警察 24 時 カー チェイス。 普段TVをあまり見ない私が「警察24時」は見てしまう3つの理由

警察24時 山口県警宇部警察署 飲酒検問突破 深夜のカーチェイス

警察 24 時 カー チェイス

日本ではあまり馴染みがないが、容疑者の乗る逃走車とパトカーがおりなすカーチェイスのヘリ中継は、アメリカではお馴染みの光景である。 テレビをつけたらカーチェイスのヘリ中継! アメリカといえばカーチェイスなのだ。 そんなハラハラドキドキの 「カーチェイスヘリ中継をテレビで見てたらスゲエことが起きた!」という動画が大きな話題になっている。 その動画とはである。 事件が起きたのは米カリフォルニア州イングルウッドのウェストセンチュリー通り。 動画の撮影者は、「あれ、これウチの近所だぞ」とばかりにテレビで中継されているカーチェイス映像を撮影している。 ……と、その時だった! テレビから流れるサイレン音が、なぜか窓の外からも聞こえてくる。 ふとテレビ横の窓にカメラを向けると……な、なんと! なんというシンクロ率! なんという臨場感! あまり起きてほしくはないが、「テレビの光景が今、目の前に!」状態である。 これがアメリカだ。 これがアメリカのカーチェイスなのだ。 (文=) 参照元:Youtube.

次の

警察24時 山口県警宇部警察署 飲酒検問突破 深夜のカーチェイス

警察 24 時 カー チェイス

まきびし撒いた後に回収漏れがあって、一般車両がパンクしたり、歩行者がケガしたら? ピストルを撃って、外れた弾や跳弾で無関係な人間にあたったり、物が壊れたら? 相手車両に体当たりした結果、逃走車両がコントロールを失い民家に突っ込んだり、歩行者に接触したら? すべて非難されるは警察です。 強硬手段を使ったところで、成功すれば良いですが、失敗すれば大問題となりマスコミに叩かれます。 そういった非難の積み重ねにより、日本の警察では強硬手段を取ることが難しくなっています。 日本は、個人の所有権の概念が強いことと、それを緊急停止する法概念が無いからです。 ちょっと違った例ですが、欧米の建物だと消火器の横に斧が置いてあることがあります。 これは消防斧といって、緊急時 火災など)のときにドア破ったりする必要があるときに使用するためにあり、緊急時にドアを壊しても原則的に「緊急避難用件」に該当すれば、後で弁償する必要がありません。 ところが日本ではこのような法律(と成立要件の概念)が無いために、このような道具を設備することができません。 よくエレベーターに何時間も閉じ込められた、とやっているのは有資格者以外が非常操作をすると、あとで罰則がくるから誰も(特にビルの管理をしている人々)手を出せないからです。 警察の仕事も同じで、原則的に個人の資産を直接毀損させる行為はできないのです。 これは警察権ではなく、民法の概念ですので、法制化して緊急時は車をぶつけて止めてもよい、まきびしをおいてもよい、という法律を作らないと警察はそういう行動ができないのです。 ですから、ぶつけて停止させることが出来るのは、犯人を止めないと他の市民に危害が及ぶか、直接的に警官自身に死の危険があるときだけということになり、これは拳銃使用の要件と同じになるのです。 一部の府県では、バイクを強制的に停止できる器具を開発しているようですが、テストの内容は「危険な停止させられて、人はもちろん、車両も傷がつかないもの」ですので、決定的なものはなかなか出来ないようです。 外国では軍隊を出動しなければならない「有事」が想定されていて、戦争を阻止しないと、個人の財産や命が失われるため、これが究極の民法の一部停止要件であり、そこから犯罪や火災などの非常時の市民権の一部停止が類推されているのですが、日本は有事立法がありませんので、このような状態を類推して使うための法律自体がないのです。 そのため、日本では個人の正当防衛も相当制限されています。 だから止められないし、ピストルも撃てないのです。 A ベストアンサー 原付に限らず、二輪車は「前ブレーキ 右手 を強め、後ブレーキ 左手 を前より弱めに、同時にかける」ことが基本です。 二輪の教習所では「前7:後3」の割合でかけるように教えてもらいました なぜなら、ブレーキをかけると、フロントフォーク 前輪を挟んでる棒みたいなもの のサスペンションが沈みます。 これはバイクの荷重が前よりに移ったことを意味します。 このときリアタイヤは、走行時より荷重が抜けるので、このときにリアブレーキを強くかけようものなら、タイヤがロックして最悪転倒、事故につながります。 カーブを曲がる時は、カーブに入る前に減速。 カーブを曲がる時には逆に徐々に加速して、後輪に荷重をかける感じで曲がります。 あと、盗難にも・・・。 DioZXだとおそらく2ストロークエンジンだと思うので、定期的にエンジンオイルを「補充」しなければなりません。 わからないうちは、スピードメータの「OIL」というマークが光ったらバイク屋に行って「オイル入れて!」といえば入れてくれます。 コレを怠るとエンジンが焼きつき、数万円の出費になります。 4ストロークの場合はオイルは「交換」になります。 気持ちはわからなくも無いです。 しかし自分は、過去にこのプライドのせいで4ストにはオイル交換が必要だということを知らず、エンジンを焼きつかせ8万円の出費をしたことがあります。 誰でも最初は初心者。 無知は恥ではありません。 知っておくべきことを知ろうととしないことが恥ずべきこと。 ここに質問することができたのですから、同じような感覚でバイク屋でも質問すればいいんです。 頑張ってください。 原付に限らず、二輪車は「前ブレーキ 右手 を強め、後ブレーキ 左手 を前より弱めに、同時にかける」ことが基本です。 二輪の教習所では「前7:後3」の割合でかけるように教えてもらいました なぜなら、ブレーキをかけると、フロントフォーク 前輪を挟んでる棒みたいなもの のサスペンションが沈みます。 これはバイクの荷重が前よりに移ったことを意味します。 このときリアタイヤは、走行時より荷重が抜けるので、このときにリアブレーキを強くかけようものなら、タイヤがロックして最悪転倒、事故につながり...

次の

日本の警察事情(カーチェイス)

警察 24 時 カー チェイス

まきびし撒いた後に回収漏れがあって、一般車両がパンクしたり、歩行者がケガしたら? ピストルを撃って、外れた弾や跳弾で無関係な人間にあたったり、物が壊れたら? 相手車両に体当たりした結果、逃走車両がコントロールを失い民家に突っ込んだり、歩行者に接触したら? すべて非難されるは警察です。 強硬手段を使ったところで、成功すれば良いですが、失敗すれば大問題となりマスコミに叩かれます。 そういった非難の積み重ねにより、日本の警察では強硬手段を取ることが難しくなっています。 日本は、個人の所有権の概念が強いことと、それを緊急停止する法概念が無いからです。 ちょっと違った例ですが、欧米の建物だと消火器の横に斧が置いてあることがあります。 これは消防斧といって、緊急時 火災など)のときにドア破ったりする必要があるときに使用するためにあり、緊急時にドアを壊しても原則的に「緊急避難用件」に該当すれば、後で弁償する必要がありません。 ところが日本ではこのような法律(と成立要件の概念)が無いために、このような道具を設備することができません。 よくエレベーターに何時間も閉じ込められた、とやっているのは有資格者以外が非常操作をすると、あとで罰則がくるから誰も(特にビルの管理をしている人々)手を出せないからです。 警察の仕事も同じで、原則的に個人の資産を直接毀損させる行為はできないのです。 これは警察権ではなく、民法の概念ですので、法制化して緊急時は車をぶつけて止めてもよい、まきびしをおいてもよい、という法律を作らないと警察はそういう行動ができないのです。 ですから、ぶつけて停止させることが出来るのは、犯人を止めないと他の市民に危害が及ぶか、直接的に警官自身に死の危険があるときだけということになり、これは拳銃使用の要件と同じになるのです。 一部の府県では、バイクを強制的に停止できる器具を開発しているようですが、テストの内容は「危険な停止させられて、人はもちろん、車両も傷がつかないもの」ですので、決定的なものはなかなか出来ないようです。 外国では軍隊を出動しなければならない「有事」が想定されていて、戦争を阻止しないと、個人の財産や命が失われるため、これが究極の民法の一部停止要件であり、そこから犯罪や火災などの非常時の市民権の一部停止が類推されているのですが、日本は有事立法がありませんので、このような状態を類推して使うための法律自体がないのです。 そのため、日本では個人の正当防衛も相当制限されています。 だから止められないし、ピストルも撃てないのです。 A ベストアンサー 原付に限らず、二輪車は「前ブレーキ 右手 を強め、後ブレーキ 左手 を前より弱めに、同時にかける」ことが基本です。 二輪の教習所では「前7:後3」の割合でかけるように教えてもらいました なぜなら、ブレーキをかけると、フロントフォーク 前輪を挟んでる棒みたいなもの のサスペンションが沈みます。 これはバイクの荷重が前よりに移ったことを意味します。 このときリアタイヤは、走行時より荷重が抜けるので、このときにリアブレーキを強くかけようものなら、タイヤがロックして最悪転倒、事故につながります。 カーブを曲がる時は、カーブに入る前に減速。 カーブを曲がる時には逆に徐々に加速して、後輪に荷重をかける感じで曲がります。 あと、盗難にも・・・。 DioZXだとおそらく2ストロークエンジンだと思うので、定期的にエンジンオイルを「補充」しなければなりません。 わからないうちは、スピードメータの「OIL」というマークが光ったらバイク屋に行って「オイル入れて!」といえば入れてくれます。 コレを怠るとエンジンが焼きつき、数万円の出費になります。 4ストロークの場合はオイルは「交換」になります。 気持ちはわからなくも無いです。 しかし自分は、過去にこのプライドのせいで4ストにはオイル交換が必要だということを知らず、エンジンを焼きつかせ8万円の出費をしたことがあります。 誰でも最初は初心者。 無知は恥ではありません。 知っておくべきことを知ろうととしないことが恥ずべきこと。 ここに質問することができたのですから、同じような感覚でバイク屋でも質問すればいいんです。 頑張ってください。 原付に限らず、二輪車は「前ブレーキ 右手 を強め、後ブレーキ 左手 を前より弱めに、同時にかける」ことが基本です。 二輪の教習所では「前7:後3」の割合でかけるように教えてもらいました なぜなら、ブレーキをかけると、フロントフォーク 前輪を挟んでる棒みたいなもの のサスペンションが沈みます。 これはバイクの荷重が前よりに移ったことを意味します。 このときリアタイヤは、走行時より荷重が抜けるので、このときにリアブレーキを強くかけようものなら、タイヤがロックして最悪転倒、事故につながり...

次の