鉄拳 フリーズ。 【鉄拳3】神鉄拳ラッシュ2連続!?天国フォローでまさかのロングフリーズ発生!

鉄拳7 攻略 よくある質問まとめ! エリザ、フレーム表示、ローディング、PSVR対応

鉄拳 フリーズ

導入日未定• 2020年8月17日• 2020年8月3日• 2020年7月20日• 2020年7月6日• 2020年6月15日• 2020年5月18日• 2020年5月11日• 2020年4月20日• 2020年4月6日• 2020年3月23日• 2020年3月16日• 2020年3月2日• 2020年2月25日• 2020年2月17日• 2020年2月3日• 2020年1月20日• 2020年1月6日• 2019年12月09日• 2019年12月02日•

次の

鉄拳4【フリーズ・シナリオ・バトルボーナス】まとめ!

鉄拳 フリーズ

6 97. 5 99. 0 100. 5 102. 6 105. 9 108. 最大の特徴は 「新・鉄拳コンボシステム」と銘打たれたゲームシステムで、初代「パチスロ鉄拳R」のゲーム性を継承・進化させた 「鉄拳チャンス」を主軸とする新システム。 これに突入させることがコンボ発動へのトリガーとなる。 ボーナス後は「ボーナス高確」「鉄拳チャンス高確」のいずれかに滞在濃厚であるため、起点となるボーナス当選から次のボーナスへの期待感が次々とコンボで押し寄せるというわけだ。 出玉獲得のメインとなる純増約4枚の擬似ボーナスは、ビッグボーナス(約126枚)、レギュラーボーナス(約56枚)、そして バトルボーナスの3種類。 バトルボーナスはシリーズ初となる自力ガチバトルタイプのボーナスで、ライバルに勝利し続ける限り継続する。 バトル中の小役の引きが勝負を左右し、レア役や共通ベルを引くと攻撃、さらに押し順に正解するとコンボ発動で連続攻撃となる。 また規定回数のバトル勝利で デビルバトルボーナスへと突入。 そのバトルを彩るのが「バトルスクリーン阿修羅」。 プレイヤーを取り囲むように配された3面スクリーンが、大迫力のバトルを演出する。 視野を埋め尽くす150度の圧倒的臨場感は、ファンならずとも一度は体感する価値があるだろう。 C YAMASA.

次の

パチスロ鉄拳3rd

鉄拳 フリーズ

AT当選の約8割が500G以内になる模様。 しかしAT後500G以降は、フリーズ発生率がなんと約20倍までアップ。 つまり500G以降は、天井に到達するまでにフリーズが引けるかどうか!?というゲーム性となる。 【機種タイプ】 ATのみでコインを増やすタイプ。 【技術介入要素】 ほとんど無し。 通常時とAT中にスイカとチェリーを取りこぼさないようにするだけ。 押し順ナビ発生時以外は、必ず左リールから停止させること。 【1000円あたりの回転数】 約31G 【ボーナスでの純増枚数】 ボーナスは存在しない。 AT中のみ疑似ボーナスあり。 【天井】 AT間777G消化で天井到達となり、AT当選が確定する。 天井到達時には、必ずデビルバトルへ突入。 デビルバトルに勝利すれば神鉄拳ラッシュ、敗北すれば鉄拳ラッシュ、となる。 【設定変更時】 天井到達までのゲーム数がクリアされる。 筺体・リール配列 - [鉄拳3rd] 筺体 リール配列 C BANDAI NAMCO Games Inc. 以降は、左リールの停止形により打ち分ける。 ==左リール中段にチェリーが停止した場合== 中段チェリー確定。 中・右リールともにBARを狙えば揃う。 ==左リール下段にチェリーが停止した場合== 弱チェリー or 強チェリー。 中リール適当打ち後、右リールに白7かBARを狙ってチェリーをフォロー。 3連チェリーになれば強チェリー、それ以外ならば弱チェリー。 ==左リール上段にスイカが停止した場合== スイカ or チャンス目。 中リールには白7かBARを狙ってスイカをフォローし、右リールは適当打ち。 スイカがハズれればチャンス目。 ==左リール下段にBARが停止した場合== 中・右リールともに適当打ちでOK。 上段にベルが揃えば共通ベル。 右上がりにBARが揃えば鉄拳目。 中段に「リプレイ・リプレイ・ベル」が並べばチャンス目。 押し順ナビ発生時以外は、必ず左リールから停止させること。 ただし、AT中のみ疑似ボーナスが存在する。 AT前兆演出「鉄拳ゾーン」について - [鉄拳3rd] 鉄拳3rdには、「鉄拳ゾーン」と呼ばれるAT前兆演出が存在する。 演出は「仁ステージ」・「シャオユウステージ」・「キングステージ」の3つで、いずれもステップアップが進むほどAT期待度が高まる。 なお、鉄拳ゾーン失敗後の鉄拳ゾーン再突入はゲキアツ! 自力チャンスゾーン「鉄拳チャンス」について - [鉄拳3rd] 鉄拳3rdには、「鉄拳チャンス」と呼ばれる平均20G継続の自力チャンスゾーンが搭載されている。 鉄拳チャンスは、通常時のレア小役成立にて抽選されている。 【鉄拳チャンスの抽選状態】 鉄拳チャンスの抽選状態には、「低確」・「高確A」・「高確B」・「高確C」の3つの状態が存在する。 良い状態にいるほど、鉄拳チャンスに当選しやすい。 「レア小役成立時にリールロックが発生」・「中段チェリー成立」・「鉄拳目成立」の場合は、必ずいずれかの高確へ昇格する。 リールロックを伴わずに以下のレア小役が成立した場合は、高確移行抽選が行われる。 「滞在状態」・「成立小役」・「リールロックの有無」によって、当選期待度が異なる。 各小役成立時のおおよその鉄拳チャンス当選期待度については以下の通り。 スイカ/弱チェリー < チャンス目 < チャンス目(ロックあり) < 強チェリー < 強チェリー(ロックあり) なお高確中ならば、「共通ベル」・「リプレイ」・「ハズレ」でも鉄拳チャンス抽選が行われる。 いずれも、高設定ほど当選率が高くなる。 そのため、「レア小役を引いていないのに鉄拳チャンスに入った」という、いわゆる「謎当たり」が多いようなら、高設定の期待が持てる。 【鉄拳チャンス中のAT抽選】 鉄拳チャンス中は、リプレイを含む全小役でAT抽選が行われている。 鉄拳チャンス中の各小役成立時のAT当選期待度については以下の通り。 リプレイ/ハズレ < 共通ベル < スイカ/弱チェリー < チャンス目/強チェリー/中段チェリー/鉄拳目 チャンス目・強チェリー・中段チェリー・鉄拳目ならAT確定!? なお、鉄拳チャンスには連続性があるため、失敗に終わっても即ヤメは厳禁! AT間で500G以上ハマるとゲーム性が一変 - [鉄拳3rd] AT後500G以上ハマると、それまでのゲーム性とは全く違うゲーム性へ変化し、以降は鉄拳ゾーンや鉄拳チャンスに突入しなくなる。 つまり、通常のATである「鉄拳ラッシュ」への突入抽選が行われなくなる。 その代わり、フリーズ発生確率が約20倍にまでアップ。 かつ、発生するバトルはすべて「デビルバトル」となる。 「フリーズ発生」 or 「デビルバトル勝利」で神鉄拳ラッシュ突入が確定する。 AT「鉄拳ラッシュ」について - [鉄拳3rd] 鉄拳3rdには、「鉄拳ラッシュ」と呼ばれるAT機能が搭載されている。 AT開始時に平八が登場すれば頭突きコンボチャンス確定。 平八が頭突きで液晶画面を割るたびに50Gずつ上乗せされていく。 【鉄拳ボーナスについて】 鉄拳ボーナスとは、AT中のみ当選する可能性のある20G継続の疑似ボーナスのこと。 赤7揃いと青7揃いがあり、赤7揃いの方が上乗せ期待度が高い。 鉄拳ボーナス中は、「鉄拳アタック」・「オーガチャレンジ」などでATゲーム数の上乗せが期待できる。 鉄拳ボーナス終了後は、即バトルへ移行する場合あり。 ここで勝利すれば、鉄拳ボーナスが1G連する。 【鉄拳ボーナス抽選状態】 AT中の鉄拳ボーナス抽選状態には、「レベル1」・「レベル2」・「レベル3」・「レベル4」の4つの状態が存在する。 レベルに応じて、リプレイや押し順ベルを含めた各小役成立時の鉄拳ボーナス当選率が異なる。 液晶上部に出現する「称号」によって、ある程度内部状態を推測することができる。 レバーオンのたびに、0G連で7揃いが出現する。 どの7絵柄が揃うかで、上乗せされるゲーム数が異なる。 期待度は「青7 < 赤7 < 白7」で、白7ならば30G以上の上乗せが確定。 【上乗せのラストチャレンジ「オーガチャレンジ」】 鉄拳ボーナス終了時の一部で、オーガチャレンジが発生する場合あり。 指定されたチャレンジを達成することができれば、大量上乗せが発生する。 (ほぼ100Gの上乗せ) 【上位AT「神鉄拳ラッシュ」】 神鉄拳ラッシュとは、鉄拳ラッシュをさらに強力な仕様にしたATのこと。 【引き戻し確定演出「アンノウンゾーン」】 アンノウンゾーンとは、AT終了時の一部から突入する演出。 アンノウンゾーンへ突入すればAT引き戻しが確定し、かつ、鉄拳ボーナス当選も確定する。 一度も鉄拳ボーナスを引かずにAT終了となった場合は、アンノウンゾーン突入の期待度アップ! 【AT中の打ち方】 押し順ナビ発生時はそれに従って消化。 演出発生時は、通常時と同じ打ち方でチェリーとスイカをフォロー。 その他の場合は全リール適当打ちでOK。 【AT中の純増】 AT中は、1Gあたり約2. 8枚のペースでコインが増加していく。 天井について - [鉄拳3rd] 鉄拳3rdには、天井機能が搭載されている。 AT間777G消化で天井到達となり、AT当選が確定する。 天井到達時には、必ずデビルバトルへ突入。 デビルバトルに勝利すれば神鉄拳ラッシュ、敗北すれば鉄拳ラッシュ、となる。 なお設定変更後は、天井到達までのゲーム数がクリアされる。 主な設定差・立ち回り一言アドバイス - [鉄拳3rd] 【鉄拳チャンス抽選関連】 鉄拳チャンス抽選には、大きな設定差が存在する。 特に設定差が大きいのは以下の3つ。 いずれも、高設定ほど当選率が高くなる。 そのため、「レア小役を引いていないのに鉄拳チャンスに入った」という、いわゆる「謎当たり」が多いようなら、高設定の期待が持てる。 諸々を考慮した鉄拳チャンスの出現率については以下の通り。 この共通ベル出現率に、そこそこの設定差が存在する。 【AT終了画面】 AT終了画面は、低設定ほど「青背景」が選択されやすい。 「金背景」が出現すれば高設定の期待度アップ。 【AT初当たり】 高設定ほどAT初当たり出現率が高くなる。

次の