創価学会 念仏。 創価学会の信者は朝起きると何か念仏を唱えるんですか?読んで↓http...

四箇の格言の見直し:掲示板:創価学会SGIを本音で語ろう|Beach

創価学会 念仏

金(かね)にまつわる恨みほど恐ろしいものはないともいえるが、さらに彼らは、辞めるときに強い引き留め工作を受けたり、辞めてからかつての仲間に誹謗中傷されたりすることもあった。 そのため、恨みはさらに増し、内情を暴露したり、池田氏を激しく批判したりして、そうした声が週刊誌に掲載されたりした。 世の中に伝えられる創価学会のイメージは、相当に恐ろしい教団というものであった。 そうした時代がかなり長く続くことで、創価学会を嫌う人間が増えていった。 逆に、一般の人間にとって創価学会が存在するメリットは少ない。 ただ、会員でなくても選挙の際には公明党に投票する「フレンド票」となれば、友好的に接してくれるし、何か困ったことがあれば公明党の地方議員が相談に乗ってくれたりする。 そうした手段を利用する非会員もいたが、その恩恵にあずからない人間からすれば、それもまた創価学会を嫌う理由になった。 外側からは、自分たちの利益だけを追求する極めて利己的な集団に見えたのである。 ただ、こうしたことは、ほとんどが過去のことになった。 創価学会が伸びている時代には、多額の金を布教活動に費やす人間が出たが、今はそうした雰囲気はない。 多くは、生まれたときから会員になっている信仰2世や3世である。 連立政権入りで安定性が強化された 島田氏の近著。 書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします 折伏は影を潜め、新しく会員になるのは、会員の家の赤ん坊ばかりである。 聖教新聞には、かつては敵対する勢力や裏切り者を罵倒する言葉があふれていたが、今はそれもない。 公明党が自民党と連立政権を組んでいることも大きい。 創価学会は、それを通して、日本社会に安定した地位を築いた。 ことさら社会と対立するような状況ではなくなったのである。 週刊誌などが、創価学会にまつわるスキャンダルを暴くこともほとんどなくなった。 池田氏も高齢で、その言動が世間をにぎわすこともない。 現在では、一般の日本人が創価学会を嫌わなければならない理由はなくなった。 だからこそ、冒頭で述べたように、創価学会の人たちはいい人たちだという声が上がるのである。 しかし、世間から嫌われなくなった創価学会は、宗教教団としての活力を失ったともいえる。 会員の伸びは止まり、公明党の得票数も選挙をやるたびに減りつつある。 週刊誌が取り上げないのも、記事にしても読者の関心を呼ばないからだ。 はたしてそれが創価学会にとって好ましいことなのか。 今、学会の組織はそうしたジレンマに直面している。 嫌われてこそ、本来の創価学会なのかもしれないのである。

次の

創価学会に入っている芸能人・有名人一覧をプロフィール形式でご紹介!!

創価学会 念仏

「樋田昌志」とは 皆さんは、樋田昌志という人物をご存知だろうか。 ・「 の、 動画界のといわれる天才的な知力と才覚を持つ員・樋田昌志」(新・樋田昌志動画選集) ・「 の電子頭脳的天才軍師にして 動画界のリパーマリオといわれる千年に一度の鬼才・樋田昌志」、「 世間が看過してしまった千年に一度の天才」(愛・樋田昌志動画選集) ・「 男が羨み女が惚れる圧倒的な魅力を持った樋田昌志」(熱血!樋田昌志動画選集) ・「 大聖人が乗り移ったかのような樋田」(樋田昌志動画選集) 等と一部界隈で称賛されている、中年の員YouTuberである。 まさか自作自演ではあるまいが、何ともチックである。 ところがこの「リパーマリオ」、で氏名を検索すると、「 樋田昌志 負け」「 樋田昌志 」等のサジェストが出てくる。 これは一体どうしたことか。 実は樋田には、過去3回、の教学部との法論から敗走ないし敵前逃亡した「前科」がある。 さしもの「 の、 動画界の」も、教学部には敵わなかったらしい。 2020年4月15日付の「」に、「 のデマ動画で長野・妙相寺の元副講頭が全面敗北・」と題する記事が掲載されたのである。 参考: 記事によると、樋田がを中傷する動画をに投稿したことから、が2019年4月、樋田に対して損害賠償等を求める裁判を提起した結果、同年12月16日、東京において、次のような内容の和解が成立したそうである。 その結果、樋田は自身のウェブサイト上に、次の「謝罪文」を掲載したという。 謝罪文 私、樋田昌志は、氏名不詳者との間で、が殺し屋を雇って、ある企業の社長を射殺させたという内容の会話を行い、この会話を録画した動画から同企業名部分を伏せる編集を施し、平成30年9月8日に「〔衝撃!現役副会長の子息が脱会!へ入信して撲滅に進撃開始!〕え~!あの社長射殺事件の裏にが絡んでいたって!?039」とのタイトルを付してインターネット上の動画投稿サイト「」に投稿しました。 しかしながら、が殺し屋を雇ってある特定の企業の社長を射殺したという事実については認められませんでした。 この動画の投稿によりの名誉を毀損して、にご迷惑をおかけしましたことについて、お詫び申し上げます。 これが事実なら、「 動画界のリパーマリオ」こと樋田昌志は、との裁判に敗北し、学会に頭を下げたことになる。 そこで、記事の信憑性について少しく検討してみる。 まず樋田は、自身のウェブサイト(toyoda. tv)に、「報告」と題する一文を掲載している。 そこには、彼が平成31年4月26日、から裁判を起こされ、同年12月16日に東京で和解が成立し、自身のウェブサイト上に「15行の謝罪文」を掲載するとともに、10万円の解決金を支払った旨が記されている。 つまり、樋田自身が、「」の記事と概ね合致する内容の文章を掲載しているのだ。 また、常識的に考えても、に関わる裁判で勝利を収めた側が、わざわざ樋田に揚げ足を取られるような事実無根の記事を書くとは考え難い。 そうすると、「」の内容は、おおむね事実なのであろう。 つまり、 樋田昌志は、との裁判に破れ、解決金を支払い、謝罪文を掲載して、学会に「お詫び申し上げ」たのである。 身内には強がる樋田、過去にも同様の事例が ところが、これで話が終わらないのが「 の、 動画界のといわれる天才的な知力と才覚を持つ員・樋田昌志」である。 「」によると、樋田は、和解が成立した1週間後の12月22日、謝罪文を掲載しないばかりか、「学会から裁判を起こされました」とのタイトルで、1本の動画をに投稿した。 その中で樋田は、裁判に関して、「 こっちの反論が結構ね、効いたらしくて、和解するかもしんない」、「 意外と向こう(=学会)がさ、腰砕けみたいになってる」、「 結構、優勢みたいな」等と述べたという。 しかし、「」によれば、樋田は提訴を受けてから、第1回期日も待たずに、直ちに学会側に和解に求めていた。 そこで、学会側が、同月25日、樋田に対し、先の動画について抗議したところ、樋田は動画を即日削除し、ようやく自身のウェブサイト上に謝罪文を掲載したという。 仮にこれが事実であれば、樋田は、自ら和解による解決を求め、かつ、すでに裁判所で全面敗北の和解が確定していたにもかかわらず、約束した謝罪文も掲載せずに、「 こっちの反論が結構ね、効いたらしくて、和解するかもしんない」、「 意外と向こう(=学会)がさ、腰砕けみたいになってる」、「 結構、優勢みたいな」等と事実に反する言説を流布していたことになる。 果たしてこれが事実かどうか。 「学会から裁判を起こされました」という動画を閲覧していないため、安易な断定は控えるが、先に検討したとおり、に関わる裁判で勝利を収めた側が、わざわざ樋田に揚げ足を取られるような事実無根の記事を書くとは考え難いことからすれば、おそらく事実なのであろう。 このあたりの事情は、樋田のウェブサイトを日常的に閲覧している取り巻きの員らが良く知っていると思われる。 ちなみに「」によると、樋田は、2006年3月にも、自身が作成・配布したビラをめぐる裁判において、ビラの主要部分が事実に反することを認め、「(の) 会員個人の名誉、プライバシーを侵害する言論をしないことを確約」したというから呆れてしまう。 この樋田の振舞い、誰かに酷似していないだろうか。 そう、かのの元祖・(1133年-1212年)である。 がいかなる人物であったかは、「謹講」(発行)に詳しい。 は、〝自分は幼少より叡山に上りを反復し、八宗を究め尽し、なお迷った上に思索し、ついに念仏に到達した〟などともったいつけ、また〝夢で善導のお告げがあった〟などとでたらめをいい、人々に勢至の化身、善導の再誕などと巧みに思わせたのである。 このような手口は、仏法を曲げ名利を求める魔僧に共通のものであるが、の悟りなるものがいかにごまかしで一片の確信もないものであるかは、次の実例で明らかである。 当時日本仏教界の権威であったでは、の誹謗があまりに甚しいので、たびたびその謗法を糾弾したが、はさぞ信念を述べるかと思いきや、そのたびに右に左に遁辞を構え、あきれたことに選択であれほど諸仏・諸経を捨閉閣抛といいながら、たちまち教義を変更し、「無智不善の輩のしわざ」と信徒に責任を転嫁し、自らは偽りの起請文を提出し、当座の難をのがれていたのである。 (中略) よほど叡山の責めが恐ろしかったと見え、まことに殊勝な誓状を書いたものである。 それでいながら、彼は蔭ではしきりと叡山の悪口を云っていたのである。 彼が弟子に送った手紙には「叡山の座主の止観の法門などは、一口に雀のさえずりに過ぎない」とある。 まことに呆れるほどの卑劣な振舞いである。 いかがであろうか。 一部界隈において、「 千年に一度の鬼才・樋田昌志」、「 大聖人が乗り移ったかのような樋田」などといわれている樋田。 しかしながら、から動画の違法性を糾弾されるや、右に左に遁辞を構え、呆れたことに自ら動画を作成・公開しておきながら、「(他の男の話を聞いて) 相槌を打ったり、驚く反応を示したりしていただけ」(「」より)などと主張した挙句、「謝罪文」の掲載を約束するとともに、「 今後、原告(学会)の名誉を侵害する言動や原告の会員の名誉・プライバシーを侵害する言動をしないことを誓約」し、当座の難を逃れた樋田。 それでいて、「謝罪文」を掲載しないまま、内輪において、「 こっちの反論が結構ね、効いたらしくて、和解するかもしんない」、「 意外と向こう(=学会)がさ、腰砕けみたいになってる」、「 結構、優勢みたいな」等と事実に反する言説を流布していたという樋田。 まことに呆れるほど卑劣な振舞いであるが、そのとの酷似ぶりには驚くばかりである。 在家・出家の違いこそあれ、「 このような手口は、仏法を曲げ名利を求める魔僧に共通のものである」との浅井会長の指摘は、やはり、極めて的確なようである(なお、を叡山と同視して擁護する趣旨ではない。 彼らもまた、大聖人の御遺命に背き、の大御本尊を捨て奉る大謗法を犯している)。 もっとも、樋田には、ほどのは全くない。 故に、残念ながら、彼が歴史に名を残すことはないであろう。 彼のシンパと思しき者は、「 世間が看過してしまった千年に一度の天才」などと樋田を擁護しているが、世間が「看過」しているのには、それなりの理由があるのである。 いずれにしても、教学部との法論から3度も敗走ないし敵前逃亡した樋田昌志。 また、との裁判にも破れ、「謝罪文」まで掲載させられた樋田昌志。 「 動画界のリパーマリオ」も、そろそろゲームオーバーであろう。 matsudai-bonbu3.

次の

創価学会員の念仏について

創価学会 念仏

コロコロと教えや信条、やり方などが変わっていくのが 、「新興宗教」の特徴です。 とくに、 信仰の根源である「御本尊」を、事情によって交換することは、邪教中の邪教が行なうことです。 学会員である皆さんも、 「昔からの日達上人の御本尊を交換しなさい」と言ってくる学会幹部には疑問を持っているのではありませんか? 創価学会では、「日蓮正宗が、創価学会を切ったから、謗法に変わった」と非難しますが、さて、日蓮正宗と創価学会、どちらの信仰が変わってしまったのか。 以下に、ほんの一例を提示しますので、よくよくお考えください。 弟子ペテロはローマの地で処刑された。 その三百年後、キリスト教は公認され、ローマはキリスト教徒の都となった。 弟子たちの戦いによって、イエスの正義は証明されたのである。 禅は「自分の中に自分を変革する力のあることを信じ、それを実感していける」もの。 真言は「現実の変革に勇気を持って邁進していける」もの。 律は「内なる智慧の力で煩悩を制御し、悪を滅ぼしていくことができる」もの。 …勤行の実践がいいかげんになっていくと、自然と生命力が弱まり、生活のリズムが崩れていく。 …彼らは、以前には、総本山が根本であると私どもを叱咤しておきながら、いまは手のひらを返して、みずからがその根本を破壊しているのである。 また、絶対なるものは、御書である。 そして、仏法の根本を御指南されるのは、あくまでも御法主上人猊下である。

次の