フェール オーバー クラスタ。 Hyper

Hyper

フェール オーバー クラスタ

フェールオーバークラスタリングのシステムログイベント Failover Clustering system log events• この記事の内容 適用先:Windows Server 2019、Windows Server 2016 Applies to: Windows Server 2019, Windows Server 2016 このトピックでは、Windows Server システムログのフェールオーバークラスタリングイベントの一覧を示します イベントビューアーで見ることができます。 This topic lists the Failover Clustering events from the Windows Server System log viewable in Event Viewer. これらのイベントはすべて FailoverClusteringのイベントソースを共有し、クラスターのトラブルシューティングを行うときに役立ちます。 These events all share the event source of FailoverClustering and can be helpful when troubleshooting a cluster. Cluster service was halted due to incomplete connectivity with other cluster nodes. The cluster database could not be loaded. ファイルが見つからないか、または壊れている可能性があります。 The file may be missing or corrupt. 自動修復が試行される可能性があります。 Automatic repair might be attempted. The Cluster service was halted to prevent an inconsistency within the failover cluster. ディスク領域が不足しているか、ファイルシステムが破損している可能性があります。 Possible causes are insufficient disk space or file system corruption. The Cluster service cannot be started. このマシンがクラスターのメンバーであることを確認するには、フェールオーバークラスターの管理スナップインを使用してください。 Please use the Failover Cluster Management snap-in to ensure that this machine is a member of a cluster. このマシンを既存のクラスターに追加する場合は、ノードの追加ウィザードを使用します。 If you intend to add this machine to an existing cluster use the Add Node Wizard. または、このマシンがクラスターのメンバーとして構成されている場合は、クラスターサービスがクラスターのメンバーであることを識別するために必要な、不足している構成データを復元する必要があります。 Alternatively, if this machine has been configured as a member of a cluster, it will be necessary to restore the missing configuration data that is necessary for the Cluster Service to identify that it is a member of a cluster. 構成データを復元するために、このマシンのシステム状態の復元を実行します。 Perform a System State Restore of this machine in order to restore the configuration data. フェールオーバークラスターは使用できません。 Failover cluster will not be available. このノードのコンピューター名が最近変更された場合は、以前の名前に戻すことを検討してください。 If the computer name for this node was recently changed, consider reverting to the previous name. または、フェールオーバークラスターにノードを追加し、必要に応じて、クラスター化されたアプリケーションを再インストールします。 Alternatively, add the node to the failover cluster and if necessary, reinstall clustered applications. The Cluster service failed to start because it was unable to register interface s with the RPC service. このノードのクラスターサービスが停止している可能性があります。 The Cluster service on this node may have stopped. これは、ノードがフェールオーバークラスター内の他のアクティブなノードと通信を失ったことが原因である可能性もあります。 This could also be due to the node having lost communication with other active nodes in the failover cluster. 構成の検証ウィザードを実行して、ネットワークの構成を確認します。 Run the Validate a Configuration wizard to check your network configuration. 条件が引き続き発生する場合は、このノードのネットワークアダプターに関連するハードウェアまたはソフトウェアのエラーを確認します。 If the condition persists, check for hardware or software errors related to the network adapters on this node. また、ノードが接続されている他のネットワークコンポーネント ハブ、スイッチ、ブリッジなど のエラーを確認します。 Also check for failures in any other network components to which the node is connected such as hubs, switches, or bridges. The cluster Resource Hosting Subsystem RHS process was terminated and will be restarted. これは、通常、クラスターの正常性検出とリソースの回復に関連付けられています。 This is typically associated with cluster health detection and recovery of a resource. 問題の原因となっているリソースとリソース DLL を確認するには、システムイベントログを参照してください。 Refer to the System event log to determine which resource and resource DLL is causing the issue. The Cluster service is shutting down because quorum was lost. これは、クラスター内の一部またはすべてのノード間のネットワーク接続が失われたか、監視ディスクのフェールオーバーが原因である可能性があります。 This could be due to the loss of network connectivity between some or all nodes in the cluster, or a failover of the witness disk. 構成の検証ウィザードを実行して、ネットワークの構成を確認します。 Run the Validate a Configuration wizard to check your network configuration. 条件が引き続き発生する場合は、ネットワークアダプターに関連するハードウェアまたはソフトウェアのエラーを確認します。 If the condition persists, check for hardware or software errors related to the network adapter. また、ノードが接続されている他のネットワークコンポーネント ハブ、スイッチ、ブリッジなど のエラーを確認します。 Also check for failures in any other network components to which the node is connected such as hubs, switches, or bridges. サービスに関連付けられている追加のイベントを確認し、サービスが正しく開始されていることを確認してください。 Please check for additional events associated with the service and ensure the service starts correctly. クラスターサービスは、サービスコントロールマネージャー SCM を使用して SID の種類の構成を自動的に変更し、この変更を有効にするために再起動します。 The cluster service is automatically modifying its SID type configuration with the Service Control Manager SCM and will restart in order for this change to take effect. この問題は、クラスターサービスによって自動的に修正され、再起動されます。 The cluster service will automatically correct this problem and restart. The restore request for the cluster configuration data has failed. この復元は、通常、クラスターを構成している一部のノードが現在動作していないことを示す "復元前" 段階で失敗しました。 This restore failed during the 'pre-restore' stage usually indicating that some nodes comprising the cluster are not currently operational. このクラスターを構成しているすべてのノードで、クラスターサービスが正常に実行されていることを確認してください。 Ensure that the cluster service is running successfully on all nodes comprising this cluster. The restore operation of the cluster configuration data has failed. この復元は、通常、クラスターを構成している一部のノードが現在動作していないことを示す "復元後" 段階で失敗しました。 This restore failed during the 'post-restore' stage usually indicating that some nodes comprising the cluster are not currently operational. これは、クラスターサービスソフトウェアの互換性のないバージョンを実行している1つ以上のノードが原因です。 This was due to one or more nodes executing incompatible versions of the cluster service software. This cluster node has no network connectivity. 接続が復元されるまで、クラスターに参加することはできません。 It cannot participate in the cluster until connectivity is restored. 構成の検証ウィザードを実行して、ネットワークの構成を確認します。 Run the Validate a Configuration wizard to check your network configuration. 条件が引き続き発生する場合は、ネットワークアダプターに関連するハードウェアまたはソフトウェアのエラーを確認します。 If the condition persists, check for hardware or software errors related to the network adapter. また、ノードが接続されている他のネットワークコンポーネント ハブ、スイッチ、ブリッジなど のエラーを確認します。 Also check for failures in any other network components to which the node is connected such as hubs, switches, or bridges. This cluster node has lost all network connectivity. 接続が復元されるまで、クラスターに参加することはできません。 It cannot participate in the cluster until connectivity is restored. このノードのクラスタサービスは終了します。 The cluster service on this node will be terminated. The cluster service encountered an unexpected problem and will be shut down. Cluster service failed to start because this node detected that it does not have the latest copy of cluster configuration data. このノードがメンバーシップに含まれておらず、構成データの更新を受信できなかったため、クラスターへの変更が発生しました。 Changes to the cluster occurred while this node was not in membership and as a result was not able to receive configuration data updates. ガイダンス Guidance クラスターのすべてのノードでクラスターサービスを開始して、クラスター構成データの最新コピーを持つノードが最初にクラスターを形成できるようにします。 Attempt to start the cluster service on all nodes in the cluster so that nodes with the latest copy of the cluster configuration data can first form the cluster. このノードはクラスターに参加できるようになり、更新されたクラスター構成データが自動的に取得されます。 This node will then be able join the cluster and will automatically obtain the updated cluster configuration data. クラスター構成データの最新コピーに使用できるノードがない場合は、' Start-clusternode-FQ ' Windows PowerShell コマンドレットを実行します。 If there are no nodes available with the latest copy of the cluster configuration data, run the 'Start-ClusterNode -FQ' Windows PowerShell cmdlet. ForceQuorum FQ パラメーターを使用すると、クラスターサービスが開始され、このノードのクラスター構成データのコピーが権限を持つものとしてマークされます。 Using the ForceQuorum FQ parameter will start the cluster service and mark this node's copy of the cluster configuration data to be authoritative. クラスターデータベースの古いコピーを持つノードでクォーラムを強制すると、ノードがクラスターに参加していないときにクラスター構成が変更され、失われる可能性があります。 Forcing quorum on a node with an outdated copy of the cluster database may result in cluster configuration changes that occurred while the node was not participating in the cluster to be lost. これは、認証エラーが原因です。 This was due to an authentication failure. ノードが互換性のあるバージョンの cluster service ソフトウェアを実行していることを確認してください。 Please verify that the nodes are running compatible versions of the cluster service software. これは、承認エラーが原因です。 This was due to an authorization failure. ノードが互換性のあるバージョンの cluster service ソフトウェアを実行していることを確認してください。 Please verify that the nodes are running compatible versions of the cluster service software. ネットワーク設定を確認するには、構成の検証ウィザードを実行してください。 Please run the Validate a Configuration wizard to ensure network settings. また、Windows ファイアウォールのフェールオーバークラスターの規則も確認します。 Also verify the Windows Firewall 'Failover Clusters' rules. The failover cluster database could not be unloaded. クラスターサービスを再起動しても問題が解決しない場合は、マシンを再起動してください。 If restarting the cluster service does not fix the problem, please restart the machine. An attempt to forcibly start the cluster service has failed because the cluster configuration data on this node is either missing or corrupt. クラスター構成データの完全なコピーと有効なコピーを持つ別のノードでクラスターサービスを開始してください。 Please first start the cluster service on another node that has an intact and valid copy of the cluster configuration data. 次に、このノードの開始操作を再試行します これにより、更新された有効な構成情報を自動的に取得しようとします。 Then, reattempt the start operation on this node which will attempt to obtain updated valid configuration information automatically. 他のノードが使用できない場合は、WBAdmin を使用して、構成データを復元するためにこのノードのシステム状態の復元を実行してください。 If no other node is available, please use WBAdmin. msc to perform a System State Restore of this node in order to restore the configuration data. メモリ内の不適切な変更の可能性があるため、破棄できませんでした。 The failover cluster database could not be unloaded and any potentially incorrect changes in memory could not be discarded. クラスターサービスは、別のクラスターノードからデータベースを取得することによって、データベースの修復を試みます。 The cluster service will attempt to repair the database by retrieving it from another cluster node. クラスターサービスがオンラインになっていない場合は、このノードでクラスターサービスを再起動します。 If the cluster service does not come online, restart the cluster service on this node. クラスターサービスを再起動しても問題が解決しない場合は、マシンを再起動してください。 If restarting the cluster service does not fix the problem, please restart the machine. 再起動後にクラスターサービスがオンラインにならない場合は、最後のバックアップからクラスターデータベースを復元してください。 If the cluster service fails to come online after a reboot, please restore the cluster database from the last backup. その後、クラスターサービスがこのノードでオンラインになると、一部のクラスター構成の変更が失われ、クラスターが正常に機能しない可能性があります。 If the cluster service then comes online on this node, some cluster configuration changes may be lost and the cluster may not function properly. 構成の検証ウィザードを実行してクラスター構成を確認し、ホストされているサービスとアプリケーションがオンラインで正しく機能していることを確認します。 Run the Validate a Configuration wizard to check your cluster configuration and verify that the hosted Services and Applications are online and functioning correctly. これ以上の中断を回避するために、クラスターから削除されました。 このノードの問題を確認するには、システムイベントログとアプリケーションイベントログを参照してください。 Refer to the System and Application event logs to determine the issues on this node. 問題が解決されたら、検疫を手動でオフにして、ノードが "Start-clusternode — ClearQuarantine" Windows PowerShell コマンドレットに再度参加できるようにすることができます。 When the issue is resolved, quarantine can be manually cleared to allow the node to rejoin with the 'Start-ClusterNode —ClearQuarantine' Windows PowerShell cmdlet. リソースが正しく機能しない可能性があります。 The resource may not function correctly. 他のプロセスがこのレジストリサブツリーのレジストリキーを開くハンドルを持っていないことを確認してください。 Make sure that no other processes have open handles to registry keys in this registry subtree. ディスクが交換または復元された場合は、フェールオーバークラスターマネージャースナップインで、修復機能 ディスクのプロパティシート を使用して、新しいディスクまたは復元されたディスクを修復できます。 If the disk was replaced or restored, in the Failover Cluster Manager snap-in, you can use the Repair function in the properties sheet for the disk to repair the new or restored disk. ディスクを交換しない場合は、関連付けられているディスクリソースを削除します。 If the disk will not be replaced, delete the associated disk resource. 構成の検証ウィザードを実行して、記憶域の構成を確認します。 Run the Validate a Configuration wizard to check your storage configuration. 必要に応じて、Chkdsk を実行して、このディスク上のすべてのボリュームの整合性を確認することもできます。 Optionally you may want to run Chkdsk to verify the integrity of all volumes on this disk. 構成の検証ウィザードを実行して、記憶域の構成を確認します。 Run the Validate a Configuration wizard to check your storage configuration. 必要に応じて、Chkdsk を実行して、このディスク上のすべてのボリュームの整合性を確認することもできます。 Optionally, you may want to run Chkdsk to verify the integrity of all volumes on this disk. 構成の検証ウィザードを実行して、記憶域の構成を確認します。 Run the Validate a Configuration wizard to check your storage configuration. 次の原因が考えられます。 このノードにアプリケーションが存在しない、パス名が正しく指定されていない、バイナリ名が正しく指定されていない可能性があります。 Possible causes include: the application may not be present on this node, the path name may have been specified incorrectly, the binary name may have been specified incorrectly. 次の原因が考えられます。 サービスがインストールされていないか、指定されたサービス名が無効です。 Possible causes include: the service is either not installed or the specified service name is invalid. 考えられる原因: 指定されたサービスパラメーターが無効である可能性があります。 Possible cause: the specified service parameters might be invalid. アプリケーションイベントログを確認してください。 Please examine the application event log. NetBIOS 名の最大数を超えている可能性があります。 The maximum number of NetBIOS names may have been exceeded. IP アドレスリソースのプロパティを確認してください。 Please check your IP address resource properties. IP アドレスリソースのプロパティを確認してください。 Please check your IP address resource properties. IP アドレスリソースが正しいアドレスおよびネットワークのプロパティで構成されていることを確認してください。 Please check that the IP address resource is configured with the correct address and network properties. すべての IP アドレスが一意であることを確認してください。 Please ensure all IP addresses are unique. ネットワーク名が一意であることを確認します。 Ensure that network names are unique. 依存する IP アドレスリソースのネットワークアダプターに、少なくとも1つの DNS サーバーへのアクセス権があることを確認してください。 Ensure that the network adapters for dependent IP address resources have access to at least one DNS server. または、依存する IP アドレスに対して NetBIOS を有効にします。 Alternatively, enable NetBIOS for dependent IP addresses. この名前はシステムに追加できませんでした。 関連するエラーコードは、データセクションに格納されます。 The associated error code is stored in the data section. 共有が存在し、アクセス可能であることを確認してください。 Ensure the share exists and is accessible. 共有が存在し、アクセス可能であることを確認してください。 Please ensure the share exists and is accessible. リソースと役割の障害ポリシーに基づき、クラスターサービスは、このノードのリソースをオンラインにするか、またはグループをクラスターの別のノードに移動してから再起動することがあります。 Based on the failure policies for the resource and role, the cluster service may try to bring the resource online on this node or move the group to another node of the cluster and then restart it. フェールオーバークラスターマネージャーまたは Get ClusterResource Windows PowerShell コマンドレットを使用して、リソースとグループの状態を確認します。 Check the resource and group state using Failover Cluster Manager or the Get-ClusterResource Windows PowerShell cmdlet. リソースと役割の障害ポリシーに基づき、クラスターサービスは、このノードのリソースをオンラインにするか、またはグループをクラスターの別のノードに移動してから再起動することがあります。 Based on the failure policies for the resource and role, the cluster service may try to bring the resource online on this node or move the group to another node of the cluster and then restart it. フェールオーバークラスターマネージャーまたは Get ClusterResource Windows PowerShell コマンドレットを使用して、リソースとグループの状態を確認します。 Check the resource and group state using Failover Cluster Manager or the Get-ClusterResource Windows PowerShell cmdlet. リソースと役割の障害ポリシーに基づき、クラスターサービスは、このノードのリソースをオンラインにするか、またはグループをクラスターの別のノードに移動してから再起動することがあります。 Based on the failure policies for the resource and role, the cluster service may try to bring the resource online on this node or move the group to another node of the cluster and then restart it. フェールオーバークラスターマネージャーまたは Get ClusterResource Windows PowerShell コマンドレットを使用して、リソースとグループの状態を確認します。 Check the resource and group state using Failover Cluster Manager or the Get-ClusterResource Windows PowerShell cmdlet. 構成の検証ウィザードを実行して、ネットワークアダプターが正常に機能していることを確認します。 Run the Validate a Configuration wizard to ensure that the network adapter is functioning properly. 有効でアクセス可能な WINS サーバーが指定されていることを確認してください。 Ensure that a valid, accessible WINS server has been specified. 構成の検証ウィザードを実行して、ネットワークの構成を確認します。 Run the Validate a Configuration wizard to check your network configuration. 条件が引き続き発生する場合は、ネットワークアダプターに関連するハードウェアまたはソフトウェアのエラーを確認します。 If the condition persists, check for hardware or software errors related to the network adapter. また、ノードが接続されている他のネットワークコンポーネント ハブ、スイッチ、ブリッジなど のエラーを確認します。 Also check for failures in any other network components to which the node is connected such as hubs, switches, or bridges. 接続されているフェールオーバークラスターノードの中には、ネットワーク経由で相互に通信できないものがあります。 Some attached failover cluster nodes cannot communicate with each other over the network. フェールオーバークラスターは、エラーの場所を特定できませんでした。 The failover cluster was not able to determine the location of the failure. 構成の検証ウィザードを実行して、ネットワークの構成を確認します。 Run the Validate a Configuration wizard to check your network configuration. 条件が引き続き発生する場合は、ネットワークアダプターに関連するハードウェアまたはソフトウェアのエラーを確認します。 If the condition persists, check for hardware or software errors related to the network adapter. また、ノードが接続されている他のネットワークコンポーネント ハブ、スイッチ、ブリッジなど のエラーを確認します。 Also check for failures in any other network components to which the node is connected such as hubs, switches, or bridges. 使用可能なノードがこのネットワークを使用して通信することはできません。 None of the available nodes can communicate using this network. 構成の検証ウィザードを実行して、ネットワークの構成を確認します。 Run the Validate a Configuration wizard to check your network configuration. 条件が引き続き発生する場合は、ネットワークアダプターに関連するハードウェアまたはソフトウェアのエラーを確認します。 If the condition persists, check for hardware or software errors related to the network adapter. また、ノードが接続されている他のネットワークコンポーネント ハブ、スイッチ、ブリッジなど のエラーを確認します。 Also check for failures in any other network components to which the node is connected such as hubs, switches, or bridges. DFS 名前空間のルートを作成できませんでした。 パラメーターを更新するには、サービスを再起動する必要があります。 The service required a restart in order to update parameters. ただし、サービスは停止して再起動する前に失敗しました。 However, the service failed before it could be stopped and restarted. サービスに関連付けられている追加のイベントを確認し、サービスが正しく機能していることを確認してください。 Please check for additional events associated with the service and ensure the service is functioning correctly. マウントポイントに関連付けられているソースとターゲットの両方のディスクは、クラスター化されたディスクである必要があり、同じグループのメンバーである必要があります。 Both the source and target disks associated with the mount point must be clustered disks, and must be members of the same group. ソースディスクがクラスター化されたディスクでもあること、およびターゲットディスクと同じグループ マウントポイントをホストしている であることを確認してください。 Please ensure that the source disk is also a clustered disk and in the same group as the target disk hosting the mount point. ドメイン管理者に、Active Directory ドメインからコンピューターオブジェクトを手動で削除してください。 Please have a domain administrator manually delete the computer object from the Active Directory domain. ドメイン管理者に、Active Directory ドメインからコンピューターオブジェクトを手動で削除してください。 Please have a domain administrator manually delete the computer object from the Active Directory domain. Please work with your domain administrator to ensure that:• 既定では、すべてのコンピューターオブジェクトは "コンピューター" コンテナーに作成されます。 この場所が変更されている場合は、ドメイン管理者に問い合わせてください。 By default all computer objects are created in the 'Computers' container; consult the domain administrator if this location has been changed. コンピューターオブジェクトのクォータに達していません。 The quota for computer objects has not been reached. Please work with your domain administrator to ensure that:• コンピューターオブジェクトのクォータに達していません。 The quota for computer objects has not been reached. 依存する IP アドレスリソースに関連付けられているネットワークアダプターが、少なくとも1つの DNS サーバーにアクセスできるように構成されていることを確認してください。 Ensure that the network adapters associated with dependent IP address resources are configured with access to at least one DNS server. 依存する IP アドレスリソースに関連付けられているネットワークアダプターに、少なくとも1つのアクセス可能な DNS サーバーが構成されていることを確認してください。 Ensure that the network adapters associated with dependent IP address resources are configured with at least one accessible DNS server. 1つ以上のリソースがエラー状態になっている可能性があります。 One or more resources may be in a failed state. これは、クラスター化された役割の可用性に影響を与える可能性があります。 This may impact the availability of the clustered role. ドメイン管理者と協力して、ドメイン内のコンピューターオブジェクトをクラスター id で更新できることを確認してください。 Please work with your domain administrator to ensure that the cluster identity can update computer objects in the domain. ドメイン管理者と協力して、ドメイン内のコンピューターオブジェクトをクラスター id で更新できることを確認してください。 Please work with your domain administrator to ensure that the cluster identity can update computer objects in the domain. マウントポイントに関連付けられているソースとターゲットの両方のディスクは、クラスター化されたディスクである必要があり、同じグループのメンバーである必要があります。 Both the source and target disks associated with the mount point must be clustered disks, and must be members of the same group. ターゲットディスクがクラスター化されたディスクでも、ソースディスクと同じグループ マウントポイントをホストしている であることを確認してください。 Please ensure that the target disk is also a clustered disk and in the same group as the source disk hosting the mount point. 書き込み可能なドメインコントローラーが、構成されたドメイン内のこのノードにアクセスできることを確認してください。 Ensure that a writeable domain controller is accessible to this node within the configured domain. また、ドメインコントローラーの名前を解決するために、DNS サーバーが実行されていることを確認します。 Also ensure that the DNS server is running in order to resolve the name of the domain controller. 書き込み可能なドメインコントローラーが、構成されたドメイン内のこのノードにアクセスできることを確認してください。 Ensure that a writeable domain controller is accessible to this node within the configured domain. また、ドメインコントローラーの名前を解決するために、DNS サーバーが実行されていることを確認します。 Also ensure that the DNS server is running in order to resolve the name of the domain controller. これは、ネットワーク名とそれに関連付けられているコンピューターのオブジェクト名が一致するまで、クライアント接続に影響を与える可能性があります。 This may affect client connectivity until the network name and its associated computer object name are consistent. ドメイン管理者に連絡して、コンピューターオブジェクトの名前を手動で変更してください。 Contact your domain administrator to manually rename the computer object. Cluster Network Name resource cannot be registered with Netbios. Run nbtstat for the network name to ensure that the name is not already registered with Netbios. ネットワークアダプターに関連するハードウェアまたはソフトウェアのエラーを確認します。 Check for hardware or software errors related to the network adapter. また、構成の検証ウィザードを実行して、ネットワークの構成を確認することもできます。 Also, you can run the Validate a Configuration wizard to check your network configuration. 次回リソースがオンラインになったときに、コンピューターオブジェクトの再作成が試行されます。 An attempt will be made to recreate the computer object the next time the resource is brought online. また、ドメイン管理者と協力して、コンピューターオブジェクトがドメイン内に存在することを確認してください。 Additionally, please work with your domain administrator to ensure that the computer object exists in the domain. 書き込み可能なドメインコントローラーにアクセスできることを確認し、接続に問題がないことを確認します。 Ensure a writeable domain controller is accessible and check for any connectivity issue. 関連するエラーコードは、データセクションに格納されます。 The associated error code is stored in the data section. このリソースのコンピューターアカウントの名前は変更されていますが、完了していません。 The computer account for this resource was in the process of being renamed and did not complete. これは、このリソースのオンラインプロセス中に検出されました。 This was detected during the online process for this resource. 回復するには、コンピューターアカウントの名前を、Name プロパティの現在の値 ネットワークに表示される名前 に変更する必要があります。 In order to recover, the computer account must be renamed to the current value of the Name property, i. , the name presented on the network. 名前を変更しようとしたドメインコントローラーが使用できない可能性があります。 この場合は、ドメインコントローラーが再び使用可能になるまで待ちます。 The Domain Controller where the renamed was attempted might not be available; if this is the case, wait for the Domain Controller to be available again. ドメインコントローラーがアカウントへのアクセスを拒否している可能性があります。 アクセスを解決した後、名前を再びオンラインにしてみてください。 The Domain Controller could be denying access to the account; after resolving access, try to bring the name online again. これが不可能な場合は、Kerberos 認証を無効にしてから再度有効にします。 これにより、別の DC でコンピューターアカウントを見つけようとします。 If this is not possible, disable and re-enable Kerberos Authentication and an attempt will be made to find the computer account on a different DC. クラスターネットワークの構成されているプロパティを確認するには、フェールオーバークラスターマネージャースナップインを使用してください。 Please use the Failover Cluster Manager snap-in to check the configured properties of the cluster network. 必要な特権は "Trusted Computing Base" で、クラスターを構成する各ノードでローカルに有効にする必要があります。 The required privilege is 'Trusted Computing Base' and must be locally enabled on each node comprising the cluster. このエラーの原因は次のとおりです。 再試行するには、ネットワーク名リソースをオフラインにしてからオンラインにする必要があります。 You may take the network name resource offline and online again to retry. [クライアントにこのネットワーク経由の接続を許可する] 設定でクラスターの使用が有効になっているネットワークが1つ以上あること、および各ノードにネットワーク用に有効な IP アドレスが構成されていることを確認してください。 Ensure that there is one or more networks that are enabled for cluster use with the 'Allow clients to connect through this network' setting, and that each node has a valid IP address configured for the networks. A component on the server did not respond in a timely fashion. クラスターの正常性検出の一部として、回復アクションが実行されます。 As part of cluster health detection, recovery actions will be taken. クラスターは、このリソースを実行しているリソースホスティングサブシステム RHS プロセスを終了して再起動することによって、自動的に回復しようとします。 The cluster will try to automatically recover by terminating and restarting the Resource Hosting Subsystem RHS process that is running this resource. リソースに関連付けられている、基になるインフラストラクチャ ストレージ、ネットワーク、サービスなど が正常に機能していることを確認します。 Verify that the underlying infrastructure such as storage, networking, or services that are associated with the resource are functioning correctly. A component on the server did not respond in a timely fashion. クラスターの正常性検出の一部として、回復アクションが実行されます。 As part of cluster health detection, recovery actions will be taken. クラスターは、このリソースを実行しているリソースホスティングサブシステム RHS プロセスを終了して再起動することによって、自動的に回復しようとします。 The cluster will try to automatically recover by terminating and restarting the Resource Hosting Subsystem RHS process that is running this resource. リソースに関連付けられている、基になるインフラストラクチャ ストレージ、ネットワーク、サービスなど が正常に機能していることを確認します。 Verify that the underlying infrastructure such as storage, networking, or services that are associated with the resource are functioning correctly. このエラーの原因は次のとおりです。 構成されたドメイン内のこのノードにドメインコントローラーがアクセス可能であることを確認してください。 Ensure that a domain controller is accessible to this node within the configured domain. これは、無限ループまたはその他の問題が原因で無限の待機が発生する可能性があります。 This could be due to an infinite loop or other issues possibly resulting in an infinite wait. または、指定された保留中のタイムアウト値がこのリソースに対して短すぎる可能性があります。 Alternatively, the specified pending timeout value may be too short for this resource. 次に、必要に応じて、保留中のタイムアウト値を増やすことを検討します。 Then, consider increasing the pending timeout value if deemed necessary. このエントリポイントのスクリプトコードを確認して、無限ループが存在しないこと、または無限の待機につながる可能性のあるその他の問題がないことを確認してください。 Please review the script code for this entry point to ensure there does not exist any infinite loop or other issues possibly resulting in an infinite wait. 次に、必要に応じて、リソースの保留のタイムアウト値を大きくすることを検討してください。 Then, consider increasing the resource pending timeout value if deemed necessary. The Cluster service has detected that its service account is missing one or more of the required privileges. サービスアカウントに現在許可されていません。 ' Sc. exe qprivs clussvc ' を使用して、クラスターサービス ClusSvc の特権を確認してください。 Use the 'sc. exe qprivs clussvc' to verify the privileges of the Cluster service ClusSvc. さらに、既定の特権を変更した可能性のある Active Directory Domain Services のセキュリティポリシーまたはグループポリシーを確認します。 Additionally check for any security policies or group policies in Active Directory Domain Services that may have altered the default privileges. 次のコマンドを入力して、正しく機能するために必要な特権をクラスターサービスに付与します。 Type the following command to grant the Cluster service the necessary privileges to function correctly: sc. 現在は更新できません。 関連付けられている DHCP サーバーがアクセス可能で、この IP アドレスのリースを更新するように適切に構成されていることを確認してください。 Ensure that the associated DHCP server is accessible and properly configured to renew the lease on this IP address. DHCP サーバーがアクセス可能で、この IP アドレスのリースを更新するように適切に構成されていることを確認してください。 Ensure that the DHCP server is accessible and properly configured to renew the lease on this IP address. バーチャルマシンの場合は、バーチャルマシン内のアプリケーションまたはサービスが異常な状態にあることを示します。 For a virtual machine this indicates that an application or service inside the virtual machine is in an unhealthy state. 仮想マシン内で監視されているサービスまたはアプリケーションの機能を確認します。 Verify the functionality of the service or application being monitored within the virtual machine. これは、割り当てられたフェールオーバー期間内に構成されたフェールオーバー試行回数を使い果たし、エラー状態のままになります。 It has exhausted the configured number of failover attempts within the failover period of time allotted to it and will be left in a failed state. 役割をオンラインにしたり、クラスター内の別のノードにフェールオーバーしたりすることはできません。 No additional attempts will be made to bring the role online or fail it over to another node in the cluster. エラーに関連付けられているイベントを確認してください。 Please check the events associated with the failure. 障害の原因となった問題が解決された後、役割を手動でオンラインにすることも、クラスターが再起動の遅延期間後に再びオンラインにすることもできます。 After the issues causing the failure are resolved the role can be brought online manually or the cluster may attempt to bring it online again after the restart delay period. バーチャルマシンの場合は、バーチャルマシンの重要なネットワークが異常な状態にあることを示します。 For a virtual machine this indicates that a critical network of the virtual machine is in an unhealthy state. バーチャルマシンおよびバーチャルマシンが使用するように構成されている仮想ネットワークのネットワーク接続を確認してください。 Verify the network connectivity of the virtual machine and the virtual networks that the virtual machine is configured to use. 対応する DNS ゾーンで動的更新が受け付けられません。 Cluster network name resource failed registration of one or more associated DNS names s because the corresponding DNS Zone does not accept dynamic updates. Ensure that the DNS is configured as a Dynamic DNS zone. DNS サーバーが動的更新を受け付けない場合は、ネットワークアダプターのプロパティの [この接続のアドレスを DNS に登録する] チェックボックスをオフにします。 If the DNS server does not accept dynamic updates uncheck the 'Register this connection's' addresses in DNS' in the properties of the network adapter. Cluster network name resource failed registration of one or more associated DNS names s because the access to update the secure DNS Zone was denied. Ensure that cluster name object CNO is granted permissions to the Secure DNS Zone. Cluster network name resource failed registration of one or more associated DNS name s because the a DNS server could not be reached. Ensure that the network adapters associated with dependent IP address resources are configured with at least one accessible DNS server. クラスタサービスは、ネットワーク名に対応する既存のレコードをクリーンアップできませんでした。 Cluster network name resource failed registration of one or more associated DNS name s because the cluster service failed clean up the existing records corresponding to the network name. Ensure that cluster name object CNO is granted permissions to the Secure DNS Zone. Cluster network name resource failed to modify the DNS registration. Ensure that the network adapters associated with dependent IP address resources are configured with access to at least one DNS server. Cluster network name resource failed to modify the DNS registration. Ensure that the network adapters associated with dependent IP address resources are configured with access to at least one DNS server. Cluster network name resource failed to publish the PTR record in the DNS reverse lookup zone. Ensure that the network adapters associated with dependent IP address resources are configured with access to at least one DNS server and that the DNS reverse lookup zone exists. Cluster network name resource failed to publish the PTR record in the DNS reverse lookup zone. Ensure that the network adapters associated with dependent IP address resources are configured with access to at least one DNS server and that the DNS reverse lookup zone exists. クラスターは、呼び出しを処理していたリソースホスティングサブシステム RHS プロセスを終了して再起動することによって、自動的に復旧しようとします。 The cluster will try to automatically recover by terminating and restarting the Resource Hosting Subsystem RHS process that was processing the call. IPv6 アドレスの種類の場合は、このリソースと一致するクラスターネットワークに、リンクローカルまたはトンネルではない IPv6 プレフィックスが少なくとも1つ含まれていることを確認してください。 If this is an IPv6 Address type, please verify that the cluster network matching this resource has at least one IPv6 prefix that is not link-local or tunnel. 少なくとも1つの IP アドレス IPv4 リソースへの依存関係が必要です。 Dependency on at least one IP Address IPv4 resource is required. リソースが正しく構成されていることを確認してください。 Please ensure that the resource is correctly configured. クラスターネットワークが ISATAP トンネリングをサポートしていることを確認してください。 Please ensure that the cluster network supports ISATAP tunneling. The backup operation for the cluster configuration data has been aborted because quorum for the cluster has not yet been achieved. クラスターがクォーラムを達成した後で、このバックアップ操作を再試行してください。 Please retry this backup operation after the cluster achieves quorum. The restore operation for the cluster configuration data has failed. これは、復元を実行するユーザーアカウントに関連付けられている特権が不十分であることが原因です。 This was due to insufficient privileges associated with the user account performing the restore. ユーザーアカウントにローカル管理者特権があることを確認してください。 Please ensure that the user account has local administrator privileges. Cluster service failed to update the cluster configuration data on the witness resource. 監視リソースがオンラインであり、アクセス可能であることを確認してください。 Please ensure that the witness resource is online and accessible. 同じクラスターを構成する任意のノードによってファイル共有監視をホストすることはお勧めできません。 Hosting of the file share witness by any node comprising the same cluster is not recommended. 同じクラスター内のいずれかのノードでホストされていないファイル共有監視を選択し、それに応じてファイル共有監視リソースの設定を変更してください。 Please choose a file share witness that is not hosted by any node within the same cluster and modify settings of the file share witness resource accordingly. その結果、これらの共有フォルダーの一部にアクセスできなくなる可能性があります。 As a result, some of these shared folders may not be accessible. この状況を修正するには、複数の共有フォルダーに同じ共有名がないことを確認します。 To rectify this situation, ensure multiple shared folders do not have the same share name. ネットワーク名リソースは、許容時間内に操作を完了しなかったため、リソースホストサブシステムによって終了されました。 The network name resource was terminated by the resource host subsystem because it did not complete an operation in an acceptable time. Cluster service failed to change the trace log size. また、パフォーマンスモニタースナップインを使用して、FailoverClustering のイベントトレースセッション設定を確認します。 Also, use the Performance Monitor snapin to verify the event trace session settings for FailoverClustering. 物理または仮想ネットワークアダプターに関連するハードウェアまたはソフトウェアのエラーを確認します。 Check for hardware or software errors related to the physical or virtual network adapters. Cloud witness resource could not reach Microsoft Azure storage services. This could be due to network communication between the cluster node and the Microsoft Azure service being blocked. ノードのインターネット接続が Microsoft Azure していることを確認します。 Verify the node's internet connectivity to Microsoft Azure. Microsoft Azure portal に接続し、ストレージアカウントが存在することを確認します。 Connect to the Microsoft Azure portal and verify that the storage account exists. これは、クラスターに参加するノードの機能に影響を与える可能性があります。 This may impact the node's ability to participate in the cluster. 構成の検証ウィザードを実行して、ネットワークの構成を確認します。 Run the Validate a Configuration wizard to check your network configuration. Cloud witness resource failed to authenticate with Microsoft Azure storage services. Microsoft Azure ストレージアカウントに接続しようとしているときに、アクセス拒否エラーが返されました。 An access denied error was returned while attempting to contact the Microsoft Azure storage account. The storage account's access key may no longer be valid. フェールオーバークラスターマネージャーまたは Set ClusterQuorum Windows PowerShell コマンドレットでクラスタークォーラム構成ウィザードを使用して、更新されたストレージアカウントアクセスキーを使用してクラウド監視リソースを構成します。 Use the Configure Cluster Quorum Wizard in the Failover Cluster Manager or the Set-ClusterQuorum Windows PowerShell cmdlet, to configure the Cloud witness resource with the updated storage account access key. これは、ミラーリング監視サーバーにアクセスできなかったためです。 This was because the witness was not accessible. 監視リソースがオンラインであり、使用可能であることを確認してください。 Please ensure that the witness resource is online and available. これは、この名前を持つ既存のレコードが原因で、クラスター id にそのレコードを更新するための十分な特権がないことが原因です。 This was due to an existing record with this name and the cluster identity does not have the sufficient privileges to update that record. これは、この名前を持つ既存のレコードが原因で、クラスター id にそのレコードを更新するための十分な特権がないことが原因です。 This was due to an existing record with this name and the cluster identity does not have the sufficient privileges to update that record. これは、サーバーサービスが開始されていないためです。 This was due to the Server service not being started. サーバーマネージャーを使用して、このクラスターノードのサーバーサービスの状態を確認してください。 Please use Server Manager to confirm the state of the Server service on this cluster node. これは、その共有フォルダーの一部にアクセスできなかったためです。 This was because some of its shared folders were inaccessible. クライアントからフォルダーにアクセスできることを確認します。 Verify that the folders are accessible from clients. また、サーバーマネージャーを使用してこのクラスターノードのサーバーサービスの状態を確認し、このクラスターノードのサーバーサービスに関連するその他のイベントを探します。 Additionally, confirm the state of the Server service on this cluster node using Server Manager and look for other events related to the Server service on this cluster node. これは、その共有フォルダーの一部にアクセスできなかったためです。 This was because some of its shared folders were inaccessible. クライアントからフォルダーにアクセスできることを確認します。 Verify that the folders are accessible from clients. また、サーバーマネージャーを使用してこのクラスターノードのサーバーサービスの状態を確認し、このクラスターノードのサーバーサービスに関連するその他のイベントを探します。 Additionally, confirm the state of the Server service on this cluster node using Server Manager and look for other events related to the Server service on this cluster node. フォルダーが存在し、アクセス可能であることを確認します。 Verify that the folders exist and are accessible. また、サーバーマネージャーを使用してこのクラスターノードのサーバーサービスの状態を確認し、このクラスターノードで他の関連イベントを探します。 Additionally, confirm the state of the Server service on this cluster node using Server Manager and look for other related events on this cluster node. ネットワーク管理者に問い合わせて、Active Directory のコンピューターオブジェクトのクラスターセキュリティ記述子を確認し、DACL が大きすぎないことを確認してから、必要に応じてオブジェクトの不要な余分な ACE を削除してください。 Please contact your network administrator to check the cluster security descriptor of the computer object in Active Directory, verify that the DACL is not too big, and remove any unnecessary extra ACE s on the object if necessary. File Server could not start because expected dependency on 'Network Name' resource was not found or it was not configured properly. これは、BitLocker で保護されたボリュームに必要です。 This is required for BitLocker-protected volumes. この問題を解決するには、最初にクラスターからディスクを削除します。 To correct this, first remove the disk from the cluster. 次に、Manage-bde. exe コマンドラインツールを使用してクラスター名を ADAccountOrGroup プロテクターとして追加します。 Next, use the Manage-bde. 次に、ディスクをクラスターに追加し直します。 Then add the disk back to the cluster. 詳細については、Manage-bde. exe のドキュメントを参照してください。 For more information, see the documentation for Manage-bde. クラスター名オブジェクト CNO は、このボリュームの有効な BitLocker プロテクターとして設定されていません。 The cluster name object CNO is not set to be a valid BitLocker protector for this volume. この問題を解決するには、クラスターからディスクを削除します。 To correct this, remove the disk from the cluster. 次に、Manage-bde. Then use the Manage-bde. 詳細については、Manage-bde. exe のドキュメントを参照してください。 For more information, see the documentation for Manage-bde. exe. File Server could not start because expected dependency on 'Network Name' resource was not found or it was not configured properly. Scale Out File Server could not start because expected dependency on 'Distributed Network Name' resource was not found or it was not configured properly. The creation of the cluster failed. 指定された識別名パスとクラスター名オブジェクトが正しいことを確認してください。 Verify that the specified distinguished name path and the cluster name object are correct. ネットワーク接続とネットワークファイアウォールの構成を確認します。 Verify network connectivity and configuration of any network firewalls. ネットワーク接続とネットワークファイアウォールの構成を確認します。 Verify network connectivity and configuration of any network firewalls. ネットワーク接続とネットワークファイアウォールの構成を確認します。 Verify network connectivity and configuration of any network firewalls. ネットワーク接続とネットワークファイアウォールの構成を確認します。 Verify network connectivity and configuration of any network firewalls. IP アドレスリソースが正しいアドレスおよびネットワークのプロパティで構成されていることを確認してください。 Check that the IP address resource is configured with the correct address and network properties. IP アドレスリソースが正しいアドレスおよびネットワークのプロパティで構成されていることを確認してください。 Check that the IP address resource is configured with the correct address and network properties. 物理または仮想ネットワークアダプターに関連するハードウェアまたはソフトウェアのエラーを確認します。 Check for hardware or software errors related to the physical or virtual network adapters. Upgrading the functional level of the cluster failed. クラスターのすべてのノードが現在実行中で、同じバージョンの Windows Server であることを確認してから、ClusterFunctionalLevel Windows PowerShell コマンドレットをもう一度実行してください。 Check that all nodes of the cluster are currently running and are the same version of Windows Server, then run the Update-ClusterFunctionalLevel Windows PowerShell cmdlet again. このノードの問題を確認するには、システムイベントログとアプリケーションイベントログを参照してください。 Refer to the System and Application event logs to determine the issues on this node. 問題が解決されたら、検疫を手動でオフにして、ノードが "Start-clusternode — ClearQuarantine" Windows PowerShell コマンドレットに再度参加できるようにすることができます。 When the issue is resolved, quarantine can be manually cleared to allow the node to rejoin with the 'Start-ClusterNode —ClearQuarantine' Windows PowerShell cmdlet. ノードのシステムログとアプリケーションイベントログおよびクラスターログを参照して、ドレインエラーの原因を調査します。 Reference the node's System and Application event logs and cluster logs to investigate the cause of the drain failure. 問題が解決されたら、ドレイン操作を再試行できます。 When the problem is resolved, you can retry the drain operation. The cluster service was unable to reach any available domain controller on the domain. これは、クラスターネットワーク名の認証に依存する機能に影響する可能性があります。 This may impact functionality that is dependent on Cluster network name authentication. Verify that domain controllers are accessible on the network to the cluster nodes. Cluster network name resource failed to find the associated computer object in Active Directory. これは、クラスターネットワーク名の認証に依存する機能に影響する可能性があります。 This may impact functionality that is dependent on Cluster network name authentication. Restore the computer object for the network name from the Active Directory recycle bin. または、クラスターネットワーク名リソースをオフラインにし、修復操作を実行して Active Directory でコンピューターオブジェクトを再作成します。 Alternately, offline the cluster network name resource and run the Repair action to recreate the computer object in Active Directory. Cluster network name resource failed to find the associated computer object in Active Directory. これは、クラスターネットワーク名の認証に依存する機能に影響する可能性があります。 This may impact functionality that is dependent on Cluster network name authentication. Restore the computer object for the network name from the Active Directory recycle bin. Cluster network name resource found the associated computer object in Active Directory to be disabled. これは、クラスターネットワーク名の認証に依存する機能に影響する可能性があります。 This may impact functionality that is dependent on Cluster network name authentication. Enable the computer object for the network name in Active Directory. Cluster network name resource found the associated computer object in Active Directory to be disabled. これは、クラスターネットワーク名の認証に依存する機能に影響する可能性があります。 This may impact functionality that is dependent on Cluster network name authentication. Enable the computer object for the network name in Active Directory. または、クラスターネットワーク名リソースをオフラインにし、修復操作を実行して Active Directory でコンピューターオブジェクトを有効にします。 Alternately, offline the cluster network name resource and run the Repair action to enable the computer object in Active Directory. これを有効にしようとして失敗しました。 Cluster network name resource detected that the associated computer object in Active Directory was disabled and failed in its attempt to enable it. これは、クラスターネットワーク名の認証に依存する機能に影響する可能性があります。 This may impact functionality that is dependent on Cluster network name authentication. Enable the computer object for the network name in Active Directory. Cluster service failed to retrieve the list of clustered disks while destroying the cluster. これらのディスクにアクセスできない場合は、"Clear-ClusterDiskReservation" PowerShell コマンドレットを実行します。 If these disks are not accessible, execute the 'Clear-ClusterDiskReservation' PowerShell cmdlet. コンピューターを再起動すると、パーティションマネージャーによってディスクが解放されます。 Restarting the machine will ensure the disk is released by the Partition Manager. クリーンアップが正常に完了するまで、このディスクにアクセスできない可能性があります。 You may unable to access this disk until cleanup has been successfully completed. The cluster service has been stopped and set as disabled as part of cluster node cleanup. Termination of the cluster service during cluster node cleanup has not completed within the expected time period. このマシンを再起動して、クラスターサービスが実行されていないことを確認してください。 Please restart this machine to ensure the cluster service is no longer running. Resetting cluster service registry entries during cluster node cleanup failed. クリーンアップが正常に完了するまで、このマシンでクラスターを作成または参加させることはできません。 You may be unable to create or join a cluster with this machine until cleanup has been successfully completed. 手動クリーンアップの場合は、このコンピューターで "Start-clusternode" PowerShell コマンドレットを実行します。 For manual cleanup, execute the 'Clear-ClusterNode' PowerShell cmdlet on this machine. Unloading the cluster service registry hive during cluster node cleanup failed. クリーンアップが正常に完了するまで、このマシンでクラスターを作成または参加させることはできません。 You may be unable to create or join a cluster with this machine until cleanup has been successfully completed. 手動クリーンアップの場合は、このコンピューターで "Start-clusternode" PowerShell コマンドレットを実行します。 For manual cleanup, execute the 'Clear-ClusterNode' PowerShell cmdlet on this machine. The Cluster service encountered an error during node cleanup. クリーンアップが正常に完了するまで、このマシンでクラスターを作成または参加させることはできません。 You may be unable to create or join a cluster with this machine until cleanup has been successfully completed. このノードでは、"Start-clusternode" PowerShell コマンドレットを使用します。 Use the 'Clear-ClusterNode' PowerShell cmdlet on this node. Resetting the IPSec security association timeout registry value failed during cluster node cleanup. 手動クリーンアップの場合は、このコンピューターで "Start-clusternode" PowerShell コマンドレットを実行します。 For manual cleanup, execute the 'Clear-ClusterNode' PowerShell cmdlet on this machine. Deletion of clustered tasks during node cleanup failed. 残りのクラスター化されたタスクを削除するには、Windows タスクスケジューラを使用します。 Use Windows Task Scheduler to delete any remaining clustered tasks. During node cleanup, the local user account that is managed by the cluster was not deleted. ローカルユーザーとグループ lusrmgr. msc を開き、アカウントを削除します。 Open Local Users and Groups lusrmgr. msc to delete the account. これは、オフライン操作の一部として、関連付けられたタスクを停止できなかったためです。 This is because the associated task could not be stopped as part of an offline operation. タスクスケジューラスナップインを使用して、手動で停止する必要がある場合があります。 You may need to stop it manually using the Task Scheduler snapin. これは、オフライン操作の一部として、関連付けられているタスクを削除できなかったためです。 This is because the associated task could not be deleted as part of an offline operation. タスクスケジューラスナップインを使用して、手動で削除する必要がある場合があります。 You may need to delete it manually using the Task Scheduler snapin. これは、関連付けられているタスクをオンライン操作の一部として追加できなかったためです。 This is because the associated task could not be added as part of an online operation. タスクスケジューラスナップインを使用して、タスクが正しく構成されていることを確認してください。 Please use the Task Scheduler snapin to ensure your tasks are properly configured. Cluster service failed to start the cluster log trace session. クラスターは正常に機能しますが、補足ログ情報が見つかりません。 The cluster will function properly, but supplemental logging information will be missing. User mode health monitoring has detected that the system is not being responsive. パフォーマンスモニターを使用してシステムの正常性を評価し、システムに悪影響を与える可能性があるプロセスを特定してください。 Please use Performance Monitor to evaluate the health of the system and determine which process may be negatively impacting the system. User mode health monitoring has detected that the system is not being responsive. 回復操作が実行されます。 Recovery action will be taken. The cluster service failed to start. これは、フェールオーバークラスター仮想アダプターがミニポートアダプターを初期化できなかったためです。 This was because the failover cluster virtual adapter failed to initialize the miniport adapter. 他のネットワークアダプターが正常に機能していることを確認し、デバイスマネージャーにエラーがないかどうかを確認します。 Verify that other network adapters are functioning properly and check the device manager for errors. 構成が変更された場合は、このコンピューターにフェールオーバークラスタリング機能を再インストールする必要があります。 If the configuration was changed, it may be necessary to reinstall the failover clustering feature on this computer. The failover cluster virtual adapter failed to generate a unique MAC address. 一意のアドレスを生成する物理イーサネットアダプターが見つかりませんでした。 または、生成されたアドレスがこのコンピューター上の別のアダプターと競合しています。 Either it was unable to find a physical Ethernet adapter from which to generate a unique address or the generated address conflicts with another adapter on this machine. 構成の検証ウィザードを実行して、ネットワークの構成を確認してください。 Please run the Validate a Configuration wizard to check your network configuration. このノードのストレージデバイスとネットワーク接続への接続に関するトラブルシューティングを行ってください。 Please troubleshoot this node's connectivity to the storage device and network connectivity. クラスターは、このディスク上のクラスターの共有ボリュームが一時停止されている間に、キャッシュマネージャーによるバッファー書き込みの制限により、デッドロックの可能性を防ぐためにリソースの移動を拒否しました。 Cluster vetoed resource move to prevent potential deadlock due to Cache Manager throttling buffered writes while Cluster Shared Volumes on this disk are being paused. クラスターの共有ボリュームに対してサポートされている唯一のソフトウェアスナップショット差分領域の関連付けは、自己です。 The only supported software snapshot diff area association for Cluster Shared Volumes is to self. これは、アクティブなスナップショットが原因である可能性があります。 This may be caused by active snapshots. クラスターの共有ボリュームでは、ソフトウェアスナップショットが同じディスクに配置されている必要があります。 Cluster Shared Volumes requires that the software snapshot be located on the same disk. マウント解除操作が完了したら、操作を再試行してください。 Please retry the action after the dismount operation is completed. マウント解除操作が完了したら、操作を再試行してください。 Please retry the action after the dismount operation is completed. IO モードの変更操作 リダイレクトされた IO への直接 IO またはその逆 が、リソースに属するボリュームの1つで進行中です。 操作が完了したら、操作を再試行してください。 Please retry the action after the operation is completed. Cluster service failed to create a cluster identity token for Cluster Shared Volumes. ドメインコントローラにアクセスできることを確認し、接続に問題がないことを確認します。 Ensure the domain controller is accessible and check for connectivity issues. ドメインコントローラーへの接続が回復されるまで、クラスターの共有ボリュームに対するこのノードの一部の操作が失敗する可能性があります。 Until connection to the domain controller is recovered, some operations on this node against the Cluster Shared Volumes might fail. スナップショットの作成をサポートするには、リソースがオンラインである必要があります。 The resource must be online to support snapshot creation. リソースの状態を確認してください。 Please check the state of the resource. CSV リソースの状態とリソース所有者ノードのシステムイベントを確認してください。 Please check the state of the CSV resources and the system events of the resource owner nodes. クラスターサービス。 Cluster service failed to register the Cluster Shared Volumes snapshot provider with the Volume Shadow Service VSS. VSS サービスがシャットダウンしているか、VSS サービスで受信要求を受け付けない原因となっている問題が発生している可能性があります。 This may be due to the VSS service shutting down or may be a problem with the VSS service having a problem that causes it to not accept incoming requests. クラスターサービスは回復するために終了されました。 The Cluster service has been terminated to recover. サービスコントロールマネージャーによってクラスターサービスが再起動され、ノードがクラスターに再度参加します。 Service Control Manager will restart the Cluster service and the node will rejoin the cluster. The Cluster service on this node is shutting down because it has detected that there are other cluster nodes that have quorum. 強制クォーラムスイッチで開始されたノードは、実行されたままになります。 The node which was started with the Force Quorum Switch will remain running. クラスターサービスが再起動されたときに、このノードがクラスターに自動的に参加したことを確認するには、フェールオーバークラスターマネージャーを使用します。 Use Failover Cluster Manager to verify that this node automatically joined the cluster when the cluster service restarted. 詳細については、クラスターログを確認してください。 Check the cluster logs for more information. Cluster failed to start. クラスター構成データの最新コピーは、クラスターを開始しようとしているノードのセット内では使用できませんでした。 The latest copy of cluster configuration data was not available within the set of nodes attempting to start the cluster. ノードのセットがメンバーシップに含まれておらず、その結果、構成データの更新を受信できなかったため、クラスターへの変更が発生しました。 Changes to the cluster occurred while the set of nodes were not in membership and as a result were not able to receive configuration data updates. Attempt to start the cluster service on all nodes in the cluster so that nodes with the latest copy of the cluster configuration data can first form the cluster. クラスターが起動され、更新されたクラスター構成データがノードによって自動的に取得されます。 The cluster will be able to start and the nodes will automatically obtain the updated cluster configuration data. クラスター構成データの最新コピーに使用できるノードがない場合は、' Start-clusternode-FQ ' Windows PowerShell コマンドレットを実行します。 If there are no nodes available with the latest copy of the cluster configuration data, run the 'Start-ClusterNode -FQ' Windows PowerShell cmdlet. ForceQuorum FQ パラメーターを使用すると、クラスターサービスが開始され、このノードのクラスター構成データのコピーが権限を持つものとしてマークされます。 Using the ForceQuorum FQ parameter will start the cluster service and mark this node's copy of the cluster configuration data to be authoritative. クラスターデータベースの古いコピーを持つノードでクォーラムを強制すると、ノードがクラスターに参加していないときにクラスター構成が変更され、失われる可能性があります。 Forcing quorum on a node with an outdated copy of the cluster database may result in cluster configuration changes that occurred while the node was not participating in the cluster to be lost. クラスターノードが異なるサブネットにまたがっている場合は、これが正常である可能性があります。 If your cluster nodes span different subnets, this may be normal. Chkdsk を実行して問題を修復しています。 Chkdsk is being run to repair problems. ディスクは、Chkdsk が完了するまで使用できません。 The disk will be unavailable until Chkdsk completes. Chkdsk では、アプリケーションイベントログに情報を書き込むこともできます。 Chkdsk may also write information to the Application Event Log. この操作は自動的に再試行されます。 This operation will be automatically retried. リソースまたはそのプロバイダーの1つがロック状態になっています。 リソースまたはその依存関係の1つの状態がロックされています。 The cluster common property SecurityLevel cannot be changed on this cluster. クラスターのセキュリティレベルを変更できません。 現在、クラスターは認証なしモードに構成されています。 The cluster security level cannot be changed because the cluster is currently configured for no authentication mode. フェールオーバークラスターは、エラーの場所を特定できませんでした。 The failover cluster was not able to determine the location of the failure. 構成の検証ウィザードを実行して、ネットワークの構成を確認します。 Run the Validate a Configuration wizard to check your network configuration. 条件が引き続き発生する場合は、ネットワークアダプターに関連するハードウェアまたはソフトウェアのエラーを確認します。 If the condition persists, check for hardware or software errors related to the network adapter. また、ノードが接続されている他のネットワークコンポーネント ハブ、スイッチ、ブリッジなど のエラーを確認します。 Also check for failures in any other network components to which the node is connected such as hubs, switches, or bridges. 必要に応じて、手動で削除することもできます。 If necessary, they can be deleted manually. この作業を支援するには、DNS 管理者に問い合わせてください。 Contact your DNS administrator to assist with this effort. 必要に応じて、レコードを手動で削除できます。 If necessary, the record can be deleted manually. 詳細については、DNS 管理者に問い合わせてください。 Contact your DNS administrator for assistance. 必要に応じて、レコードを手動で削除できます。 If necessary, the record can be deleted manually. 詳細については、DNS 管理者に問い合わせてください。 Contact your DNS administrator for assistance. サイトが読み取り専用かどうかを確認してください。 Please check if the site is Read-Only. サイトが読み取り専用かどうかを確認してください。 Please check if the site is Read-Only. A name change operation on the cluster core netname resource has failed. 名前変更操作を元の名前に戻しようとしても失敗しました。 Attempting to revert the name change operation back to the original name has also failed. この状況が手動で修正されるまで、クラスター名を使用してクラスターをリモートで管理することはできません。 You may not be able to remotely manage the cluster using the cluster name until this situation has been manually corrected. コンピューターオブジェクトの以前の名前変更がドメイン内のすべてのドメインコントローラーにレプリケートされていない可能性があります。 It is likely that a previous name change of the computer object has not replicated to all domain controllers in the domain. 名前が一致するようになるまで、ネットワーク名リソースの名前を変更することはできません。 You will be unable to rename the network name resource until the names become consistent. コンピューターオブジェクトが最近変更されていない場合は、ドメイン管理者に連絡して、コンピューターオブジェクトの名前を変更してください。 If the computer object has not been recently changed, please contact your domain administrator to rename the computer object and thereby make it consistent. また、ドメインコントローラー間のレプリケーションが正常に完了したことを確認します。 Also, ensure that replication across domain controllers has been successfully completed. ドメイン管理者と協力して、ドメイン内のコンピューターオブジェクトをクラスター id で更新できることを確認してください。 Please work with your domain administrator to ensure that the cluster identity can update computer objects in the domain. The backup operation for the cluster configuration data has been canceled. Cluster ボリュームシャドウコピーサービス VSS ライターが中止要求を受信しました。 The cluster Volume Shadow Copy Service VSS writer received an abort request. すべてのノードで同じバージョンのオペレーティングシステムを実行することをお勧めします。 We recommend that all nodes run the same version of the operating system. すべてのノードをアップグレードした後、ClusterFunctionalLevel Windows PowerShell コマンドレットを実行して、クラスターのアップグレードを完了します。 After all nodes have been upgraded, run the Update-ClusterFunctionalLevel Windows PowerShell cmdlet to complete upgrading the cluster. バージョン互換性チェックの無効化はサポートされていません。 Disabling version compatibility checking is not supported. バージョン互換性チェックの無効化はサポートされていません。 Disabling version compatibility checking is not supported. これは、IPv4 自動構成と DHCP を無効にできなかったことが原因です。 This was due to a failure to disable IPv4 auto-configuration and DHCP. これは、DHCP クライアントサービスが既に無効になっている場合に発生する可能性があります。 This may be expected if the DHCP Client service is already disabled. IPv6 は、有効になっている場合に使用されます。 そうでない場合、このノードはフェールオーバークラスターに参加できません。 IPv6 will be used if enabled, otherwise this node may not be able to participate in a failover cluster. The cluster service detected a problem with the witness resource. クラスター構成データへのアクセスを再確立しようとすると、クラスター内の別のノードにミラーリング監視リソースがフェールオーバーされます。 The witness resource will be failed over to another node within the cluster in an attempt to reestablish access to cluster configuration data. これは、この名前を持つ既存のレコードが原因で、クラスター id にそのレコードを更新するための十分な特権がないことが原因です。 This was due to an existing record with this name and the cluster identity does not have the sufficient privileges to update that record. これは、この名前を持つ既存のレコードが原因で、クラスター id にそのレコードを更新するための十分な特権がないことが原因です。 This was due to an existing record with this name and the cluster identity does not have the sufficient privileges to update that record. DNS サーバーに接続できませんでした。 The DNS server could not be contacted. ' このクラスターノードから DNS サーバーにアクセスできることを確認してください。 Ensure that a DNS server is accessible from this cluster node. DNS 登録は、後で再試行されます。 The DNS registration will be retried later. DNS サーバーに接続できませんでした。 The DNS server could not be contacted. ' このクラスターノードから DNS サーバーにアクセスできることを確認してください。 Ensure that a DNS server is accessible from this cluster node. DNS 登録は、後で再試行されます。 The DNS registration will be retried later. DNS サーバーが動的更新を受け入れるように構成されていない可能性があります。 The DNS server may not be configured to accept dynamic updates. Dns サーバー管理者に問い合わせて、DNS サーバーが使用可能であり、動的更新用に構成されていることを確認してください。 Please contact your DNS server administrator to verify that the DNS server is available and configured for dynamic updates. DNS サーバーが動的更新を受け入れるように構成されていない可能性があります。 The DNS server may not be configured to accept dynamic updates. Dns サーバー管理者に問い合わせて、DNS サーバーが使用可能であり、動的更新用に構成されていることを確認してください。 Please contact your DNS server administrator to verify that the DNS server is available and configured for dynamic updates. The restore request for the cluster configuration data failed to make a copy of the existing cluster configuration data file ClusDB. これは、既存の構成データファイルが破損している場合に発生する可能性があります。 This might be expected if the existing configuration data file was corrupt. 復元操作は続行されましたが、既存のクラスター構成に戻すことができない可能性があります。 The restore operation has continued but attempts to revert to the existing cluster configuration may not be possible. これにより、復元操作が正常に完了しない可能性があります。 This may prevent the restore operation from succeeding successfully. クラスター構成が適切に復元されなかった場合は、復元操作を再試行してください。 If the cluster configuration was not properly restored, please retry the restore action. これにより、クラスター通信のパフォーマンスが低下する可能性があります。 This could have a negative impact on cluster communication performance. この問題が解決しない場合は、IPSec と Windows ファイアウォールに適用されているローカルおよびドメイン接続のセキュリティポリシーを確認してください。 If this problem persists, please verify your local and domain connection security policies applying to IPSec and the Windows Firewall. また、ベースフィルターエンジンサービスに関連するイベントを確認してください。 Additionally, please check for events related to the Base Filtering Engine service. このスナップショットは無効である可能性があり、バックアップを復元操作で使用できない可能性があります。 This snapshot may be invalid and the backup may not be usable for restore operations. クラスターの共有ボリュームとの互換性を確認するには、バックアップアプリケーションのベンダーに問い合わせてください。 Please contact your backup application vendor to verify compatibility with Cluster Shared Volumes. これは、ネットワーク名とそれに関連付けられている DNS レコードの整合性が維持されるまで、クライアント接続に影響を与える可能性があります。 This may affect client connectivity until the network name and its associated DNS records are consistent. 問題を修復するには、Spotfix Chkdsk が必要です。 Spotfix Chkdsk is required to repair problems. ChkDsk からの追加情報については、アプリケーションイベントログを確認してください。 Check the application event log for additional information from ChkDsk. Cluster physical disk resource cannot be brought online. Run the Validate a Configuration wizard to check your storage configuration. これがレプリケートされたボリュームの場合は、ディスク属性を設定できなかったことが原因である可能性があります。 If this is a replicated volume then this could be the result of a failure to set the disk attributes. 詳細については、ストレージレプリケーションイベントを確認してください。 Review the Storage Replication events for additional information. このノードの問題を確認するには、システムイベントログとアプリケーションイベントログを参照してください。 Refer to the System and Application event logs to determine the issues on this node. 問題が解決されたら、検疫を手動でオフにして、ノードが "Start-clusternode — ClearQuarantine" Windows PowerShell コマンドレットに再度参加できるようにすることができます。 When the issue is resolved, quarantine can be manually cleared to allow the node to rejoin with the 'Start-ClusterNode —ClearQuarantine' Windows PowerShell cmdlet. ノードが分離された状態から戻った後、またはノードがを返さない場合にフェールオーバーが発生すると、仮想マシンの正常性が再び監視されます。 The virtual machines health will be monitored again once the node returns from an isolated state or may failover if the node does not return. The cluster service detected a service which is not compatible with Failover Clustering. フェールオーバークラスターで発生する可能性のある問題を回避するために、サービスは無効にされています。 The service has been disabled to avoid possible problems with the Failover Cluster. Resetting the IPSec security association timeout registry value failed during cluster node cleanup. これは、このコンピューターがクラスターのメンバーになるように構成された後で、IPSec セキュリティアソシエーションのタイムアウトが変更されたためです。 This is because the IPSec security association timeout was modified after this machine was configured to be a member of a cluster. 手動クリーンアップの場合は、このコンピューターで "Start-clusternode" PowerShell コマンドレットを実行します。 For manual cleanup, execute the 'Clear-ClusterNode' PowerShell cmdlet on this machine. The cluster service has detected that the failover cluster virtual adapter has stopped. これは、このノードでホットリプレース CPU が実行されるときに発生します。 This is expected when hot replace CPU is performed on this node. 操作が完了すると、クラスターサービスが停止し、自動的に再起動されます。 Cluster service will stop and should automatically restart after the operation is complete. サービスに関連付けられている追加のイベントを確認し、このノードでクラスターサービスが再起動されていることを確認してください。 Please check for additional events associated with the service and ensure that the cluster service has been restarted on this node. この場所のデータにアクセスするアプリケーションが、必要に応じて更新されていることを確認してください。 Please verify that applications accessing data in this location have been updated as necessary. これにより、パフォーマンスが低下する可能性があります。 This may result in degraded performance. クラスターの共有ボリュームとの相互運用性を確認するには、フィルタードライバーのベンダーに問い合わせてください。 Please contact the filter driver vendor to verify interoperability with Cluster Shared Volumes. これにより、パフォーマンスが低下する可能性があります。 This may result in degraded performance. クラスターの共有ボリュームとの相互運用性を確認するには、ボリュームドライバーの製造元に問い合わせてください。 Please contact the volume driver vendor to verify interoperability with Cluster Shared Volumes. これにより、アプリケーションの互換性の問題が発生する可能性があります。 This may cause application compatibility issues. 短い名前の生成を無効にし、リソースをオフラインまたはオンラインにするには、' fsutil 8dot3name set 2 ' を使用してください。 これにより、アプリケーションの互換性の問題が発生する可能性があります。 This may cause application compatibility issues. 短い名前の生成を無効にし、リソースをオフラインまたはオンラインにするには、' fsutil 8dot3name set 2 ' を使用してください。 このプロセスの間に、元のドライブ文字を復元しようとしましたが、既に使用されているドライブ文字のために予想以上に時間がかかっていた可能性があります。 During this process an attempt to restore the original drive letter s has taken longer than expected, possibly due to those drive letters being already in use. このボリュームにアクセスしているすべてのクラスターノードから、記憶域デバイスへのアクセスがネットワーク経由でリダイレクトされます。 Access to the storage device will be redirected over the network from all cluster nodes that are accessing this volume. これにより、パフォーマンスが低下する可能性があります。 This may result in degraded performance. 通常の操作を再開するには、このボリュームのリダイレクトされたアクセスをオフにします。 Turn off redirected access for this volume to resume normal operations. ユーザー setsize が大きすぎます。 このエラーは、CSV ボリュームの基になる volsnap スナップショットがユーザー要求の外部で削除された場合に発生します。 This error is encountered when the volsnap snapshots underlying the CSV volume are deleted outside of a user request. Possible causes of the snapshots getting deleted are lack of space in the volume for the snapshots to grow, or IO failure while trying to update the snapshot data. このエラーは、通常、インフラストラクチャの障害が原因で発生します。 This error is usually caused by an infrastructure failure. たとえば、記憶域への接続が失われたり、アクティブなクラスターメンバーシップから削除されるクラスターの共有ボリュームを所有しているノードになったりします。 For example, losing connectivity to storage or the node owning the Cluster Shared Volume being removed from active cluster membership. The Cluster service encountered some storage errors while trying to bring storage pool online. クラスター記憶域の検証を実行して、問題のトラブルシューティングを行います。 Run cluster storage validation to troubleshoot the issue. ネットワーク通信が再確立されました。 Network communication was reestablished. これは、ファイアウォールまたは接続セキュリティポリシーの更新によって一時的に通信がブロックされていることが原因である可能性があります。 This could be due to communication temporarily being blocked by a firewall or connection security policy update. 問題が引き続き発生し、ネットワーク通信が再確立されない場合は、1つまたは複数のノードのクラスタサービスが停止します。 If the problem persists and network communication are not reestablished, the cluster service on one or more nodes will stop. その場合は、構成の検証ウィザードを実行して、ネットワークの構成を確認します。 If that happens, run the Validate a Configuration wizard to check your network configuration. さらに、このノードのネットワークアダプターに関連するハードウェアまたはソフトウェアのエラーを確認し、そのノードが接続されている他のネットワークコンポーネント ハブ、スイッチ、ブリッジなど のエラーを確認します。 Additionally, check for hardware or software errors related to the network adapters on this node, and check for failures in any other network components to which the node is connected such as hubs, switches, or bridges. Cluster service successfully upgraded the cluster functional level. 仮想マシンの正常性は、もう一度監視されています。 The health of the virtual machine is once again being monitored. This node was successfully removed from the cluster. この結果、パフォーマンスが低下する場合は、ストレージデバイスへのこのノードの接続のトラブルシューティングを行ってください。 バックアップジョブの完了後に、バックアップアプリケーションによってスナップショットが削除されることが想定されています。 It is expected that snapshots are deleted by a backup application after a backup job is completed. スナップショットが存在することが予想される時間を超過しました。 This snapshot exceeded the time that is expected for a snapshot to exist. バックアップアプリケーションで、バックアップジョブが正常に完了していることを確認します。 Verify with the backup application that backup jobs are completing successfully. 関連項目 See also• 関連記事.

次の

フェールオーバークラスタリングのシステムログイベント

フェール オーバー クラスタ

前回は、一口にクラスタシステムといってもフェイルオーバークラスタ、負荷分散クラスタ、HPC(High Performance Computing)クラスタなど、さまざまなクラスタシステムがあるという話でした。 そして、「フェイルオーバークラスタ」はHA(High Availability)クラスタの一種で、サーバそのものを多重化することで、障害発生時に実行していた業務をほかのサーバで引き継ぐことにより業務の可用性(Availability)を向上することを目的としたクラスタシステムでした。 今回はNECのCLUSTERPROを例に、Linuxクラスタの実装やLinuxの問題点などについて書きたいと思います。 障害検出のメカニズム クラスタソフトウェアは、業務継続に問題をきたす障害を検出すると業務の引き継ぎ(フェイルオーバー)を実行します。 フェイルオーバー処理の具体的な内容に入る前に、簡単にクラスタソフトウェアがどのように障害を検出するか見ておきましょう。 ハートビートとサーバの障害検出 クラスタシステムにおいて、検出すべき最も基本的な障害はサーバ全体が停止してしまうものです。 サーバの障害には、電源異常やメモリエラーなどのハードウェア障害やOSのパニックなどが含まれます。 このような障害を検出するために、サーバの死活監視として ハートビートが使用されます。 ハートビートは、pingの応答を確認するような死活監視だけでもよいのですが、クラスタソフトウェアによっては、自サーバの状態情報などを相乗りさせて送るものもあります。 クラスタソフトウェアはハートビートの送受信を行い、ハートビートの応答がない場合はそのサーバの障害とみなしてフェイルオーバー処理を開始します。 ただし、サーバの高負荷などによりハートビートの送受信が遅延することも考慮し、サーバ障害と判断するまである程度の猶予時間が必要です。 このため、実際に障害が発生した時間とクラスタソフトウェアが障害を検知する時間とにはタイムラグが生じます。 リソースの障害検出 業務の停止要因はサーバ全体の停止だけではありません。 例えば、業務アプリケーションが使用するディスク装置やNICの障害、もしくは業務アプリケーションそのものの障害などによっても業務は停止してしまいます。 可用性を向上するためには、このようなリソースの障害も検出してフェイルオーバーを実行しなければなりません。 リソース異常を検出する手法として、監視対象リソースが物理的なデバイスの場合は、実際にアクセスしてみるという方法が取られます。 アプリケーションの監視では、アプリケーションプロセスそのものの死活監視のほか、業務に影響のない範囲でサービスポートを叩いてみるような手段も考えられます。 共有ディスクタイプの諸問題 共有ディスクタイプのフェイルオーバークラスタでは、複数のサーバでディスク装置を物理的に共有します。 図2 ネットワークパーティション問題 サーバ間をつなぐすべてのインターコネクトが切断されると、ハートビートによる死活監視で互いに相手サーバのダウンを検出し、フェイルオーバー処理を実行してしまいます。 結果として、複数のサーバでファイルシステムを同時にマウントしてしまい、データ破壊を引き起こします。 フェイルオーバークラスタシステムでは異常が発生したときに適切に動作しなければならないことが理解できると思います。 このような問題を「 ネットワークパーティション問題」または スプリット・ブレイン・シンドローム(Split-brain-syndrome)と呼びます。 フェイルオーバークラスタでは、すべてのインターコネクトが切断されたときに、確実に共有ディスク装置の排他制御を実現するためのさまざまな対応策が考えられています。 共有ディスク使用中のサーバがダウンした場合は、共有ディスクを引き継ぐサーバ側でRESETコマンドを発行し、RESERVE状態を強制的に開放(RELEASE)した後、ターゲットのロジカルユニットをRESERVEします。 ネットワークパーティション問題が発生した場合は、タイミングによってRESERVEを獲得したサーバに優先権が与えられます。 しかし、この仕組みを利用するうえで、Linuxは問題を抱えていました。 最近では、この問題を回避するパッチを適用したカーネルも公開され、最初からパッチを組み込んだカーネルを採用するディストリビュータも出てきたようです。 クラスタリソースの引き継ぎ クラスタが管理するリソースにはディスク、IPアドレス、アプリケーションなどがありました( 参照)。 フェイルオーバークラスタシステムでは、これらのクラスタリソースを引き継ぐためにLinuxのどのような機能を利用しているのでしょうか? また、Linuxに不足しているのはどのような機能でしょうか? データの引き継ぎ 図3 データの引き継ぎ クラスタシステムでは、サーバ間で引き継ぐデータは共有ディスク装置上のパーティションに格納します。 すなわち、データを引き継ぐとは、アプリケーションが使用するファイルが格納されているファイルシステムを健全なサーバ上でマウントしなおすことにほかなりません。 共有ディスク装置は引き継ぐ先のサーバと物理的に接続されているので、クラスタソフトウェアが行うべきことはファイルシステムのマウントだけです。 単純な話のようですが、クラスタシステムを設計・構築するうえで注意しなければならない点があります。 1つは、ファイルシステムの復旧時間の問題です。 引き継ごうとしているファイルシステムは、障害が発生する直前までほかのサーバで使用され、もしかしたらまさに更新中であったかもしれません。 このため、引き継ぐファイルシステムは通常ダーティであり、fsckなどによる ファイルシステムの整合性チェックが必要な状態となっています。 ファイルシステムのサイズが大きくなると、fsckに必要な時間は莫大になり、場合によっては数時間もの時間がかかってしまいます。 それがそのままフェイルオーバー時間(業務の引き継ぎ時間)に追加されてしまい、システムの可用性を低下させる要因になります。 もう1つは、書き込み保証の問題です。 アプリケーションが大切なデータをファイルに書き込んだ場合、同期書き込みなどを利用してディスクへの書き込みを保証しようとします。 ここでアプリケーションが書き込んだと思い込んだデータは、フェイルオーバー後にも引き継がれていることが期待されます。 例えばメールサーバは、受信したメールをスプールに確実に書き込んだ時点で、クライアントまたはほかのメールサーバに受信完了を応答します。 これによってサーバ障害発生後も、スプールされているメールをサーバの再起動後に再配信することができます。 クラスタシステムでも同様に、一方のサーバがスプールへ書き込んだメールはフェイルオーバー後にもう一方のサーバが読み込めることを保証しなければなりません。 ext2からジャーナリングファイルシステムへ これら2つの点で、Linux標準の ext2ファイルシステムには不満が残ります。 このような問題を解決する高可用性ファイルシステムである ext3や ReiserFSのような ジャーナリングファイルシステムの開発が進められています。 ジャーナリングファイルシステムでは、アンマウントしなかったダーティなファイルシステムをfsckすることなしにマウントすることができます。 Linuxのジャーナリングファイルシステムはまだまだ発展途上にあり、Linuxカーネル2. 2で実績のあるext3ファイルシステムや最近Linuxカーネル2. 4に組み込まれて話題になったReiserFSなど、どれが今後の標準となるか動向から目を離せません。 さらに一歩踏み込んで、複数のサーバで同時に1つのファイルシステムをマウントできるクラスタファイルシステムの開発も進められているようです。 こういったファイルシステムの出現によって、Linuxクラスタはさらなる可用性の向上へと向かって発展していくと思われます。 CLUSTERPROにおける実装 NECの CLUSTERPROでは、 robust ext2ファイルシステムを採用することでクラスタシステムの可用性を高めています。 これは、Linuxで最も実績のあるext2ファイルシステムをベースに、性能向上およびメタデータの書き込み順序を修正して耐障害性を高め、fsckレスを実現したものです。 今後、Linuxの標準動向やジャーナリングファイルシステムそのものの信頼性を見ながら、順次ジャーナリングファイルシステムを採用していく予定です。 CLUSTERPRO: エイリアスIPアドレスとGratuitous ARP IPアドレスの引き継ぎは、サーバに通常割り付けられるIPアドレスとは別のIPアドレスを動的に割り付けることで実現します。 このアドレスを 仮想IPアドレスと呼びます。 Linuxには1つのNICに通常のIPアドレスのほかに、別名のIPアドレス( エイリアスIPアドレス)を設定する機能があります。 仮想IPアドレスはこの機能を使用することで簡単に実現できます。 また、サーバと通信していたクライアントやネットワーク機器はARPテーブルを保持しているので、 Gratuitous ARPと呼ばれる自ホストに対するARPパケットをブロードキャストすることで、これらのテーブルを更新して仮想IPアドレスの引き継ぎを完了します。 図4 仮想IPアドレスの実装 このようにARPを利用してIPアドレスだけを引き継ぐのではなく、 MACアドレスごと引き継ぐ方式を採用するクラスタもあります。 アプリケーションの引き継ぎ クラスタソフトウェアが業務引き継ぎの最後に行う仕事は、アプリケーションの引き継ぎです。 フォールトトレラントコンピュータ(FTC)とは異なり、一般的なフェイルオーバークラスタでは、アプリケーション実行中のメモリ内容を含むプロセス状態などを引き継ぎません。 すなわち、障害が発生していたサーバで実行していたアプリケーションを健全なサーバで再実行することでアプリケーションの引き継ぎを行います。 例えば、データベース管理システム(DBMS)のインスタンスを引き継ぐ場合、インスタンスの起動時に自動的にデータベースの復旧(ロールフォワード/ロールバックなど)が行われます。 このデータベース復旧に必要な時間は、DBMSのチェックポイントインターバルの設定などによってある程度の制御ができますが、一般的には数分程度必要となるようです。 多くのアプリケーションは再実行するだけで業務を再開できますが、障害発生後の業務復旧手順が必要なアプリケーションもあります。 このようなアプリケーションのためにクラスタソフトウェアは業務復旧手順を記述できるよう、アプリケーションの起動の代わりにスクリプトを起動できるようになっています。 スクリプト内には、スクリプトの実行要因や実行サーバなどの情報をもとに、必要に応じて更新途中であったファイルのクリーンアップなどの復旧手順を記述します。 フェイルオーバー総括 今回紹介した内容から、次のようなクラスタソフトの動作が分かると思います。

次の

フェールオーバー クラスターを作成する

フェール オーバー クラスタ

フェールオーバークラスタリングのシステムログイベント Failover Clustering system log events• この記事の内容 適用先:Windows Server 2019、Windows Server 2016 Applies to: Windows Server 2019, Windows Server 2016 このトピックでは、Windows Server システムログのフェールオーバークラスタリングイベントの一覧を示します イベントビューアーで見ることができます。 This topic lists the Failover Clustering events from the Windows Server System log viewable in Event Viewer. これらのイベントはすべて FailoverClusteringのイベントソースを共有し、クラスターのトラブルシューティングを行うときに役立ちます。 These events all share the event source of FailoverClustering and can be helpful when troubleshooting a cluster. Cluster service was halted due to incomplete connectivity with other cluster nodes. The cluster database could not be loaded. ファイルが見つからないか、または壊れている可能性があります。 The file may be missing or corrupt. 自動修復が試行される可能性があります。 Automatic repair might be attempted. The Cluster service was halted to prevent an inconsistency within the failover cluster. ディスク領域が不足しているか、ファイルシステムが破損している可能性があります。 Possible causes are insufficient disk space or file system corruption. The Cluster service cannot be started. このマシンがクラスターのメンバーであることを確認するには、フェールオーバークラスターの管理スナップインを使用してください。 Please use the Failover Cluster Management snap-in to ensure that this machine is a member of a cluster. このマシンを既存のクラスターに追加する場合は、ノードの追加ウィザードを使用します。 If you intend to add this machine to an existing cluster use the Add Node Wizard. または、このマシンがクラスターのメンバーとして構成されている場合は、クラスターサービスがクラスターのメンバーであることを識別するために必要な、不足している構成データを復元する必要があります。 Alternatively, if this machine has been configured as a member of a cluster, it will be necessary to restore the missing configuration data that is necessary for the Cluster Service to identify that it is a member of a cluster. 構成データを復元するために、このマシンのシステム状態の復元を実行します。 Perform a System State Restore of this machine in order to restore the configuration data. フェールオーバークラスターは使用できません。 Failover cluster will not be available. このノードのコンピューター名が最近変更された場合は、以前の名前に戻すことを検討してください。 If the computer name for this node was recently changed, consider reverting to the previous name. または、フェールオーバークラスターにノードを追加し、必要に応じて、クラスター化されたアプリケーションを再インストールします。 Alternatively, add the node to the failover cluster and if necessary, reinstall clustered applications. The Cluster service failed to start because it was unable to register interface s with the RPC service. このノードのクラスターサービスが停止している可能性があります。 The Cluster service on this node may have stopped. これは、ノードがフェールオーバークラスター内の他のアクティブなノードと通信を失ったことが原因である可能性もあります。 This could also be due to the node having lost communication with other active nodes in the failover cluster. 構成の検証ウィザードを実行して、ネットワークの構成を確認します。 Run the Validate a Configuration wizard to check your network configuration. 条件が引き続き発生する場合は、このノードのネットワークアダプターに関連するハードウェアまたはソフトウェアのエラーを確認します。 If the condition persists, check for hardware or software errors related to the network adapters on this node. また、ノードが接続されている他のネットワークコンポーネント ハブ、スイッチ、ブリッジなど のエラーを確認します。 Also check for failures in any other network components to which the node is connected such as hubs, switches, or bridges. The cluster Resource Hosting Subsystem RHS process was terminated and will be restarted. これは、通常、クラスターの正常性検出とリソースの回復に関連付けられています。 This is typically associated with cluster health detection and recovery of a resource. 問題の原因となっているリソースとリソース DLL を確認するには、システムイベントログを参照してください。 Refer to the System event log to determine which resource and resource DLL is causing the issue. The Cluster service is shutting down because quorum was lost. これは、クラスター内の一部またはすべてのノード間のネットワーク接続が失われたか、監視ディスクのフェールオーバーが原因である可能性があります。 This could be due to the loss of network connectivity between some or all nodes in the cluster, or a failover of the witness disk. 構成の検証ウィザードを実行して、ネットワークの構成を確認します。 Run the Validate a Configuration wizard to check your network configuration. 条件が引き続き発生する場合は、ネットワークアダプターに関連するハードウェアまたはソフトウェアのエラーを確認します。 If the condition persists, check for hardware or software errors related to the network adapter. また、ノードが接続されている他のネットワークコンポーネント ハブ、スイッチ、ブリッジなど のエラーを確認します。 Also check for failures in any other network components to which the node is connected such as hubs, switches, or bridges. サービスに関連付けられている追加のイベントを確認し、サービスが正しく開始されていることを確認してください。 Please check for additional events associated with the service and ensure the service starts correctly. クラスターサービスは、サービスコントロールマネージャー SCM を使用して SID の種類の構成を自動的に変更し、この変更を有効にするために再起動します。 The cluster service is automatically modifying its SID type configuration with the Service Control Manager SCM and will restart in order for this change to take effect. この問題は、クラスターサービスによって自動的に修正され、再起動されます。 The cluster service will automatically correct this problem and restart. The restore request for the cluster configuration data has failed. この復元は、通常、クラスターを構成している一部のノードが現在動作していないことを示す "復元前" 段階で失敗しました。 This restore failed during the 'pre-restore' stage usually indicating that some nodes comprising the cluster are not currently operational. このクラスターを構成しているすべてのノードで、クラスターサービスが正常に実行されていることを確認してください。 Ensure that the cluster service is running successfully on all nodes comprising this cluster. The restore operation of the cluster configuration data has failed. この復元は、通常、クラスターを構成している一部のノードが現在動作していないことを示す "復元後" 段階で失敗しました。 This restore failed during the 'post-restore' stage usually indicating that some nodes comprising the cluster are not currently operational. これは、クラスターサービスソフトウェアの互換性のないバージョンを実行している1つ以上のノードが原因です。 This was due to one or more nodes executing incompatible versions of the cluster service software. This cluster node has no network connectivity. 接続が復元されるまで、クラスターに参加することはできません。 It cannot participate in the cluster until connectivity is restored. 構成の検証ウィザードを実行して、ネットワークの構成を確認します。 Run the Validate a Configuration wizard to check your network configuration. 条件が引き続き発生する場合は、ネットワークアダプターに関連するハードウェアまたはソフトウェアのエラーを確認します。 If the condition persists, check for hardware or software errors related to the network adapter. また、ノードが接続されている他のネットワークコンポーネント ハブ、スイッチ、ブリッジなど のエラーを確認します。 Also check for failures in any other network components to which the node is connected such as hubs, switches, or bridges. This cluster node has lost all network connectivity. 接続が復元されるまで、クラスターに参加することはできません。 It cannot participate in the cluster until connectivity is restored. このノードのクラスタサービスは終了します。 The cluster service on this node will be terminated. The cluster service encountered an unexpected problem and will be shut down. Cluster service failed to start because this node detected that it does not have the latest copy of cluster configuration data. このノードがメンバーシップに含まれておらず、構成データの更新を受信できなかったため、クラスターへの変更が発生しました。 Changes to the cluster occurred while this node was not in membership and as a result was not able to receive configuration data updates. ガイダンス Guidance クラスターのすべてのノードでクラスターサービスを開始して、クラスター構成データの最新コピーを持つノードが最初にクラスターを形成できるようにします。 Attempt to start the cluster service on all nodes in the cluster so that nodes with the latest copy of the cluster configuration data can first form the cluster. このノードはクラスターに参加できるようになり、更新されたクラスター構成データが自動的に取得されます。 This node will then be able join the cluster and will automatically obtain the updated cluster configuration data. クラスター構成データの最新コピーに使用できるノードがない場合は、' Start-clusternode-FQ ' Windows PowerShell コマンドレットを実行します。 If there are no nodes available with the latest copy of the cluster configuration data, run the 'Start-ClusterNode -FQ' Windows PowerShell cmdlet. ForceQuorum FQ パラメーターを使用すると、クラスターサービスが開始され、このノードのクラスター構成データのコピーが権限を持つものとしてマークされます。 Using the ForceQuorum FQ parameter will start the cluster service and mark this node's copy of the cluster configuration data to be authoritative. クラスターデータベースの古いコピーを持つノードでクォーラムを強制すると、ノードがクラスターに参加していないときにクラスター構成が変更され、失われる可能性があります。 Forcing quorum on a node with an outdated copy of the cluster database may result in cluster configuration changes that occurred while the node was not participating in the cluster to be lost. これは、認証エラーが原因です。 This was due to an authentication failure. ノードが互換性のあるバージョンの cluster service ソフトウェアを実行していることを確認してください。 Please verify that the nodes are running compatible versions of the cluster service software. これは、承認エラーが原因です。 This was due to an authorization failure. ノードが互換性のあるバージョンの cluster service ソフトウェアを実行していることを確認してください。 Please verify that the nodes are running compatible versions of the cluster service software. ネットワーク設定を確認するには、構成の検証ウィザードを実行してください。 Please run the Validate a Configuration wizard to ensure network settings. また、Windows ファイアウォールのフェールオーバークラスターの規則も確認します。 Also verify the Windows Firewall 'Failover Clusters' rules. The failover cluster database could not be unloaded. クラスターサービスを再起動しても問題が解決しない場合は、マシンを再起動してください。 If restarting the cluster service does not fix the problem, please restart the machine. An attempt to forcibly start the cluster service has failed because the cluster configuration data on this node is either missing or corrupt. クラスター構成データの完全なコピーと有効なコピーを持つ別のノードでクラスターサービスを開始してください。 Please first start the cluster service on another node that has an intact and valid copy of the cluster configuration data. 次に、このノードの開始操作を再試行します これにより、更新された有効な構成情報を自動的に取得しようとします。 Then, reattempt the start operation on this node which will attempt to obtain updated valid configuration information automatically. 他のノードが使用できない場合は、WBAdmin を使用して、構成データを復元するためにこのノードのシステム状態の復元を実行してください。 If no other node is available, please use WBAdmin. msc to perform a System State Restore of this node in order to restore the configuration data. メモリ内の不適切な変更の可能性があるため、破棄できませんでした。 The failover cluster database could not be unloaded and any potentially incorrect changes in memory could not be discarded. クラスターサービスは、別のクラスターノードからデータベースを取得することによって、データベースの修復を試みます。 The cluster service will attempt to repair the database by retrieving it from another cluster node. クラスターサービスがオンラインになっていない場合は、このノードでクラスターサービスを再起動します。 If the cluster service does not come online, restart the cluster service on this node. クラスターサービスを再起動しても問題が解決しない場合は、マシンを再起動してください。 If restarting the cluster service does not fix the problem, please restart the machine. 再起動後にクラスターサービスがオンラインにならない場合は、最後のバックアップからクラスターデータベースを復元してください。 If the cluster service fails to come online after a reboot, please restore the cluster database from the last backup. その後、クラスターサービスがこのノードでオンラインになると、一部のクラスター構成の変更が失われ、クラスターが正常に機能しない可能性があります。 If the cluster service then comes online on this node, some cluster configuration changes may be lost and the cluster may not function properly. 構成の検証ウィザードを実行してクラスター構成を確認し、ホストされているサービスとアプリケーションがオンラインで正しく機能していることを確認します。 Run the Validate a Configuration wizard to check your cluster configuration and verify that the hosted Services and Applications are online and functioning correctly. これ以上の中断を回避するために、クラスターから削除されました。 このノードの問題を確認するには、システムイベントログとアプリケーションイベントログを参照してください。 Refer to the System and Application event logs to determine the issues on this node. 問題が解決されたら、検疫を手動でオフにして、ノードが "Start-clusternode — ClearQuarantine" Windows PowerShell コマンドレットに再度参加できるようにすることができます。 When the issue is resolved, quarantine can be manually cleared to allow the node to rejoin with the 'Start-ClusterNode —ClearQuarantine' Windows PowerShell cmdlet. リソースが正しく機能しない可能性があります。 The resource may not function correctly. 他のプロセスがこのレジストリサブツリーのレジストリキーを開くハンドルを持っていないことを確認してください。 Make sure that no other processes have open handles to registry keys in this registry subtree. ディスクが交換または復元された場合は、フェールオーバークラスターマネージャースナップインで、修復機能 ディスクのプロパティシート を使用して、新しいディスクまたは復元されたディスクを修復できます。 If the disk was replaced or restored, in the Failover Cluster Manager snap-in, you can use the Repair function in the properties sheet for the disk to repair the new or restored disk. ディスクを交換しない場合は、関連付けられているディスクリソースを削除します。 If the disk will not be replaced, delete the associated disk resource. 構成の検証ウィザードを実行して、記憶域の構成を確認します。 Run the Validate a Configuration wizard to check your storage configuration. 必要に応じて、Chkdsk を実行して、このディスク上のすべてのボリュームの整合性を確認することもできます。 Optionally you may want to run Chkdsk to verify the integrity of all volumes on this disk. 構成の検証ウィザードを実行して、記憶域の構成を確認します。 Run the Validate a Configuration wizard to check your storage configuration. 必要に応じて、Chkdsk を実行して、このディスク上のすべてのボリュームの整合性を確認することもできます。 Optionally, you may want to run Chkdsk to verify the integrity of all volumes on this disk. 構成の検証ウィザードを実行して、記憶域の構成を確認します。 Run the Validate a Configuration wizard to check your storage configuration. 次の原因が考えられます。 このノードにアプリケーションが存在しない、パス名が正しく指定されていない、バイナリ名が正しく指定されていない可能性があります。 Possible causes include: the application may not be present on this node, the path name may have been specified incorrectly, the binary name may have been specified incorrectly. 次の原因が考えられます。 サービスがインストールされていないか、指定されたサービス名が無効です。 Possible causes include: the service is either not installed or the specified service name is invalid. 考えられる原因: 指定されたサービスパラメーターが無効である可能性があります。 Possible cause: the specified service parameters might be invalid. アプリケーションイベントログを確認してください。 Please examine the application event log. NetBIOS 名の最大数を超えている可能性があります。 The maximum number of NetBIOS names may have been exceeded. IP アドレスリソースのプロパティを確認してください。 Please check your IP address resource properties. IP アドレスリソースのプロパティを確認してください。 Please check your IP address resource properties. IP アドレスリソースが正しいアドレスおよびネットワークのプロパティで構成されていることを確認してください。 Please check that the IP address resource is configured with the correct address and network properties. すべての IP アドレスが一意であることを確認してください。 Please ensure all IP addresses are unique. ネットワーク名が一意であることを確認します。 Ensure that network names are unique. 依存する IP アドレスリソースのネットワークアダプターに、少なくとも1つの DNS サーバーへのアクセス権があることを確認してください。 Ensure that the network adapters for dependent IP address resources have access to at least one DNS server. または、依存する IP アドレスに対して NetBIOS を有効にします。 Alternatively, enable NetBIOS for dependent IP addresses. この名前はシステムに追加できませんでした。 関連するエラーコードは、データセクションに格納されます。 The associated error code is stored in the data section. 共有が存在し、アクセス可能であることを確認してください。 Ensure the share exists and is accessible. 共有が存在し、アクセス可能であることを確認してください。 Please ensure the share exists and is accessible. リソースと役割の障害ポリシーに基づき、クラスターサービスは、このノードのリソースをオンラインにするか、またはグループをクラスターの別のノードに移動してから再起動することがあります。 Based on the failure policies for the resource and role, the cluster service may try to bring the resource online on this node or move the group to another node of the cluster and then restart it. フェールオーバークラスターマネージャーまたは Get ClusterResource Windows PowerShell コマンドレットを使用して、リソースとグループの状態を確認します。 Check the resource and group state using Failover Cluster Manager or the Get-ClusterResource Windows PowerShell cmdlet. リソースと役割の障害ポリシーに基づき、クラスターサービスは、このノードのリソースをオンラインにするか、またはグループをクラスターの別のノードに移動してから再起動することがあります。 Based on the failure policies for the resource and role, the cluster service may try to bring the resource online on this node or move the group to another node of the cluster and then restart it. フェールオーバークラスターマネージャーまたは Get ClusterResource Windows PowerShell コマンドレットを使用して、リソースとグループの状態を確認します。 Check the resource and group state using Failover Cluster Manager or the Get-ClusterResource Windows PowerShell cmdlet. リソースと役割の障害ポリシーに基づき、クラスターサービスは、このノードのリソースをオンラインにするか、またはグループをクラスターの別のノードに移動してから再起動することがあります。 Based on the failure policies for the resource and role, the cluster service may try to bring the resource online on this node or move the group to another node of the cluster and then restart it. フェールオーバークラスターマネージャーまたは Get ClusterResource Windows PowerShell コマンドレットを使用して、リソースとグループの状態を確認します。 Check the resource and group state using Failover Cluster Manager or the Get-ClusterResource Windows PowerShell cmdlet. 構成の検証ウィザードを実行して、ネットワークアダプターが正常に機能していることを確認します。 Run the Validate a Configuration wizard to ensure that the network adapter is functioning properly. 有効でアクセス可能な WINS サーバーが指定されていることを確認してください。 Ensure that a valid, accessible WINS server has been specified. 構成の検証ウィザードを実行して、ネットワークの構成を確認します。 Run the Validate a Configuration wizard to check your network configuration. 条件が引き続き発生する場合は、ネットワークアダプターに関連するハードウェアまたはソフトウェアのエラーを確認します。 If the condition persists, check for hardware or software errors related to the network adapter. また、ノードが接続されている他のネットワークコンポーネント ハブ、スイッチ、ブリッジなど のエラーを確認します。 Also check for failures in any other network components to which the node is connected such as hubs, switches, or bridges. 接続されているフェールオーバークラスターノードの中には、ネットワーク経由で相互に通信できないものがあります。 Some attached failover cluster nodes cannot communicate with each other over the network. フェールオーバークラスターは、エラーの場所を特定できませんでした。 The failover cluster was not able to determine the location of the failure. 構成の検証ウィザードを実行して、ネットワークの構成を確認します。 Run the Validate a Configuration wizard to check your network configuration. 条件が引き続き発生する場合は、ネットワークアダプターに関連するハードウェアまたはソフトウェアのエラーを確認します。 If the condition persists, check for hardware or software errors related to the network adapter. また、ノードが接続されている他のネットワークコンポーネント ハブ、スイッチ、ブリッジなど のエラーを確認します。 Also check for failures in any other network components to which the node is connected such as hubs, switches, or bridges. 使用可能なノードがこのネットワークを使用して通信することはできません。 None of the available nodes can communicate using this network. 構成の検証ウィザードを実行して、ネットワークの構成を確認します。 Run the Validate a Configuration wizard to check your network configuration. 条件が引き続き発生する場合は、ネットワークアダプターに関連するハードウェアまたはソフトウェアのエラーを確認します。 If the condition persists, check for hardware or software errors related to the network adapter. また、ノードが接続されている他のネットワークコンポーネント ハブ、スイッチ、ブリッジなど のエラーを確認します。 Also check for failures in any other network components to which the node is connected such as hubs, switches, or bridges. DFS 名前空間のルートを作成できませんでした。 パラメーターを更新するには、サービスを再起動する必要があります。 The service required a restart in order to update parameters. ただし、サービスは停止して再起動する前に失敗しました。 However, the service failed before it could be stopped and restarted. サービスに関連付けられている追加のイベントを確認し、サービスが正しく機能していることを確認してください。 Please check for additional events associated with the service and ensure the service is functioning correctly. マウントポイントに関連付けられているソースとターゲットの両方のディスクは、クラスター化されたディスクである必要があり、同じグループのメンバーである必要があります。 Both the source and target disks associated with the mount point must be clustered disks, and must be members of the same group. ソースディスクがクラスター化されたディスクでもあること、およびターゲットディスクと同じグループ マウントポイントをホストしている であることを確認してください。 Please ensure that the source disk is also a clustered disk and in the same group as the target disk hosting the mount point. ドメイン管理者に、Active Directory ドメインからコンピューターオブジェクトを手動で削除してください。 Please have a domain administrator manually delete the computer object from the Active Directory domain. ドメイン管理者に、Active Directory ドメインからコンピューターオブジェクトを手動で削除してください。 Please have a domain administrator manually delete the computer object from the Active Directory domain. Please work with your domain administrator to ensure that:• 既定では、すべてのコンピューターオブジェクトは "コンピューター" コンテナーに作成されます。 この場所が変更されている場合は、ドメイン管理者に問い合わせてください。 By default all computer objects are created in the 'Computers' container; consult the domain administrator if this location has been changed. コンピューターオブジェクトのクォータに達していません。 The quota for computer objects has not been reached. Please work with your domain administrator to ensure that:• コンピューターオブジェクトのクォータに達していません。 The quota for computer objects has not been reached. 依存する IP アドレスリソースに関連付けられているネットワークアダプターが、少なくとも1つの DNS サーバーにアクセスできるように構成されていることを確認してください。 Ensure that the network adapters associated with dependent IP address resources are configured with access to at least one DNS server. 依存する IP アドレスリソースに関連付けられているネットワークアダプターに、少なくとも1つのアクセス可能な DNS サーバーが構成されていることを確認してください。 Ensure that the network adapters associated with dependent IP address resources are configured with at least one accessible DNS server. 1つ以上のリソースがエラー状態になっている可能性があります。 One or more resources may be in a failed state. これは、クラスター化された役割の可用性に影響を与える可能性があります。 This may impact the availability of the clustered role. ドメイン管理者と協力して、ドメイン内のコンピューターオブジェクトをクラスター id で更新できることを確認してください。 Please work with your domain administrator to ensure that the cluster identity can update computer objects in the domain. ドメイン管理者と協力して、ドメイン内のコンピューターオブジェクトをクラスター id で更新できることを確認してください。 Please work with your domain administrator to ensure that the cluster identity can update computer objects in the domain. マウントポイントに関連付けられているソースとターゲットの両方のディスクは、クラスター化されたディスクである必要があり、同じグループのメンバーである必要があります。 Both the source and target disks associated with the mount point must be clustered disks, and must be members of the same group. ターゲットディスクがクラスター化されたディスクでも、ソースディスクと同じグループ マウントポイントをホストしている であることを確認してください。 Please ensure that the target disk is also a clustered disk and in the same group as the source disk hosting the mount point. 書き込み可能なドメインコントローラーが、構成されたドメイン内のこのノードにアクセスできることを確認してください。 Ensure that a writeable domain controller is accessible to this node within the configured domain. また、ドメインコントローラーの名前を解決するために、DNS サーバーが実行されていることを確認します。 Also ensure that the DNS server is running in order to resolve the name of the domain controller. 書き込み可能なドメインコントローラーが、構成されたドメイン内のこのノードにアクセスできることを確認してください。 Ensure that a writeable domain controller is accessible to this node within the configured domain. また、ドメインコントローラーの名前を解決するために、DNS サーバーが実行されていることを確認します。 Also ensure that the DNS server is running in order to resolve the name of the domain controller. これは、ネットワーク名とそれに関連付けられているコンピューターのオブジェクト名が一致するまで、クライアント接続に影響を与える可能性があります。 This may affect client connectivity until the network name and its associated computer object name are consistent. ドメイン管理者に連絡して、コンピューターオブジェクトの名前を手動で変更してください。 Contact your domain administrator to manually rename the computer object. Cluster Network Name resource cannot be registered with Netbios. Run nbtstat for the network name to ensure that the name is not already registered with Netbios. ネットワークアダプターに関連するハードウェアまたはソフトウェアのエラーを確認します。 Check for hardware or software errors related to the network adapter. また、構成の検証ウィザードを実行して、ネットワークの構成を確認することもできます。 Also, you can run the Validate a Configuration wizard to check your network configuration. 次回リソースがオンラインになったときに、コンピューターオブジェクトの再作成が試行されます。 An attempt will be made to recreate the computer object the next time the resource is brought online. また、ドメイン管理者と協力して、コンピューターオブジェクトがドメイン内に存在することを確認してください。 Additionally, please work with your domain administrator to ensure that the computer object exists in the domain. 書き込み可能なドメインコントローラーにアクセスできることを確認し、接続に問題がないことを確認します。 Ensure a writeable domain controller is accessible and check for any connectivity issue. 関連するエラーコードは、データセクションに格納されます。 The associated error code is stored in the data section. このリソースのコンピューターアカウントの名前は変更されていますが、完了していません。 The computer account for this resource was in the process of being renamed and did not complete. これは、このリソースのオンラインプロセス中に検出されました。 This was detected during the online process for this resource. 回復するには、コンピューターアカウントの名前を、Name プロパティの現在の値 ネットワークに表示される名前 に変更する必要があります。 In order to recover, the computer account must be renamed to the current value of the Name property, i. , the name presented on the network. 名前を変更しようとしたドメインコントローラーが使用できない可能性があります。 この場合は、ドメインコントローラーが再び使用可能になるまで待ちます。 The Domain Controller where the renamed was attempted might not be available; if this is the case, wait for the Domain Controller to be available again. ドメインコントローラーがアカウントへのアクセスを拒否している可能性があります。 アクセスを解決した後、名前を再びオンラインにしてみてください。 The Domain Controller could be denying access to the account; after resolving access, try to bring the name online again. これが不可能な場合は、Kerberos 認証を無効にしてから再度有効にします。 これにより、別の DC でコンピューターアカウントを見つけようとします。 If this is not possible, disable and re-enable Kerberos Authentication and an attempt will be made to find the computer account on a different DC. クラスターネットワークの構成されているプロパティを確認するには、フェールオーバークラスターマネージャースナップインを使用してください。 Please use the Failover Cluster Manager snap-in to check the configured properties of the cluster network. 必要な特権は "Trusted Computing Base" で、クラスターを構成する各ノードでローカルに有効にする必要があります。 The required privilege is 'Trusted Computing Base' and must be locally enabled on each node comprising the cluster. このエラーの原因は次のとおりです。 再試行するには、ネットワーク名リソースをオフラインにしてからオンラインにする必要があります。 You may take the network name resource offline and online again to retry. [クライアントにこのネットワーク経由の接続を許可する] 設定でクラスターの使用が有効になっているネットワークが1つ以上あること、および各ノードにネットワーク用に有効な IP アドレスが構成されていることを確認してください。 Ensure that there is one or more networks that are enabled for cluster use with the 'Allow clients to connect through this network' setting, and that each node has a valid IP address configured for the networks. A component on the server did not respond in a timely fashion. クラスターの正常性検出の一部として、回復アクションが実行されます。 As part of cluster health detection, recovery actions will be taken. クラスターは、このリソースを実行しているリソースホスティングサブシステム RHS プロセスを終了して再起動することによって、自動的に回復しようとします。 The cluster will try to automatically recover by terminating and restarting the Resource Hosting Subsystem RHS process that is running this resource. リソースに関連付けられている、基になるインフラストラクチャ ストレージ、ネットワーク、サービスなど が正常に機能していることを確認します。 Verify that the underlying infrastructure such as storage, networking, or services that are associated with the resource are functioning correctly. A component on the server did not respond in a timely fashion. クラスターの正常性検出の一部として、回復アクションが実行されます。 As part of cluster health detection, recovery actions will be taken. クラスターは、このリソースを実行しているリソースホスティングサブシステム RHS プロセスを終了して再起動することによって、自動的に回復しようとします。 The cluster will try to automatically recover by terminating and restarting the Resource Hosting Subsystem RHS process that is running this resource. リソースに関連付けられている、基になるインフラストラクチャ ストレージ、ネットワーク、サービスなど が正常に機能していることを確認します。 Verify that the underlying infrastructure such as storage, networking, or services that are associated with the resource are functioning correctly. このエラーの原因は次のとおりです。 構成されたドメイン内のこのノードにドメインコントローラーがアクセス可能であることを確認してください。 Ensure that a domain controller is accessible to this node within the configured domain. これは、無限ループまたはその他の問題が原因で無限の待機が発生する可能性があります。 This could be due to an infinite loop or other issues possibly resulting in an infinite wait. または、指定された保留中のタイムアウト値がこのリソースに対して短すぎる可能性があります。 Alternatively, the specified pending timeout value may be too short for this resource. 次に、必要に応じて、保留中のタイムアウト値を増やすことを検討します。 Then, consider increasing the pending timeout value if deemed necessary. このエントリポイントのスクリプトコードを確認して、無限ループが存在しないこと、または無限の待機につながる可能性のあるその他の問題がないことを確認してください。 Please review the script code for this entry point to ensure there does not exist any infinite loop or other issues possibly resulting in an infinite wait. 次に、必要に応じて、リソースの保留のタイムアウト値を大きくすることを検討してください。 Then, consider increasing the resource pending timeout value if deemed necessary. The Cluster service has detected that its service account is missing one or more of the required privileges. サービスアカウントに現在許可されていません。 ' Sc. exe qprivs clussvc ' を使用して、クラスターサービス ClusSvc の特権を確認してください。 Use the 'sc. exe qprivs clussvc' to verify the privileges of the Cluster service ClusSvc. さらに、既定の特権を変更した可能性のある Active Directory Domain Services のセキュリティポリシーまたはグループポリシーを確認します。 Additionally check for any security policies or group policies in Active Directory Domain Services that may have altered the default privileges. 次のコマンドを入力して、正しく機能するために必要な特権をクラスターサービスに付与します。 Type the following command to grant the Cluster service the necessary privileges to function correctly: sc. 現在は更新できません。 関連付けられている DHCP サーバーがアクセス可能で、この IP アドレスのリースを更新するように適切に構成されていることを確認してください。 Ensure that the associated DHCP server is accessible and properly configured to renew the lease on this IP address. DHCP サーバーがアクセス可能で、この IP アドレスのリースを更新するように適切に構成されていることを確認してください。 Ensure that the DHCP server is accessible and properly configured to renew the lease on this IP address. バーチャルマシンの場合は、バーチャルマシン内のアプリケーションまたはサービスが異常な状態にあることを示します。 For a virtual machine this indicates that an application or service inside the virtual machine is in an unhealthy state. 仮想マシン内で監視されているサービスまたはアプリケーションの機能を確認します。 Verify the functionality of the service or application being monitored within the virtual machine. これは、割り当てられたフェールオーバー期間内に構成されたフェールオーバー試行回数を使い果たし、エラー状態のままになります。 It has exhausted the configured number of failover attempts within the failover period of time allotted to it and will be left in a failed state. 役割をオンラインにしたり、クラスター内の別のノードにフェールオーバーしたりすることはできません。 No additional attempts will be made to bring the role online or fail it over to another node in the cluster. エラーに関連付けられているイベントを確認してください。 Please check the events associated with the failure. 障害の原因となった問題が解決された後、役割を手動でオンラインにすることも、クラスターが再起動の遅延期間後に再びオンラインにすることもできます。 After the issues causing the failure are resolved the role can be brought online manually or the cluster may attempt to bring it online again after the restart delay period. バーチャルマシンの場合は、バーチャルマシンの重要なネットワークが異常な状態にあることを示します。 For a virtual machine this indicates that a critical network of the virtual machine is in an unhealthy state. バーチャルマシンおよびバーチャルマシンが使用するように構成されている仮想ネットワークのネットワーク接続を確認してください。 Verify the network connectivity of the virtual machine and the virtual networks that the virtual machine is configured to use. 対応する DNS ゾーンで動的更新が受け付けられません。 Cluster network name resource failed registration of one or more associated DNS names s because the corresponding DNS Zone does not accept dynamic updates. Ensure that the DNS is configured as a Dynamic DNS zone. DNS サーバーが動的更新を受け付けない場合は、ネットワークアダプターのプロパティの [この接続のアドレスを DNS に登録する] チェックボックスをオフにします。 If the DNS server does not accept dynamic updates uncheck the 'Register this connection's' addresses in DNS' in the properties of the network adapter. Cluster network name resource failed registration of one or more associated DNS names s because the access to update the secure DNS Zone was denied. Ensure that cluster name object CNO is granted permissions to the Secure DNS Zone. Cluster network name resource failed registration of one or more associated DNS name s because the a DNS server could not be reached. Ensure that the network adapters associated with dependent IP address resources are configured with at least one accessible DNS server. クラスタサービスは、ネットワーク名に対応する既存のレコードをクリーンアップできませんでした。 Cluster network name resource failed registration of one or more associated DNS name s because the cluster service failed clean up the existing records corresponding to the network name. Ensure that cluster name object CNO is granted permissions to the Secure DNS Zone. Cluster network name resource failed to modify the DNS registration. Ensure that the network adapters associated with dependent IP address resources are configured with access to at least one DNS server. Cluster network name resource failed to modify the DNS registration. Ensure that the network adapters associated with dependent IP address resources are configured with access to at least one DNS server. Cluster network name resource failed to publish the PTR record in the DNS reverse lookup zone. Ensure that the network adapters associated with dependent IP address resources are configured with access to at least one DNS server and that the DNS reverse lookup zone exists. Cluster network name resource failed to publish the PTR record in the DNS reverse lookup zone. Ensure that the network adapters associated with dependent IP address resources are configured with access to at least one DNS server and that the DNS reverse lookup zone exists. クラスターは、呼び出しを処理していたリソースホスティングサブシステム RHS プロセスを終了して再起動することによって、自動的に復旧しようとします。 The cluster will try to automatically recover by terminating and restarting the Resource Hosting Subsystem RHS process that was processing the call. IPv6 アドレスの種類の場合は、このリソースと一致するクラスターネットワークに、リンクローカルまたはトンネルではない IPv6 プレフィックスが少なくとも1つ含まれていることを確認してください。 If this is an IPv6 Address type, please verify that the cluster network matching this resource has at least one IPv6 prefix that is not link-local or tunnel. 少なくとも1つの IP アドレス IPv4 リソースへの依存関係が必要です。 Dependency on at least one IP Address IPv4 resource is required. リソースが正しく構成されていることを確認してください。 Please ensure that the resource is correctly configured. クラスターネットワークが ISATAP トンネリングをサポートしていることを確認してください。 Please ensure that the cluster network supports ISATAP tunneling. The backup operation for the cluster configuration data has been aborted because quorum for the cluster has not yet been achieved. クラスターがクォーラムを達成した後で、このバックアップ操作を再試行してください。 Please retry this backup operation after the cluster achieves quorum. The restore operation for the cluster configuration data has failed. これは、復元を実行するユーザーアカウントに関連付けられている特権が不十分であることが原因です。 This was due to insufficient privileges associated with the user account performing the restore. ユーザーアカウントにローカル管理者特権があることを確認してください。 Please ensure that the user account has local administrator privileges. Cluster service failed to update the cluster configuration data on the witness resource. 監視リソースがオンラインであり、アクセス可能であることを確認してください。 Please ensure that the witness resource is online and accessible. 同じクラスターを構成する任意のノードによってファイル共有監視をホストすることはお勧めできません。 Hosting of the file share witness by any node comprising the same cluster is not recommended. 同じクラスター内のいずれかのノードでホストされていないファイル共有監視を選択し、それに応じてファイル共有監視リソースの設定を変更してください。 Please choose a file share witness that is not hosted by any node within the same cluster and modify settings of the file share witness resource accordingly. その結果、これらの共有フォルダーの一部にアクセスできなくなる可能性があります。 As a result, some of these shared folders may not be accessible. この状況を修正するには、複数の共有フォルダーに同じ共有名がないことを確認します。 To rectify this situation, ensure multiple shared folders do not have the same share name. ネットワーク名リソースは、許容時間内に操作を完了しなかったため、リソースホストサブシステムによって終了されました。 The network name resource was terminated by the resource host subsystem because it did not complete an operation in an acceptable time. Cluster service failed to change the trace log size. また、パフォーマンスモニタースナップインを使用して、FailoverClustering のイベントトレースセッション設定を確認します。 Also, use the Performance Monitor snapin to verify the event trace session settings for FailoverClustering. 物理または仮想ネットワークアダプターに関連するハードウェアまたはソフトウェアのエラーを確認します。 Check for hardware or software errors related to the physical or virtual network adapters. Cloud witness resource could not reach Microsoft Azure storage services. This could be due to network communication between the cluster node and the Microsoft Azure service being blocked. ノードのインターネット接続が Microsoft Azure していることを確認します。 Verify the node's internet connectivity to Microsoft Azure. Microsoft Azure portal に接続し、ストレージアカウントが存在することを確認します。 Connect to the Microsoft Azure portal and verify that the storage account exists. これは、クラスターに参加するノードの機能に影響を与える可能性があります。 This may impact the node's ability to participate in the cluster. 構成の検証ウィザードを実行して、ネットワークの構成を確認します。 Run the Validate a Configuration wizard to check your network configuration. Cloud witness resource failed to authenticate with Microsoft Azure storage services. Microsoft Azure ストレージアカウントに接続しようとしているときに、アクセス拒否エラーが返されました。 An access denied error was returned while attempting to contact the Microsoft Azure storage account. The storage account's access key may no longer be valid. フェールオーバークラスターマネージャーまたは Set ClusterQuorum Windows PowerShell コマンドレットでクラスタークォーラム構成ウィザードを使用して、更新されたストレージアカウントアクセスキーを使用してクラウド監視リソースを構成します。 Use the Configure Cluster Quorum Wizard in the Failover Cluster Manager or the Set-ClusterQuorum Windows PowerShell cmdlet, to configure the Cloud witness resource with the updated storage account access key. これは、ミラーリング監視サーバーにアクセスできなかったためです。 This was because the witness was not accessible. 監視リソースがオンラインであり、使用可能であることを確認してください。 Please ensure that the witness resource is online and available. これは、この名前を持つ既存のレコードが原因で、クラスター id にそのレコードを更新するための十分な特権がないことが原因です。 This was due to an existing record with this name and the cluster identity does not have the sufficient privileges to update that record. これは、この名前を持つ既存のレコードが原因で、クラスター id にそのレコードを更新するための十分な特権がないことが原因です。 This was due to an existing record with this name and the cluster identity does not have the sufficient privileges to update that record. これは、サーバーサービスが開始されていないためです。 This was due to the Server service not being started. サーバーマネージャーを使用して、このクラスターノードのサーバーサービスの状態を確認してください。 Please use Server Manager to confirm the state of the Server service on this cluster node. これは、その共有フォルダーの一部にアクセスできなかったためです。 This was because some of its shared folders were inaccessible. クライアントからフォルダーにアクセスできることを確認します。 Verify that the folders are accessible from clients. また、サーバーマネージャーを使用してこのクラスターノードのサーバーサービスの状態を確認し、このクラスターノードのサーバーサービスに関連するその他のイベントを探します。 Additionally, confirm the state of the Server service on this cluster node using Server Manager and look for other events related to the Server service on this cluster node. これは、その共有フォルダーの一部にアクセスできなかったためです。 This was because some of its shared folders were inaccessible. クライアントからフォルダーにアクセスできることを確認します。 Verify that the folders are accessible from clients. また、サーバーマネージャーを使用してこのクラスターノードのサーバーサービスの状態を確認し、このクラスターノードのサーバーサービスに関連するその他のイベントを探します。 Additionally, confirm the state of the Server service on this cluster node using Server Manager and look for other events related to the Server service on this cluster node. フォルダーが存在し、アクセス可能であることを確認します。 Verify that the folders exist and are accessible. また、サーバーマネージャーを使用してこのクラスターノードのサーバーサービスの状態を確認し、このクラスターノードで他の関連イベントを探します。 Additionally, confirm the state of the Server service on this cluster node using Server Manager and look for other related events on this cluster node. ネットワーク管理者に問い合わせて、Active Directory のコンピューターオブジェクトのクラスターセキュリティ記述子を確認し、DACL が大きすぎないことを確認してから、必要に応じてオブジェクトの不要な余分な ACE を削除してください。 Please contact your network administrator to check the cluster security descriptor of the computer object in Active Directory, verify that the DACL is not too big, and remove any unnecessary extra ACE s on the object if necessary. File Server could not start because expected dependency on 'Network Name' resource was not found or it was not configured properly. これは、BitLocker で保護されたボリュームに必要です。 This is required for BitLocker-protected volumes. この問題を解決するには、最初にクラスターからディスクを削除します。 To correct this, first remove the disk from the cluster. 次に、Manage-bde. exe コマンドラインツールを使用してクラスター名を ADAccountOrGroup プロテクターとして追加します。 Next, use the Manage-bde. 次に、ディスクをクラスターに追加し直します。 Then add the disk back to the cluster. 詳細については、Manage-bde. exe のドキュメントを参照してください。 For more information, see the documentation for Manage-bde. クラスター名オブジェクト CNO は、このボリュームの有効な BitLocker プロテクターとして設定されていません。 The cluster name object CNO is not set to be a valid BitLocker protector for this volume. この問題を解決するには、クラスターからディスクを削除します。 To correct this, remove the disk from the cluster. 次に、Manage-bde. Then use the Manage-bde. 詳細については、Manage-bde. exe のドキュメントを参照してください。 For more information, see the documentation for Manage-bde. exe. File Server could not start because expected dependency on 'Network Name' resource was not found or it was not configured properly. Scale Out File Server could not start because expected dependency on 'Distributed Network Name' resource was not found or it was not configured properly. The creation of the cluster failed. 指定された識別名パスとクラスター名オブジェクトが正しいことを確認してください。 Verify that the specified distinguished name path and the cluster name object are correct. ネットワーク接続とネットワークファイアウォールの構成を確認します。 Verify network connectivity and configuration of any network firewalls. ネットワーク接続とネットワークファイアウォールの構成を確認します。 Verify network connectivity and configuration of any network firewalls. ネットワーク接続とネットワークファイアウォールの構成を確認します。 Verify network connectivity and configuration of any network firewalls. ネットワーク接続とネットワークファイアウォールの構成を確認します。 Verify network connectivity and configuration of any network firewalls. IP アドレスリソースが正しいアドレスおよびネットワークのプロパティで構成されていることを確認してください。 Check that the IP address resource is configured with the correct address and network properties. IP アドレスリソースが正しいアドレスおよびネットワークのプロパティで構成されていることを確認してください。 Check that the IP address resource is configured with the correct address and network properties. 物理または仮想ネットワークアダプターに関連するハードウェアまたはソフトウェアのエラーを確認します。 Check for hardware or software errors related to the physical or virtual network adapters. Upgrading the functional level of the cluster failed. クラスターのすべてのノードが現在実行中で、同じバージョンの Windows Server であることを確認してから、ClusterFunctionalLevel Windows PowerShell コマンドレットをもう一度実行してください。 Check that all nodes of the cluster are currently running and are the same version of Windows Server, then run the Update-ClusterFunctionalLevel Windows PowerShell cmdlet again. このノードの問題を確認するには、システムイベントログとアプリケーションイベントログを参照してください。 Refer to the System and Application event logs to determine the issues on this node. 問題が解決されたら、検疫を手動でオフにして、ノードが "Start-clusternode — ClearQuarantine" Windows PowerShell コマンドレットに再度参加できるようにすることができます。 When the issue is resolved, quarantine can be manually cleared to allow the node to rejoin with the 'Start-ClusterNode —ClearQuarantine' Windows PowerShell cmdlet. ノードのシステムログとアプリケーションイベントログおよびクラスターログを参照して、ドレインエラーの原因を調査します。 Reference the node's System and Application event logs and cluster logs to investigate the cause of the drain failure. 問題が解決されたら、ドレイン操作を再試行できます。 When the problem is resolved, you can retry the drain operation. The cluster service was unable to reach any available domain controller on the domain. これは、クラスターネットワーク名の認証に依存する機能に影響する可能性があります。 This may impact functionality that is dependent on Cluster network name authentication. Verify that domain controllers are accessible on the network to the cluster nodes. Cluster network name resource failed to find the associated computer object in Active Directory. これは、クラスターネットワーク名の認証に依存する機能に影響する可能性があります。 This may impact functionality that is dependent on Cluster network name authentication. Restore the computer object for the network name from the Active Directory recycle bin. または、クラスターネットワーク名リソースをオフラインにし、修復操作を実行して Active Directory でコンピューターオブジェクトを再作成します。 Alternately, offline the cluster network name resource and run the Repair action to recreate the computer object in Active Directory. Cluster network name resource failed to find the associated computer object in Active Directory. これは、クラスターネットワーク名の認証に依存する機能に影響する可能性があります。 This may impact functionality that is dependent on Cluster network name authentication. Restore the computer object for the network name from the Active Directory recycle bin. Cluster network name resource found the associated computer object in Active Directory to be disabled. これは、クラスターネットワーク名の認証に依存する機能に影響する可能性があります。 This may impact functionality that is dependent on Cluster network name authentication. Enable the computer object for the network name in Active Directory. Cluster network name resource found the associated computer object in Active Directory to be disabled. これは、クラスターネットワーク名の認証に依存する機能に影響する可能性があります。 This may impact functionality that is dependent on Cluster network name authentication. Enable the computer object for the network name in Active Directory. または、クラスターネットワーク名リソースをオフラインにし、修復操作を実行して Active Directory でコンピューターオブジェクトを有効にします。 Alternately, offline the cluster network name resource and run the Repair action to enable the computer object in Active Directory. これを有効にしようとして失敗しました。 Cluster network name resource detected that the associated computer object in Active Directory was disabled and failed in its attempt to enable it. これは、クラスターネットワーク名の認証に依存する機能に影響する可能性があります。 This may impact functionality that is dependent on Cluster network name authentication. Enable the computer object for the network name in Active Directory. Cluster service failed to retrieve the list of clustered disks while destroying the cluster. これらのディスクにアクセスできない場合は、"Clear-ClusterDiskReservation" PowerShell コマンドレットを実行します。 If these disks are not accessible, execute the 'Clear-ClusterDiskReservation' PowerShell cmdlet. コンピューターを再起動すると、パーティションマネージャーによってディスクが解放されます。 Restarting the machine will ensure the disk is released by the Partition Manager. クリーンアップが正常に完了するまで、このディスクにアクセスできない可能性があります。 You may unable to access this disk until cleanup has been successfully completed. The cluster service has been stopped and set as disabled as part of cluster node cleanup. Termination of the cluster service during cluster node cleanup has not completed within the expected time period. このマシンを再起動して、クラスターサービスが実行されていないことを確認してください。 Please restart this machine to ensure the cluster service is no longer running. Resetting cluster service registry entries during cluster node cleanup failed. クリーンアップが正常に完了するまで、このマシンでクラスターを作成または参加させることはできません。 You may be unable to create or join a cluster with this machine until cleanup has been successfully completed. 手動クリーンアップの場合は、このコンピューターで "Start-clusternode" PowerShell コマンドレットを実行します。 For manual cleanup, execute the 'Clear-ClusterNode' PowerShell cmdlet on this machine. Unloading the cluster service registry hive during cluster node cleanup failed. クリーンアップが正常に完了するまで、このマシンでクラスターを作成または参加させることはできません。 You may be unable to create or join a cluster with this machine until cleanup has been successfully completed. 手動クリーンアップの場合は、このコンピューターで "Start-clusternode" PowerShell コマンドレットを実行します。 For manual cleanup, execute the 'Clear-ClusterNode' PowerShell cmdlet on this machine. The Cluster service encountered an error during node cleanup. クリーンアップが正常に完了するまで、このマシンでクラスターを作成または参加させることはできません。 You may be unable to create or join a cluster with this machine until cleanup has been successfully completed. このノードでは、"Start-clusternode" PowerShell コマンドレットを使用します。 Use the 'Clear-ClusterNode' PowerShell cmdlet on this node. Resetting the IPSec security association timeout registry value failed during cluster node cleanup. 手動クリーンアップの場合は、このコンピューターで "Start-clusternode" PowerShell コマンドレットを実行します。 For manual cleanup, execute the 'Clear-ClusterNode' PowerShell cmdlet on this machine. Deletion of clustered tasks during node cleanup failed. 残りのクラスター化されたタスクを削除するには、Windows タスクスケジューラを使用します。 Use Windows Task Scheduler to delete any remaining clustered tasks. During node cleanup, the local user account that is managed by the cluster was not deleted. ローカルユーザーとグループ lusrmgr. msc を開き、アカウントを削除します。 Open Local Users and Groups lusrmgr. msc to delete the account. これは、オフライン操作の一部として、関連付けられたタスクを停止できなかったためです。 This is because the associated task could not be stopped as part of an offline operation. タスクスケジューラスナップインを使用して、手動で停止する必要がある場合があります。 You may need to stop it manually using the Task Scheduler snapin. これは、オフライン操作の一部として、関連付けられているタスクを削除できなかったためです。 This is because the associated task could not be deleted as part of an offline operation. タスクスケジューラスナップインを使用して、手動で削除する必要がある場合があります。 You may need to delete it manually using the Task Scheduler snapin. これは、関連付けられているタスクをオンライン操作の一部として追加できなかったためです。 This is because the associated task could not be added as part of an online operation. タスクスケジューラスナップインを使用して、タスクが正しく構成されていることを確認してください。 Please use the Task Scheduler snapin to ensure your tasks are properly configured. Cluster service failed to start the cluster log trace session. クラスターは正常に機能しますが、補足ログ情報が見つかりません。 The cluster will function properly, but supplemental logging information will be missing. User mode health monitoring has detected that the system is not being responsive. パフォーマンスモニターを使用してシステムの正常性を評価し、システムに悪影響を与える可能性があるプロセスを特定してください。 Please use Performance Monitor to evaluate the health of the system and determine which process may be negatively impacting the system. User mode health monitoring has detected that the system is not being responsive. 回復操作が実行されます。 Recovery action will be taken. The cluster service failed to start. これは、フェールオーバークラスター仮想アダプターがミニポートアダプターを初期化できなかったためです。 This was because the failover cluster virtual adapter failed to initialize the miniport adapter. 他のネットワークアダプターが正常に機能していることを確認し、デバイスマネージャーにエラーがないかどうかを確認します。 Verify that other network adapters are functioning properly and check the device manager for errors. 構成が変更された場合は、このコンピューターにフェールオーバークラスタリング機能を再インストールする必要があります。 If the configuration was changed, it may be necessary to reinstall the failover clustering feature on this computer. The failover cluster virtual adapter failed to generate a unique MAC address. 一意のアドレスを生成する物理イーサネットアダプターが見つかりませんでした。 または、生成されたアドレスがこのコンピューター上の別のアダプターと競合しています。 Either it was unable to find a physical Ethernet adapter from which to generate a unique address or the generated address conflicts with another adapter on this machine. 構成の検証ウィザードを実行して、ネットワークの構成を確認してください。 Please run the Validate a Configuration wizard to check your network configuration. このノードのストレージデバイスとネットワーク接続への接続に関するトラブルシューティングを行ってください。 Please troubleshoot this node's connectivity to the storage device and network connectivity. クラスターは、このディスク上のクラスターの共有ボリュームが一時停止されている間に、キャッシュマネージャーによるバッファー書き込みの制限により、デッドロックの可能性を防ぐためにリソースの移動を拒否しました。 Cluster vetoed resource move to prevent potential deadlock due to Cache Manager throttling buffered writes while Cluster Shared Volumes on this disk are being paused. クラスターの共有ボリュームに対してサポートされている唯一のソフトウェアスナップショット差分領域の関連付けは、自己です。 The only supported software snapshot diff area association for Cluster Shared Volumes is to self. これは、アクティブなスナップショットが原因である可能性があります。 This may be caused by active snapshots. クラスターの共有ボリュームでは、ソフトウェアスナップショットが同じディスクに配置されている必要があります。 Cluster Shared Volumes requires that the software snapshot be located on the same disk. マウント解除操作が完了したら、操作を再試行してください。 Please retry the action after the dismount operation is completed. マウント解除操作が完了したら、操作を再試行してください。 Please retry the action after the dismount operation is completed. IO モードの変更操作 リダイレクトされた IO への直接 IO またはその逆 が、リソースに属するボリュームの1つで進行中です。 操作が完了したら、操作を再試行してください。 Please retry the action after the operation is completed. Cluster service failed to create a cluster identity token for Cluster Shared Volumes. ドメインコントローラにアクセスできることを確認し、接続に問題がないことを確認します。 Ensure the domain controller is accessible and check for connectivity issues. ドメインコントローラーへの接続が回復されるまで、クラスターの共有ボリュームに対するこのノードの一部の操作が失敗する可能性があります。 Until connection to the domain controller is recovered, some operations on this node against the Cluster Shared Volumes might fail. スナップショットの作成をサポートするには、リソースがオンラインである必要があります。 The resource must be online to support snapshot creation. リソースの状態を確認してください。 Please check the state of the resource. CSV リソースの状態とリソース所有者ノードのシステムイベントを確認してください。 Please check the state of the CSV resources and the system events of the resource owner nodes. クラスターサービス。 Cluster service failed to register the Cluster Shared Volumes snapshot provider with the Volume Shadow Service VSS. VSS サービスがシャットダウンしているか、VSS サービスで受信要求を受け付けない原因となっている問題が発生している可能性があります。 This may be due to the VSS service shutting down or may be a problem with the VSS service having a problem that causes it to not accept incoming requests. クラスターサービスは回復するために終了されました。 The Cluster service has been terminated to recover. サービスコントロールマネージャーによってクラスターサービスが再起動され、ノードがクラスターに再度参加します。 Service Control Manager will restart the Cluster service and the node will rejoin the cluster. The Cluster service on this node is shutting down because it has detected that there are other cluster nodes that have quorum. 強制クォーラムスイッチで開始されたノードは、実行されたままになります。 The node which was started with the Force Quorum Switch will remain running. クラスターサービスが再起動されたときに、このノードがクラスターに自動的に参加したことを確認するには、フェールオーバークラスターマネージャーを使用します。 Use Failover Cluster Manager to verify that this node automatically joined the cluster when the cluster service restarted. 詳細については、クラスターログを確認してください。 Check the cluster logs for more information. Cluster failed to start. クラスター構成データの最新コピーは、クラスターを開始しようとしているノードのセット内では使用できませんでした。 The latest copy of cluster configuration data was not available within the set of nodes attempting to start the cluster. ノードのセットがメンバーシップに含まれておらず、その結果、構成データの更新を受信できなかったため、クラスターへの変更が発生しました。 Changes to the cluster occurred while the set of nodes were not in membership and as a result were not able to receive configuration data updates. Attempt to start the cluster service on all nodes in the cluster so that nodes with the latest copy of the cluster configuration data can first form the cluster. クラスターが起動され、更新されたクラスター構成データがノードによって自動的に取得されます。 The cluster will be able to start and the nodes will automatically obtain the updated cluster configuration data. クラスター構成データの最新コピーに使用できるノードがない場合は、' Start-clusternode-FQ ' Windows PowerShell コマンドレットを実行します。 If there are no nodes available with the latest copy of the cluster configuration data, run the 'Start-ClusterNode -FQ' Windows PowerShell cmdlet. ForceQuorum FQ パラメーターを使用すると、クラスターサービスが開始され、このノードのクラスター構成データのコピーが権限を持つものとしてマークされます。 Using the ForceQuorum FQ parameter will start the cluster service and mark this node's copy of the cluster configuration data to be authoritative. クラスターデータベースの古いコピーを持つノードでクォーラムを強制すると、ノードがクラスターに参加していないときにクラスター構成が変更され、失われる可能性があります。 Forcing quorum on a node with an outdated copy of the cluster database may result in cluster configuration changes that occurred while the node was not participating in the cluster to be lost. クラスターノードが異なるサブネットにまたがっている場合は、これが正常である可能性があります。 If your cluster nodes span different subnets, this may be normal. Chkdsk を実行して問題を修復しています。 Chkdsk is being run to repair problems. ディスクは、Chkdsk が完了するまで使用できません。 The disk will be unavailable until Chkdsk completes. Chkdsk では、アプリケーションイベントログに情報を書き込むこともできます。 Chkdsk may also write information to the Application Event Log. この操作は自動的に再試行されます。 This operation will be automatically retried. リソースまたはそのプロバイダーの1つがロック状態になっています。 リソースまたはその依存関係の1つの状態がロックされています。 The cluster common property SecurityLevel cannot be changed on this cluster. クラスターのセキュリティレベルを変更できません。 現在、クラスターは認証なしモードに構成されています。 The cluster security level cannot be changed because the cluster is currently configured for no authentication mode. フェールオーバークラスターは、エラーの場所を特定できませんでした。 The failover cluster was not able to determine the location of the failure. 構成の検証ウィザードを実行して、ネットワークの構成を確認します。 Run the Validate a Configuration wizard to check your network configuration. 条件が引き続き発生する場合は、ネットワークアダプターに関連するハードウェアまたはソフトウェアのエラーを確認します。 If the condition persists, check for hardware or software errors related to the network adapter. また、ノードが接続されている他のネットワークコンポーネント ハブ、スイッチ、ブリッジなど のエラーを確認します。 Also check for failures in any other network components to which the node is connected such as hubs, switches, or bridges. 必要に応じて、手動で削除することもできます。 If necessary, they can be deleted manually. この作業を支援するには、DNS 管理者に問い合わせてください。 Contact your DNS administrator to assist with this effort. 必要に応じて、レコードを手動で削除できます。 If necessary, the record can be deleted manually. 詳細については、DNS 管理者に問い合わせてください。 Contact your DNS administrator for assistance. 必要に応じて、レコードを手動で削除できます。 If necessary, the record can be deleted manually. 詳細については、DNS 管理者に問い合わせてください。 Contact your DNS administrator for assistance. サイトが読み取り専用かどうかを確認してください。 Please check if the site is Read-Only. サイトが読み取り専用かどうかを確認してください。 Please check if the site is Read-Only. A name change operation on the cluster core netname resource has failed. 名前変更操作を元の名前に戻しようとしても失敗しました。 Attempting to revert the name change operation back to the original name has also failed. この状況が手動で修正されるまで、クラスター名を使用してクラスターをリモートで管理することはできません。 You may not be able to remotely manage the cluster using the cluster name until this situation has been manually corrected. コンピューターオブジェクトの以前の名前変更がドメイン内のすべてのドメインコントローラーにレプリケートされていない可能性があります。 It is likely that a previous name change of the computer object has not replicated to all domain controllers in the domain. 名前が一致するようになるまで、ネットワーク名リソースの名前を変更することはできません。 You will be unable to rename the network name resource until the names become consistent. コンピューターオブジェクトが最近変更されていない場合は、ドメイン管理者に連絡して、コンピューターオブジェクトの名前を変更してください。 If the computer object has not been recently changed, please contact your domain administrator to rename the computer object and thereby make it consistent. また、ドメインコントローラー間のレプリケーションが正常に完了したことを確認します。 Also, ensure that replication across domain controllers has been successfully completed. ドメイン管理者と協力して、ドメイン内のコンピューターオブジェクトをクラスター id で更新できることを確認してください。 Please work with your domain administrator to ensure that the cluster identity can update computer objects in the domain. The backup operation for the cluster configuration data has been canceled. Cluster ボリュームシャドウコピーサービス VSS ライターが中止要求を受信しました。 The cluster Volume Shadow Copy Service VSS writer received an abort request. すべてのノードで同じバージョンのオペレーティングシステムを実行することをお勧めします。 We recommend that all nodes run the same version of the operating system. すべてのノードをアップグレードした後、ClusterFunctionalLevel Windows PowerShell コマンドレットを実行して、クラスターのアップグレードを完了します。 After all nodes have been upgraded, run the Update-ClusterFunctionalLevel Windows PowerShell cmdlet to complete upgrading the cluster. バージョン互換性チェックの無効化はサポートされていません。 Disabling version compatibility checking is not supported. バージョン互換性チェックの無効化はサポートされていません。 Disabling version compatibility checking is not supported. これは、IPv4 自動構成と DHCP を無効にできなかったことが原因です。 This was due to a failure to disable IPv4 auto-configuration and DHCP. これは、DHCP クライアントサービスが既に無効になっている場合に発生する可能性があります。 This may be expected if the DHCP Client service is already disabled. IPv6 は、有効になっている場合に使用されます。 そうでない場合、このノードはフェールオーバークラスターに参加できません。 IPv6 will be used if enabled, otherwise this node may not be able to participate in a failover cluster. The cluster service detected a problem with the witness resource. クラスター構成データへのアクセスを再確立しようとすると、クラスター内の別のノードにミラーリング監視リソースがフェールオーバーされます。 The witness resource will be failed over to another node within the cluster in an attempt to reestablish access to cluster configuration data. これは、この名前を持つ既存のレコードが原因で、クラスター id にそのレコードを更新するための十分な特権がないことが原因です。 This was due to an existing record with this name and the cluster identity does not have the sufficient privileges to update that record. これは、この名前を持つ既存のレコードが原因で、クラスター id にそのレコードを更新するための十分な特権がないことが原因です。 This was due to an existing record with this name and the cluster identity does not have the sufficient privileges to update that record. DNS サーバーに接続できませんでした。 The DNS server could not be contacted. ' このクラスターノードから DNS サーバーにアクセスできることを確認してください。 Ensure that a DNS server is accessible from this cluster node. DNS 登録は、後で再試行されます。 The DNS registration will be retried later. DNS サーバーに接続できませんでした。 The DNS server could not be contacted. ' このクラスターノードから DNS サーバーにアクセスできることを確認してください。 Ensure that a DNS server is accessible from this cluster node. DNS 登録は、後で再試行されます。 The DNS registration will be retried later. DNS サーバーが動的更新を受け入れるように構成されていない可能性があります。 The DNS server may not be configured to accept dynamic updates. Dns サーバー管理者に問い合わせて、DNS サーバーが使用可能であり、動的更新用に構成されていることを確認してください。 Please contact your DNS server administrator to verify that the DNS server is available and configured for dynamic updates. DNS サーバーが動的更新を受け入れるように構成されていない可能性があります。 The DNS server may not be configured to accept dynamic updates. Dns サーバー管理者に問い合わせて、DNS サーバーが使用可能であり、動的更新用に構成されていることを確認してください。 Please contact your DNS server administrator to verify that the DNS server is available and configured for dynamic updates. The restore request for the cluster configuration data failed to make a copy of the existing cluster configuration data file ClusDB. これは、既存の構成データファイルが破損している場合に発生する可能性があります。 This might be expected if the existing configuration data file was corrupt. 復元操作は続行されましたが、既存のクラスター構成に戻すことができない可能性があります。 The restore operation has continued but attempts to revert to the existing cluster configuration may not be possible. これにより、復元操作が正常に完了しない可能性があります。 This may prevent the restore operation from succeeding successfully. クラスター構成が適切に復元されなかった場合は、復元操作を再試行してください。 If the cluster configuration was not properly restored, please retry the restore action. これにより、クラスター通信のパフォーマンスが低下する可能性があります。 This could have a negative impact on cluster communication performance. この問題が解決しない場合は、IPSec と Windows ファイアウォールに適用されているローカルおよびドメイン接続のセキュリティポリシーを確認してください。 If this problem persists, please verify your local and domain connection security policies applying to IPSec and the Windows Firewall. また、ベースフィルターエンジンサービスに関連するイベントを確認してください。 Additionally, please check for events related to the Base Filtering Engine service. このスナップショットは無効である可能性があり、バックアップを復元操作で使用できない可能性があります。 This snapshot may be invalid and the backup may not be usable for restore operations. クラスターの共有ボリュームとの互換性を確認するには、バックアップアプリケーションのベンダーに問い合わせてください。 Please contact your backup application vendor to verify compatibility with Cluster Shared Volumes. これは、ネットワーク名とそれに関連付けられている DNS レコードの整合性が維持されるまで、クライアント接続に影響を与える可能性があります。 This may affect client connectivity until the network name and its associated DNS records are consistent. 問題を修復するには、Spotfix Chkdsk が必要です。 Spotfix Chkdsk is required to repair problems. ChkDsk からの追加情報については、アプリケーションイベントログを確認してください。 Check the application event log for additional information from ChkDsk. Cluster physical disk resource cannot be brought online. Run the Validate a Configuration wizard to check your storage configuration. これがレプリケートされたボリュームの場合は、ディスク属性を設定できなかったことが原因である可能性があります。 If this is a replicated volume then this could be the result of a failure to set the disk attributes. 詳細については、ストレージレプリケーションイベントを確認してください。 Review the Storage Replication events for additional information. このノードの問題を確認するには、システムイベントログとアプリケーションイベントログを参照してください。 Refer to the System and Application event logs to determine the issues on this node. 問題が解決されたら、検疫を手動でオフにして、ノードが "Start-clusternode — ClearQuarantine" Windows PowerShell コマンドレットに再度参加できるようにすることができます。 When the issue is resolved, quarantine can be manually cleared to allow the node to rejoin with the 'Start-ClusterNode —ClearQuarantine' Windows PowerShell cmdlet. ノードが分離された状態から戻った後、またはノードがを返さない場合にフェールオーバーが発生すると、仮想マシンの正常性が再び監視されます。 The virtual machines health will be monitored again once the node returns from an isolated state or may failover if the node does not return. The cluster service detected a service which is not compatible with Failover Clustering. フェールオーバークラスターで発生する可能性のある問題を回避するために、サービスは無効にされています。 The service has been disabled to avoid possible problems with the Failover Cluster. Resetting the IPSec security association timeout registry value failed during cluster node cleanup. これは、このコンピューターがクラスターのメンバーになるように構成された後で、IPSec セキュリティアソシエーションのタイムアウトが変更されたためです。 This is because the IPSec security association timeout was modified after this machine was configured to be a member of a cluster. 手動クリーンアップの場合は、このコンピューターで "Start-clusternode" PowerShell コマンドレットを実行します。 For manual cleanup, execute the 'Clear-ClusterNode' PowerShell cmdlet on this machine. The cluster service has detected that the failover cluster virtual adapter has stopped. これは、このノードでホットリプレース CPU が実行されるときに発生します。 This is expected when hot replace CPU is performed on this node. 操作が完了すると、クラスターサービスが停止し、自動的に再起動されます。 Cluster service will stop and should automatically restart after the operation is complete. サービスに関連付けられている追加のイベントを確認し、このノードでクラスターサービスが再起動されていることを確認してください。 Please check for additional events associated with the service and ensure that the cluster service has been restarted on this node. この場所のデータにアクセスするアプリケーションが、必要に応じて更新されていることを確認してください。 Please verify that applications accessing data in this location have been updated as necessary. これにより、パフォーマンスが低下する可能性があります。 This may result in degraded performance. クラスターの共有ボリュームとの相互運用性を確認するには、フィルタードライバーのベンダーに問い合わせてください。 Please contact the filter driver vendor to verify interoperability with Cluster Shared Volumes. これにより、パフォーマンスが低下する可能性があります。 This may result in degraded performance. クラスターの共有ボリュームとの相互運用性を確認するには、ボリュームドライバーの製造元に問い合わせてください。 Please contact the volume driver vendor to verify interoperability with Cluster Shared Volumes. これにより、アプリケーションの互換性の問題が発生する可能性があります。 This may cause application compatibility issues. 短い名前の生成を無効にし、リソースをオフラインまたはオンラインにするには、' fsutil 8dot3name set 2 ' を使用してください。 これにより、アプリケーションの互換性の問題が発生する可能性があります。 This may cause application compatibility issues. 短い名前の生成を無効にし、リソースをオフラインまたはオンラインにするには、' fsutil 8dot3name set 2 ' を使用してください。 このプロセスの間に、元のドライブ文字を復元しようとしましたが、既に使用されているドライブ文字のために予想以上に時間がかかっていた可能性があります。 During this process an attempt to restore the original drive letter s has taken longer than expected, possibly due to those drive letters being already in use. このボリュームにアクセスしているすべてのクラスターノードから、記憶域デバイスへのアクセスがネットワーク経由でリダイレクトされます。 Access to the storage device will be redirected over the network from all cluster nodes that are accessing this volume. これにより、パフォーマンスが低下する可能性があります。 This may result in degraded performance. 通常の操作を再開するには、このボリュームのリダイレクトされたアクセスをオフにします。 Turn off redirected access for this volume to resume normal operations. ユーザー setsize が大きすぎます。 このエラーは、CSV ボリュームの基になる volsnap スナップショットがユーザー要求の外部で削除された場合に発生します。 This error is encountered when the volsnap snapshots underlying the CSV volume are deleted outside of a user request. Possible causes of the snapshots getting deleted are lack of space in the volume for the snapshots to grow, or IO failure while trying to update the snapshot data. このエラーは、通常、インフラストラクチャの障害が原因で発生します。 This error is usually caused by an infrastructure failure. たとえば、記憶域への接続が失われたり、アクティブなクラスターメンバーシップから削除されるクラスターの共有ボリュームを所有しているノードになったりします。 For example, losing connectivity to storage or the node owning the Cluster Shared Volume being removed from active cluster membership. The Cluster service encountered some storage errors while trying to bring storage pool online. クラスター記憶域の検証を実行して、問題のトラブルシューティングを行います。 Run cluster storage validation to troubleshoot the issue. ネットワーク通信が再確立されました。 Network communication was reestablished. これは、ファイアウォールまたは接続セキュリティポリシーの更新によって一時的に通信がブロックされていることが原因である可能性があります。 This could be due to communication temporarily being blocked by a firewall or connection security policy update. 問題が引き続き発生し、ネットワーク通信が再確立されない場合は、1つまたは複数のノードのクラスタサービスが停止します。 If the problem persists and network communication are not reestablished, the cluster service on one or more nodes will stop. その場合は、構成の検証ウィザードを実行して、ネットワークの構成を確認します。 If that happens, run the Validate a Configuration wizard to check your network configuration. さらに、このノードのネットワークアダプターに関連するハードウェアまたはソフトウェアのエラーを確認し、そのノードが接続されている他のネットワークコンポーネント ハブ、スイッチ、ブリッジなど のエラーを確認します。 Additionally, check for hardware or software errors related to the network adapters on this node, and check for failures in any other network components to which the node is connected such as hubs, switches, or bridges. Cluster service successfully upgraded the cluster functional level. 仮想マシンの正常性は、もう一度監視されています。 The health of the virtual machine is once again being monitored. This node was successfully removed from the cluster. この結果、パフォーマンスが低下する場合は、ストレージデバイスへのこのノードの接続のトラブルシューティングを行ってください。 バックアップジョブの完了後に、バックアップアプリケーションによってスナップショットが削除されることが想定されています。 It is expected that snapshots are deleted by a backup application after a backup job is completed. スナップショットが存在することが予想される時間を超過しました。 This snapshot exceeded the time that is expected for a snapshot to exist. バックアップアプリケーションで、バックアップジョブが正常に完了していることを確認します。 Verify with the backup application that backup jobs are completing successfully. 関連項目 See also• 関連記事.

次の