ちょん ちょん リフティング。 身体のバランスを養うちょんちょんリフティングコツ

ちょんちょんリフティングがサッカーに役立つ驚きの効果│少年サッカー育成ドットコム

ちょん ちょん リフティング

サッカーを始めたばかりの子供にとって、リフティング100回を達成するのは至難の業です。 一般的な子供であれば、練習し始めてから1年後、2年後に達成するというのも珍しくありません。 その練習は途方もない時間でありながら、サッカーが上手くなるためにリフティングは必要ないという人もいます。 カピタンでは、リフティングを『サッカーをより楽しめる技術』と考えています。 リフティングができなくてもサッカーはできるけど、できるようになるとサッカーがもっと楽しくなります。 「とにかくあきらめずにやり続けることが一番の近道」と言われているリフティング。 サッカー経験のない保護者にもできる範囲で、リフティング100回を効率よく達成する方法を考えてみました。 ボール選び 100回を達成するのが目的なので、最初はサッカーボールにこだわらなくてもOKです。 長時間練習しても足が痛くならないように、なるべく柔らかいボールを選びましょう。 バレーボールやリフティングボールなどの軽いボールを使って、徐々に慣れていくのも良いと思います。 空気圧の調整 空気圧が高すぎるとボールが跳ねてコントロールしにくくなります。 気持ち空気を少なくして、蹴った時にボールの芯を捉えやすくするとボールが安定します。 慣れて来たら徐々に空気圧を高くしていきます。 片足か両足か 100回程度であれば、利き足のみで練習した方が効率的です。 ただ、100回を超えてくると両足を使った方が体力的に楽になります。 片足の場合、1回ごとに足を上げたり下ろしたりを繰り返さないといけませんが、両足なら歩くように交互にリフティングができるからです。 フラフラしていないか リフティングをしている間は、片足立ちをずっとしている状態になります。 蹴り足だけでなく、軸足で立った時にフラフラしないかがとても重要です。 リフティングをする前に、軸足のみで安定して立てるかどうかを確認します。 片足で立って、利き足でリフティングの素振りをしてみましょう。 足のどこで蹴るか リフティングは一般的に足の甲ですることが多いですが、足のももを使うと回数を稼ぐことができます。 足のももの方が足の甲よりも平らなところが大きいので、ボールが安定するという訳です。 リフティング100回を目標にするのであれば、足の甲だけでなく、太ももと合わせた回数にすると達成しやすくなります。 (ただし、一般的なリフティングの回数は、足先だけのタッチで数えることが多いです) 慣れない時期は当てる場所を具体的にするため、シューズの甲にシールを貼ってあげると良いと思います。 足の指をグーにする 安定してボールを蹴るには、足首をグラグラさせないことが大切ですが、子供にはその意味が分かりません。 そこで「足の指をグーにして蹴る」と伝えると、足をピンと伸ばした状態で蹴るようになります。 ボールの中心を、愛情を込めて蹴る ボールの中心を狙い、なるべく回転させないように蹴ります。 つま先でちょんちょんと蹴るリフティング(ちょんリフ)もありますが、初心者には難しいです。 最初は地面と平行になるくらいの位置まで足を上げて蹴りましょう。 愛情を込めてそっと蹴り上げると、まっすぐに上がります。   平らで周りに何もないところを選ぶ リフティングをしていると、視界に入るものすべてが気になります。 立っている人が動いたり、足元に草が生えていたり、地面の色が変わったり、鳥が飛んだりすると気になってボールを落としてしまいます。 なるべく平らで何もない広い場所を選んで練習しましょう。 拾いに行く時間を少なくする 練習中は、ボールを拾いに行く時間が一番無駄な時間です。 体力を使うと同時に、集中が切れてしまいます。 ボールを2球用意しておくか、周りで拾ってあげると良いと思います。 泣くと回数が伸びない 失敗が続くと、イライラした子供が泣き出すというのはリフティング練習でよくある光景です。 八つ当たりするのは当然と思ってすべて受け流していきましょう。 近くで見ていると八つ当たりの対象になるので、少し遠くから見守るようにしましょう。 ゾーンに入ったらじっと見守る 何かのタイミングで子供のやる気スイッチがオンになり、記録がどんどん伸びる時があります。 子供はゾーンに入っているので、集中を切らさないように気分が盛り上がる声掛けをしてサポートしましょう。 このまま続けたいとなったら、ゾーンが終わるまで邪魔をしないことが大切です。 今日行けるかも!という気持ちは突然現れます。 体力と休憩 リフティング100回をするには、想像以上に体力が必要です。 疲れてくると集中が切れてきますし、足が上がらなくなります。 なるべく体力を消耗しないように、省エネ練習を心がけましょう。 疲れて来たら、アメを食べると糖分補給と気分転換が一度に行えます。 リフティング100回がもたらしてくれるもの リフティング100回の壁は、多くの子供たちが経験するサッカーの登竜門です。 達成するまでの道のりは険しく、とても忍耐力が必要なので、ある意味修行のような感覚です。 もちろん、この登竜門を通らなくてもサッカーを楽しむことはできますが、クリアすることで違った世界が見えてきます。 不思議なことにリフティングが100回を超えると、その後は自然に回数が伸びていきます。 なぜ100回なのかは謎ですが、とにかく100回を超えると周りからすごいねと言ってもらえるから不思議です。 リフティング100回達成は、世界中のどこに行っても通用するステータス。 かけっこやゲームの競争と違って、努力すればだれでも獲得できる素敵なステータスです。 できれば、子供だけでなく家族みんなで楽しみながら、リフティング100回達成にチャレンジしていきましょう。 もし、リフティング100回できるママやパパ、おじいちゃんやおばあちゃんがいたら、自慢の家族になると思いませんか? Post navigation.

次の

【初級~上級まで】リフティングのコツをまとめてみました

ちょん ちょん リフティング

またドリブルでボールタッチする時も片足立ちですし、相手との激しいボディーコンタクトに耐えられるための体幹の筋力補強も必要です。 だからこそ、育成年代にとっては、ちょんちょんリフティングのトレーニングが必要なのです。 日本のサッカー指導では、一部のサッカースクールやクラブチームを除き、ちょんちょんリフティングの練習はほとんどありません。 そればかりではなく、幼少期から両足練習を続けるため、そのまま成長すると体幹と軸足が強くならないのです。 例えば、同じ1時間の練習で、利き足だけを使った場合と両足を交互に使った場合の効果を比べてみましょう。 利き足を1時間練習すると、軸足も同じだけ鍛えたことになります。 ところが、両足を交互に練習する場合は左右の足を30分ずつ鍛えています。 そうすると、軸足は30分しか鍛えていないということになりますよね。 だから、両足練習というのは軸足も半分の時間しかトレーニングしていないというわけです。 やはり日本の多くのサッカー指導者には、軸足を鍛えるという発想がないのでしょう。 そもそもヒトの日常生活を考えた場合、左右の足はサッカーをするしないに関わらず、片方が効き足で、もう一方が軸足の役割をします。 また立っている時は、無意識のうちに体重のほとんどを軸足で支えているのです。 その場合、利き足の役割は正確で素早い動作をする時に使われ、軸足は全身を支えることが主な役割です。 こうしたことは、日常生活における利き手と逆手の関係を考えれば分かることです。 例えばノートに文字を書く時は利き手でペンを持ちますが、これは正確性を必要とする動作ですよね。 これに対して、逆手はノートを押さえる役割がありますが、これは動かないように支えるという意味で軸足と同じ動作をします。 つまり利き足と軸足の関係は、利き手と逆手の考え方と全く同じ意味を持つわけですね。 これに対してサッカーは片足立ちでボールプレーをしますし、激しい動きの中で体幹と軸足で体を支える必要がありますよね。 そうした意味でも、ちょんちょんリフティングのトレーニングは絶対に必要なのです。 さて次は、ちょんちょんリフティングの練習方法と注意点を解説します。 ちょんちょんリフティングで体幹と軸足を鍛える場合は、軽くジャンプ(ケンケンのように)しながらやると効果的です。 でも慣れないと軸足への負担がかなり大きいので、最初のうちはその場に止まったままでも良いでしょう。 ただし1000回程度続けられるようになったら、ケンケンのちょんちょんリフティングにチャレンジしてください。 これにも慣れて来たら、前後左右に動きながら軸足を鍛えましょう。 ちょんちょんリフティングでテニスボールやスーパーボールを使う目的は、お手玉のように手でボールを扱う感覚を身に付けるためです。 また、大きなボールよりも小さい方を扱った方が繊細な感覚が身に付きますし、ボールコントロールのセンスも高くなります。 そうした場合、利き足の感覚に集中するため、あえて軸足を動かさない(ケンケンしない)で練習するのも効果的です。 もちろん、テニスボールやスーパーボールに慣れたら、けんけんのちょんちょんリフティングにもチャレンジしてください。 いずれの場合も、いつでも最低1000回連続で出来ることが望ましいですね。 ちょんちょんリフティングの練習を続けると、太もも、ふくらはぎ、すね、背中、股関節など、いろいろなところが筋肉痛になると思います。 もしも、痛みが続いて辛いようだったら、無理をする必要はないので適宜休んでください。 でも、体の前側の筋肉(太ももの前側、すね、股関節の前側など)が痛い場合は注意が必要です。 なぜなら、これらの筋肉は走る時に身体にブレーキをかけてしまうからです。 この場合、出来るだけ体の後ろ側の筋肉(背筋、お尻、ハムストリングス、ふくらはぎなど)を意識して、ちょんちょんリフティングをしてください。 その理由は走るために使う筋肉だからです。 これは、陸上競技の黒人アスリートの体型を見ると分かると思いますが、体の後ろ側の筋肉がよく発達していますよね。 そこで、ちょんちょんリフティングをする時は、前傾姿勢になって足の指をグリップし、軽くヒザを曲げてください。 そして、背筋、お尻、ハムストリングス、ふくらはぎの四つの筋肉と背骨を使って上体を支えるように意識してください。 単に意識するだけで結構です。 先ほど、ちょんちょんリフティングをする時は、背筋、お尻、ハムストリングス、ふくらはぎの四つの筋肉を意識する…と解説しましたが、これは意識するだけで鍛えられるという意味です。 この場合、2016年に発表されたデンマーク国立労働環境研究センターとオールボー大学などの研究チームの「」という研究結果によれば、筋トレの際に筋肉の部位を意識すると高い効果が得られたそうです。 また2018年に発表されたアメリカ・ノースウェスタン大学とアリゾナ州立大学などの研究チームの「」という研究結果によっても、同じような効果が得られています。 これは現在の筋トレの理論で一般化した、いわゆるマインドマッスルコネクション(MMC)と同じ意味にもなります。 私の息子「とも」の場合、小学三年生の頃に、たびたび私が「背筋、お尻、ハムストリングス、ふくらはぎを意識して…」などと声掛けをしていました。 その結果、今でも、ちょんちょんリフティングを練習すると、ハムストリングス、ふくらはぎ、お尻、背筋の順に痛くなりますが、筋肉痛になる分だけ効果的だということですね。 この場合、ちょんちょんリフティングは体幹と軸足を鍛える目的がありますが、どうせならサッカーのプレーに適した先ほどの四つの筋肉もトレーニングした方が効果的です。 そうした点では単に意識するだけで十分なので、お父さんやお母さんが声掛けするなど、ぜひ実践してみてください。 スポンサーリンク.

次の

ちょんちょんリフティングのコツ紹介!1000回目標にしなくてもいい?

ちょん ちょん リフティング

[名] 1 《芝居の終わりに打つ拍子木の音から》物事の終わること。 「その問題はこれで ちょんだ」 2 免職になること。 3 しるしにつける点。 ちょぼ。 「文中に ちょんを打つ」 4 俗に、頭の悪いこと。 また、おろかなこと。 また、拍子木を打つさま。 「 ちょんと柝 き がはいる」 2 刃物などを用いて一気に切るさま。 「花の茎を ちょんと刈り取る」 3 動作が敏捷に行われるさま。 「石垣に ちょんと飛びのる」「文鳥が肩に ちょんと止まる」 4 力を入れずに軽く物事を行うさま。 「紙飛行機を指で ちょんと飛ばす」 出典 デジタル大辞泉について の解説.

次の