の突然の「一斉休校」要請だった。 これに対し、働く母たちを中心に、子どもの世話で働けなくなり生活が成り立たないという困惑の声が高まり、政府は3月1日、保護者に対する休業補償を発表した。 だが、ここでも「接客飲食業」「風俗関係」を補償対象から除いていたことがわかり、批判を招いた。 除外の理由は、この措置の基本的な財源となる 「雇用調整助成金」(不況の時に雇用を維持した会社に適用される助成金)の対象から、「接待飲食等営業」を含む「風俗営業関係事業主」が除かれているからだ。 これらが暴力団の資金洗浄に利用されたことがあるから、とも説明されている。 だが、ここでは 「感染対策」というそもそもの目的が忘れられている。 欧州の都市で下水道が整備されたのは、19世紀、産業革命で都市に集中した人々の不衛生や貧困を放置した結果、感染症が広がり、貴族や富裕層にも及んだからだという。 感染症は階級・階層を問わず人を襲う。 感染対策から外される層ができてしまうと、病気はそこから広がり、皆が助からなくなる。 感染対策は職業や立場を選ばずに対象にすることが、重要ということだ。 差別は感染をダダ漏れにする、という基本が、政権の中枢に理解されていなかったということ。 それが第1の欠如だ。 二つ目は、そのような 「差別・選別」を容認・助長しないことが政府の務め、という意識の欠如だ。 批判が高まった4月3日、加藤勝信厚労相は「雇用関係の助成金全般で、風俗業関連は支給しないことになっており、休業対応の支援金も同様の扱いとなっている。 現在、その取り扱いを変える考えはない」()と述べてしまった。 ここできちんと謝罪し、感染を防ぐために差別・選別がマイナスになることを国民に説明していれば、感染対策への理解を人々に浸透させる好機となったはずだ。 案の定、その2日後の5日には、テレビ番組でタレントの松本人志氏が「水商売のホステスさんが仕事休んだからといって、普段のホステスさんがもらっている給料を我々の税金では…。 俺はごめん。 払いたくないわ」と発言。 6日には「高須クリニック」の高須克弥院長が、松本氏の発言についてツイッターに「僕だって、僕の税金から払ってもらいたくない。 何がいけない?」(いずれもから)と投稿。 これに追随するかのように、キャバクラユニオンのツイッターなどに「ただ座っているだけで稼げる仕事で補償とは」といった趣旨のコメントが相次ぐことになる。 抑制すべき局面で、要人の姿勢がバルブを開いてしまったのだ。 私はこの2年ほど、キャバクラで働く女性たちに聞き取り調査をしてきた。 その仕事は、顧客獲得のために手紙やメールをこまめに送るなど、接客の場以外での労働も多く、売り上げを増やすための飲酒で体調を崩す例もあるなど 「座っているだけ」とは程遠いものだった。 キャバクラユニオンには、ノルマの強要、罰金、セクハラなど負担の重さを浮かび上がらせる相談も多数寄せられている。 「顧客」の上から目線や、「女性の仕事なんかたいしたことない」という偏見が、実態の理解を阻んでいる。 今回は、さすがにマスメディアの多くがさほど同調せず、最悪の事態は免れたようだ。 だが、こうした言説が横行すれば、支援を必要としているホームレスや、低所得層、障害を持つ人々などの社会的弱者を感染対策の外に置いても構わないという空気も作られかねない。 それでは感染拡大は防げない。

次の

コロナ対策「日本だけ遅い」批判が軽率な理由

コロナ 対策

国民の皆様へ ~まん延を防止するために~• ・日常生活や職場では、人混みや近距離での会話、多数の者が集まり室内において大きな声を出すことや歌うこと、密接した状況で呼気が激しくなるような運動を行うことを避けましょう。 ・感染防止のためには、できる限り頻繁に石けんを使って手洗いして下さい。 ・咳をする際には、咳エチケットにより飛沫を飛ばさないようにし、室内の換気にも気を付けて下さい。 ご留意ください。 人口が多いエリアであっても、外出の自粛によって接触量は低くなります。 ご利用に当たっては次の事項にご注意ください。 ・個人情報は入力しないでください。 ・このチャットボットは、AI(人工知能)を活用したシステムによる自動応答です。 有人によるチャットではありません。 ・関連する全ての質問に対応しているわけではありません。 主に厚生労働省、文部科学省、経済産業省、総務省、法務省、内閣官房のホームページに公表されているQ&Aをもとに構築しており、順次、問い合わせの多い質問への回答を準備しておりますのでご了承ください。 ・なお、このチャットボットによる回答はデータベース構築時点の情報であり、更新状況によりさらに新たな情報が取りまとめられている可能性があります。 最新の状況や詳細については、インターネット等でご参照いただければ幸いです。 ・現在、精度向上のため試験運用を行っています。 質問の意図をAIが認識しない場合には、表現を変えて再度入力してください。 ・チャットボットの回答精度の向上や機能改善を目的として、利用履歴(入力された質問及び表示された回答)を記録しています。 内閣官房は以下の目的でこれらの情報を利用します。 ・内閣官房のホームページの利用規約、免責事項、著作権に関する事項が適用されます。 同意して始める.

次の