おぼんこぼん 不仲の理由。 【動画】おぼんこぼん解散ドッキリ・本気のケンカに発展で放送事故と話題!水曜日のダウンタウン

おぼんこぼんの不仲理由や原因はなに?いつから仲が悪いのか

おぼんこぼん 不仲の理由

7月3日放送の 水曜日のダウンタウンでベテラン 漫才コンビ「おぼん・こぼん」のドッキリ仲直り大作戦企画がありましたね。 前回2月の放送では 「芸人解散ドッキリ 師匠クラスの方が切ない説」を検証。 おぼんがこぼんに解散を持ちかけるというドッキリをして、あわや コンビ解散になる事態となりました。 今回は「おぼん・こぼんでも催眠術さえあれば仲直りできる説」という検証でしたが、失敗。 最後におぼんが「なんで素直になれへんのやろ。 一言アイツが謝ればいいのに…。 」と号泣しました。 なぜ、おぼん・こぼんが不仲なのでしょうか?そしていつから不仲なのでしょうか? あくまで推測ですが、 不仲の理由は 8年前の漫才協会の中で起こったものと思われます。 スポンサーリンク おぼんこぼんの仲が悪くなったのは2011年 おぼんこぼんの不仲は いつからなのでしょうか? 「 8年間私語をしていないらしい」と2人が不仲の状態であることを説明した。 引用: そうなると 8年前の 2011年から プライベートで会話もない状態が続いているということになります。 おぼんこぼんが仲が悪くなった原因は漫才協会? 仲が悪くなった原因に迫っていきたいと思います。 2016年 1月5日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』で、お笑いコンビ・ 爆笑問題の太田光が おぼんこぼんの 仲が悪い原因について触れていました。 太田光:「あのさ、俺さ、 漫才協会やめたのよ」って「師匠、聞きましたけど、勘弁してくださいよ」って 笑 略 太田光:「いや、でもね…本当に師匠、こう言うのはなんですけど、ここまでやってきて、ぜひ漫才協会、続けてくださいよ」って。 そしたら、おぼん師匠が 「ワシを怒らせてしもた」とかなんか言ってんだよ。 田中裕二 :はっはっはっ 笑 太田光 : 「 協会はワシを、怒らせてしもた」みたいなことを言ってっからさ、だから俺、本番で言ったんだよ。 「仲良くしてください」って。 ここでおぼんが漫才協会をやめたと話しています。 おぼんを怒らせてしまった 「漫才協会」とはなんなのでしょうか。 スポンサーリンク おぼんこぼんの仲が悪い原因?『漫才協会』とは 漫才協会とは「東京に拠点をおき活動する 漫才師や 漫才コンビが 加盟する教会」です。 水曜日のダウンタウンでドッキリ企画を進行していた ナイツや U字工事などコンビ芸人や、 コウメ太夫や じゅんいちダビッドソンなどピン芸人も所属しています。 漫才協会・副会長のおぼんが辞めた 2008年のまだ仲が良かったとされるころの動画では、 おぼんが漫才協会副会長という協会のナンバー2を、 こぼんが理事を務めています。 おぼんが 漫才協会の副会長であったにも関わらず 辞めてしまい、 一方こぼんは現在も漫才協会の理事に就任しています。 漫才協会がおぼん・こぼんの中を悪くさせる要因の一つだと考えられます。 ちなみに現在、 ナイツの塙は 以前おぼんが務めていた副会長、 ナイツの土屋は常任理事を務めています。 ナイツが水曜日のダウンタウンでドッキリ企画を進行していた理由は、実質のおぼんこぼんの跡継ぎだったからでしょう。 スポンサーリンク 【推測】原因は8年前のこぼんのブログ? 2011年におぼんこぼんの2人の間に亀裂を生む何かがあったものと思われます。 最初のきっかけはこぼん? そしておぼんが水曜日のダウンタウンで、 「 一言アイツが謝ればいいのに…。 」といっていました。 最初のきっかけは こぼんの方にあるのでしょうか。 しかし 漫才協会が おぼんを怒らせて辞めさせてしまったのは太田光のラジオの話から、 2015年の年末あたりと推測されます。 2011年よりもっと後のことです。 こぼんが漫才協会の賛助会員の情報をブログで公開 ただ、 漫才協会に対しておぼんが不満を募らせていた可能性もあります。 そこで2011年に漫才協会で何があったのか調べてみました。 すると 2011年に 漫才協会で賛助会員を募ることになりました。 こぼんは2011年9月に 自身のブログで賛助会員についてこう書いています。 まだ公では有りませんが、漫才協会も、賛助会員 サポーター を募ります。 私メ、理 事会で、その委員長になりましたわ。 (略) 今、私達準備委員が、詰めております。 はっきりゴーサインが出たら、またお知らせ しますね。 引用: こぼんは 自身のブログで、非公開ながら 会員費や会員特典などの情報を自身のブログで公開しました。 【推測】こぼんはおぼんの了承を得ず情報公開? 理事会の委員長と、委員の責任者ではありましたが、 こぼんは漫才協会の理事。 協会の立場上、上である副会長のおぼんに了承を得ずに公開してしまった可能性があります。 非公開の情報で、かつファンにも影響のある会員制度を公開してしまった。 そのことを おぼんが注意するもこぼんが謝らなかった。 その結果ギクシャクしてしまい、これまでの不満などからお互いに口を利かなくなってしまった。 あくまで想像ですが、可能性はあるのではないでしょうか。

次の

おぼん・こぼん

おぼんこぼん 不仲の理由

上の動画を見ると、42年も漫才やってるんですね~ さすがの落ち着きというか安定感というか・・・ さすが師匠クラスって感じですね~ 芸風はどんな感じ? ネタはおぼんが作っているそうです。 基本的にはこぼんがツッコミでおぼんがボケだが、途中で入れ替わることも多いそうです。 定番のネタとして、お椀と茶碗を持ち、交互にかざしながら「聖者の行進」のメロディで「お椀出せ~、茶碗出せ~」と歌うものがあるそうですね。 おぼんこぼん 漫才コンビ は現在とても仲が悪い? — よいこ yh22 長年芸人のコンビをやっていると、そりゃあいい時ばかりではありませんよね。 そうなるとやはり喧嘩をしたり仲が悪くなったりすることもあると思います。 仕事がコンスタントにあって収入も安定しているとかであればあまり喧嘩にもならないでしょうが、そうでない場合は・・・ねぇ? おぼんこぼん 漫才コンビ が解散しない理由はなぜ? おぼんこぼん師匠の危うくの解散に必死でフォローする松っちゃんと番組側笑 — お豆 down10mbo そりゃもう、生活の為ですね。 なぁ~んて、彼らはきっと漫才が好きで、お互いの相方はこの人しかいないってわかっているんじゃないでしょうか? 漫才コンビの相方って、結婚相手よりも深い関係っていう言葉もあるくらいですからね~ そう簡単には切れない関係なのだと思います! 今回のドッキリの内容は? ナイツが仕掛け人となり「仲が悪くてろくに会話もない二人に、腹を割って話をしてもらう中で、片方が解散をもちかけたらどうなるか?」というものでした。 今回の仕掛け人はおぼん師匠。 日ごろの不満や文句をこぼん師匠にぶつけたところ、逆にこぼん師匠の方から解散の申し出が・・・ そして、ドッキリにならない ヤバイ と思った番組側は急いでナイツにネタ晴らしをするように要請しました。 「ドッキリでした~テッテレー!」となった後も、 「シャレになるやつとならんヤツがあるぞ!」とおしぼりを投げつけながら怒っていました。 まぁ、当然の反応ですよね~ ただ、このやり取りを最終的にテレビで放送してよいというんだからおぼんこぼん師匠の懐の深さが半端ないですよね~普通だったらテレビで見られたくないはずですからね~ 今回はただのドッキリというよりは、もはや「ドキュメンタリー番組」を見ているかのような深い回だったですね。 では、最後まで読んでいただきありがとうございます。

次の

おぼん・こぼん師匠が不仲になった原因は?現在も仲違い中なのか?

おぼんこぼん 不仲の理由

1965年にコンビを結成した『おぼん・こぼん』の2人は今年2月に、『水曜日のダウンタウン』で行われた検証企画 「芸人解散ドッキリ、師匠クラスの方が切ない説」に出演し、プライベートでは8年も口を聞いていない中で、おぼんさん(本名=井上博一 70歳)がこぼんさん(本名=馬場添良一 70歳)に対して、謝るか謝らないかの2択を突き付け、ウソの解散を持ちかけるというドッキリをしました。 そして、このドッキリがきっかけで2人の間にあったわだかまりが一気に噴出し、感情のままに怒声をぶつけ合う展開となり、この模様を現場でモニタリングしていた『ナイツ』は「この番組のせいで本当に辞めちゃうよ…」と心配していると、最終的には『おぼん・こぼん』の2人がコンビ解散を決断してしまいました。 この企画は大きな反響を呼び、3日放送の番組では 「おぼん・こぼんでも催眠術さえあれば仲直りできる説」という企画が行われ、2人に「目の前の人が愛おしくなる」という催眠術をかけることで仲直りできるかを検証しました。 『ナイツ』の2人はその後、こぼんさんにドッキリだとネタバラシをした上で謝罪しましたが、、こぼんさんは 「もう、やめとけや。 こらアカンで。 まじでアカンで」とイライラしている様子を隠さず、そのまま帰ってしまいました。 一方のおぼんさんは、 「何で素直になれへんのやろ。 一言アイツが謝ればいいのに…。 今まで迷惑掛けたなって。 ホント腹立つねん。 もうホントに…。 クソー!」と言って号泣し、その後も「こんなコンビのためにね、みんなにやってもらってね。 ホントに申し訳ない」と涙を流していました。 こうして仲直り企画に失敗した『おぼん・こぼん』の2人は、2日放送の『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京系 火曜20時54分)にゲスト出演した際にも、最初は並んでスタジオに登場したものの、おぼんさんはすぐに司会の今田耕司さんに「すいません、ちょっとこっち来ていただけますか」と言ってコンビの間に入れ、 「これが一番の、ベストの立ち位置です。 こうしてねえ、同じ空気吸うてんのが嫌なんです」と言い、一方のこぼんさんは 「(仲は)悪くないですよ、口きかないだけですから」と不仲をネタにしていました。 そして、今回行われた『おぼん・こぼん』のコンビ仲直り企画に対してネット上では、• このままで良いと思う。 二人の間の問題は他人にはわからない。 周りが仲直りさせる。 大きなお世話だよ。 おぼんさんは、こぼんさんがごめん。 と言うたら水に流す気持ちがあるみたいだね。 二人に何があったのか?おぼんさんがカメラの前で理由を突き付けないのは、よっぽどの事があったのかな?• あんまり理由も分かってない側が面白可笑しく入っていっていいものなんか難しいね。 こぼんさんが「むしろどんどんダメになっていく…」みたいこと言ってたのも見てて切なかった。 深いところでは、繋がってるのかもしれないけれど。 何だかんだありつつもテレビで流すのOK出してるのがさすが芸人。 見てる側のナイツのメンタルの方がエライことになってそう笑。 お互いすごい嫌いあってるし、自分なら仕事でも顔合わせたくないけど、仕事中は普通に漫才師してるのがプロだね。 謝れと言っていたが過去に何があったのか知らないからそこが気になる。 年取ると中々素直になれないんだよなぁ。 ごめんの三文字、これが出ない。 是非とも水ダウで仲直りする所を見たい。 そもそも仲が悪い決定的な理由に触れてないから、なぜ、こぼん師匠が謝らなきゃいけないのかが分からない。 おぼん師匠のお前が謝れば許すも理解出来ないし、泣くぐらいな自分から歩み寄ればいいと思う• 見てる感じこぼんさんが原因の不仲なのだと思うけど、メディアは挟まずそこを明確にして、ひとつひとつほぐしてあげないと上っ面の企画で仲直りするのは不可能なんじゃないかなぁー。 水ダウで弄って以降、ステージでノリノリになってるので、おぼんこぼん側は本音では大分楽しんでおられるのではなかろうか こうした方が面白いってのをある程度理解しておられる様に思う• 8年間私語なくても解散してないだから、不仲ではないと思う。 長年コンビ組んでいたら仕事は仕事、プライベートはプライベートとわけているグループとかコンビはたくさんいそうだけど。 などのコメントが寄せられています。 『おぼん・こぼん』の2人が不仲になった理由、プライベートで会話をしなくなった8年前に一体何があったのか気になるところですが、コンビ結成からすでに50年以上が経過しているので、原因は1つや2つでは無いのかもしれないですし、現在の2人の様子を見ると、そう簡単に仲直り出来るものではない気はします。 一方で、漫才はこれまでと変わらずに続けており、テレビで不仲をネタにしていますし、2度目のドッキリ企画も放送にOKを出しているので、現時点で仕事に影響が出ていないのであれば、番組で余計なことをせずに現状維持でもいいのではないかとも思いますね。 なお、『水曜日のダウンタウン』では今後また『おぼん・こぼん』の仲直り企画を実施する予定としているので、果たして次回はどういった展開を迎えるのか引き続き注目したいところです。

次の