大人 ニキビ 原因。 【医師監修】頬ニキビの6つの原因と治し方|ツルツル肌を目指す対策

【大人ニキビ・思春期ニキビの違い】原因が皮脂か角質かで対策が異なる

大人 ニキビ 原因

ニキビが治ったと思ったらまたできてを繰り返して本当に煩わしいですよね。 実に、約半数の20代〜30代が、ニキビやニキビ跡に悩まれているんです。 なぜ、そんなにも悩まれている人が多いかというと大人ニキビは、10代の頃と違い、再発しやすく、放っておくとニキビ跡、さらにはシミになってしまうからなんです!今後、ニキビで悩まないためには身近な原因と、予防のためのポイントを抑えることがとても重要です。 ここでは、何度もくり返してしまう大人ニキビをキレイにし、予防するポイントをご説明します。 1.大人ニキビとは 大人ニキビとは、20歳以上の人がなるニキビのことです。 あごの線に沿ったあたりや、口まわりに出来やすいです。 大人ニキビは、正しいケア方法をすることで、誰でも改善させることができます。 ここでは、症状毎に正しいケア方法をご紹介していきます。 まずは、大人ニキビの特徴をご説明させていただきます。 なぜかというと、つまった毛穴の奥に炎症を起こすアクネ桿菌という菌が残っていおり再発しやすくしています。 また、あごの裏側に出来た場合は、衣服のすれなどで炎症が深くなり、一度できると治りにくいのです。 2.跡に残りやすい 大人ニキビは思春期ニキビに比べ、ニキビ跡として残りやすいです。 なぜかというと、肌の代謝が遅れてしまっているからです。 なので、大人ニキビのケアは、ニキビを治すだけではなく、繰り返さないように、肌代謝を上げてニキビ跡を残さないようにしましょう。 実際、20代〜30代の男性でニキビで困っている人は、全体の約50%もいます。 また、20代〜30代のニキビケアを怠ってしまった為に、40代〜50代以上では、ニキビが色素沈着し「シミ」になるケースで悩まされてしまいます。 20〜30代のうちにしっかりとしたニキビケアを行っておきましょう。 女性も同様です。 出典: 2.大人ニキビの原因 思春期ニキビは、過剰に分泌された皮脂が毛穴をふさいでしまうことが主な原因でしたが、 大人ニキビは、 表皮の新陳代謝(ターンオーバー)のリズムが崩れ、ぶ厚くなった角質層がうまくはがれずに、毛穴をふさいでしまうことが最も大きな原因です。 生活習慣の乱れ• ストレス• 睡眠不足• 偏った食生活• 過剰な喫煙、飲酒• 紫外線• シャンプーや洗顔料のすすぎ残し• 生理周期の関係 いかがですか?思い当たる箇所があったのではないでしょうか。 日常のストレスや睡眠不足といった生活習慣が乱れたタイミングにできやすいです。 冬場にできやすいです。 なぜかとうと紫外線から肌を守るために、ぶ厚くなった夏の角質が冬場に乾燥して、肌トラブルを引き起こすことが多いからです。 排卵期と呼ばれる、生理の2週間前あたりから、生理が始まるまでの間にできやすいです。 それでは、種類別に詳しく見ていきましょう。 3.大人ニキビの種類 初期段階の白ニキビのケアを怠って黒ニキビへと悪化し、さらに赤ニキビ、黄色ニキビ、ニキビ跡になっていくと治りにくくなります。 毛穴の中に皮脂が溜まって毛穴がふさがり、皮膚が盛り上がった状態の事をいいます。 色は白っぽく約1〜3mmぐらいです。 出典: 白にきびができた時は、基本的な日々のケアがきちんとできていないサインでもあるので、気になる生活習慣があれば見直すようにしましょう。 改善方法は「」をご覧ください。 鼻の上や鼻の周りなど、皮脂の分泌が多い所に出来やすいと言われています。 出典: 黒ニキビのできる原因は、古い角質が溜まり、毛穴が皮脂で詰まることからはじまります。 炎症が起きると、ニキビ跡に残りやすくなるので早めにケアをしましょう。 改善方法は「」をご覧ください。 出典: ニキビを気にするがゆえに、ばい菌がついた状態の手で、ベタベタ触り悪化する人がおおいので、絶対に触らないようにしましょう。 改善方法は「」をご覧ください。 出典: 白にきび、黒にきびまでは生活習慣の改善や洗顔などでケアすることができますが、赤にきび、黄にきびになると自己流では跡が残るなどの心配も考えられますので、皮膚科での適切な処置を行いましょう。 出典: ニキビが、繰り返し同じ場所に炎症や傷がつくと次第にダメージが深くなり、皮膚深部の組織を壊すため、ニキビが治っても跡が残ってしまうのです。 改善方法は「」をご覧ください。 4.大人ニキビを繰り返さないために 大人ニキビは、思春期ニキビと違い短期的な改善が困難です。 毎日、洗顔と「保湿」で顔を清潔に保つことが大切です。 あとピーリングも効果的です。 そして、大人ニキビを繰り返さないための生活習慣の見直しが最も重要です。 睡眠不足が続き食生活が乱れると、肌荒れしやすくなりますよね。 これは肌の新陳代謝の周期の乱れが原因なんです。 下記の5つの生活習慣を意識してキレイな肌を保ちましょう。 ニキビが日焼けし、消えにくくシミになってしまうケースがあります。 外出するときはしっかりUVケアとサングラスをかけることも効果的です。 ベースメイクは、ノンコメドジェニックタイプのものを選びましょう。 肌の修復や再生は、あなたが寝ている間に分泌される成長ホルモンによって行われています。 特に、肌のゴールデンタイムと言われている22時~2時に眠っていることが大切です。 むずかしい場合は規則正しく就寝するようにして生活リズムを整えるだけでも十分、分泌が期待できます。 たんぱく質は、皮膚はもちろん、髪の毛、筋肉、臓器、その他身体のあらゆる部分を構成している成分です。 肉、魚、卵、牛乳、チーズ、納豆、豆腐、大豆製品などです。 また、ビタミン類 ビタミンA・ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンE やミネラルを多く摂取しましょう。 人参、カボチャ、きのこ、海藻類、豚肉、ナッツ類、うなぎ、鉱水などです。 運動することで代謝がアップし、正しい周期でターンオーバーが行われるようになれば、不必要な角質はきちんと取り除かれ、老廃物やメラニンなどの排出もスムーズになります。 また、ストレスの発散でき、美肌が保たれます。 5.まとめ 大人ニキビの特徴や発生メカニズムを理解して、規則正しい生活や、継続的なスキンケアを続けることで、大人ニキビの再発を食い止めましょう! 参考サイト: M&Mスキンケアクリニック 副院長 今野 みどり監修.

次の

ニキビの場所別!原因と予防方法|東京の美容皮膚科 銀座肌クリニック

大人 ニキビ 原因

男女別大人ニキビの原因 皮膚への過剰な刺激も大人ニキビの原因となります。 たとえば、男性ではひげ剃りに注意が必要です。 ひげを剃るときは清潔な道具を使い、シェービング剤などを使って刺激を和らげるようにします。 女性では、メイクが原因となることもあります。 適切なクレンジングで、しっかりメイクを洗い落とすことが大切です。 すでにニキビが発生している場合はメイクを控えるか、メイクをする場合は油分の多い化粧品を避けて、ノンコメドジェニックテスト済みと記載のある化粧品を使用し、悪化を防ぎましょう。 また、女性の大人ニキビは、生理周期とも深い関わりを持っています。 生理前にニキビが増えたり悪化したりする女性が多くみられますが、それは女性ホルモンのプロゲステロンの分泌が高まるため。 プロゲステロンが皮脂の分泌を高めて、大人ニキビができやすくなってしまいます。 白ニキビ(閉鎖面疱) 皮脂や老廃物が詰まって盛り上がったものは白色面疱とも呼ばれ、俗に白ニキビと呼ばれています。 黒ニキビ(開放面疱) 黒色面疱とも呼ばれ、先端が黒くなったニキビです。 皮膚表面に顔をのぞかせた面疱の中身が酸化して黒くなります。 赤ニキビ(炎症性面疱) 白ニキビが悪化して炎症を起こしたもの。 目立ちやすく、治りにくいのが特徴です。 黄ニキビ(膿疱性面疱) ニキビが化膿して、黄色い膿(うみ)がたまったものです。 紫ニキビ 炎症が起こった後、まわりの組織が破壊され、それを修復するために血管が新たに増生されたり、ニキビの炎症により瘢痕組織ができたりして赤紫にみえるものです。 ときに内出血を起こしているものが、俗に紫ニキビといわれることがあります。 十分な睡眠をとる 睡眠はニキビの悪化に関係すると考えられています。 皮膚の細胞は夜寝ているあいだに修復・再生されるため、質のよい睡眠を十分にとることを心がけましょう。 朝寝坊で生活リズムが乱れたり、寝る直前まで明るい光を浴びていたりすると、自然な眠りを妨げます。 規則正しい生活を送り、夜は暖色系の光の下で過ごして、スムーズな入眠につなげましょう。 食生活を見直す 無理なダイエットで食事からとる栄養が不足していたり、栄養バランスが偏って便通に影響したりすると、大人ニキビの発生や悪化につながる可能性があります。 特定の食べ物と大人ニキビとの明確な関連性は明らかになっていませんが、健やかな肌を育てるためにも、栄養バランスのとれた食事をとることが大切です。 なかでも、大人ニキビの予防・改善に役立つと考えられている「ビタミン」は、積極的にとるとよいでしょう。 ストレスをためない ストレス自体が皮膚の免疫力を低下させ、ニキビの炎症が強くなったり、ストレスにより皮膚の再生力が低下したりします。 また、ストレスの現れとして、ニキビを無意識にいじってしまったり、睡眠不足になったりして、大人ニキビの悪化に影響を与えることがあります。 気分転換をしたりゆっくり休んだりすることで、ストレスと上手に付き合いましょう。 洗顔方法の見直し 肌の乾燥も大人ニキビの要因となるため、洗い過ぎに十分注意します。 1日2回の洗顔を基本として、よく泡立てた洗浄料を使い、肌をこすって刺激を与えないようにやさしく洗うことが大切です。 とくにスクラブ入りの洗顔料は皮膚を傷つけてしまうので、使用を避けましょう。 洗顔後は、肌のバリア機能を正常に保つために、ていねいな保湿ケアでうるおいを補給します。 ニキビが発生しにくい成分を配合したノンコメドジェニック化粧品の使用もおすすめです。 男性の場合 男性では、ひげ剃りの際に注意が必要です。 ひげを剃るときの刺激によって皮膚のバリア機能が破壊されることで、ニキビができやすくなります。 カミソリや電気シェーバーの切れ味が悪くなると肌ダメージが大きくなるため、こまめに刃を交換することが大切です。 剃る前に肌を水で濡らし、シェービング剤などをつけてひげをやわらかくしてから剃りはじめます。 剃った後は保湿クリームなどでケアして、乾燥を防ぎましょう。 女性の場合 女性では、メイクが悪化要因となることがあります。 すでに大人ニキビができている場合は、できれば油分の多い化粧品を避けるのがおすすめです。 ファンデーションを控えめにしてポイントメイクを強調するなど、目線をニキビ以外の部位に持っていくような工夫も効果的です。 大人ニキビが発生しやすい部位への刺激をおさえる工夫を取り入れましょう。 また、クレンジングでシートタイプのものを使うと肌への刺激が気になります。 その日のメイクに合わせて、なるべく負担のないクレンジング剤を選ぶことが大切です。 メイク汚れが毛穴に詰まったままにならないよう、洗い残しに注意しましょう。

次の

【皮膚科医監修】大人ニキビくんさよなら

大人 ニキビ 原因

ニキビとは?発生プロセスと3つの関連要素 ニキビとは、「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」と呼ばれる皮膚の病気です。 その発生には、「皮脂の過剰分泌」「毛穴のつまり(角化異常)」「アクネ菌の増殖」の3つが関わっています。 この3つのプロセスを知っておくと、どんなケアがどう役立つのか理解しやすくなります。 皮脂の過剰分泌 皮脂を分泌している皮脂腺は毛穴に向かって開口しており、皮脂は毛穴を通って角層の表面へと広がるしくみになっています。 皮脂の分泌量は気温が上昇したときなどに増えますが、10代の思春期や、糖分や脂肪分の多い食生活などでも増えてしまうことがあります。 増えた皮脂が毛穴につまることで、ニキビが発生しやすくなってしまいます。 毛穴のつまり(角化異常) 肌の一番外側にある角層部分が、なんらかの原因で厚くなることを角化異常と言います。 厚くなった角層が皮脂の出口である毛穴をふさいでしまい、皮脂や肌の老廃物がつまってニキビが発生してしまいます。 睡眠不足や疲労など生活習慣の乱れや、肌の乾燥、紫外線による刺激などで肌のターンオーバーが乱れると、角化異常を起こしやすくなるので注意しましょう。 アクネ菌の増殖 私たちの皮膚表面や毛穴の中には、常にさまざまな細菌(常在菌)がいますが、アクネ菌もその一種です。 普段は肌を弱酸性に保つなど、肌を守る働きをしているアクネ菌ですが、毛穴がつまって酸素が少なく、皮脂など栄養の多い環境になると過剰に増殖し、炎症を引き起こして赤ニキビを発生させてしまいます。 大人ニキビの原因とは? 10代の場合、思春期に特有の皮脂の過剰分泌がニキビの主な原因です。 過剰に分泌された皮脂が、毛穴につまることでニキビが発生しますが、皮脂の分泌が落ち着くにしたがって治まっていきます。 大人になってからもニキビに悩まされる場合、以下のような原因が考えられます。 乾燥による肌のバリア機能の低下 肌のもっとも外側にある角層には、うるおいを十分に蓄えることで外界の刺激から肌を守る「バリア機能」が備わっています。 しかし、乾燥や強い紫外線、洗顔時の過剰な摩擦などで、このバリア機能が低下してしまうと、肌は自らを守ろうと角層を厚くしてしまい、ニキビが発生しやすくなります。 大人のニキビはあごや口もと、フェイスラインなど皮脂腺が少なく乾燥しやすい部位にも発生します。 洗顔後は化粧水や乳液、美容液などで肌に水分と油分をバランスよく補い、肌の乾燥をくいとめることも大切です。 ターンオーバーの乱れ 睡眠不足や過度なストレス、食生活の乱れは、肌のターンオーバーの乱れを引き起こします。 本来であれば定期的に角層の細胞が入れ替わることで、肌はすこやかでうるおった状態をキープしています。 しかし、ターンオーバーに必要な栄養素を食事から十分にとれなかったり、ターンオーバーを行うはずの時間帯にぐっすり眠れなかったりすると、ターンオーバーの長期化を招きます。 すると自然にはがれ落ちるはずの古い角質が、いつまでも肌にとどまって毛穴をつまらせ、ニキビを招くことがあるのです。 生理周期による皮脂分泌の増加 女性の場合、生理周期によってニキビができやすい時期もあります。 排卵後(黄体期)から月経前までは、肌が脂っぽくなり、ニキビや吹き出物ができやすくなったり、肌荒れが起こりやすくなります。 皮脂分泌が活発なこの時期は、肌をいたわり、清潔に保ちましょう。 ニキビの原因菌を殺菌!ローションタイプの治療薬 IHADA(イハダ)のプリスクリードACは、ニキビなどの原因菌の増殖を抑え、肌表面を清潔に保つノンステロイド処方で患部の殺菌・消毒を目的とした治療薬です。 顔に塗布しやすいローションタイプで、みずみずしく、肌にすっとなじむ使い心地です。

次の