智 弁 和歌山 黒川。 黒川 史陽(智辯和歌山)

黒川史陽(智弁和歌山)は兄弟や父もすごい?出身中学や彼女についても

智 弁 和歌山 黒川

先に呼ばれたのは黒川だった。 東北楽天の2位指名。 これほど早く呼ばれるとは思わず、中継を見ずに東妻と2人で話している間に指名され、慌てて記者会見場に現れた。 「嬉しいです。 今はビックリしています。 純平のほうが先だと思っていたので……」と率直な思いを口にした。 メディアのドラフト予想を見ても、黒川の上位指名は予想されていなかった。 黒川はチームメイトに「予想しといて」と頼んでいたが、池田陽佑は「ソフトバンクの4位か5位」、西川晋太郎は「楽天4位」、入江諒は「楽天5位」といずれも外していた。 中谷監督が感じた「あ、プロ行くな」。 黒川は1年夏から甲子園に出場し、勝負強い打撃が光った。 ただ、主将として臨んだ最後の夏の甲子園は、力んで思うような打撃ができなかった。 13打数1安打と苦しみ、延長14回にサヨナラ負けを喫した3回戦の星稜戦のあとは、敗戦の責任を背負いこんだ。 目標としていたU-18ワールドカップの日本代表にも選ばれなかった。 悔しさを押し殺し、「これで選ばれて行ってたら勘違いすると思うんで、その間に、行ってるやつらに追いつく気持ちで練習します」と語っていた。 星稜戦の翌日、泣きはらしたせいではれぼったい目をした黒川は、宿舎から練習着でバスに乗り、学校に戻ると、東妻とともに後輩たちの練習に参加した。 智弁和歌山の中谷仁監督はこう振り返る。 「黒川と東妻の2人に関しては、取り組み方を見ていたら、『あ、プロ行くな』と思いましたね。 星稜に負けた次の日に、一番最後まで2人が残って練習してるんですから」.

次の

智弁和歌山の黒川くんの弟さんが星稜にいると聞いたのですが...

智 弁 和歌山 黒川

バッティングセンター内では野球教室も開催し、自習室という勉強部屋もあった。 そして学習塾も併設。 野球以外の大切なことも教え、子供たちの夢を後押ししている。 黒川さんは1993年のセンバツ、上宮高(大阪)で全国制覇を成し遂げた時の主将で、上宮を卒業後は同志社大-ミキハウス-セガサミーと社会人野球で活躍。 指導者の経験も持つなど、野球を心から愛する方だ。 黒川さんを今でも慕うプロ選手も多い。 先月、黒川さんのもとへ取材に伺った。 長男・大雅君は日南学園(宮崎)で春夏連続甲子園に出場。 次男・史陽君は智辯和歌山(和歌山)の主将を務め、5季連続出場を果たし、13日の2回戦で明徳義塾(高知)に勝利。 三男・怜遠君はこの春、星稜(石川)に入学した1年生。 息子3人が名門校の野球部員。 どのような子育てをしたのかを聞いた。 すでに記事や動画で紹介したが「(甲子園は)行って当たり前という風に育ててきました」「教えすぎないこと」「テレビを見ながら配球の勉強」など非常に興味深い内容だった。 インタビューの最後の言葉が非常に印象的だった。 取材時は地方大会真っ最中。 もしも、次男の智辯和歌山と三男の星稜が甲子園で対戦となったら、どうしますか?という冗談交じりの質問に、笑っていた。 「真ん中に座りますよ」 この時は実現するなんて、想像もしていなかっただろう。 8月17日の3回戦、智辯和歌山と星稜が対戦することが決まった。 プロ注目の星稜エース・奥川と智辯和歌山の強力打線。 優勝候補同士の対戦に心躍らせる野球ファンも多い。 2回戦は智辯和歌山の一塁側アルプスで応援をしていた黒川さん。 これまでも自身が出場した甲子園、長男の試合と、多くの試合を聖地で見てきた。 三男、星稜の怜遠君は今回、ベンチ入りはしていない。 おそらく、最後の夏となる次男側、智辯和歌山アルプスに座ることになるだろうが、父にとっては今まで感じたことのない特別な思いで観戦することになりそうだ。 他の家族がなかなかできない経験。 どんな結果になろうとも、家族の思い出に1ページとなる好ゲームを期待したい。

次の

黒川兄弟が星稜と智弁和歌山に…父が選んだ応援席

智 弁 和歌山 黒川

スポンサードリンク 黒川史陽選手の経歴〜リトルリーグ時代〜ニックネームは? 黒川選手は、小学校1年時から軟式野球を始め、中学時代はで硬式野球を始めました。 当時の 黒川選手のニックネームは「河合町代表」と呼ばれていたそうですよ。 中学3年生の夏には、でアメリカ遠征をを経験。 あのNOMO JAPANの代表です!! その遠征チームでは、東邦の石川昂弥、創志学園の西純矢らとチームメートでした。 また、中学3年生の時に、ボーイズの全国大会に出場して3回戦まで進んでいます。 智弁和歌山に所属する現在でも、練習量はチーム1と言われているようですが、リトルリーグ時代からも練習量は多かったという声も聞こえてきてきます。 野球エリート街道を走っている黒川選手ですが、このまま努力を続けていってぜひすばらしい野球選手になってもらいたいものですね。 スポンサードリンク ネットの声 黒川史陽主将。 ニックネームは「河合町代表」。 中学時代は「NOMO JAPAN」でも主将、東邦・石川昂弥、創志学園・西純矢らとチームメート。 高校通算15本塁打。 スポーツ報知によれば、弟・怜遠(れおん)は春から石川「星稜」に進学予定。 — 汗と涙。 中学時代にNOMO JAPANメンバー入り。 昨年甲子園に出場した日南学園・黒川君はお兄さん、ということぐらいは周知していたが、この記事をみてさらにビックリ!😳 — ミラクル白橿 YukioXingfu.

次の